旦那の浮気で離婚を決意したら|後悔しない離婚に出来る5つのポ

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
旦那の浮気で離婚を決意したら|後悔しない離婚に出来る5つのポイント
キーワードからコラムを探す
離婚コラム

旦那の浮気で離婚を決意したら|後悔しない離婚に出来る5つのポイント

Pixta_19882642_s

よく結婚したうちの3組に1組は離婚していると言われていますが、離婚する原因で2番目に多いのが浮気・不倫といったことです。平成26年の司法統計によると、離婚調停の申立動機件数では異性関係が2番目に多くなっているようです。

 

申立人 総数 性格が合わない 異性関係 暴力を振るう 酒を飲み過ぎる 性的不調和 浪費する 病気
18,009 11,058 2,762 1,475 422 2,448 2,157 947
47,529 19,462 8,902 11,032 3,070 3,739 5,361 1,481

参考:平成26年司法統計 婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所

 

浮気は違法行為であり離婚の直接的な原因になるのはあなたもご存知の通りですが、それでも浮気がなくならないのはどうしてでしょうか。

 

上の表を見ても分かる通り浮気は夫によるものが多くなっていて、それに悩んでいる女性(妻)はたくさんいます。夫の浮気で離婚を決意した際には気をつけておかないといけないことがあります。今回は、そんな浮気された妻が離婚を決意した時にすべきことなどについて詳しく書いていきたいと思います。

 

参考記事:離婚原因ランキングトップ10から考える離婚前にすべきこと

 

 【目次】
旦那の浮気が原因で離婚しようとする前に必ずすべきこと
証拠の確保
離婚後の事を考える
夫の本音を知る
旦那と離婚して後悔したケース
夫から離婚を押し切られたケース
離婚した後にまだ気持ちがあると気付くケース
子供が父親を求めたケース
離婚後経済的に苦しくなったケース
夫に浮気をされても離婚したくない場合に出来ること
2人でしっかり話し合う
周囲の人に相談する
円満調停
離婚を決意したらすべき5つのこと
離婚方法の確認
慰謝料の請求
財産分与
生活面の自立
親権について
まとめ

 

旦那の浮気が原因で離婚しようとする前に必ずすべきこと

妻が夫の浮気が原因で離婚を決意することも多いと思いますが、離婚を決意する前にしておきたいことがあります。以下の事をしておかないと自身が離婚して後悔してしまう可能性があります。

 

証拠の確保

まずは夫が浮気をしている証拠を確保しましょう。浮気の疑いがあるだけでは離婚することは難しいですし、慰謝料請求もできません。浮気をしているだろうという疑いだけで離婚してしまった後に、実は潔白だったのが発覚した場合にとても後悔してしまう事になってしまいます。

 

離婚後の事を考える

結婚はお互いが幸せになるためにするものですが、離婚もそういった意味合いがあります。これ以上結婚生活を送っていてもお互いが幸せになれないから、お互いのために別々の道を歩むためにする意味合いもあります。ですから、離婚をすることで自分が幸せになれるのか、特に専業主婦だった方は金銭面で自立することができるのかしっかり考える必要があります。

 

夫の本音を知る

浮気をした夫がどう思っているのか知る必要もあるでしょう。浮気をしたことは事実ですが、その事情として一時的な性的欲求不満の解消のためだけだったのか、それともその浮気相手に気持ちがあってやったことなのか、そもそも夫は離婚したいと思っているのか思っていないのか、そういったところをしっかり聞いて知る必要があります。

 

旦那と離婚して後悔したケース

実際に夫の浮気が原因で離婚したけど、離婚したことを後悔してしまったケースもあります。

 

夫から離婚を押し切られたケース

夫が浮気をしていることを知っていても、その浮気の証拠が無かった場合、浮気以外に問題がない夫であれば、夫から離婚を切り出された際は妻が離婚協議を拒否することができなくなってしまいます。

 

浮気の証拠を掴んでいれば、離婚するのもしないのも妻の考えの方が強いのですが、証拠がなければ弁護士も裁判所も動いてはくれません。理不尽ですがこれが現実です。

 

離婚した後にまだ気持ちがあると気付くケース

浮気は許しがたい行為ですが、許せない気持ちが強いがために勢いで離婚してしまい、離婚後に実はまだ夫に気持ちがあることに気づき後悔してしまうケースがあります。

気持ちを落ち着かせるのに一度距離をおくのは悪いことではありませんが、勢いで離婚してしまうと後悔してしまうもとになります。

 

子供が父親を求めたケース

夫の浮気が原因で離婚した場合は、ほとんど妻が親権を得ることになります。離婚後に子供と生活していく中で、父親がいないことに子供が寂しがったり不利益を被ってしまう事が出てきます。そういった子供の姿を見てしまうと離婚してよかったのかと後悔してしまう事もあるかもしれません。

 

離婚後経済的に苦しくなったケース

妻が専業主婦だった場合、生活費を稼いでくるのは夫でしたから、高額な慰謝料や財産分与等が認められない限り離婚後の生活が厳しくなってしまいます。また、新たに仕事を見つけないといけませんし住むところも探さないといけません。

 

お金に困るなら離婚しちゃいけないということではありませんが、困ってでも離婚したいという強い決心がなく離婚してしまうと必ず後悔するでしょう。

 

夫に浮気をされても離婚したくない場合に出来ること

2人でしっかり話し合う

まずは2人でしっかり話し合いましょう。浮気をした夫はどう思っているのかを聞いた上で、離婚したくないという想いを伝えて、これからどうしたら離婚をせずにやり直していけるのかお互いが納得できるまでとことん話し合う事が大切です。

 

周囲の人に相談する

もし2人での話し合いが上手くいっていない場合は周囲の人に相談してみるのも良いかもしれません。家族や親しい友人などの身近な人でも良いですし、もし身近な人に相談するのは気が引けるという人は、離婚問題を専門としているカウンセラーもいるので一度相談してみるのも良いかもしれません。

 

円満調停

離婚したくない妻には夫との関係を修復するためにとれる手段として夫婦関係円満調整調停というのを家庭裁判所に申し立てることができます。

 

調停と聞くと、離婚をするためにするものだというイメージの方が強いと思いますが、実は離婚をするためだけではなく、夫婦関係を修復するためにも行うことができるのです。

 

裁判所の調停委員を間に入れてどうしたら夫婦関係を改善できるのかアドバイスをしてもらうことができますので、検討して見ると良いでしょう。

 

参考:離婚したくないとき絶対に避ける5つの行動と夫婦関係改善への手順7選

 

離婚を決意したらすべき5つのこと

離婚を決意した場合は、実際にどんなことからすれば良いのでしょうか。

 

離婚方法の確認

協議離婚

離婚する方法と言われると離婚裁判や離婚調停を想像する方が多いと思いますが、実は離婚している夫婦の約9割は協議離婚(夫婦同士の話し合いで離婚を目指す方法)で離婚していることになっています。まずは協議離婚から始め、それがだめなら離婚調停、離婚裁判といった流れになります。

 

協議離婚はあくまで話し合いで解決する方法ですから、どちらかが絶対に折れないという気持ちを持っていると問題が長引いてしまいます。お互いがどこかで妥協できるところを探して話し合うのが協議離婚のコツになります。

 

参考記事:協議離婚の流れと知っておくべき手続きの全て

 

調停離婚

協議離婚が成立しなかった場合は家庭裁判所に調停の申立をすることになります。離婚調停とは、家庭裁判所の調停委員を間に入れて話し合い離婚成立を目指す手続きになります。

調停での話し合いでお互いが合意したら調停成立として離婚が成立しますが、逆に話に折り合いがつかなかった場合は調停不成立となります。

 

【参考記事】

離婚調停|基礎知識と調停離婚を有利に進める手順まとめ

離婚調停の期間と最短で終わらせるために知っておくべく事

 

裁判離婚

離婚調停が不成立になってしまった場合は離婚裁判を起こすことができます。離婚裁判は、裁判官が双方の話を聞いて離婚させるかどうかについて決める最終的な手続きになります。

 

【参考記事】

離婚裁判の期間を短くして有利に離婚する為の10の手順

自分で離婚裁判を開く際の費用と弁護士に依頼する判断ポイント

 

慰謝料の請求

浮気が原因であれば慰謝料を請求することができます。具体的に

 

  • 慰謝料の金額
  • 慰謝料の支払い方法
  • 慰謝料の支払い回数
  • 慰謝料の支払い時期
  • 慰謝料の支払いが遅延した場合の取り決め

 

についてしっかり話し合う必要があります。

 

浮気が原因で離婚する際の慰謝料の相場

先述致しましたが、浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の相場は約100~500万円ほどになります。相場について法律で定められている訳ではありませんが、多くの場合がこの金額に近い金額になっています。

 

慰謝料が増額・減額するケース

慰謝料の金額を決める上で、以下の表にあることで金額が増えたり減ったりすることがあります。協議離婚で慰謝料の金額を決める場合は、あくまでお互いが合意した金額で問題ありませんが、もし話が折り合わず調停や裁判で決める場合には以下の事を参考にして金額を決めることになります。

慰謝料が増額するケース

慰謝料が減額するケース

別居や離婚をする

別居や離婚をしない

夫婦生活が円満だった

浮気が発覚する前から夫婦仲が険悪だった

婚姻期間が長い

婚姻期間が短い

浮気していた期間が長い

浮気していた期間が短い

浮気の主導者が

浮気の主導者が浮気相手

子供がいる

子供がいない

浮気相手が謝罪しない

浮気相手が謝罪した

 

【関連記事】

不倫の慰謝料相場とできるだけ高額な慰謝料を獲得する手法

不倫の慰謝料請求を確実に成功させる為に知っておきたい全手順

 

財産分与

結婚してから築いた夫婦の共有財産は離婚時に分けることになり、これを財産分与と言います。妻が専業主婦の場合でも共有財産とみなされます。

基本的には半分ずつ分けますが、何をどのくらい分けるのかしっかり話し合う必要があります。

 

参考記事:離婚時の財産分与の分け方と財産分与を有利に進める方法まとめ

 

生活面の自立

共働きである場合は経済的な自立は何不自由なくすることができますが、専業主婦だった場合はまず仕事を探して経済的や生活面で自立する必要があります。

離婚するにあたって、夫と離れても生活できる根拠が無いと親権が取れない場合もありますから、早急に自立できるようにしましょう。

 

親権について

子供がいる場合は親権についてどちらが持つのか決めないと離婚できない事になっています。日本の場合妻が親権を獲得し易いことになっていますが、夫婦の感情ではなく子供のためにはどちらが親権を持ったほうが良いのか冷静に話し合う必要があります。

 

また、親権が取れなかった方は面会交流などについてもしっかり決めておく必要があります。

 

参考記事:離婚時に親権を獲得したい人が知っておくと有利になる知識

               面会交流調停の流れと面会交流が許可されないケースまとめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

結婚も離婚もあなたが幸せになるための手段です。本当に離婚することであなたや子供が幸せになれるのかよく考えてみてください。浮気は許せない卑劣なことですが、許せないという勢いだけで離婚すると後悔するもとになります。

もし、離婚するか悩んでいる場合は身近な人や弁護士などの専門家に相談してみるのも良いかもしれません。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム


慰謝料コラム一覧へ戻る