旦那の浮気で離婚したい!後悔しないための4つのポイント

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
旦那の浮気で離婚したい!後悔しないための4つのポイント
キーワードからコラムを探す
離婚コラム

旦那の浮気で離婚したい!後悔しないための4つのポイント

Pixta_274120_s

旦那の浮気が発覚したら離婚を考えてしまいますよね。本気じゃなかったと言われてもなかなか信じにくいものです。

 

実際に旦那の浮気(異性関係)が原因で離婚する人は全体の18%です。

(参考:司法統計)

18%と言われると少なく感じますが、数字にすると8,643組になります。多くの人が、旦那の浮気に耐えられず、離婚を申し出ているのです。

 

しかし、浮気を許せないからといって勢いで離婚してしまうと後悔することになります。

 

実際に離婚して後悔したという話も聞きますが、自分で決めて離婚したのに後悔なんてしたくないですよね。ここでは、離婚をして後悔しないためにしておくべきことや、相談際、離婚の流れなどを紹介します。

 【目次】
旦那に離婚を切り出す前にするべきこと
浮気の証拠を確保する
夫の本音を聞き出す
離婚後の事を考える
旦那の浮気で離婚するべきか悩んだ場合の相談先一覧
信頼できる友人
ネットの掲示板
円満調停
離婚を決意したらすべき5つのこと
離婚方法の確認をする
慰謝料の請求をする
財産分与について話し合う
子供について話し合う
引っ越しの準備のこと
後悔しない離婚をするための4つのポイント
贅沢できなくなることをあらかじめ覚悟しておく
子供を自分1人で育てる覚悟をする
相談相手をつくる
新しい目標を持つ
まとめ

旦那に離婚を切り出す前にするべきこと

旦那の浮気が原因で離婚を決意する人は多くいます。しかし、勢いだけで離婚を切り出してしまうと離婚時に慰謝料を請求できなかったり、離婚後に後悔することになるのです。

 

旦那の浮気を知ってしまったら、冷静になるのは難しいと思いますが、1度落ち着いてこれから説明する3つのことを行ってみましょう。

 

浮気の証拠を確保する

離婚を切り出す前に、旦那の浮気が本当なのかを確認することが必要です。自分の早とちりだったり思い込みだったということも実際にあります。

 

本当は浮気していなかったのに離婚することになってしまったら、後悔しか残らないのではないのでしょうか。

 

また、浮気の証拠を確保できないと慰謝料の請求をすることができません。証拠はどのようなものでもいいという訳ではなく、浮気相手と旦那が肉体関係を持っていると証明できるようなものが必要です。

 

証拠の収集を自分で行うのは非常に難しいので、証拠が欲しい場合は探偵に依頼することをおすすめします。

 

探偵に依頼するなら『浮気調査ナビ』

 

【関連記事】

浮気の証拠は自力で入手可能|浮気調査の方法と素人調査のリスクまとめ

探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリスト

 

夫の本音を聞き出す

浮気をした旦那がどう思っているのか離婚を切り出す前に知る必要もあります。

 

浮気をしたことは事実ですが、その事情として一時的な性的欲求不満の解消のためだけだったのか、それともその浮気相手に気持ちがあってやったことなのか、そもそも旦那は離婚したいと思っているのか思っていないのか、そういったところを知ることが大切です。

 

離婚してからでは旦那の本音を聞くことができませんし、聞いてやっぱり離婚しなければよかったと後悔してしまう可能性もあります。離婚を後悔しないためにも、旦那の本音を聞くということはとても大切なことなのです。
 

離婚後の事を考える

離婚をすると生活が大きく変わってくるため、離婚後の住む場所はどうするのか・自立できるのか・子供はどのように育てるのかなどを考える必要があります。

 

また、離婚することで自分は今より幸せになれるのか、ということが重要です。自分できめて離婚したのに、経済的に苦しく、精神が病んでしまったら意味がありません。

 

とは言っても、離婚してみないとわからないということも多いと思いますので、目安としてこちら「旦那の浮気を理由に離婚する判断基準|離婚してもうまく行きやすい妻の特徴」をチェックしてみてください。

 

【関連記事】

離婚の準備はこれで完璧!離婚前の準備に役立つ10の心得

離活とは|正しい準備で絶対に後悔しない離婚を実現させるための知識

 

旦那の浮気で離婚するべきか悩んだ場合の相談先一覧

旦那の証拠が確保できても、離婚するべきか悩んでしまうと思います。特に女性の場合、経済面や子供のことなど懸念することが多くありますよね。

 

自分で考えても答えが出ない場合、どのようなところに相談できるのでしょうか。

 

信頼できる友人

信頼できる友人に相談してみましょう。また、離婚歴がある人がいる場合は失礼でなかったらその時の話や離婚後について話を聞いておくことをおすすめします。

 

ですが、多くの人に言ってしまうと変に気をつかわれたり、噂になって更に多くの人に伝わってしまうこともありますので話す人には注意することが大切です。

 

ネットの掲示板

ネットの掲示板では、離婚経験者の生の声を聞くことができたり、自分と同じような思いをしている人が見つけられるので、勇気をもらうことができます。また、匿名で投稿が可能なため気楽に話すことができるのです。

 

場合によっては厳しい言葉を返されることもありますが、友人のようにこちらを知らない分完全な第3者目線での意見になりますので、心の整理をする際の参考になります。

 

円満調停

円満調停とは、裁判所で調停委員と裁判官を間に挟み事情を話すことで、解決案を提示・解決のための助言をしてもらうことができます。円満調停は夫婦関係を修復するために利用することも多いのですが、迷っている場合も利用可能です。

 

旦那に離婚しようか迷っているとばれてしまいますが、話し合いの場としていい機会になります。

 

【関連記事】

離婚問題のよくある相談事例と無料相談先まとめ

離婚を決意したらすべき5つのこと

離婚を決意したらこれから紹介する5つのことをしてみてください。離婚について旦那より知っておくことで、有利に進めることができます。

離婚方法の確認をする

離婚には3つの方法があるのです。どのような流れで離婚が進んでいくのかあらかじめ知っておくと離婚をする上で迷わずに済みます。

 

協議離婚

離婚する方法と言われると離婚裁判や離婚調停を想像する方が多いと思いますが、実は離婚している夫婦の約9割は協議離婚(夫婦同士の話し合いで離婚を目指す方法)で離婚していることになっています。

 

協議離婚はあくまで話し合いで解決する方法ですから、どちらかが絶対に折れないという気持ちを持っていると問題が長引いてしまいます。お互いがどこかで妥協できるところを探して話し合うのが協議離婚のコツです。

 

【関連記事】

後悔しない離婚協議の進め方と離婚条件を有利に決めるポイント

離婚協議書の書き方と離婚時の約束を法的に守らせる公正証書にする流れ

離婚協議書を公正証書にする手順と作成前に必ずおさえるべきポイント

協議離婚が成立するまでの期間を短くして後悔しない離婚にする為の手順

 

離婚調停

協議離婚が成立しなかった場合は家庭裁判所に調停の申立をすることになります。離婚調停とは、家庭裁判所の調停委員を間に入れて話し合い離婚成立を目指す手続きになります。

 

調停での話し合いでお互いが合意したら調停成立として離婚が成立しますが、逆に話に折り合いがつかなかった場合は調停不成立となります。

 

【関連記事】

離婚調停|基礎知識と調停離婚を有利に進める手順まとめ

離婚調停にかかる費用と弁護士に依頼した際のメリットまとめ

離婚調停が不成立した後の流れと対策 | 調停までに解決したい離婚問題

【弁護士が監修】離婚調停の期間と最短で終わらせるために知っておくべき事

離婚調停の詳細な流れと調停で望む結果を勝ち取る方法

離婚調停における陳述書の書き方と効果的に意見を伝える方法

 

離婚裁判

離婚調停が不成立になってしまった場合は離婚裁判を起こすことができます。離婚裁判は、裁判官が双方の話を聞いて離婚させるかどうかについて決める最終的な手続きになります。

 

但し、離婚裁判の場合は法定の離婚事由が認められない限り、裁判所は離婚を認めません。そのため、訴訟手続の中で当該事由があることを証拠に基づいて主張していく必要があります。

 

【関連記事】

離婚裁判の期間を短くして有利に離婚する為の10の手順

離婚裁判を開く費用と弁護士費用|弁護士に相談して有利に進めるには

 

慰謝料の請求をする

慰謝料を請求する際は、

  • 慰謝料の金額
  • 慰謝料の支払い方法
  • 慰謝料の支払い回数
  • 慰謝料の支払い時期
  • 慰謝料の支払いが遅延した場合の取り決め

 

について具体的な数字を話し合いましょう。浮気で離婚する際の慰謝料の相場は50万円~300万円となっており、相手の支払い能力によって変わりますので、1度弁護士に相談することをすすめします。

 

【関連記事】

離婚慰謝料の無料相談先と慰謝料についてよくある相談

離婚慰謝料の時効は3年|時効を中断し慰謝料を請求する方法

内容証明で慰謝料請求する方法|不利な立場にならないための手引き

不貞行為による不倫・浮気の慰謝料相場と高額請求する為の証拠とは?

離婚慰謝料の計算方法と高額請求を実現させる意外と知らない知識とは?

不倫の慰謝料請求を確実に成功させる|請求・証拠集めのやり方

 

慰謝料が増額・減額するケース

慰謝料の金額を決める上で、以下の表にあることで金額が増えたり減ったりすることがあります。

 

協議離婚で慰謝料の金額を決める場合は、あくまでお互いが合意した金額で問題ありませんが、もし話が折り合わず調停や裁判で決める場合には以下の事を参考にして金額を決めることになります。

慰謝料が増額するケース

慰謝料が減額するケース

妻に落ち度がなかった

妻に落ち度があった

夫婦生活が円満だった

浮気が発覚する前から夫婦仲が険悪だった

婚姻期間が長い

婚姻期間が短い

浮気していた期間が長い

浮気していた期間が短い

浮気の主導者が

浮気の主導者が浮気相手

子供がいる

子供がいない

浮気相手が謝罪しない

浮気相手が謝罪した

年収が多い(支払い能力が高い)

年収が少ない(支払い能力が低い)

また、浮気以外にも慰謝料を請求できるような不法行為(DVや悪意の遺棄など)があった場合は慰謝料が高額になりますので、慰謝料を請求できそうなものは証拠を確保するようにしましょう。

 

【関連記事】

不倫の慰謝料相場とできるだけ高額な慰謝料を獲得する手法

▶​不倫の慰謝料請求を確実に成功させる|請求・証拠集めのやり方

 

財産分与について話し合う

結婚してから築いた夫婦の共有財産は離婚時に分けることになり、これを財産分与と言います。妻が専業主婦の場合でも共有財産とみなされます。

 

基本的には半分ずつ分けますが、何をどのくらい分けるのかしっかり話し合うことが必要です。特に住宅ローンなど借金をどのように支払っていくのかを考えなくてはいけません。

 

【関連記事】

離婚時の財産分与の分け方と財産分与を有利に進める方法まとめ

財産分与に住宅ローンがある場合の離婚|夫婦で揉めずに解決する方法

財産分与|相場以上の財産を獲得する方法と請求手順まとめ

離婚時の財産分与の分け方と財産分与を有利に進める方法まとめ

財産分与の際にかかる税金と5つの節税方法まとめ
 

子供について話し合う

子供がいる場合は親権についてどちらが持つのか決めないと離婚できない事になっています。

 

日本の場合妻が親権を獲得し易いことになっていますが、夫婦の感情ではなく子供のためにはどちらが親権を持ったほうが良いのか子供の将来を考えながら、冷静に話し合う必要があります。

 

また、親権が取れなかった方は面会交流・養育費についてもしっかり決めておく必要があります。

 

【関連記事】

子供の親権を獲得したい方が離婚時に親権を勝ち取る為の6つのポイント

面会交流調停の流れと面会交流が許可されないケースまとめ

離婚後の養育費の相場と養育費を増額させる効果的な方法

養育費請求調停を有利に進める方法と弁護士に相談する3つのメリット

養育費の支払いに関する内容を公正証書にすべき理由

 

引っ越しの準備のこと

離婚したら妻が出ていくということが多いと思います。そうなった場合、今後住む場所は早めに確保しなければいけません。家が遠くなり職場を変える又は、新しく始める場合は職場を探さなくてはいけません。

 

離婚後に就活や家探しをすると焦り出てくるため、心身ともに大きなストレスになりますので、早め早めに準備することをおすすめします。実家に帰る場合は、親にしっかり挨拶するようにしましょう。

後悔しない離婚をするための4つのポイント

自分で決めた離婚でも後悔や未練がある人は多くいます。離婚直後は仕方ありませんが、いつまでもそのような気持ちでいては幸せになれません。後悔しないためにはどのようにすればいいのでしょうか。

 

贅沢できなくなることをあらかじめ覚悟しておく

離婚によって経済的に苦しくなるのは当たり前です。養育費をもらっていたとしても、生活がすごく楽になることはありません。好きに旅行や買い物ができなくなることをあらかじめ覚悟しておく必要があります。

 

経済的に苦しくなると気持ちに余裕が出ないため、精神的に追い詰められ離婚したことを後悔したり、うつ病になったりする可能性があります。

 

そのため、離婚時にしっかり金銭をもらう以外にも自分の給料で支えていけるように仕事を探す必要があるのです。

 

子供を自分1人で育てる覚悟をする

普通は2人で役割を分担して子供を育てますが、離婚により1人で2役を背負うことになります

 

それだけでも大変ですが、父親がいないことを寂しがる子供を見てしまうと罪悪感や後悔が大きくのしかかってくることになるのです。

 

また、離婚は子供に大きな影響を出しますので、フォローする必要があります。後悔しないためには離婚する前に、子供に与える影響やどのように育てればいのかしっかり確認していくことが大切です。

 

また、国の支援制度もしっかり確認しておきましょう。

 

【関連記事】

離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法

母子家庭の役立つ手当17選|離婚後に知っておくべき支援制度

 

相談相手をつくる

1人で、育児・家事・仕事をするとなると不安なことや迷ってしまうことが多くあると思います。

 

そのようなことを1人で抱えるとうつ病などになる可能性が高いので、自分の本心を話せる相談相手をつくることが大切です。

 

相談相手は友人・カウンセラー・ネット上の掲示板など安心して話せる相手なら、誰でもいいのです。他の人はどうしているのかを聞きたい、他人と話すのは苦手という場合はネット上の掲示板を有効に活用しましょう。

 

新しい目標を持つ

離婚をしたことで、開放感と共に空虚感を持つと思います。後悔しないようにするには、離婚したということを完全に過去のものにする必要があります。

 

そのためにはまず、熱中するものや目標を持つことが大切です。目標も無いと「あの時こうしていれば」と過去のことばかり頭に出てきてしまいます。

 

それでは、何もできなくなってしまいますので、始めは無理矢理でも目標を持ち集中することが大切なのです。

まとめ

いかがでしょうか?

離婚をすることで生活環境が大きく変わると思います。子供を1人で育てるのはとても難しいですが、浮気している旦那と仮面夫婦のようにずっと生活していくより精神的にいいのではないでしょうか。

 

離婚をする際は離婚問題の解決に注力している弁護士に相談することで、高額な慰謝料を獲得できる可能性があります。

 

まずは、証拠を集め離婚するべきかどうかを考えましょう。離婚せず、夫婦仲を修復するという方法もありますので、後悔の無い選択をしていただければ幸いです。

 

【関連記事】

離婚したいのにできない4つの理由とその解決策まとめ

旦那と離婚したい妻は必見|旦那とすぐに離婚する上手な方法

離婚してくれない相手を離婚に納得させる7つの秘策

 

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム


慰謝料コラム一覧へ戻る