弁護士を探す

慰謝料・親権・DVなど、離婚問題が得意な弁護士に相談することができます。

弁護士に相談する

慰謝料・親権・DVなど、離婚問題が得意な弁護士に相談することができます。

あたらし法律事務所
東京都新宿区四谷3-13-11栄ビル7階

経験豊富な弁護士にお任せください!じっくり丁寧にお話を伺います。まずはお悩みを話してみませんか?

まこと法律事務所
東京都新宿区新宿区百人町2丁目9−6竹内ビル1A

【初回相談無料|20時まで相談可】【新大久保駅より徒歩3分】

なごみ法律事務所
東京都中央区八丁堀4-12-7サニービル5階A

【女性の離婚問題に注力】【相談無料】【夜8時まで相談可能】

【東京立川支店】弁護士法人アディーレ法律事務所
東京都立川市曙町2-8-3新鈴春ビル5F

浮気・不倫の慰謝料ならアディーレ!ご相談は何度でも無料

イージス法律事務所
東京都中央区銀座6-2-1DAIWA銀座ビル3F

経験豊富な弁護士があなたに本気で寄り添い、解決へと導きます。

東京都の弁護士一覧はこちら
離婚問題の新着コラム
 

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

慰謝料を浮気相手にだけ請求する3つの方法|慰謝料相場と請求の注意点
奥さんから慰謝料請求された!今すぐすべき対応(ケース別)と減額方法
​慰謝料が高すぎる!不倫慰謝料を払わなくてもよいケースと減額する方法
慰謝料請求を弁護士なしでする方法|成功させるコツと失敗するリスク
離婚問題の人気コラム

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

母子家庭(シングルマザー)に役立つ17の手当て・支援制度を徹底解説
妻と離婚したい夫は必読|夫が妻に離婚を納得させる方法
旦那と離婚したい妻は必見|旦那とすぐに離婚する上手な方法
離婚届の正しい書き方と提出時に用意する書類・記入時のポイントまとめ
コラムカテゴリ
離婚調停 慰謝料 親権(子供) 財産分与 モラハラ 養育費 DV 国際離婚 その他 離婚裁判 不倫 離婚原因 協議離婚 熟年離婚 離婚後の生活 離婚の相談先 離婚準備

離婚問題を弁護士に相談する3つのメリット

1

弁護士が代わりに
交渉を行う

当事者同士の話合いではお互いに感情的になってしまい、まともな話合いができないことや相手と話し合うこと自体がストレスになってしまうことがよく見受けられます。弁護士に依頼をすれば、相手方と直接交渉を行う必要はありません。

2

養育費や親権の
交渉も可能

法律の専門家は弁護士以外では行政書士や司法書士などがいますが、行政書士は書類などの作成にとどまり、交渉を代行することができません。司法書士は交渉を行うことはできますが140万円以下の慰謝料請求に限られており、養育費や親権の交渉を代行することはできません。

3

離婚後に起こり得る
トラブルを防ぐ

離婚成立後によくある問題として、「慰謝料・養育費が支払われない」ことがあります。 慰謝料や養育費は、法的に有効な書面を残しておけば、差し押さえなどの強制的な手段を行使することも可能になります。弁護士へ依頼すれば、適切な書面の作成により、起こり得るリスクを未然に防ぐことができます。

弁護士費用の相場

この金額は協議離婚(調停や裁判に移行せず、話合いのみで解決した)で離婚が成立した場合の総額です。 話合いで離婚が成立せず、調停や裁判に移行した場合は別途費用がかかることになります。 また、慰謝料請求などを行う場合、別途着手金が加算されたり、成功報酬として獲得できた金額(経済的利益)の1割~2割が弁 護士費用として加算されるのが通常です。

法律相談料

弁護士と面談による相談をした際にかかる費用です。相場は1時間につき5,000円から1万円程度です。近年では、初回の法律相談は無料、2回目以降は有料というケースが増加しています。

着手金

正式に弁護を依頼した際に支払うものです。一般的に20万円~30万円が着手金の相場となっています。

成功報酬

相手から慰謝料を獲得できた場合など、依頼者が望む結果を実現できた際に支払う費用です。相場としては、経済的利益(慰謝料額など)の10%~20%の間で設定している事務所が多いです。

良い弁護士を見極める2つのポイント

弁護士に依頼すると費用がかかるので、せっかく依頼するのなら良い弁護士を選びたいですよね。
そこで、良い弁護士を見極めるために重要な2つのポイントについて解説していきます。

 
最も重要なのは「信頼できるか」

人は感情的な生き物です。例え優秀な弁護士であっても相性が良くないのであれば依頼は控えたほうが良いでしょう。

面談による法律相談をする際、その弁護士は「あなたにとって信頼できる人か」を考えてください。弁護人と依頼人はパートナーのようなものです。

「信頼して任せられる」そう思える弁護士に依頼をしましょう。

デメリットやリスクに関して
説明する弁護士か

良い弁護士というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。真に依頼者の利益を考えているからです。

依頼者が「こうしたい!」と言っても、弁護士が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い弁護士と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!やりましょう!」という弁護士は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

離婚が得意な弁護士を探す

新着マガジン

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

​旦那が不倫をやめない理由とどうしてもやめない場合に取るべき行動
若年離婚する6つの原因|若年離婚を回避する方法と意外なメリット4つ
学資保険のメリット・デメリット|得するコツと教育資金を貯める他の方法
夫婦のプレゼントにおすすめなのは日常的に使う〇〇!【年代別・男女別にご紹介】