弁護士を探す

慰謝料・親権・DVなど、離婚問題が得意な弁護士に相談することができます。

弁護士に相談する

慰謝料・親権・DVなど、離婚問題が得意な弁護士に相談することができます。

清水法律事務所
東京都武蔵野市武蔵野市中町1-10-7武蔵野Kビル4階

【30代・40代の離婚案件の実績豊富】●夜間・休日対応●夫婦カウンセラー資格有●キッズルーム有●

虎ノ門協同法律事務所
東京都港区赤坂1-3-6赤坂グレースビル7階

【初回相談無料・電話相談可能】離婚問題お気軽にご相談ください

弁護士法人ネクスパート法律事務所
東京都中央区京橋2-5-22キムラヤビル7階

【不貞慰謝料請求されている方/減額・免除に特化】【返金保証あり】

アウル東京法律事務所
東京都渋谷区代々木2-11-20新宿成和ビル6階

【離婚を決断した方|初回面談無料】【新宿南口すぐ】

ほしの法律事務所
東京都港区赤坂2丁目2番21 号永田町 法曹 ビル 807 号

【初回相談0円】ご相談から解決まで私が懇切丁寧に対応致します

東京都の弁護士一覧はこちら
離婚問題の新着コラム
 

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

すぐ怒る夫にうんざり!旦那がキレる原因と今すぐできる対処法
旦那が何もしない!家事や育児を手伝わない旦那への対処法
結婚に後悔しかない!結婚後悔症候群になってしまう男女別8つの理由
物に当たる旦那の対処法|すぐ怒る5つの心理と特徴
離婚問題の人気コラム

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

母子家庭(シングルマザー)が使える17の手当・支援制度|金額や条件も解説
旦那と離婚したい妻は必見|すぐ・上手に別れる方法と事前に準備すべき事
【弁護士監修】モラハラ夫によくある12の特徴と原因・効果的な対応法
妻と離婚したい夫必見!みんなの離婚したい理由と早く上手に別れる方法
コラムカテゴリ
離婚調停 慰謝料 親権(子供) 財産分与 モラハラ 養育費 DV 国際離婚 その他 離婚裁判 不倫 離婚原因 協議離婚 熟年離婚 離婚後の生活 離婚の相談先 離婚準備 浮気調査
解決事例 実際に弁護士に相談してどうなったかがわかる
  • 離婚前相談
  • 財産分与
  • 親権
  • 養育費
  • DV
  • モラハラ
  • 不倫慰謝料
  • 男女問題
  • 離婚協議
  • 離婚調停
  • 裁判離婚

離婚問題を弁護士に相談する3つのメリット

1

弁護士が代わりに
交渉を行う

当事者同士の話合いではお互いに感情的になってしまい、まともな話合いができないことや相手と話し合うこと自体がストレスになってしまうことがよく見受けられます。弁護士に依頼をすれば、相手方と直接交渉を行う必要はありません。

2

養育費や親権の
交渉も可能

法律の専門家は弁護士以外では行政書士や司法書士などがいますが、行政書士は書類などの作成にとどまり、交渉を代行することができません。司法書士は交渉を行うことはできますが140万円以下の慰謝料請求に限られており、養育費や親権の交渉を代行することはできません。

3

離婚後に起こり得る
トラブルを防ぐ

離婚成立後によくある問題として、「慰謝料・養育費が支払われない」ことがあります。 慰謝料や養育費は、法的に有効な書面を残しておけば、差し押さえなどの強制的な手段を行使することも可能になります。弁護士へ依頼すれば、適切な書面の作成により、起こり得るリスクを未然に防ぐことができます。

弁護士費用の相場

この金額は協議離婚(調停や裁判に移行せず、話合いのみで解決した)で離婚が成立した場合の総額です。 話合いで離婚が成立せず、調停や裁判に移行した場合は別途費用がかかることになります。 また、慰謝料請求などを行う場合、別途着手金が加算されたり、成功報酬として獲得できた金額(経済的利益)の1割~2割が弁 護士費用として加算されるのが通常です。

法律相談料

弁護士と面談による相談をした際にかかる費用です。相場は1時間につき5,000円から1万円程度です。近年では、初回の法律相談は無料、2回目以降は有料というケースが増加しています。

着手金

正式に弁護を依頼した際に支払うものです。一般的に20万円~30万円が着手金の相場となっています。

成功報酬

相手から慰謝料を獲得できた場合など、依頼者が望む結果を実現できた際に支払う費用です。相場としては、経済的利益(慰謝料額など)の10%~20%の間で設定している事務所が多いです。

良い弁護士を見極める2つのポイント

弁護士に依頼すると費用がかかるので、せっかく依頼するのなら良い弁護士を選びたいですよね。
そこで、良い弁護士を見極めるために重要な2つのポイントについて解説していきます。

 
最も重要なのは「信頼できるか」

人は感情的な生き物です。例え優秀な弁護士であっても相性が良くないのであれば依頼は控えたほうが良いでしょう。

面談による法律相談をする際、その弁護士は「あなたにとって信頼できる人か」を考えてください。弁護人と依頼人はパートナーのようなものです。

「信頼して任せられる」そう思える弁護士に依頼をしましょう。

デメリットやリスクに関して
説明する弁護士か

良い弁護士というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。真に依頼者の利益を考えているからです。

依頼者が「こうしたい!」と言っても、弁護士が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い弁護士と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!やりましょう!」という弁護士は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

離婚が得意な弁護士を探す

新着マガジン

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

おすすめの弁護士保険はどれ?ネットで加入できる弁護士保険4社と選び方
FAITプログラムとは?|白梅学園大学福丸教授、立教大学山田准教授に取材
諸外国の親権制度から読み解く子どもの福祉|子どもの福祉のために知るべきこと
マインドフルネス瞑想の効果や実践方法とは?駿河台大学相馬先生にインタビュー