離婚弁護士ナビ|通話無料で、慰謝料・親権・DVなど離婚問題が得意な弁護士に相談

地域から弁護士を探す

相談内容から探す

  • 離婚調停

  • 慰謝料

  • 親権(子供)

  • 財産分与

  • モラハラ

  • 養育費

  • DV

  • 国際離婚

離婚問題を弁護士に依頼する3つのメリット

弁護士が代わりに交渉を行う

Top-left-content-01-1b
当事者同士の話合いではお互いに感情的になってしまい、まともな話合いができないことや相手と話し合うこと自体がストレスになってしまうことがよく見受けられます。弁護士に依頼をすれば、相手方と直接交渉を行う必要はありません。

養育費や親権の交渉も可能

Top-left-content-01-2b
法律の専門家は弁護士以外では行政書士や司法書士などがいますが、行政書士は書類などの作成にとどまり、交渉を代行することができません。司法書士は交渉を行うことはできますが140万円以下の慰謝料請求に限られており、養育費や親権の交渉を代行することはできません。

離婚後に起こり得るトラブルを防ぐ

Top-left-content-01-3b
離婚成立後によくある問題として、「慰謝料・養育費が支払われない」ことがあります。
慰謝料や養育費は、法的に有効な書面を残しておけば、差し押さえなどの強制的な手段を行使することも可能になります。弁護士へ依頼すれば、適切な書面の作成により、起こり得るリスクを未然に防ぐことができます。

弁護士費用の相場は総額50万円前後

この金額は協議離婚(調停や裁判に移行せず、話合いのみで解決した)で離婚が成立した場合の総額です。
話合いで離婚が成立せず、調停や裁判に移行した場合は別途費用がかかることになります。
また、慰謝料請求などを行う場合、別途着手金が加算されたり、成功報酬として獲得できた金額(経済的利益)の1割~2割が弁 護士費用として加算されるのが通常です。
Top-left-content-02-1

弁護士の報酬体系

弁護士への報酬は「法律相談料」「着手金」「成功報酬」の3つに分類されます。
・法律相談料
弁護士と面談による相談をした際にかかる費用です。相場は1時間につき5,000円から1万円程度です。近年では、初回の法律相談は無料、2回目以降は有料というケースが増加しています。
・着手金
正式に弁護を依頼した際に支払うものです。一般的に20万円~30万円が着手金の相場となっています。
・成功報酬
相手から慰謝料を獲得できた場合など、依頼者が望む結果を実現できた際に支払う費用です。相場としては、経済的利益(慰謝料額など)の10%~20%の間で設定している事務所が多いです。

弁護士に相談する適切なタイミングは離婚を考え始めたとき

Top-left-content-03-1
離婚する際には様々なことを考えなければなりません。慰謝料や親権・養育費、財産分与など決めなければならないことがたく さんあります。あなたがどのような事を最優先するかで話の進め方は変わります。ですから、出来る限り早い段階で弁護士に相 談することをオススメします。どのように離婚を進めるのが良いのかアドバイスをもらえることがあります。

相談したからといって必ず依頼しなければならないということはありません。まずは現状を伝えどのように対応すれば良いのか を聞いてみましょう。その上で依頼する必要性が生じたときに依頼をすれば良いのです。

良い弁護士を見極める2つのポイント

弁護士に依頼すると費用がかかるので、せっかく依頼するのなら良い弁護士を選びたいですよね。
そこで、良い弁護士を見極めるために重要な2つのポイントについて解説していきます。
Top-left-content-04-1

最も重要なのは「信頼できるか」

人は感情的な生き物です。
例え優秀な弁護士であっても相性が良くないのであれば依頼は控えたほうが良いでしょう。面談による法律相談をする際、その弁護士は「あなたにとって信頼できる人か」を考えてください。弁護人と依頼人はパートナーのようなものです。
「信頼して任せられる」そう思える弁護士に依頼をしましょう。

Top-left-content-04-2

デメリットやリスクに関して説明する弁護士か

良い弁護士というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。
真に依頼者の利益を考えているからです。依頼者が「こうしたい!」と言っても、弁護士が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い弁護士と言っても差し支えないでしょう。
一方、何に対しても「できます!やりましょう!」という弁護士は少し注意をしたほうがよいかもしれません。
離婚が得意な弁護士を探す

Top-genjo-icon 日本における離婚の現状

厚生労働省が発行している統計によると、現在日本では5組に2組の夫婦が離婚をするというデータが出ています。
1980年代には5組に1組が離婚をするという状況でしたが、現状の5組に2組という数字は他国と比べてもかなり高く(世界で12位)、離婚する夫婦が珍しくなくなっている「離婚大国」となっています。

また、近年の傾向としては婚姻期間が25年以上の熟年夫婦の離婚が特に増加しており、ここ10年で「熟年離婚」は2倍以上に増えています。婚姻期間30年以上の夫婦に限定すると3倍近くに増えています。

所得の増加と離婚数の増加には相関関係が見られており、子育てを終えた女性が再度社会の中で独立して生きていくことを受け入れる、社会の変化が熟年離婚を増加させる原因になっていると考えられるのではないでしょうか。
ただ、全体の離婚の数自体に再度焦点を当てると離婚の総数事態は2002年の29万組をという離婚数をピークに離婚数自体は減少しており、2012年には23万5719組まで減少しています。

では、なぜ離婚率は上昇しているのか。原因としては単純に婚姻数が減少しているためであると考えられます。
夫婦の自体の総数は、離婚だけでなく死別を含む単純な人口の減少により総数が減っていくため、ほぼ横這いであるものの離婚率が下がらなければ 離婚率は、今後も緩やかな上昇傾向にあり続けるでしょう。

最後に、個人としてのより自由な生き方を求めていける成熟した社会で、 離婚数が増えていくこと自体は当然の流れであり女性がより社会の中で自由に生きやすくなっている事自体は非常に望ましい事でもあると思われます。
Sidebar_writer_recruit