弁護士を探す

慰謝料・親権・DVなど、離婚問題が得意な弁護士に相談することができます。

弁護士に相談する

慰謝料・親権・DVなど、離婚問題が得意な弁護士に相談することができます。

Office info 202209301736 441 w220 弁護士法人はるかぜ総合法律事務所
東京都港区虎ノ門三丁目8番26号巴町アネックス4階

【初回相談無料】熟年離婚による財産分与や不倫慰謝料など離婚に関することならお任せください。「身近な弁護士」として、みなさまのお悩みに寄り添います。どんな些細なことでもご相談ください。

Office info 202109071807 34041 w220 あいなかま法律事務所
東京都中央区東日本橋2-28-3 Nビル3階

【初回相談無料】【浅草橋駅5分】●カウンセラー資格所持の弁護士●離婚は人生の大きな決断だからこそ、実績豊富な弁護士 中村へお任せ下さい。後悔のない結果を目指した最善のサポートを心掛けております。

Office info 202209051112 69361 w220 弁護士 高井 雅秀(電羊法律事務所)
東京都町田市森野1-32-12 森谷ビル2階

休日夜間の相談可】離婚協議DV親権獲得不倫慰謝料など幅広い離婚問題に対応!依頼者様の立場を一番に考え、スムーズな問題解決を目指しサポートいたします!DV/不倫をした方のご相談も◎

Office info 201906271458 2701 w220 【不倫の慰謝料を請求されたら】 秋葉原よすが法律事務所
東京都台東区浅草橋5丁目2番3号鈴和ビル4階A

不倫の慰謝料を支払うよう連絡が来た」方、つらい減額交渉をあなたの代わりに行います。【訴状が来た】【相手から呼び出された】【何度も連絡が来ている】場合、応じる前に必ずご相談ください!最善の解決に向け対応いたします。

Office info 202111291900 49491 w220 弁護士法人ガーディアン法律事務所立川オフィス
東京都立川市柴崎町3-11-4東京ロジテック千代田ビル2階

【初回1時間無料◆キッズスペース有◆年間相談実績700件超】お金の問題のみならず親権/監護権/面会交流などでも実績多数◆離婚後の生活も考え、最善の解決策をご提案!《お問い合わせは写真をクリック》

東京都の弁護士一覧はこちら
離婚問題の新着コラム
 

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

Pixta 59352172 m %281%29 相続遺産は財産分与対象外!財産分与の対象となるものや相続との違いを解説
Pixta 74602541 m %281%29 養育費の確定申告は必要?扶養控除の対象になる?確定申告や扶養控除の注意点を解説
Pixta 27607646 m %281%29 DVシェルターとは?入れる期間や利用条件、その後取るべき対応を解説
Pixta 85927454 m %281%29 子どもの親権はいつまで続くのか? 親権の内容・親権者の決め方・変更方法も解説
離婚問題の人気コラム

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e3%83%8a%e3%83%93%e3%80%80%e6%9e%a0 母子家庭(シングルマザー)が使える17の手当・支援制度|金額や条件も解説
%e9%9b%a2%e5%a9%9a 旦那と離婚したい妻は必見|すぐ・上手に別れる方法と事前に準備すべき事
Content id68 1 【弁護士監修】モラハラ夫によくある12の特徴と原因・効果的な対応法
Re %e9%9b%a2%e5%a9%9a 妻と離婚したい夫必見!みんなの離婚したい理由と早く上手に別れる方法
コラムカテゴリ
離婚調停 慰謝料 親権(子供) 財産分与 モラハラ 養育費 DV 国際離婚 その他 離婚裁判 不倫 離婚原因 協議離婚 熟年離婚 離婚後の生活 離婚の相談先 離婚準備 浮気調査
解決事例 実際に弁護士に相談してどうなったかがわかる
  • 離婚前相談
  • 財産分与
  • 親権
  • 養育費
  • DV
  • モラハラ
  • 不倫慰謝料
  • 男女問題
  • 離婚協議
  • 離婚調停
  • 裁判離婚

離婚問題を弁護士に相談する3つのメリット

1

弁護士が代わりに
交渉を行う

当事者同士の話合いではお互いに感情的になってしまい、まともな話合いができないことや相手と話し合うこと自体がストレスになってしまうことがよく見受けられます。弁護士に依頼をすれば、相手方と直接交渉を行う必要はありません。

2

養育費や親権の
交渉も可能

法律の専門家は弁護士以外では行政書士や司法書士などがいますが、行政書士は書類などの作成にとどまり、交渉を代行することができません。司法書士は交渉を行うことはできますが140万円以下の慰謝料請求に限られており、養育費や親権の交渉を代行することはできません。

3

離婚後に起こり得る
トラブルを防ぐ

離婚成立後によくある問題として、「慰謝料・養育費が支払われない」ことがあります。 慰謝料や養育費は、法的に有効な書面を残しておけば、差し押さえなどの強制的な手段を行使することも可能になります。弁護士へ依頼すれば、適切な書面の作成により、起こり得るリスクを未然に防ぐことができます。

弁護士費用の相場

この金額は協議離婚(調停や裁判に移行せず、話合いのみで解決した)で離婚が成立した場合の総額です。 話合いで離婚が成立せず、調停や裁判に移行した場合は別途費用がかかることになります。 また、慰謝料請求などを行う場合、別途着手金が加算されたり、成功報酬として獲得できた金額(経済的利益)の1割~2割が弁 護士費用として加算されるのが通常です。

法律相談料

弁護士と面談による相談をした際にかかる費用です。相場は1時間につき5,000円から1万円程度です。近年では、初回の法律相談は無料、2回目以降は有料というケースが増加しています。

着手金

正式に弁護を依頼した際に支払うものです。一般的に20万円~30万円が着手金の相場となっています。

成功報酬

相手から慰謝料を獲得できた場合など、依頼者が望む結果を実現できた際に支払う費用です。相場としては、経済的利益(慰謝料額など)の10%~20%の間で設定している事務所が多いです。

良い弁護士を見極める2つのポイント

弁護士に依頼すると費用がかかるので、せっかく依頼するのなら良い弁護士を選びたいですよね。
そこで、良い弁護士を見極めるために重要な2つのポイントについて解説していきます。

 
最も重要なのは「信頼できるか」

人は感情的な生き物です。例え優秀な弁護士であっても相性が良くないのであれば依頼は控えたほうが良いでしょう。

面談による法律相談をする際、その弁護士は「あなたにとって信頼できる人か」を考えてください。弁護人と依頼人はパートナーのようなものです。

「信頼して任せられる」そう思える弁護士に依頼をしましょう。

デメリットやリスクに関して
説明する弁護士か

良い弁護士というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。真に依頼者の利益を考えているからです。

依頼者が「こうしたい!」と言っても、弁護士が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い弁護士と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!やりましょう!」という弁護士は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

離婚が得意な弁護士を探す

新着マガジン

みんなが知らない法律の豆知識をご紹介

Pixta 50717369 m 「旦那が浮気する夢」の意味は?相手・パターン・感情別に紹介
Pixta 73543945 m 財布は夫婦別にする?一緒にする?メリット・問題点と貯金のコツ
Pixta 64800723 m 夫婦別寝室は不仲になる?別室を考える理由と円満に暮らすコツ
Pixta 73197780 m セックスレス状態での浮気は仕方ない…?みんなの体験談や意見を紹介!