ホーム > 離婚コラム > 離婚原因 > スピード離婚する5つの理由とは?すぐ離婚しないためにできる3つのこともご紹介
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2018.2.26  更新日:2021.4.27

スピード離婚する5つの理由とは?すぐ離婚しないためにできる3つのこともご紹介

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
1px

明確な定義はありませんが、一般的に結婚当日から2年以内に離婚するをスピード離婚といいます

大好きな人と幸せな結婚をしたにもかかわらず、スピード離婚に至ってしまう人は少なくありません。2019年の司法統計を見ると、婚姻期間が2年未満で離婚した夫婦は以下のような人数になります。

婚姻期間

6ヶ月未満

1年未満

2年未満

人数

164

804

2,494

参考
司法統計

このように、6ヶ月未満で離婚する夫婦は150組を超え、2年未満で離婚する夫婦は2,000組を超えています。この数字は決して少ないとは言えません。

この記事では、結婚してすぐ離婚となってしまう理由や、スピード離婚のメリット・デメリットを紹介します。また、夫婦関係を修復するための方法もまとめましたので、離婚するか迷っている場合は参考にしてみてください。

養育費がきちんと支払われるか不安な方へ

イントラストの養育費保障サービスでは、イントラストが支払人の連帯保証人となることで「立て替え」「催促」を実施いたします。例え未払いが発生しても翌月すぐに立て替えて養育費をお支払いします。また、支払いの催促はイントラストが行うため、余計なストレスなどもなく安心。

現在、離婚手続きをしている方、今後養育費の未払いが心配な方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

この記事に記載の情報は2021年04月27日時点のものです

スピード離婚する5つの理由

幸せなカップルがお互いを想い合って結婚したものの、あえなくスピード離婚してしまうその主な理由はどんなものなのでしょうか。

①相手をよく知らないうちに結婚した

婚期に焦ったり、子供ができてしまったため、相手のことをよく知らないまま結婚した人もいます。

最近は、婚活も盛んになったため良い人と巡り会って1年で結婚する話も珍しくありません。

結婚相手紹介サービスの株式会社オーネットが実施した「結婚希望年齢と交際期間に関する意識調査」では、結婚するまでの期間の適切な期間として約17.2%の人が0ヶ月から1年未満と回答しました。

もちろん交際期間が短くても幸せな婚姻生活を送っている人もいますが、相手をよく知らないまま結婚してしまうと、実は暴力的な人だった、性格や価値観がまったく合わなかったということもあります。

昨年の夏から付き合い始め、7か月で婚姻届を出しました。2月末に結婚しました。付き合っていたときは、とても優しく心のある人でしたが、結婚してから、心ない発言が多かったり、いつも怒っていたり、ケンカをしても謝らなくなりました。物に当たったり、手はあげないものの、暴力的なところがあります。(引用:スピード離婚について。|Yahoo!知恵袋)

また、しっかり知っているようでも、結婚前に同棲をしなかったことで、見えていなかった些細なことや生活習慣の違いが理由となり、結婚後すぐ離婚するケースもあります。

②結婚に夢を見ていた

結婚に夢を見すぎてしまうと、理想と現実のギャップについて行けず、こんなはずではなかったとスピード離婚しやすくなります。

結婚はどうしてもお互いの家族にも関係してきますし、結婚式を挙げるのであれば、準備や手続きに忙しくなるでしょう。

学生のときや一人のときと勝手が違うため、心身ともに疲れてしまう人も珍しくありません。

大学1年から8年付き合い、結婚2年目ですが離婚することになりました。青春の全てを彼とともにし、頑張ってきたのに・・・。(引用:大恋愛、学生時代からの付き合いなのに破局した方・・|発言小町)

③不倫していた

結婚前から二股をかけており、結婚後にそれが発覚してしまうというケースも少なくありません。

最近旦那の様子がおかしく、先日ついにケータイをチェックしたところ不倫をしていることが発覚しました。しかも、相手との始まりは私と付き合い出して1年経った頃からでした。(引用:新婚直後からの旦那の不倫|発言小町)

また、結婚したのに、すれ違いが多いと「結婚してもつまらない」と寂しさから浮気に走ってしまう可能性もあるでしょう。ですが、された相手にとっては我慢できるものではありませんし、離婚を選択する大きな理由になります。

④借金があった

結婚後に相手に高額な借金が発覚するケースがあります。相手の借金を理解したうえで結婚したのであれば、経済的に苦しい生活でも我慢できます。

しかし、そのようなことを一切言われず、結婚後に「借金があるから生活が苦しくなる。」と言われてしまったら、相手を信用できなくなりますし、離婚が頭をよぎるでしょう。

わたしは大好きな人と結婚1年目の新妻で自分は幸せ者だと思っていました。しかし、700万円の借金があって、自己破産寸前だとは知らず、夫や夫の親に裏切られて借金地獄の道に道づれにされてしまいました。(引用:新婚1年目に夫に700万円の借金が発|発言小町)

借金は一度してしまうと癖になってしまいますので、もし発覚したらすぐに対処する必要があります。債務で悩んでいる場合はこちら『債務整理ナビ』をご覧ください。

⑤夫婦の将来を共有できていなかった

夫婦の将来を共有するということは夫婦生活を営む上でとても大切なことになります。子供や住む場所、今後どのように働いていきたいのかなど多くのことをすり合わせて共有していかないと、喧嘩に発展し、離婚を選択してしまうでしょう。

また、お互いの将来の計画を共有せずに結婚した場合、いざ結婚して現実的な問題に直面して対処し、選択しなければならない状況で、初めてお互いの真意を知ると「こんなはずじゃなかった…」というズレが生じてしまいます。

最近スピード離婚した芸能人

芸能会でも華やかな結婚会見の後、スピード離婚をしてしまった芸能人も多くいます。

以下の表は最近スピード離婚をした芸能人です。

名前

婚姻期間

加藤紗里(タレント)

2019.9〜2020.1

MALIA(モデル)

2017.11〜2019.4

鈴木明子(元フィギュアスケート選手)

2017.2〜2018.9

米倉涼子(女優)

2014.12〜2016.12

福田明日香(元モーニング娘。)

2015.4〜2016.7

遠野なぎこ(女優)

2014.5〜2014.6

山本太郎(政治家)

2012.5〜2012.8

浜崎あゆみ(歌手)

2011.1〜2012.1

スピード離婚する夫婦の3つの特徴

スピード離婚しやすい夫婦とはどんな夫婦なのでしょうか。3つの特徴を紹介します。

①自分の都合や感情ばかり優先させている

自分の都合や感情ばかりを優先させてしまうのは、スピード離婚しやすい夫婦の特徴のひとつです。

最近仕事帰りや休みのたびにスロットにいっており、実際どれだけお金を使ってるかもわかりません。家事も洗濯を偶にするくらいで料理も掃除も全くしてくれません。自分のやりたいことばかり優先していて、何かうまくいくビジョンも全く見えてこなくなりました。好きだって気持ちがもう非常に薄れています。(引用:今年3月に結婚したばかりのものです。|Yahoo!知恵袋

共働き夫婦、新婚です。新居は旦那の職場近くにしました。私は毎朝5時起きで車で片道1時間半かけて通っています。帰るのは私のが早いので早く帰れて七時半から夜ごはん準備します。洗濯物取り込んでお風呂入れてごはん用意したら旦那が帰ってきて私は寝ます。土日は旦那は飲み会で朝帰りです。私は1人でごはんを食べます。この生活に疲れました。旦那は感謝してると言いますが、なんか何もしたくないです。(引用:結婚生活、自分ばかりが犠牲になっているような気持ちになります…。|Yahoo!知恵袋

このように、家のことやパートナーのことを考えず、自分優先の身勝手な行動ばかりしていると、次第に不仲となり、スピード離婚に繋がってしまいます。

②子供をつくることへの考えが正反対

子供をつくることへの考え方は夫婦関係を続けていく上で重要です。結婚したい理由が「子供」だったり結婚の条件に「子供が欲しい」などの項目があったりします。そのため、子供をつくることへの考え方が正反対の夫婦は「相手は好きだけど、子供を諦められない」とスピード離婚を決断指せるケースも多くあるようです。

将来は子供のいる家庭を築きたい妻と仕事に一生懸命で子供のことは考える余裕のない夫、妊活を頑張りたい夫と高齢で出産願望のない妻など、考え方の不一致は様々なパターンがあるようです。

「子供」は夫婦にとって一つの大きなテーマであり、考え方が異なると夫婦関係の意味をも揺るがす大きな溝になってしまう場合があるのです。

③一緒にいる時間が少ない

スピード離婚する夫婦の特徴に、「一緒にいる時間が少ない」という点も挙げられます。

夫の仕事が忙しい場合や夫婦で生活リズムが異なる場合など、一緒にいる時間が少ないと徐々にパートナーへの気持ちが薄れたり、結婚して一緒に暮らす意味が分からなくなったりする人も珍しくありません。

また、いつも一人でいる寂しさから不倫に発展し、それがきっかけとなって一気にスピード離婚に至ってしまうケースも少なくありません。

スピード離婚のメリットとデメリット

スピード離婚のメリットとデメリットを少し詳しく見ていきましょう。

スピード離婚のメリット

時間を無駄にしない

何年も我慢した上で離婚するよりも、新しい出会いに恵まれる時間や自分のための自由な時間を無駄にすることがありません。

仮面夫婦や仲の悪い夫婦として生活を続けるぐらいなら、離婚し新しい家庭で幸せな生活をした方が人生を充実させることができます。

離婚時の決めごとが楽な場合が多い

新婚で共有財産が少なかったり、子供がいない場合の離婚は分けることや、決めることが少なくなるため、離婚の際も大きな揉め事もなく離婚できる可能性が高くなります。

そのため、離婚の際に費用や時間をかけずに済みます。熟年離婚やある程度の婚姻期間がある場合だとこうはいきません。財産から親権、養育費など決めることが多く、裁判に発展する可能性も高いでしょう。

精神的な負担が少ない

早期に見切りをつけ離婚することで精神的な負担が少なくなります。特に、離婚する原因が不倫・DV・借金などの場合、婚姻期間が長くなればなるほど精神的な苦痛が生じ、そのせいで鬱などの精神病にかかる可能性もあります。

スピード離婚に踏みきることで、早々にそのような苦痛から解放されるでしょう。

スピード離婚のデメリット

世間体が悪い

1番のデメリットは世間体が悪いということです。特に親や、結婚を祝福してくれた友人には離婚理由を根掘り葉掘り聞かれる可能性もあります。

また、スピード離婚に対し、周囲が心ない言葉をかけてくることもあるので、そのようなことに耐える必要があるでしょう。

今月、結婚して半年ですが、離婚することになりました。たったの6ヶ月でダメにになり、家族、友人を裏切ってしまったようで、申し訳ない気持ちでいっぱいです。周りの人の、当然ですが「えっ!もう?」という反応がとても辛いです。なにより、両親に申し訳なく、親戚方へどのように報告したらいいのか・・・。(引用:スピード離婚した方|発言小町)

スピード離婚の理由が性格の不一致だと、我慢しない人などと思われ、今後の再婚に響く可能性も考えられます。

誤解で離婚してしまう場合も多い

スピード離婚をしてしまうと、相手を誤解したまま離婚してしまうということも考えられます。しっかり相手を理解していれば許せたことや離婚まで発展しなかったことでも、相手をよく知らないため許せないなどということもあるのです。

わたしら夫婦は、結婚して2~3か月の頃が一番不安定で、何度か離婚の危機がありました。そして1年がたったいま、とりあえず夫婦関係はうまくいっていると思います。(引用:スピード離婚について。|Yahoo!知恵袋)

そのような場合、離婚後に後悔したり、再婚相手と比べたりしてしまい、また離婚してしまう可能性も考えられます。

スピード離婚を回避するためにできる3つのこと

スピード離婚の危機に直面した場合どのように回避していけばよいのでしょうか。3つの方法を紹介します。

①2人で話し合うこと

まずは2人でしっかり話し合う必要があります。もしかしたら、お互いに誤解をしていたり、すれ違っていたりすることがあるかもしれません。

話し合いの際、感情的になってしまったり、相手を否定するようなことを言ってしまったりすると、さらにこじれてしまいますので、冷静になることが大切です。

また、暴力や物に当たるといった行為は、DVに含まれますので慰謝料を請求される可能性がありますし、今後修復するのが更に難しくなりますので絶対にやめましょう。

②夫婦でカウンセリングを受けること

2人きりでの話し合いが難しい場合は夫婦でカウンセリングを受けることをおすすめします。夫婦そろってカウンセリングを受けることで、離婚原因の解明や解決方法の指導などを受けることが可能です。

③円満調停を行うこと

円満調停は裁判所で行う調停の一種です。円満調停を行うことで、夫婦仲が円満ではなくなった原因の解明、今後どのように努力していけばよいのかの助言や指導を行ってもらえます。

また、離婚をしようか悩んでいる場合にも利用することが可能です。

まとめ

スピード離婚は結婚を祝ってくれた周囲に対する申し訳ない気持ちや世間体などが気になってしまうと思いますが、早めに見切りをつけることによって苦労やストレスを減らすことができるでしょう。

また、よりよい人と出会い幸せな家庭を築ける可能性が高くなりますので、離婚を悩んだ場合はカウンセリングや弁護士への相談をおすすめします。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

離婚原因に関する新着コラム

離婚原因に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚原因コラム一覧へ戻る