妻と離婚したい夫は必読|夫が妻に離婚を納得させる方法

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
妻と離婚したい夫は必読|夫が妻に離婚を納得させる方法
キーワードからコラムを探す
離婚 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


離婚に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
離婚コラム

妻と離婚したい夫は必読|夫が妻に離婚を納得させる方法

%e9%9b%a2%e5%a9%9a

離婚問題が得意な弁護士が悩みを一発解決▶︎無料相談する

 

妻と離婚したいのに相手が全く同意してくれない時、男性はどうすれば良いのでしょうか?結婚を決めるのも大変なのに、離婚するのは結婚するよりもはるかに難しい時があります。

「一緒にいるだけで苦痛と感じる」「性格の不一致が止まらない」「家にいても休まる瞬間がない」など、そんなことで離婚するのかと思われるかもしれませんが、その場面に直面している人には大きな問題であり、経験した人でないと、この気持ちは理解してくれないといったことがあります。

理由は人によってそれぞれ異なるとは思いますが、夫が離婚を切り出しても、妻が全く応じてくれない時、妻と離婚したい男性のための、妻を納得させて離婚に応じさせる方法をご紹介します。

 

離婚問題が得意な弁護士に無料相談
妻と離婚したいのに全く応じてくれないなら
離婚問題の解決が得意な弁護士へご相談ください。

離婚をする際の「財産分与・親権・慰謝料」などのトラブル解決に関して
離婚問題の解決を得意とする弁護士を探して相談できます。

離婚問題が得意な弁護士に相談できること

▶︎離婚調停に関すること

▶︎慰謝料に関すること

▶︎親権・子供に関する事

▶︎財産分与に関する事

▶︎モラハラに関すること

▶︎養育費に関すること

▶︎DV・暴力に関する事  

▶︎国際離婚に関する事


当サイト『厳選 離婚弁護士ナビ』は離婚問題を得意とする弁護士のみを掲載しており、
事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

離婚問題が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 




【目次】
夫が妻と離婚したいと考え始める8つの理由
なぜ妻は離婚に応じてくれないのか?
妻と離婚したい場合にまずやるべき行動
妻と離婚したい場合に前もって決めておいた方が良いコト
妻と離婚したい場合に夫が妻に離婚を納得させる手順
すぐ感情的になる場合
冷静に拒否される場合
自分が不倫をしていた場合の対策
話し合いが進まないなら弁護士に相談しよう
まとめ

 
 
 
 

夫が妻と離婚したいと考え始める8つの理由

夫が離婚したい理由

一度は将来を誓い合った夫婦でも、離婚を考え始める瞬間は以外と簡単に訪れたりします。会社や友人との飲み会の席で、妻の愚痴が溢れるタイミングがあると思います。
 

20~40代の会社員200名にアンケートを実施したところ、「妻と離婚したいと思ったことがある?」の問いに対し、「はい」と答えた人は、65.5%も存在していることがわかりました。

妻と離婚したいと思った?
引用元:離婚したいサラリーマンの34%は「嫁が原因」


もちろん何かしらの事情はあるにせよ、それでも妻が悪いと言い切った人は34%にものぼります。人生のパートナーとして選んだはずの妻と、それでも離婚を決意するほどの理由はなんなのでしょう。
 

結婚を機に妻の見た目が急変した

昔はこんなんじゃなかった・・・」というセリフは、もはや結婚生活における定型文のように使われていますね。しかし、裏を返せばそれだけ結婚を境に妻が変わってしまうというケースが多いことを意味しています。

例えばこんなアンケート結果があります。

Q.結婚後に、こうなってもらいたくない!と思う妻を教えてください。
結婚後にこうなってもらいたくない
1位 激太り……61.6%
2位 疲れた表情が多い……11.1%
3位 ムダ毛処理をしない……9.1%
4位 髪がぼさぼさ……6.1%
5位 化粧をしない……5.0%
6位 着るものが適当……3.0%
その他……4.0%
引用元:男性に聞く! 結婚後に、こうなったらイヤだ! と思う妻の外見は? 2位「疲れた表情が多い」1位は?


あくまで結婚前の男性に行った調査ですが、当てはまる部分もあったのではないでしょうか?女性は結婚後に子供を出産し、女性から母へと変わっていきます。

外見からは可愛さはだんだんと消えていき、出産後の体型の変化から、「もうオンナとして見れない」といった原因も大きな割合を占めているといえます。
 

自分の要求ばかりする性格のキツさ

仕事のこと、家庭内のことなど、こちらに要求ばかり。言いたいことをすべて言わないと気が済まないのか、小言が多く、帰りが遅いだけで怒鳴ったり、性格がキツい(32歳・販売)

人の話をまったく聞かなくなってしまったうえ、子供の前でも『オラ、起きろ!』と朝から顔を踏んで起こしてきたり。人のことを何だと思っているのか(36歳・営業)

引用元:離婚したいサラリーマンの34%は「嫁が原因」


こういった性格の問題は結婚前では気がつかず、結婚後に突如発覚する性格が夫には「変貌」として映る例が多いようです。聞いているだけで同情を禁じ得ませんが、少なからず結婚生活に理想を抱いていた男性にとってはきつい現実と言えます。
 

夫のお金を使い込んでいる

専業主婦の妻によくありがちなケースですが、夫の給料を使い込んでいるケースも離婚理由としてあげられます。

暇な1日、掃除や家事洗濯、料理などで娯楽がない場合、どうしても息抜きをしたいと考えるのは仕方のないことかもしれませんが、ホストや通販にはまる、高額な化粧品を買い込むなど。

夫婦生活を圧迫するほどの金遣いをされると、夫は離婚を決意する大きな原因になると言わざるを得ません。
 

まったく夫婦の営みがないセックスレス問題

・子供ができてから妻がまったくセックスに応じない
・たまにしてもヤル気ゼロ、懇願しないと応じてくれない
・そのくせ風俗通いも許されないし性欲の行き場がない
 など

参考:セックスレスが招く浮気のリスクと5つのセックスレス解消方法

女性は出産をすると「母」になり、子供へと愛情が移っていきますので、性欲が少なくなる、あるいは無くなっていくのはある意味当然です。

出産後、いつから夫婦生活を再開したのかというアンケートによれば、20代妻の再開率は96%と高いですが、これが30代〜40代になると38%に急降下した結果・・・
 

一人目のときは産後1カ月で再開したが、今では触られるだけでも不快に感じる・・・
汚い下着をはいているのを見てゲンナリした
「結婚当初よりも体重が15kgも増え、女としての恥じらいはまったくなく完全にオッサン」

出産後のセックス再開
引用元:厚生労働省|「第5回男女の生活と意識に関する調査」


こんな意見もあり、離婚へのカウントダウンを早めるキッカケになっています。
 

家事が適当すぎる|注意すると逆ギレ

洗い物が適当すぎる。汚れや部屋の隅の綿ごみなどもすべて気にしないという家庭も多い。仕方がないので夫がやるのですが、専業主婦なのに妻として機能していないことに疑問を感じるという意見もあります。

部屋がすぐ散らかるし、衛生上子供にもよくないと指摘すると逆にキレるなど、ブーイングの嵐という家庭もあったそうです。
 
部屋の乱れは心の乱れとはよく言ったもので、結婚生活が荒廃していくのも無理はないと言えます。これはすべての女性に対して当てはまるわけではありませんが、そういったことを指摘したらしたで、「だって」「でも」「それは、、、」など、必ず言い訳をしてくる女性は多くいます。

痛いところを突かれて素直に納得できないという心理はわかりますが、自分の非を認めない妻がいる家庭に未来はないと言わざるを得ないでしょう。
 

浮気をする|浮気相手に依存

浮気だけでも許せないのに、精神的には浮気相手に依存し、お金だけは自分のところから消えていくケース。これははっきり言ってタチが悪いと言え、離婚を決意する原因としては間違いないものと言えます。

自分以外の男性に夢中のくせに、お金だけ要求するなんて、どの口が言っているんだという話です。

妻の浮気が原因で離婚を考えているなら、慰謝料を請求できますので、事前にしっかりと浮気の証拠をつかんでおきましょう。浮気調査を得意とする優良探偵の無料紹介をしてくれるサービスもあるのでいざとなったら相談してみてもいいかもしれません。
 

他人の子を身篭った

浮気相手とどこまでの行為をするのか、また夫はどこまで許せるのかという程度の問題は人それぞれですが、自分が知らなければそれはOKという意見は以外と多くあります。

しかし、浮気相手や自分の以外の男性との間に子供が出来た場合は100%離婚するのは容易に想像できます。浮気防止の対策をいくらやっても、最終的に肉体関係へ及ぶのは本人の意思次第です。

浮気相手との間に子供が出来た場合、その分慰謝料請求される金額も跳ね上がりますので、離婚する際はこの点を追求していくのがよいと思います。
参考:浮気調査の相場料金と費用を安く抑える5つの方法
 


相談料無料/土日相談可能な
▶︎離婚問題の解決を得意とする弁護士事務所一覧

 

 
 

モラハラ・DVの気がある

モラルハラスメント(言葉の暴力)やDVの被害者は女性の方が多く、またニュースになることも多い為、男性は自分が被害者になっているのだと気が付いていないケースもありますが、男性でも立派な被害者になりえます。

妻の様子がおかしいなと思った時は、一度被害者診断などを試してみましょう。もし該当する部分が多いなら、専門家に相談するか証拠を集めて有利に離婚を薦めることも可能になります。

【関連記事】
モラハラで離婚を考える時に知っておくべきポイントとは
モラハラ妻の実態|夫が知っておくべき対処法の全て
DV妻の特徴と妻のDVを防止するために知っておくべき対策
 

離婚問題が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄


 

なぜ妻は離婚に応じてくれないのか?

前項のような理由から離婚を切り出しても、なかなか離婚に応じてくれない妻はかなり多くいます。事情は様々でも、夫が離婚を切り出す原因や意図が理解できていない残念な妻もいるのです。
 
もう愛情がないのであればさっさと離婚すればいいのにとは思いますが、これもまた夫婦の不思議と言えます。
 

まだ好きな部分があるから

夫にはすでに愛情がなく、妻と早く離婚したいと考えていても、妻の方にまだ愛情があり、離婚したくないと考えているケースです。双方に愛情があれば夫婦生活は円満に運べるとは思いますが、一方の愛情がなければ仮面夫婦と一緒ではないでしょうか?
 

まだ小さな子どもがいるから

夫婦の間に子供がいれば、離婚に応じたくないというのも道理ですね。この場合、夫がなぜそのタイミングで離婚をしたいのかは少々疑問ですが、子供の成長の事を考えた場合、離婚が子供に与える影響は考えなくてはいけませんね。
参考:離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法
 

例え会話がなくても特に害はないから

もし仮面夫婦のような関係になっていたとした場合、家庭において会話が全くない事が予想されます。しかし、そもそも会話がなくても問題ないと思っていれば、わざわざ離婚するような事ではないと考えている可能性があります。
 

生活費のあてがなくなり自分の生活が苦しくなるから

もし妻が専業主婦であれば、夫と離婚する事で生活費を確保する手段がなくなり、生活に困っていまうという理由が考えられます。
 

9月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)が老後破産について報じた。老後破産とは日本が飛躍的に成長を遂げた高度成長期における好景気を経験し、現在、破産に近い状態にまで転落してしまった年長者のことで、その典型的なパターンとして70年代前半にアイドルとして人気を博した女性歌手・天地真理と漫画家・柳沢きみおの例が紹介されている。

天地は19歳のデビュー時に月給300万円を手にしていたため浪費癖がついてしまい、現在では蓄えもなくファンと娘の援助を受けて高齢者向け住宅で生活している。また、柳沢はバブル期に1億8,000万円もの年収があったが、骨董品や高級車を買いあさり、果てはログハウスや欠陥住宅をつかまされ借金を抱えた。

現在では借金を完済しているが、浪費癖は治らずギリギリの生活を送っているという。
引用元:山田優、加藤茶の妻・綾菜...激しい浪費癖のある芸能人4名!

 

問題があっても夫が変わればいいと考えている

例えば夫婦喧嘩や何かしらの衝突があった場合、明らかに悪いのは妻の方でも、夫が変わればいいと考えていれば、夫が妻と離婚したいと考えてしまうのは当然かもしれません。
 
一度や二度ならまだしも、毎回となると少し気が滅入るかもしれません。
 

お互いの家族の顔を気にする親族問題

離婚をするという事は、結婚の段階で互いの親に会っている事になりますので、離婚の話をするのは嫌だと考えているかもしれません。特に女性のほうが家族感や親族感でどう見られるのかを気にしていまうので、妻が離婚に応じないのはそういった理由があるかもしれません。
 

会社など世間体が気になるから

おそらく最も多いのがこの世間体でしょう。夫も離婚に伴う世間体が悪いのは一緒ですが、女性の場合はバツイチというレッテルはやはり嫌なものです。もし、別の誰かと再婚するにしても、一度ついたバツは一生消える事はないのです。
 

セックスレスは大した問題ではないと思っている

夫にとっては大問題の夫婦のセックス。子供を作る行為としか考えていない場合や、触られるのも嫌だと妻が思っていた場合、夫にしてみれば生殺しのような状況です。「風俗通いも浮気」と見なされればどうしていいのかわからず、離婚したいと思う夫も多いのではないでしょうか?
 
 

自分が変わるから捨てないで欲しい

もし、夫の不倫が原因で別れる場合、離婚後に夫だけ幸せになるのは許せないというケースも考えられますが、多くの場合は子供の今後を考えて離婚をまって欲しいと考える妻が多い様です。
 
しかし、夫はそれ以外の理由で日々、小さなストレスを抱えており、その小さな積み重ねが離婚に至る原因ですので、妻がどんなに変わろうとも離婚を考え直す気には、あまりならないのが現実ではないでしょうか?

 

妻と離婚したい場合にまずやるべき行動

妻と離婚したい夫の図
 

まずは別居を検討する

離婚したいのにどうしても同意が得られず、どうしていいかわからない場合、まず利用できるのは「別居」です。多くの場合は夫が帰って来たら家が空っぽというケースが多いのですが、夫の場合でも使える方法です。
 

ただし即別居に走るのは危険

ここで思いついたら即行動するのは禁物で、しっかりと準備をしてから別居に踏み切るのがポイントです。別居をするメリットは、相手に本気度を分からせることができる点です。
 
性格の不一致や親戚との軋轢などで調停や裁判になった場合、「婚姻を継続しがた重大な事由」とは認められませんので、長期間の別居が組み合わされることで、離婚が認められる可能性が大きくなります。
 

時々家に帰るのもNG

とはいっても別居には落とし穴もあります。基本的には別居していても時々自宅に帰ったり、相手と会っていたりしては離婚の原因とされる「別居」とは認められない可能性もあります。
 
また、不貞行為などをした有責配偶者が勝手に別居した場合は、3~5年程度という通常の別居期間では不足とみなされ、同じく悪意の遺棄と誤解されないようにしなければなりません。
 
詳細は「離婚と別居を進める時に知っておくと役に立つこと」をご確認いただければと思います。
 

離婚するという強い意志を持つ

離婚するという強い意志を持ち、それを継続すべく心に刻むことも考えられます。もし、家事の放棄や金遣いの荒さ、暴言などがあれば、それを日々淡々と記録していくとい行為も良いでしょう。
 

なぜ妻と離婚したいのをちゃんと説明する

妻の態度に気に入らない事があれば、
・どこにイライラしているのか?
・今度どうして欲しいのか?
・変わらなければ離婚する旨 など
 
言葉にしてなぜ離婚したいのかを明確にすれば、もしかしたら妻もわかってくれるかもしれません。しかし、根気よく説明しても変わらないのであれば、弁護士に相談する事をおすすめします。
 

弁護士に無料相談を始める

話し合いにならない、話をしても理解をしてくれない場合、何を知っても状況は進展しない可能性があります。その際は離婚問題を専門的にあつかっている弁護士に相談してみる事をおすすめします。
 
夫婦関係の改善から、スムーズな離婚の手順を導いてくれます。
 

離婚問題の解決を弁護士に依頼するメリット

  • ・不倫や浮気の証拠が手に入りやすい

  • ・離婚の際の慰謝料を増額できる

  • ・子供の親権を獲得しやすくなる

  • ・養育費の獲得も容易になる

  • ・DV・モラハラ関係の問題も早期に解決する

  • ・財産分与を自分の有利に進める事ができる

  • ・手続きの一切を任せる事ができる

  • ・法的な知識を持って相手と交渉してくれる

  • ・調停や裁判が比較的早く終わる

  • ・自分の離婚意思が強い事を示せる


離婚問題における交渉や、調停段階で弁護士に依頼しない方も多くいますが、あえて弁護士に依頼をしたという事実は、そのこと自体が離婚に対する強い意志として示すことができます。
 

離婚問題が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄


 

妻と離婚したい場合に前もって決めておいた方が良いコト

すぐに離婚に踏み切ってしまうと、あとあと慰謝料や養育費の問題でトラブルになる可能性もあります。その時に困らないためにも、離婚する前に決めておくことがありますので、確認しておきましょう。
 

慰謝料に関すること

不倫相手と腹帯関係を持ったなどの不貞行為などで、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償です。離婚の場合の慰謝料は、離婚原因となる行為(不貞、暴力、モラハラ、理由なき同居の拒否、セックスレスなど)をした者に対する損害賠償請求が該当します。

不倫に対しての慰謝料を請求したい場合は事前に浮気の証拠をつかんでおきましょう。(→浮気調査を得意とする優良探偵の無料紹介
 

財産分与に関すること

財産分与とは、夫婦生活の中でお互いが協力して築いた財産を、おのおのこれまで生活をしてきたなかでの貢献度に応じて分配することです。
 

第七百六十八条
協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
2 前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。ただし、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。
3 前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める。
引用元:民法第768条



財産分与は法律で認められている権利ですので、きちんと夫婦間で取り決めをすることをオススメします。基本的には、収入の多い夫が、配偶者を扶養するため定められたもので、分与する割合は5:5が基本になります。
 

親権に関すること

離婚する際は必ず子供の親権者がどちらになるのかを決めなくてはいけません。もし子供が未成年なら法律上離婚はできませんし、監護権と分けるということもできますが、あくまで子供第一に考えて決めて頂きたいと思います。
 

養育費に関すること

養育費の支払い期間は子どもが社会人として自立する、「高校卒業まで」「20歳まで」「大学卒業まで」などの相当な範囲で取り決めることは可能です。養育費の相場は、平均して一ヶ月3~6万円と言われていますが、夫婦それぞれの経済状況や生活環境によって金額は異なります。

養育費の金額は裁判所の養育費算定表である程度算定されており、最終的な金額は、このような基準を目安としつつ、夫婦間の様々な事情を折り込みつつ両者の納得により合意するのが適切でしょう。
 

取り決めた内容は公正証書に

話合いで離婚を成立させる場合は、必ず離婚協議書を作成しましょう。また、協議離婚書を専門家である公証人が当事者双方の合意内容を確認して作成する公正証書にすることで証拠としての価値は比較的高くなり、通常は裁判手続を必要とするような場合でもこれを省略して強制的に支払いを求めることができます。
 
それぞれの詳しい解説は「賢い離婚の仕方|離婚前に考えておくべき5つのこと」「離婚協議書の書き方と公正証書にして効力を最大にする方法」をご覧ください。

 

妻と離婚したい場合に夫が妻に離婚を納得させる手順

いざ離婚の準備を進めようとした場合、まずは妻に離婚したい旨を伝えることからはじめると思いますが、ここで大きな問題があります。基本的にはお互いの話し合いで進めていくのが離婚ですので、当事者同士がきちんと話し合う場につかなければいけません。

しかし、「すぐに感情的になったり」「話を全く聞かない」といったケースの場合は非常に厄介です。
 
そこで、ケース別の対処法をご紹介しようと思います。
 

すぐ感情的になる場合

女性はどこでスイッチが入り、感情的になるかわかません。そしてスイッチが入った途端に話し合いが全て台無しになるケースがあります。これまで順調に話してきたのに、女性が急に怒り出してダメになったり、「今までの話はなかった事に」なんて事もよく起こり得ます。
 
夫としては、これまでの話し合いが急に破棄されるのはたまったものではありません。そんな理不尽なことを防ぐ意味でも、そこに第三者である弁護士がいれば冷静に話す事ができます。

元々離婚を決意した時点で、関係性はよくないものです。協議離婚をするにも、まともに話せない事が多い場合は、弁護士に依頼するか、離婚調停を申立てて、間に人を入れる様にすると良いでしょう。
 


相談料無料/土日相談可能な
▶︎離婚問題の解決を得意とする弁護士事務所を探す
 


 

冷静に拒否される場合

感情的になる場合とは逆に、冷静に「離婚はしません」「そんなことより・・・」と離婚の話題をさりげなく避けたりしている場合です。この場合も話し合いができないという意味では「すぐ感情的になる場合」と大した差はありませんので、家庭裁判所に離婚調停を申立て、強制的に進めるとう方法をとられるのがよいと思います。
 
参考:離婚の手続きで知っておくべき事と最短で離婚する5つの知識

 

自分が不倫をしていた場合の対策

妻にしてみてれば、それまで特段夫婦仲も悪くなかったのに「突然離婚を切り出してきた」と、真っ先に不倫の疑いがかかることが予想されます。

その場合、妻が行うことはまず間違いなく、「浮気チェックと証拠探し」です。
 

疑わしい証拠は消しておく

今後離婚をするかしないかは別として、不倫の証拠を押さえられるのだけは避けなければいけません。
 
離婚をする際、そのような証拠が夫に対する慰謝料請求のために提出された場合支払いは必須ですし、具体的な証拠があることでより多くの慰謝料を請求される可能があります。
 

浮気や不倫の具体的な証拠となるもの

・相手とのやり取りのメールやLINE
・二人で会っているときの写真(ホテルに出入りする写真)
・ホテルの領収書といった肉体関係を立証できるもの
・メールのやりとり
・不倫を認めるような発言 など
 
慰謝料の金額は、不倫の期間や程度に応じて変わってきますが、数十万円から200万円以上になる可能性もありますので、疑わしいものは全て消去しておくのがよいでしょう。

不倫の慰謝料の相場や証拠となるものの詳細は「慰謝料請求の全手順|したい側とされた側の対処法」をご覧ください。
 

もし相手が証拠を用意している場合

相手が「証拠」となるようなものを揃えている場合、自分で揃えたとは考えず、探偵や弁護士がバックにいることを前提に動かれた方が良いかもしれません。その場合、慰謝料請求から逃れられる可能性は早めに諦め、減額の交渉に切り替える方が無難かと思われます。
 

慰謝料請求から逃れたいなら

もし、慰謝料請求からなんとしても逃れたい場合は、一度弁護士に相談されるのが良いかと思います。
 
あなたは妻に精神的な損害を与えたかもしれませんが、かといって相手側から不当な請求をされていい理由にはなりませんので、もしお困りなら検討してみてはいかがでしょうか?
 


相談料無料/土日相談可能な
▶︎離婚問題の解決を得意とする弁護士事務所を探す
 


 

話し合いが進まないなら弁護士に相談しよう

まずは、自分の妻と離婚したい理由が正当なものであることを立証する必要があります。協議離婚のような話し合いで離婚する場合は特に問題にはならないのですが、調停や裁判で離婚するとなった場合は、「それなりの離婚理由」が必要にもなってきます。
 
そもそも話し合いに応じてくれない時点で、調停を起こすことを前提に動かれるのがよいと思います。その際に役に立つのが専門家からのアドバイスです。

離婚問題に数多く関わってきた弁護士などの専門家なら、あなたの状況から最適な回答を見つける助けになってくれるでしょう。
 

北海道・東北で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄で離婚問題の解決が得意な弁護士を探す

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄
 


相談料無料/土日相談可能な
▶︎離婚問題の解決を得意とする弁護士事務所を探す
 
 

 

浮気の証拠や素行調査を探偵に相談したい場合

探偵に素行調査を依頼する事で判明する事実と相場の料金
探偵の全て|調査料金の相場と優良探偵の見分け方
浮気調査の料金・費用相場|費用を安く抑える5つの方法

 

まとめ

妻と離婚したいだけなのに、離婚には法律が関わってくる分面倒なケースも多くなってきます。面倒な手順を簡単にするためにも、今回の内容がお役に立てば幸いです。

【関連記事】
旦那と離婚したい妻は必見|旦那とすぐに離婚する上手な方法
妻が旦那と別れたい理由と旦那と最短で別れたい時の全手順
 

離婚問題が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

離婚したいと思ったらまずは弁護士に今後の相談をしてみましょう


離婚したいと感じてすぐに行動されるのも良いことですが、勢いに任せて離婚してしまうと大きな損をしてしまう可能性もあります。

例えば、「財産分与の分け方」「養育費の相場」「マンションだけは獲得したい」「親権だけは渡したくない」「慰謝料を請求したい」など、こういったことを考えているのであれば、前もった準備が必要になります。

離婚問題が得意な弁護士に相談することで、離婚に関する問題のほとんどに何らからのアドバイスをもらうことができますので、ぜひ一度無料相談などを活用しながら、弁護士に相談してみることをおすすめします。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚調停に関する新着コラム

離婚調停に関する人気のコラム

離婚相談の「質問と回答」から検索/離婚に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された離婚相談の「質問と回答」から検索する


離婚に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

離婚調停コラム一覧へ戻る