セックスレスで離婚する理由と高額な慰謝料を獲得する手引き

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
セックスレスで離婚する理由と高額な慰謝料を獲得する手引き
キーワードからコラムを探す
離婚コラム

セックスレスで離婚する理由と高額な慰謝料を獲得する手引き

Sexless

離婚問題が得意な弁護士が悩みを一発解決▶︎無料相談する

 

セックスレスを理由に離婚が成立するのか気になっている方、夫婦間での性生活に何かしらの問題を抱えていらっしゃる方も多いと思います。もう知ってのとおり、セックスレス状態が続けばそれは立派な離婚の理由となる可能性があります。
 
たかがセックスをしないだけで離婚の危機となるなんてバカバカしいとお考えの方もいるかもしれません。しかし、(あなたが拒んでいる方なのか、拒まれている方なのかはわかりませんが)拒まれた方は深く傷いています。
 
拒まれ続ける状態を1ヶ月以上強いられた精神状態を推し量ることができるでしょうか?

三大欲求の中では、直接的な生死のつながらないため比較的軽視されやすい「性欲」に関わる話題ですが、離婚につながる重大な問題ですので、今回はセックスレスと離婚に関わる知識と、もし離婚した場合の慰謝料についてご紹介します。
 

 

セックスレスで離婚する際の慰謝料は
弁護士が介入する事で大幅な増額ができます

セックスレスで離婚する際は、相手方に対して慰謝料を請求することができますが、その際に弁護士が加入する事で大きな増額が可能になります。


 
実際に依頼するかしないはあなた次第ですが、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのか、またどのような問題を抱えているのかを具体的に相談してみることをオススメします。
 
当サイト『厳選 離婚弁護士ナビ』は離婚問題を得意とする弁護士のみを掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。
 

離婚の慰謝料請求が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 



【目次】
セックスレスと離婚の関係性
そもそもセックスレスはどの程度の期間なのか?
セックスは夫婦にとって必要なこと?
日本人のセックスレス事情
セックスレスで離婚する夫婦の数
セックスレスになる原因
セックスレスは「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する
セックスレスが原因の離婚を回避するには?
セックスレスで離婚した場合の慰謝料相場
離婚の慰謝料の平均は100万円程度
慰謝料請求には大体半年〜1年以上セックスレス状態が必要
セックスレスで請求された慰謝料の事例
セックスレスで離婚する場合に高額な慰謝料を獲得するには?
セックスができるのにしないというのが大前提
慰謝料が高額になる事情
証拠を残しておくと請求金額は高額になる
慰謝料の請求手順
セックスレス離婚の相談をしたい場合
まとめ

 
 
 
 
 

セックスレスと離婚の関係性

離婚するには理由がある。幸せな結婚生活を求めて、一緒になったものの状況が変わって離婚に行き着くケースはよくあることです。一般的な離婚理由の多くは、「性格の不一致」「相手の不倫」「親族問題」があげられますが、「セックスレス」も大きな離婚理由になりうるのです。
 

そもそもセックスレスはどの程度の期間なのか?

セックスレスとはどのような頻度で性行為が行われていない状況なのかというと、1994年に日本性科学会が定義したセックスレスは、

特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想される場合
引用元:日本性科学会


となっています。つまり、平均的に月に1度ほどセックスをしている状態はセックスレスとは言えず、一度や二度の性交渉の拒否があったとしても、それが即離婚の原因となっているケースはほとんどないようです。
 
セックスライフのない男女の関係をイメージしがちですが、どちらかが望んでいるのに、何らかの理由によりセックスをしていないカップル(夫婦、恋人同士)といえます。
 
ただ最近では夫婦のあり方に変化もあり、セックスがほとんど行われない夫婦も一定数いますが、拒む回数が多いのはやはりセックスレス離婚の原因にはなると思われます。
 

セックスは夫婦にとって必要なこと?

セックスの悩みはデリケートな問題であり、たいていは当人たちしか知り得ない事柄です。そのため、他人が割って入りにくい問題と言えます。しかし、夫婦とはいえなかなか面と向かって、話し合いにくいのも事実です。
 
また、拒否する側も複雑な感情や様々な嗜好などにより、受け入れられないのが実情です。性生活についてお互いに話す機会をもたない時間が長くなればなるほど、相手への不信感がふくらんでしまい、結果的にセックスレスが原因の離婚に行き着いてしまいます。
 

日本人のセックスレス事情

セックスレスと聞くと自分以外の夫婦(カップル)のセックス回数が気になるところだと思いますが、製薬メーカーのバイエル薬品がおこなった夫婦の性生活に関するこんな調査があります。
 

●夫婦間の年間平均セックス回数は17回:「する人」と「しない人」に二極化の傾向、半数以上が自分たち夫婦はセックスレスだと思っている
「配偶者と、どのくらいの頻度でセックスをしますか?」との問いから、夫婦の年間平均セックス回数は17回という結果が出ました。しかし、「1年以上していない」と答えた人が全体の3分の1にものぼり、このことから、「する人」と「しない人」の二極化傾向が覗えます。また、全体の約半数の夫婦は「自分たちはセックスレスである」と認識しています。その比率に世代差はなく、現代社会において、セックスレスは世代にまたがった問題であることが分かります。
引用元:夫婦間の年間平均セックス回数は17回

 
セックスレス割合「配偶者とのセックスの頻度アンケート」
1年以上:33.9%
1ヶ月に1度:15.6%
2週間に1度:12.8%
半年に1度:10.2%
3ヶ月に1度:10.2%
1週間に1度:10.1%
1年に1度:3.4%
3日に1度:3.4%
毎日:0.5%
 
 

ちなみに、2005年のものですが、世界のセックス事情は以下のようになっています。この10年余りで、日本人のセックス回数は3分の1にまで減っていることが分かりますね。
 

1位:ギリシャ 138回/年

6位:フランス 120回/年

2位:クロアチア 134回/年

7位:イギリス 118回/年

3位:セルビア・モンテネグロ 128回/年

8位:オランダ 115回/年

4位:ブルガリア 127回/年

9位:ポーランド 115回/年

5位:チェコ 120回/年

41位:日本 45回/年

 
 

セックスレスで離婚する夫婦の数

離婚原因ランキング(平成24年度)によれば、男女の合計で124,604件の離婚調停が行われ、そのうちセックスレスで離婚の申し入れをした男性は2,288、女性:4,045件の合計6,333件約5.08%がセックスレスで離婚したことになります。

 

 

男性

女性

件数

1位

性格が合わない

性格が合わない

11,277

21,446

2位

異性関係

暴力を振るう

3,193

14,167

3位

精神的に虐待する

生活費を渡さない

2,797

12,460

4位

家族・親族と折り合いが悪い

精神的に虐待する

2,744

11,381

5位

性的不調和

異性関係

2,288

10,789

6位

浪費する

浪費する

2,239

6,535

7位

同居に応じない

家庭を捨てて省みない

1,825

5,165

8位

異常性格

性的不調和

1,776

4,045

9位

暴力を振るう

家族・親族と折り合いが悪い

1,507

3,950

10位

家庭を捨てて省みない

酒を飲み過ぎる

1,213

3,807


これはあくまで離婚調停に持ち込まれた件数ですので、協議離婚などで裁判所が関与しないデータも考えればもっと多いことが予想できます。


離婚件数自体は2013年時点で23.1万件ですので、仮に同じ5%前後で推移していると考えた場合、約11,500人が毎年セックスレスで離婚していることになりますね。
 

 

セックスレスになる原因

  • ・そもそもセックスが面倒くさい

  • ・仕事などで疲れている

  • ・子供を産んでから「父親」と「母親」になった

  • ・男女というより家族的になってしまった

  • ・見た目の変化が激しい(激太りした)から

  • ・精力の減衰などを感じている

  • ・外で浮気しているから(浮気調査をご希望の方必見→優良探偵の無料紹介

  • ・セックス(カラダ)の相性が合わない

  • ・体のコンプレックスを悪く言われたため

  • ・子供が欲しいだけだったからやりたくない

  • ・特殊な性癖を持っていたから

 
ある程度の年数が経てば、セックスを多くすることも無くなってくるかもしれませんが、やはりセックスというコミュニケーションを怠っていると、配偶者に対しての愛情が薄れてしまったり、今後の夫婦生活を送っていく自信が無くなってしまったりします。
 
最近は性欲の少なすぎる「パン旦那」と呼ぶ風潮もあり、ますますセックスレス離婚への拍車をかけているとも言えます。
 

「夫婦のセックスレス」の大きな原因のひとつは、旦那の「パンダ化」、すなわち「パン旦那の増加」だと考えました。パンダは発情期がとても短く、3~6月の間に3日~1週間程度と言われており、それが「パン旦那」の由来。
 
既婚女性500人を対象に「夫婦のセックス事情」に関する調査を行い、セックスレスの度合いを「パンダ度」として定義し、夫婦のセックスレスの傾向を分析しました。
 
Q1 あなたは性欲は強いほうですか?
強い(配点1) どちらかというと強い(配点2) 普通(配点3) どちらかというと弱い(配点4) 弱い(配点5)
Q2 あなたのパートナーは性欲は強いですか?
強い(配点1) どちらかというと強い(配点2) 普通(配点3) どちらかというと弱い(配点4) 弱い(配点5)
Q3 最近パートナーとのセックスの頻度が減ったと思うことはありますか?
とてもよく思う(配点5) よく思う(配点4) たまに思う(配点3)ほとんど思わない(配点2) 思わない(配点1)
Q4 セックスの頻度が減った原因はどちらにあると思いますか?
減っていない(配点0) 自分(配点5) パートナー(配点5) 両方(配点5)
Q5 パートナーと「セックスしたくない」と思うことはありますか?
とてもよくある(配点5) よくある(配点4) たまにある(配点3) ほとんどない(配点2) ない(配点1)
 
パンダの特徴を設問に反映、夫婦それぞれのセックスレス度=パンダ度(※)を20点満点で配点。
パンダ度は以下のように定義しました。結果は「こちら
—————————
4~7 :パンダレベル 1
8~11 :パンダレベル 2
12~15 :パンダレベル 3
16~20 :パンダレベル 4
—————————
※パンダ度が高いほど、セックスレス度が高い
引用元:セックスレスの原因はコレだった!急増中の「パン旦那」の生態とは?

 
 

セックスレスは「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する

夫婦のセックスの重要性は日本の民法や裁判でも重要視されています。だから、離婚理由のひとつとされているのです。民法の770条は、夫婦が離婚を求めて裁判に訴えることができる理由を定めていますが、同条の1項5号に「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」との定めがあります。
 
この項目の中に、セックスレス(性的不能・性交拒否・性的異常)が含まれると考えられています。
 

セックスレスが原因の離婚を回避するには?

「セックスレスで悩む」場合、基本的には「セックスしたい」と思っている側が一人で一方的に抱え込むケースが多いので、夫婦間で発生する他の問題よりも解決が難しいと思います。ですが、知っておいて欲しいのは「状況が変わることを相手に委ねない」ということです。
 
詳しいセックスレスの解消法は、ここでの本筋ではないため割愛しますが、「スキンケア大学」や「恋愛ユニバーシティ」などのポータルサイトを参考にしていただいても良いですし、離婚に発展しそうなら「弁護士」に相談しながらより良い解決を目指していただくのが良いと思います。
 

離婚の慰謝料請求が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

セックスレスで離婚した場合の慰謝料相場

次にセックスレスを原因に離婚した場合、いくらの慰謝料になるのかを見ていきましょう。

タバコ女子
 

離婚の慰謝料の平均は100万円程度

慰謝料の金額はセックスレスの状況によって大きく変わり、具体的には相手に与えた精神的・肉体的苦痛の大きさによって決められますが、平均すると100万円前後になると思われます。
 
また、下記のようなセックスレスの状況に、モラハラやDVが加わると、さらにパートナーに精神的・肉体的ダメージを与える事になりますので、調停や裁判においてもいっそう不利になります。
 

  • ・性行為を求めない、拒む

  • ・結婚前には性行為をしていたが、結婚後に求めない、拒む

  • ・結婚後に一度もセックスをしていない

  • ・セックスレスが長期間にわたっている

  • ・相手の浮気が原因となっている(参照:浮気調査の相場料金と費用を安く抑える5つの方法

 
後述しますが、過去の判例によると慰謝料の相場は100万円~300万円に落ち着くことが多くなると言われています。
 
もっとも、セックスレスといってもその内容、理由、程度、経緯はケースバイケースですし、慰謝料の金額は「婚姻期間の長さ」「相手の年収・資産」「相手の年齢と職業」「養育する子どもの年齢や人数」などによっても変わってきますので、セックスレスがあれば直ちに多額の慰謝料額となるというものでもありません。
参考:離婚の慰謝料|獲得と増額のための完全マニュアル

 

慰謝料請求には大体半年〜1年以上セックスレス状態が必要

セックスレスと離婚の関係性」でご紹介したような定義では、1ヶ月以上ならセックスレスだという定義でしたが、調停や裁判による「どのくらいセックスレスなら慰謝料請求できるか?」という期間は、概ね1年間以上のセックスレスでないと慰謝料請求は認められないケースが多いようです。
 

セックスレスで請求された慰謝料の事例

慰謝料100万円の請求が出た判決

結婚期間2年4ヶ月の間、理由を一切言わずセックスを拒否し続けた夫に対して、妻が離婚の裁判を起こした事例。夫婦関係が破綻した原因は夫にあること、夫が包茎であったことは確かだが、結婚後は包茎手術を受け性的に機能しないわけではないので、新婚の夫婦に性交渉がまったくないのは不自然だと裁判官は判断し、夫に対して慰謝料100万円の支払を命じた。

 

慰謝料150万円の判決

妻が性交渉を拒否し続けた別の事例では、結婚初夜から夫からの求めに頑なに拒否をし続け、一度も性交渉がないまま5ヵ月後に別居。その後、妻から夫へ離婚届を郵送し、夫は協議離婚に応じたものの、離婚成立後に慰謝料を請求する裁判を起こす。判決は、妻が性交渉を拒否し続けたことが原因で結婚生活が破綻したとして、妻に対して150万円の慰謝料を支払うことを命じた(夫は500万円を請求)。

 

慰謝料200万円の判決

セックスができない体であることを隠して妻と結婚し裁判になった事例では、結婚期間5年半で一度も性交渉がないことは、夫に重大な責任があり、結婚前に性的不能であることを妻に告げなかったこと、夫の性的不能が原因となって結婚生活が破綻したことで、妻が精神的に苦痛を受けたと裁判所は判断し、夫に対して慰謝料200万円の支払を命じました。

 
 

離婚の慰謝料請求が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

セックスレスで離婚する場合に高額な慰謝料を獲得するには?

では、セックスレスの慰謝料をできるだけ高額にするにはどうすれば良いのか見てきましょう。
 

セックスができるのにしないというのが大前提

「相手にセックスを求めるが拒否される」もしくは「相手とセックスをしたくない」という状況が、セックスレスによる離婚へと発展する多くのケースで見られます。
 
 

妻がセックスを拒むケース

元からセックスがあまり好きでなく、あくまで子どもを授かるための生殖行為として行っていたというものです。したがって、子どもを授かってからは夫のアプローチに対して断ることが増えてきます。
 
 

夫が妻にセックスを求めないケース

このケースは、夫が妻のことを異性として見ることができなくなってしまうというものです。こちらも子どもができた後に、起こりやすい状況になります。妻を女ではなく「母」として見るようになるからです。
 
セックスをしたいけど出来ない場合は話が変わってきます。健康面など身体的理由によりセックスレスとなった場合には、病院での治療やカウンセリングが必要となります。

このように、仕方がない事情により性的に不能になった相手に対し、一方的に離婚請求することは認められません。
 
 

慰謝料が高額になる事情

慰謝料の金額を高額にする事情は以下のようなものがあります。

 

請求する側の事情

  • 資産や年収などの収入が少ない

  • 相手の方が年齢が高い

  • 社会的地位が低め、もしくは収入が低めの職業に就いている

  • 初婚である(再婚の場合に比較して金額が高めとなる)


 

請求される側の事情

  • 資産を多く持っている、収入が高い場合

  • 相手よりも年齢が高い

  • 社会的地位が高い、収入が高いと思われる職業に就いている

  • 生活費を支払っていなかった

  • 性行為をしようとする努力がない


 

その他の事情

  • 婚姻期間長い

  • 子どもがいる

  • 財産分与の額が低い

  • セックスレスの期間が長い場合 (3年間以上)

  • 結婚してから一度もセックスがない場合

  • セックスレスのきっかけが相手方の不倫である

  • 夫婦間ではセックスレスであるにも関わらず、不倫相手とはセックスしていた場合

 
など上記の内容に当てはまれば、慰謝料は増額していくでしょう。詳しい高額事情は「離婚の慰謝料|獲得と増額のための完全マニュアル」をご覧ください。なお、不倫相手とセックスしていた場合の慰謝料は高額になりやすいですが、証拠がないと請求できないのでしっかりと不倫の証拠を確保しておくことが必要です。浮気調査の料金相場についてまとめた記事もありますのでこちらもぜひお読みください。→「浮気調査の料金相場と費用を安く抑える5つの方法
 
 

証拠を残しておくと請求金額は高額になる

具体的には以下のような「事実を裏付けるもの」を揃えておくことが重要です。
 

  • 自身の収入を証明する資料(源泉徴収票、給与明細等)

  • 相手方の収入を証明する資料(確定申告書、源泉徴収票、給与明細等)

  • 戸籍謄本(全部事項証明)

  • セックスレスであることをつづった日記

  • 就寝のタイミングの状況を記載したメモ など

 

慰謝料の請求手順

  • ・1:まずは話し合いで請求

  • ・2:必ず書面やメールなどでやりとりを残す

  • ・3:内容証明郵便も有効

  • ・4:話し合いでマまとまらなければ調停へ

  • ・5:調停でもだめなら裁判で請求

 
上記のような流れで進めていくのが良いでようしょう。詳しくは「離婚の慰謝料|理由別の相場と高額な慰謝料を獲得する方法」をご覧ください。

 

離婚の慰謝料請求が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

セックスレスが原因で浮気をした場合どちらが悪いのか?

ここまで読んでこられて、「最近セックスをしていないけど、それが離婚の原因になるなんて思えない」と感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、セックスレス状態が続くことが夫婦にとってとても危険なのです。
 
セックスレスが原因で夫婦関係がうまくいかず、スレ違いが起こっていると、自身の配偶者以外のタイプの異性に誘われたり惹かれたりしやすくなってしまいがちです。その気持ちに歯止めが効かなり、気がつけば不倫関係が始まっているなんてこともあります。

遠くを見る女性
 
この場合、配偶者にも同じ危険があると考えられます。セックスレスでも、お互い同意した上で行為がない場合や、上記したようにしたくても出来ない場合は問題が無いですが、どちらかが拒否しているのであれば話が変わってきます。
 
セックスレスが原因で浮気・不倫にいたった場合、一般的にはセックスレスが不貞行為を正当化とすることはありません。しかし、配偶者と性行為がうまくいっていないことで不貞行為を行われてしまうと、お互いに後味が悪い結果となるため、お互いに同意していないセックスレスは夫婦関係における危険信号だと注意が必要です。

 

セックスレス離婚の相談をしたい場合は弁護士がベスト

セックスレスが原因のトラブルを抱えた場合、誰に相談すればよいのか、どうやって慰謝料を請求すればよいのでしょうか。相談先としては、「離婚カウンセラー」と称する行政書士やNPO法人などがありますが、話を聞いてくれて、今後のアドバイスはもらえても、具体的な法的手続きに介入することはできません。
 
そのため、実際にトラブルになった場合でも対処できる弁護士に相談されるのがよいかと思います。特に、離婚調停や離婚裁判になった場合、離婚問題を得意とした弁護士に代理人を頼むことで、お金のやりとりに関することや、その他のトラブルを極力少なくする事ができます。
 
詳しくは「離婚問題の相談先とよくある相談事例まとめ」をご覧いただきながら、どんな相談をすればよいのかの判断基準にしていただければと思います。

 

まとめ

今回の、セックスレスが原因の離婚問題についての内容はいかがでしたか?

繰り返しになりますが、セックスレスは離婚の原因となり、性行為を求めない・拒む状況が1ヶ月以上続いている状態がセックスレスと定義されています。
 
デリケートな問題であるからこそ、セックスの悩みに直面し始めた時点で夫婦間での話し合いが設けられればいいのではないでしょうか。この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。
 

離婚の慰謝料請求が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚調停に関する新着コラム

離婚調停に関する人気のコラム


離婚調停コラム一覧へ戻る