弁護士の方はこちら
ホーム > 離婚コラム > 離婚の相談先 > 弁護士に離婚問題を電話で無料相談できる窓口一覧|24時間相談OKの相談先も紹介
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2019.7.1  更新日:2023.1.25

弁護士に離婚問題を電話で無料相談できる窓口一覧|24時間相談OKの相談先も紹介

銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博
監修記事
001
今すぐ弁護士に無料電話相談したい方はこちら!

離婚問題について、今すぐ弁護士に無料電話相談したいなら「離婚弁護士ナビ」がおすすめです。

離婚弁護士ナビでは、以下のような弁護士を探すことができます。ぜひあなたの希望や悩みにあった弁護士を見つけてみてください。

弁護士はあなたの悩みに真摯に向き合います。お気軽にご相談ください。

「弁護士に離婚の相談をしたいけど、まずは無料で相談できないか」「仕事や家事が忙しいから、24時間電話で相談できる弁護士がいい」と悩んでいても、なかなか相談できる弁護士は見つからないものです。

厚生労働省の統計によると、2018年に離婚した夫婦は20万7,000組と、同年に結婚したカップル59万組の約半数に達します。

しかし、これだけ離婚問題について悩んでいるにも関わらず、24時間無料の電話相談を受け付けている相談先はまだ少ないのが現状です。

この記事では、電話で無料相談できる弁護士や、24時間相談できる窓口を紹介します。

また、どんな離婚の悩みを抱えている人が弁護士に相談すべきなのか、弁護士に寄せられるよくある質問と回答例、無料相談のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

弁護士の無料相談を利用することで、あなたの悩みを解決するきっかけになるかもしれません。

無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士を探す

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

離婚問題を電話で無料相談できる相談先一覧

ここでは、電話で離婚の無料相談ができる相談先を紹介します。自身の状況に合っている相談先を見つけてください。

離婚弁護士ナビ|夜間・土日祝日でも弁護士に無料相談・電話相談したい方

「離婚について弁護士に電話相談したい」「19時以降や夜間しか相談できない」といった方は、離婚弁護士ナビで今すぐ弁護士に相談できます。

離婚弁護士ナビは、平日・土日祝対応ができ、6時~24時まで相談を受け付けている弁護士事務所、電話で無料相談できる弁護士事務所などを地域別・相談内容別で探すことができます。

無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士を探す

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

法テラス|離婚を弁護士に相談したいが経済的に余裕がない方

法テラスは公的機関であるため、経済的に余裕がないに向けた無料法律相談を設けています。

原則として、「1案件につき30分の相談」を3回受けることができます。また、弁護士費用の立替払いも利用可能ですので弁護士費用について不安がある方は問い合わせてみるとよいでしょう。

なお、法テラスを利用するには、収入・資産が一定額以下であること、民事法律扶助の趣旨に適することなど、様々な条件を満たす必要があります。

法テラス

時間:電話・平日9時~21時、土曜9時〜17時、メール・24時間

TEL:0570-078374

今すぐ話を聞いてほしい・アドバイスがほしい方の相談窓口

「とにかくつらい」「気持ちを吐き出して楽になりたい」といった方は、今すぐ話を聞いてくれる、アドバイスをくれる以下の窓口に相談してください。

相談にのってくれるのは弁護士ではありませんが、話を聞いてもらえるほか、今後どう行動すべきかなどのアドバイスをもらうことができます。

NPO法人よつば|10~18時で電話相談可能

浮気・不倫はもちろん、離婚に関する悩みを無料で相談できるのが、NPO法人よつばです。専門のカウンセラーが、あなたのお悩みを聞いて、一緒に解決策を探してくれます。

NPO法人よつば

営業時間:年中無休10~18時

TEL:050-5877-7925

配偶者暴力相談支援センター|8~17時・緊急は24時間電話相談可能

もしDVでお悩みなら、すぐに各自治体の配偶者暴力相談支援センターに相談してください。配偶者暴力相談支援センターは、カウンセリング、被害者の一時保護、援助などをおこなっています。

公的機関なので、時間帯は8~17時といった所が多いですが、緊急の電話を受けている所もあります。

またケガをしたり、命の危険を感じていたりするのなら、すぐに警察に相談してください。まずは相手と引き離してもらい、その間にシェルターなどに避難しましょう。

全国の配偶者暴力相談支援センター一覧

【参考】政府広報オンライン|パートナーや恋人からの暴力に悩んでいませんか。一人で悩まずお近くの相談窓口に相談を。

【関連記事】DVの相談が出来る無料相談先一覧とよくある相談内容まとめ

よりそいホットライン|24時間相談可能

どんな悩みにも寄り添ってくれるのが、よりそいホットラインです。24時間、電話相談可能です。

よりそいホットライン

営業時間:24時間相談可能

TEL:0120-279-338

こころの健康相談統一ダイヤル|9時~最長朝5時まで

こころの健康相談統一ダイヤルは、各自治体の相談窓口です。自治体によっては最長朝5時まで受け付けている所もあります。

こころの健康相談統一ダイヤル

とりあえず法律の専門家に相談したい方の相談窓口

24時間電話で無料相談を受け付けている、対応してくれる弁護士・行政書士も近年増えてきています。インターネットで検索すれば、見つけることができます。

離婚全般の問題なら弁護士に、離婚協議書や内容証明などについての相談は行政書士に相談しましょう。

法律相談センター(東京)|10時~16時で15分無料

東京弁護士会の法律相談センターは、10時~16時で、15分だけ無料の電話相談ができます。ただし、都内からしか繋がらないので、東京在住の方に限られてしまいます。

法律相談センター

時間:10時~16時

TEL:0570-200-050

これ以外にも、各都道府県にある「日本弁護士連合会」の法律相談センターや、法律相談ができる法テラスなど、身近に相談できる窓口は多数あります。

ただし、法律相談センターと法テラスは、電話ではなく対面での相談となります。法律相談センターの場合は、面談での相談で、30分5,000円の相談料がかかります。

さまざまな窓口をご紹介しましたが、あなたの目的や条件に合った窓口を利用しましょう。

市区町村の無料法律相談室

市区町村役場によっては、弁護士による無料相談を定期的におこなっています。相談時間や日程などはお住いの自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

この時、弁護士に相談することが可能でも、依頼できない場合もあります。離婚問題は早急に対応しなければならないケースも多いため、すぐにでも弁護士に対応してほしいという方は、別の窓口を頼った方がよいかもしれません。

無料相談で弁護士を選ぶときの注意点

弁護士を選ぶときには、その弁護士の得意な分野や解決実績、事件の処理件数などに着目しましょう。たとえば、離婚について相談したいのであれば、離婚に注力している弁護士を選択する必要があります。

離婚に注力していて解決実績も豊富な弁護士であれば、これまでの経験などを活かして対応してくれるはずです。養育費や離婚慰謝料など、あなたの希望に近い結果が得られるかもしれません。

また、ネット上には弁護士の口コミが掲載されていることもありますが、口コミはあくまで個人の意見ですので、参考程度に留めておくようにしましょう。無料相談や電話相談などを活用して、信用できる弁護士かを見極めましょう。

万が一、少しでも不安を感じたり違和感があった場合には、契約はせずに別の弁護士を探すことをおすすめします。

離婚問題は解決までに大きな精神的負担がかかることも特徴です。円滑な問題解決のためにもコミュニケーションを取りやすい弁護士に依頼するとよいかもしれません。

離婚を電話・対面で無料相談する際の5つのポイント

無料相談の5つのポイント

離婚問題を電話で無料相談する際に注意したいのが相談時間です。弁護士に相談する場合、相談時間はおおよそ30分程度ですので、事前に要点をまとめておきましょう。時間内で効率的に相談できるはずです。

無料相談のポイント

  1. 自分がどうしたいか決めておく
  2. 具体的な質問を考えておく
  3. 質問の優先順位を決めておく
  4. 時系列や関係している人物を整理しておく
  5. 対面での相談なら証拠を持参する
  6. 細かく解説します。

1:自分がどうしたいか決めておく

誰かに相談する場合、自分の中にはすでに自分がどうしたいのか、漠然と、あるいは、ぼんやりとでも考えていることがあるかと思います。

弁護士は、あなたが目的地に辿り着くための、ルートを教えてくれたり、提案してくれたりします。相談する前に、自分がどうしたいのかを、ある程度決めておきましょう。

2:具体的な質問を考えておく

電話で相談をすると、どのような質問をしたいかわからなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

自分の希望を決めておけば、そのためにどんなことを知りたいのか、具体的な質問が思い浮かぶでしょう。

思い浮かんだ質問をメモにしておいて、電話相談の際に質問してみましょう。たとえば、以下のような質問でOKです。

  • 裁判にしないで、短期間で離婚したいのだけど、どのような方法があるか
  • 相手が財産はこのくらいしかない、自分にはこの程度しか渡さないと言っているが正しいのか
  • 相手から出て行けと言われているが、自分の家を出て行く必要はあるか
  • 親権がほしいのだけど、親権を取るために有利になるポイントはあるか
  • 相手が浮気をしているが、慰謝料はどのくらいもらえるのか

3:質問の優先順位を決めておく

弁護士への相談は30分程度しかありませんので、質問の優先順位を決めておきましょう。最も知りたいことから質問をしてください

事前にある程度、離婚に関する知識をもっておけば、弁護士からの回答も頭に入りやすくなり、よりスムーズです。

4:時系列や関係している人物を整理しておく

相談に登場してくる人物が複数いる場合は、時系列や関係している人物を整理しておきましょう。

たとえば、いつ頃・誰が・どこで・何をしたか・何が問題かといった内容を、時系列ごとにメモなどにまとめておきます

短時間で相手に状況を理解してもらえれば、有益なアドバイスが受けられるでしょう。

5:対面での相談なら証拠を持参する

対面で相談する場合は、証拠を持参すると、スムーズかつ具体的な回答を得ることができます。

証拠とは、たとえば次のようなものです。

  • 離婚の財産分与や、養育費・離婚慰謝料の相談なら、相手とご自身の収入がわかる給与明細・通帳など
  • 不倫の慰謝料に関する相談なら、不貞行為の証拠、請求された内容証明など

離婚問題を弁護士に無料相談すべき人

離婚に関する相談はさまざまなものがあります。弁護士に相談したいけど、どんな相談なら弁護士にすべきなのでしょうか。

離婚の無料相談で弁護士に相談すべきといえるのは次に当てはまる人です。

  1. 離婚後の生活のために財産分与や慰謝料、養育費を増やしたい
  2. お互いに離婚条件(財産分与・慰謝料・親権・養育費)で譲らずに揉めている
  3. 離婚に時間や労力を割きたくない・相手と交渉をしてもらって今すぐ別れたい
  4. 確実に親権・養育費を取りたい
  5. モラハラやDVをする相手と交渉してほしい
  6. 相手の不倫やモラハラ、セックスレスに慰謝料を請求したい
  7. 慰謝料を請求したい・慰謝料を請求されている
  8. 養育費を支払わせたい・養育費を減額したい
  9. 相手に弁護士がついている
  10. 離婚をしたい・有利な条件で離婚したい・早く離婚したい
  11. 弁護士なら、こういった相談に対して法的なアドバイスをしてくれます。

お互いの言い分もあり、離婚条件で揉めたり、パートナーの不倫や言葉・態度で傷つけられたり、神経をすり減らしたり…新しい生活の準備をしたりと、離婚は非常に労力を使います。

そんなときに弁護士に依頼すれば、相手との交渉、離婚の手続きなどをお任せできるので、揉めずにスピード解決が期待でき、あなたは新しい生活の準備に集中できるでしょう。

無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士を探す

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

一方で、「離婚すべきかわからない…」「まだパートナーを愛している」といった内容でお悩みであれば、弁護士よりもカウンセラーや、離婚カウンセラーに相談することをおすすめします。

きっと、夫婦関係を改善するアドバイスを、心理学的な観点からしてもらえるでしょう。

【参考】離婚相談[高橋 知子]悩みカウンセリング

【弁護士によるQ&A】離婚問題に関するよくある質問と回答例

ここでは、離婚問題に関するよくある質問を、「虎ノ門法律経済事務所池袋支店」の齋藤健博弁護士にお答えいただきます。

Q1:離婚時の財産分与、子供の貯金や夫婦名義の住宅ローンはどうすればいいの?

離婚時の財産分与についてご相談です。財産分与には、子供のための預貯金も含まれますか?

また夫婦名義で購入したマンションのローンが残っており揉めています。頭金は自分が支払いましたので、残りを相手に支払ってもらうことはできますか?

齋藤弁護士

子どものための預貯金も含まれます。子が稼いだお金ではなくて、夫婦共有財産の集積であると考えられるからです。頭金は特有財産と言って、そのまま帰ってくるので、残りがどの程度あるかによりますね。

Q2:結婚してから家にお金を入れてくれないけど、離婚時請求できる?

結婚してから、ずっと家にお金を入れてくれません。モラハラすることもあり、耐え兼ねて離婚をしようと思っているのですが、今まで出した生活費の請求はできませんか?

齋藤弁護士

今までの生活費は困難ですが、ずっと家にお金を入れてこないのであれば、将来における生活費、婚姻費用の請求は可能です。

Q3:別居していた相手が不倫・不倫相手に慰謝料請求・会社を辞めさせられる?

夫婦関係を見直すために別居していましたが、先日相手が不倫していることがわかりました。証拠は相手が自白したことだけですが、不倫相手は同じ会社だということがわかっています。不倫相手に慰謝料を請求して、会社を辞めさせることはできますか?

齋藤弁護士

会社を辞めさせることは難しいです。貞操権を侵害した場合に成立する不法行為が、会社との雇用関係に対して影響を与えることはありません。しかし、任意に会社をやめるというのであれば別です。

Q4:養育費を求めない代わりに得た親権、後から養育費は請求できる?

離婚時に養育費を請求しない代わりに、親権を取りました。後から養育費を請求することはできますか?相手の年収は300万円ですが、500万円の借金があります。どうすればいいですか?

齋藤弁護士

できます。毎月発生する性質の定期給付債権になります。

離婚問題・自分を責めて一人で抱え込まないで

離婚問題・自分を責めて一人で抱え込まないで

離婚を意識したときにつらいことは数多くありますが、そのひとつが、自信を失ってしまうことではないでしょうか。

結婚生活を続けられなかった、相手や子供を傷つけてしまった、相手から選ばれなかった、いい夫婦になれなかったなど、あらゆることで、自分がダメだと痛感してしまい、自分を責めてしまう。

そんな自分が恥ずかしくて、知られたくなくて、誰にも相談できない、理解されるはずがないと感じているかもしれません。

結婚生活は二人で築いていくものです、支え合っていくものです。誰にでも失敗があり、それもあなただけの責任ではありませんし、恥ずかしいことでもありません。

年間20万組が離婚しており、それだけ離婚の悩みが存在します。あなたが一人ではないことを覚えておいてください。

体が病気になったら、ケガをしたら、きっと病院に行くでしょう。専門的な知識がなければ対応できないこともあります。

同じように、離婚でつらいこと、わからないことがあったら、カウンセラーや弁護士に相談をしてみませんか?

カウンセラーや弁護士は、数多くの夫婦や離婚を見てきています。相談をすることで、気づくことや変化もあるでしょう。

あなたのケースに合った解決方法を一緒に考えてくれますし、何よりあなたの力となってくれるでしょう。

まとめ

まとめ

誰かに相談をしたり、言葉を交わすことで、自分でも気づかなかった気持ちに気づいたり、思いを吐き出すことができ、頭や心がすっきりします。

自分になかった選択肢が開けることもあります。選択肢が見つかれば、自分がどうしたいのか、ヒントになるかもしれません。

どんな選択をするにせよ、あなたが後悔しないために、今この瞬間、一歩だけ踏み出してみませんか?

今あなたがやれることをやりきったなら、きっと一年後、こんなことで悩んでいたけど、後悔はないなと思えるでしょう。

離婚弁護士ナビは、無料相談を設けている弁護士事務所を多く掲載しています。メールでのお問い合わせは24時間受け付けていますので、ぜひ活用してみてください。

もし少しでも相談してみようかなと思ったら…

まさに今が相談するタイミング、問題を解決するタイミングです。

離婚弁護士ナビなら、無料相談を受け付けている弁護士事務所はもちろん、19時以降に相談可能な弁護士事務所も掲載しています。

地域別・お悩み別で弁護士を探すことができますし、人に知られたくないという方は、近隣から離れた弁護士事務所に相談することも可能です。まずは、下記からご相談ください。

無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士を探す

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202108060814 44911 w180 【離婚を決意した男性へ】レイオス法律事務所

不倫慰謝料を請求された方に注力!】電話・メール◎/秘密厳守/来所不要で迅速対応◆対応力に自信があるから【初期費用0円/全額返還制度あり】オンライン面談可◆駅チカで仕事帰りの相談も◎詳細は写真をクリック!

事務所詳細を見る
Office info 202203251640 66491 w180 弁護士法人せいわ法律事務所

法的トラブルを解決し、人生の再スタートを切れるようにお手伝いをいたします。法的な観点だけでなく、依頼者の心情に寄り添ったアドバイスを心掛けております。

事務所詳細を見る
Office info 202204181154 65841 w180 伊藤英徳法律事務所

駅から徒歩2分|オンライン面談可】【弁護士歴 16年9カ月(令和4年7月時点)】経験豊富な弁護士が、信頼関係を大切に解決後まで手厚いサポート。あなたの不安や悩みを丁寧にお伺いし、最適な解決へと導きます【初回相談は時間無制限:1.1万円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

離婚の相談先に関する新着コラム

離婚の相談先に関する人気コラム

離婚の相談先の関連コラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚の相談先コラム一覧へ戻る