ブラスト法律事務所の事務所情報

離婚弁護士検索

 > 
 > 
 > 
ブラスト法律事務所
Office_info_3081
Office_info_3081 Office_info_3082 Office_info_3083
弁護士事務所詳細
ブラスト法律事務所
東京都
弁護士 福田 慎也 弁護士 

東京都 北区赤羽2-49-9 ローヤルコーポ赤羽102

地図を見る
最寄 JR各線 赤羽駅 徒歩5分、南北線・埼玉高速鉄道線 赤羽岩淵駅 徒歩3分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-9682-90608 【通話料無料】

※03時54分現在は営業時間外となります。
メール問合せのご利用をオススメします。


Btn-inquiry
ブラスト法律事務所
※03時54分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-9682-90608
メールで問合せする
事務所所在地
東京都北区赤羽2-49-9 ローヤルコーポ赤羽102

浮気慰謝料トラブルは着手金0円 <完全成功報酬制>

お気軽にご利用頂くために、当事務所では、浮気トラブルに関してはご相談料・着手金は無料とし、解決時に費用を頂く【完全成功報酬制】を採用しております。

このような問題は弁護士にご相談下さい!

・浮気を理由とする慰謝料を請求したい方。
・浮気を認めていない相手から慰謝料を取りたい方。
・家族や職場に浮気をバラすと脅されて金銭要求されている方。
・夫婦関係の悪化を理由に離婚したいが、応じてもらえない方。
・離婚に際して子の親権や養育費を確保したい方。
・セクハラやDV被害を受けて相手を訴えたい方。
・婚約を一方的に破棄されたため被害の賠償を求めたい方。
・元夫や元カレから養育費を払って欲しい方。
・男女関係を理由に慰謝料支払を強要されている方。
・離婚協議で親権を取りたい方。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

当事務所が選ばれる理由

「夫婦間・男女トラブルに特化したプロ弁護士が対応します」

夫婦間・男女間のトラブルと一口に言っても、事案の内容は様々であり(下記参照)、最適な解決策も、事案によって様々です。当職は、数多くの夫婦間、男女間のトラブルを解決した経験に照らし、最良の解決策をご提案致します。

〜浮気トラブルの解決事例〜
・浮気の証拠が不十分な案件
・浮気を理由に退職を迫られている案件
・浮気の会社や家族への暴露で脅されて高額の慰謝料を請求されている案件
・浮気前の夫婦関係が(家庭内)別居であった案件
・浮気に絡んだ暴力沙汰に至った案件
・不貞の状況を撮影した画像が暴露された案件
・肉体関係に類似する行為があった案件
・浮気をしない約束に違反した案件
・浮気相手が夫の子を妊娠した案件
・直接の謝罪や退職を強要されて対応に苦慮する案件
・結婚するという約束を反故にして妻とよりを戻した案件
・浮気相手へのDVやストーカー行為があった案件
・婚約破棄で婚約の有無や破棄の正当性に争いがある案件

〜離婚トラブルの解決事例〜
・夫(妻)が子の親権を主張して子を連れ去った(連れ去ろうとする)
・離婚したいが相手が応じてくれない
・離婚するうえで法外な財産分与を要求されている
・夫(妻)が家出をし、生活費をくれない
・モラハラ・DVに悩んでいる
・夫(妻)が預貯金を使い込んで、通帳等の資産を開示しない

解決実績

解決例1 浮気を認めていなかった浮気相手から500万円の慰謝料を獲得!

「浮気などしていない!」と言い張る相手から高額の慰謝料を獲得した実績もございます。浮気の事実を認めず、夫婦仲に問題があり離婚に至ったと反論する相手方に、裁判における当方の主張方針を伝えたうえで、もともとの夫婦関係が円満であったという当方の主張を証拠を引用しつつ丁寧に説明し、説得を交えた交渉を続けました。

数回にわたり、相手方との交渉を重ねた結果、最終的に500万円の慰謝料支払いを条件とする示談を成立する事ができました。

一般的に不貞行為を理由とする慰謝料相場は数十万円~500万円と言われており、裁判官から和解の席上で提示される金額は300万円以下であることが多いです。ただし、裁判上でも一定割合で300万円を超える慰謝料が認められる場合もあり、安易な減額提示は避けるべきです。どのような事情であれば高額化するのかは、弁護士にご相談ください。

解決例2 ダブル不倫で浮気相手の妻からの慰謝料請求を夫に知られず大幅に減額!

ダブル不倫の案件では、相手は「あなたも夫に知られなくないでしょう」などと言い、夫への暴露を匂わせながら高額の慰謝料を要求するケースが目立ちます。

当職の解決事例では、相談者が、浮気相手から「夫に発覚した」という連絡が入り、その後,通知書面にて慰謝料300万円を要求されました。
弁護士が間に入り、ダブル不倫の特殊性を踏まえて減額交渉し、相手方に対して強気の交渉を繰り返したところ、相手方も根負けして相手方が弁護士を通して、浮気の調査費用分として40万円を当方が支払うことを条件とする和解案を打診してきました。

依頼者様としては早期解決の希望があったため、この条件で示談することになり、260万円の減額により早期解決しました。

ダブル不倫の場合、請求者の配偶者が受ける反対の慰謝料請求を考慮しつつ、交渉を進める必要があり、この種の交渉を多く経験した弁護士のほうが、適切な見通しを前提として、交渉を有利に進めることができます。

特に、ご自身の配偶者に内緒で解決したい方にとっては、弁護士を入れて、ご自身で直接応答しないほうが、浮気の配偶者への発覚のリスクを下げることができます。

 

まずはお気軽にご相談ください!

多くの解決実績のある弁護士が、完全個別対応によりご相談者さまのお悩みを親身に伺い、ご相談者さまにとっての最適な解決をしてまいります。

弁護士に相談するほどではないかも・・。こんな事相談しても大丈夫なのかな・・。などおひとりで悩まず、お気軽にご相談ください!

http://浮気・慰謝料-弁護士.com

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-90608
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名ブラスト法律事務所
弁護士 福田 慎也 弁護士 
所属団体東京弁護士会
住所 東京都 北区赤羽2-49-9 ローヤルコーポ赤羽102
最寄駅JR各線 赤羽駅 徒歩5分、南北線・埼玉高速鉄道線 赤羽岩淵駅 徒歩3分
電話番号0066-9682-90608 【通話料無料】
対応地域 茨城県  栃木県  群馬県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 無休
営業時間

平日 :9:00〜20:00

土曜 :9:00〜21:00

日曜 :9:00〜21:00

祝祭日:9:00〜21:00

営業時間備考事前のご予約により、土日夜間の相談にも対応致します。
弁護士経歴 ・山口県周南市出身
・九州大学法科大学院卒業
・弁護士登録後、勤務弁護士として一般市民の法律相談を広く経験。特に夫婦・男女間のトラブルに注力。
・ブラスト法律事務所を開設し、夫婦間・男女間のトラブルの解決に尽力している。
その他取扱業務 浮気・不貞慰謝料・離婚等の夫婦・男女間のトラブルに注力しています。
初回相談料金体系 ・浮気トラブルの相談は何度でも無料(電話相談可)

※浮気以外の離婚相談は有料(30分5000円)
実績・相談例一覧 ・浮気トラブルの高額慰謝料獲得実績多数(500万円獲得実績有り)
・浮気慰謝料の1ヶ月以内の早期減額実績多数(300万円の請求を1ヶ月で30万円に減額した実績有り)
・浮気を理由とする脅迫的な請求を交渉で断念させた実績多数。
・離婚を拒否する相手を協議、調停により離婚に応じさせた実績多数。
・リベンジポルノやストーカー被害、DVモラハラ案件も実績多数。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-90608
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large

Qa-list-header
回答件数 1
相談日 2016.11.28 カテゴリ 慰謝料
関東在住、結婚20年目、子供は中学三年の娘が一人います。
夫が6年前に単身で海外赴任し、現地に4年滞在していました。
赴任中はお盆と正月に帰国というスタイルでした。
海外に4年滞在後は日本に帰って来ましたが、名古屋勤務だったため日本でも単身赴任でした。
そしてやっと東京勤務になり、家ぞく3人での生活が始まりました。今まで夫はラインやメールをまめにする人ではなかったのですが頻繁にスマホをさわっており、ふと誰とラインしてるのか見たところ女の子ともラインしていました。海外赴任中に日本人会でたくさんの人と知り合いになったと聞いてましたので、文の内容からはその人たちかと思われます。
びっくりしたのが、その女の子の知り合いの子と不倫関係にあり、海外赴任中の数年をその女性と共に生活し、名古屋でも一緒に暮らしていたという内容でした。
年齢はまだ20代後半と思われました。
今は別れていて、夫はいまだにその人のことを気にかけけいる感じでした。
もう呆れてものが言えないです。
もうこんな夫と一緒にはこの先暮らしていけないです。
理科となった場合、この不倫はどうにか責任を取っって欲しいです。過去の事ならもう無効ですか?または時効はありますか。

ご質問の回答
よない様

ブラスト法律事務所の弁護士の福田慎也でございます。
質問について、回答致します。

時効については、不貞行為(いわゆる浮気)は、浮気を知ってから3年となりますので、おそらく知って3年は経過していないでしょうから、まだ慰謝料請求は可能ですし、離婚時に慰謝料を求めることも可能となります。