> 
 > 
 > 
 > 
TOKYO大樹法律事務所

TOKYO大樹法律事務所の事務所情報

Office_info_201906271828_25071
Office_info_201906271828_25071 Office_info_201906271828_25072 Office_info_201906271828_25073
弁護士 【代表弁護士】近藤 博徳 【所属弁護士】木下 泉、村田 智子、上杉 崇子、総勢9名の弁護士が所属
住所 東京都新宿区新宿1丁目26-1長田屋ビル5階
最寄駅 地下鉄丸の内線 「新宿御苑前」2番出口 (大木戸門方面) 徒歩5分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:9:30〜17:30

対応案件
離婚調停 財産分与 親権・養育費 不倫慰謝料
対応体制
  • 初回の面談相談無料
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
0066-97356-6024
受付時間: 9:30〜17:30
メールで問合わせ
TOKYO大樹法律事務所
09時59分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-97356-6024
メールで問合せする
事務所所在地
東京都新宿区新宿1丁目26-1長田屋ビル5階

メール問い合わせも合わせてご利用ください

平日9:30~17:30は電話またはメール、それ以降及び土日祝日については、メールでのお問合せをおすすめしております。

 

  • お名前
  • 折り返しのお電話番号
  • ご相談内容

上記の内容の他、面談希望日を2~3つ程ご記載いただけますとご案内がスムーズです。

 

離婚を決意された方、ご相談ください

40年以上の歴史を持つ法律事務所があなたのお力になります

離婚問題のお悩みは多岐にわたります。

今後の見通し、離婚後の生活への不安など、離婚に関するお悩みを持たれた際はTOKYO大樹法律事務所へご相談ください。

これまで、複雑な案件も数多く解決してきました。

そのような中で、「これまでにない事例」として新聞や判例雑誌などへの掲載された実績も多数ございます。

ご相談を通してお気持ちやご意向を汲み取るとともに、しっかりとコミュニケーションを取りながら最良の解決結果へ導きます。

TOKYO大樹法律事務所が選ばれる理由

家事調停委員の実績を活かしてご相談をお聞きします

当事務所には「家事調停委員」を務めた実績ある弁護士が在籍していることから、第三者目線から問題を洗い出し、今後の見通しを立てた解決策をご提案できるよう尽力致します。
 

プライバシーに配慮した完全個室でお伺いします

これまで込み入ったご相談を頂くこともあり、事務所のセキュリティーを整えることはもちろん、ご相談様のプライバシーに配慮し完全個室にてお悩みをお聞きしております。

また、弁護士には守秘義務がございますので、許可なくご相談内容が第三者へ漏れることはございません。
 

《複数人体制》ご希望に応じて男性・女性をお選びいただけます

当事務所には現在9名の弁護士が在籍しており、ご希望を頂ければ男性弁護士、女性弁護士のどちらかをお選びいただくことが可能です。(2019年6月時点)

「同性の方が相談しやすい」

「交渉は配偶者と同性の弁護士へお願いしたい」

など、ご相談者様のご状況に応じて柔軟に対応致しますので、お問合せいただく際、お気軽にお申し付けください。

また、迅速性が求められる案件や複雑な案件では、経験豊富なベテラン弁護士、フットワークの軽い若手弁護士などが状況に合わせ複数体制にて柔軟に対応致します。
 

お子様が同伴しての法律相談にも対応可能

当事務所では授乳やおむつ替えなどの場所も配慮致しますので、小さなお子様が同席してのご相談にも対応しております。
 

《初回相談無料》費用については事前に詳しくご説明致します

当事務所では、初回相談を無料にてお伺いしております。

また、「弁護士費用はいくらかかるのだろう」などご不安もお持ちの方も、ご面談の際、費用の面も合わせ詳しくご説明致しますのでご安心ください。

事前にご予約を頂ければ、時間帯などできるだけ相談者の方のご都合に合わせますので、お気軽にお問合せください。

幅広い離婚問題に対応して参りました

  • 離婚したいが相手が応じてくれない
  • 話し合いがまとまらず、調停を検討している
  • 夫・妻の不倫が発覚したため離婚したい
  • 不倫に対して慰謝料を請求したい
  • 親権はこちらがとりたい
  • 養育費の額や支払いに関して揉めている
  • 離婚したら「もう子どもには会わせない」と言われた
  • 財産分与で揉めている
  • 婚約者が浮気していた、慰謝料を請求したい など

豊富な解決実績

【婚姻費用請求】裁判にて標準算定基準の額を毎月10万円も上回る額を獲得

【ご相談内容】

別居中の生活費である婚姻費用を請求したい、というご相談。

【解決結果】

標準算定表」の金額を毎月10万円以上も上回る婚姻費用を認める審判を獲得。

標準算定表に基づく額を基本としつつも個別の事情を考慮し、公平の観点から、標準算定表では考慮されていない費用(住居費の一部及び習い事の費用)についても分担義務を定め、算定表を大きく上回る額の支払い命令を獲得することができました。

【先生より】

現在の家庭裁判所の実務においては、養育費・婚姻費用について個別の事情や公平性を考慮することなく、標準算定表によって導かれる額の通りに機械的に定められてしまうという「悪しき傾向」があります。

このため、裁判所で定められた養育費・婚姻費用の額が実際の生活費に比べて著しく低くなってしまうことも珍しくありません。

弁護士が介入することで、実情にあった、正当な権利を守ることが可能となるケースがございます。

 

こうした案件に加え、以下のような複雑なご相談にも対応して参りました。

離婚調停》離婚調停を成立させたケース

相手方の住所が不明の状況で離婚調停の成立に成功。

親権》実子ではない子の親権を獲得したケース

妻の代理人をした際、夫の実子ではあるが妻の実子ではない子の親権を勝ち取った。

養育費》大学進学に反対の元夫に対し、大学卒業までの養育費の支払命令を勝ち取ったケース

支払い義務者(父)が大学の進学に反対しているが、養育費の支払の終期を大学卒業後の3月まで延長する審判を勝ち取った。
また、支払いを拒否した相手側の退職金等を仮差押えするなどして回収に成功した。

子の監護者指定・引き渡し》無断で連れ去られた子を早期に取り戻すことができたケース

夫に子を無断で連れ去られた事件の第1回審判期日で、およそ1週間後に子を返してもらう旨の合意を成立させた。

親子関係》外国人との間に生まれた子の国籍を獲得できたケース

父の死後に外国人子の認知が認められたことにより、日本国籍を取得できた。
いわゆる「推定の及ばない嫡出子」について、実父との間で認知審判が認められた。

アクセス

地下鉄 丸の内線「新宿御苑前駅」2番出口より徒歩5分

お問合せはコチラから
ただいま営業中です
0066-97356-6024
受付時間: 9:30〜17:30
メールで問合わせ
弁護士事務所情報
事務所名 TOKYO大樹法律事務所
弁護士 【代表弁護士】近藤 博徳 【所属弁護士】木下 泉、村田 智子、上杉 崇子、総勢9名の弁護士が所属
所属団体 東京弁護士会
住所 東京都新宿区新宿1丁目26-1長田屋ビル5階
最寄駅 地下鉄丸の内線 「新宿御苑前」2番出口 (大木戸門方面) 徒歩5分
電話番号 0066-97356-6024  【通話料無料】
対応地域 東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:30〜17:30

営業時間備考 事前にご連絡頂ければ柔軟に対応致します。
代表者経歴 【代表弁護士】
近藤 博徳
東京都町田市生まれ。中央大学法学部卒業。
1991年弁護士登録(43期)。東京弁護士会所属。

「弁護士としての業務を通じて、法律問題の奥底にある、依頼者の真意や心情を大切にしなければ、真の解決にはならないことを痛感しています。
言葉にできない想いをくみ取り、法的解決だけでない満足が得られることを理想として、業務に携わっています。」

【所属弁護士】
・木下 泉
1985年弁護士登録(37期)。東京弁護士会所属。
地方公務員(生活保護のケースワーカー)として1年間勤務

主な活動
家事調停委員(東京家裁)
高齢者障害者の権利に関する特別委員会委員、等

・村田 智子
1996年弁護士登録(48期)。 東京弁護士会所属。

主な活動
家事調停委員(東京家庭裁判所)
日弁連被害者支援委員会(副委員長)、等

・上杉 崇子
2011年弁護士登録(64期)。東京弁護士会所属。

主な活動
東京弁護士会・性の平等に関する委員会副委員長(2018年度 委員長)、日弁連・両性の平等に関する委員会、等

著作・執筆
『セクシュアル・マイノリティの法律相談』(共著)(ぎょうせい)
『同性婚 だれもが自由に結婚する権利』(共著)(明石書店)

≪その他総勢9名の弁護士が所属しております≫
初回相談料金体系 初回面談相談料無料
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
0066-97356-6024
受付時間: 9:30〜17:30
メールで問合わせ
アクセスマップ
Btn-map-large