> 
 > 
 > 
 > 
弁護士水野博之(アレイナ横浜法律事務所)

弁護士水野博之(アレイナ横浜法律事務所)の事務所情報

Office_info_201903191903_24141
Office_info_201903191903_24141 Office_info_201903191900_24142 Office_info_201903191900_24143
弁護士 水野博之
住所 神奈川県横浜市中区山下町252 グランベル横浜ビル1階4号室
最寄駅 JR京浜東北線「関内駅」「石川町駅」から徒歩5分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:9:30〜19:30

対応案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権・養育費 DV・モラハラ 国際離婚 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
0066-97356-5805
メールで問合わせ
弁護士水野博之(アレイナ横浜法律事務所)
※08時36分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-97356-5805
メールで問合せする
事務所所在地
神奈川県横浜市中区山下町252 グランベル横浜ビル1階4号室

《弁護士歴10年》あなたのお悩みをお聞かせください

弁護士経験を10年積んできたなかで、これまで多くの問題と向き合って参りました。
離婚問題は多岐に渡るため、解決に至るまで複雑になってしまうケースがほとんどです。

当事務所の弁護士水野は、離婚に関するお悩みをお持ちの方が新しいスタートを迎えられるよう、これまでの経験を活かし解決に向け全力でサポート致します。
親身にご相談をお伺いし、あなたの味方となります。
 

不貞慰謝料請求に関するお悩みをお持ちの方

配偶者の不貞行為に対して慰謝料を請求したい、または慰謝料を請求されてしまいお困りの方、当事務所ではどちらのご相談も受け付けております。
 

  • 配偶者が不貞行為をしたため慰謝料を請求したい
  • 慰謝料がいくらになるのか不安
  • 浮気相手にも慰謝料を請求したい
  • 不貞行為を理由に慰謝料を請求された
  • 高額な慰謝料を請求されておりどうしたらいいか困っている

など、上記以外でも不貞慰謝料のお悩みは弁護士水野へご相談ください。
 

離婚に関するお悩みに幅広く対応しております

  • 離婚したいと考えている
  • 一方的な離婚を申し込まれており回避したい
  • 配偶者の不貞行為でお悩みの方
  • 不貞行為を理由に慰謝料を請求したい
  • 親権をとりたい など
  • DVやモラルハラスメントを受けて、離婚を考えている

お子さんがいらっしゃる方

  • 親権をとりたい
  • 養育費に関するご相談
  • 面会交流に関するお悩み

お金に関するお悩みをお持ちの方

  • 今後の生活が不安
  • 財産分与の分け方で話合いがまとまらない
  • 財産分与の中に持ち家やマンションなどの不動産が含まれている
  • 年金分割
  • 不貞行為に関する慰謝料請求
  • 別居中の生活が不安なので婚姻費用を請求したい

 

初回面談無料|ご面談にて具体的な解決策をご提案致します

ご相談者さまのお話をしっかりとお聞きし、状況を踏まえた具体的な解決策をご提案するためにも、当事務所ではご面談での法律相談をおすすめしております。

相談者様に充実した法律相談を提供するためにも1時間半前後のお時間を確保し、初回無料にてお話をお聞きいたしますのでご安心ください。

 

お問合せ方法

メールにてお問合せの方

事務所を横浜市内に構えているため、遠方にお住まいでご来所が難しい方は、メールでのお問合せを受け付けております

  1. お名前
  2. ご連絡先
  3. 相談内容

の3点をご記載いただきお送りいただけますと、その後のご案内がスムーズです。
まずはお気軽にご利用ください。
 

お電話にてお問合せの方

「こんなことも相談していいのかな…」とご不安をお持ちの方も、当事務所では大まかなご相談内容をお聞きする電話相談にも対応しております。

ご相談をお聞きしたうえで弁護士が判断し、ご来所の案内や今後のアドバイスを致します。

 

これまでの解決事例

不貞慰謝料を交渉で獲得し離婚を成立させたケース

相談内容

配偶者が浮気している、と思いご相談に来られたご相談者さま。
ですが、「証拠がないため何から始めたらいいか分からない」とのご相談。

解決結果

弁護士水野は探偵を紹介し、不貞行為の証拠をつかむとともに相手側へ慰謝料請求・離婚を求めて交渉を行いました。
結果、調停や訴訟を行わずにまとまった慰謝料の支払いを実現させ、離婚も成立することとなりました。


~先生より~

離婚では、「調停前置主義」という制度がとられているため、訴訟の前に家庭裁判所での調停を行う必要がありますが、案件によっては1~2年ほどの時間を要するかもしれません。
相手側にもよりますが、証拠をつかんだうえで交渉を行うことで、調停を行わずに離婚を成立させる、という迅速な解決に結びつくこともございます。

財産分与にマンションが含まれていたケース

相談内容

離婚をする際、共同購入したマンションの財産分与についてお悩みになられていたご相談者様。
​今後、元配偶者が住み続けることとなっていますが、これまでローンなどは二人で力を合わせて返済してきたことからも、ご相談者様にも何か権利が発生するのではないか?とご相談に来られました。

解決結果

調停・訴訟手続きを弁護士が担当することにより、マンションの財産分与としてまとまった金額を獲得。


~先生より~

財産分与とは、離婚の際、夫婦が共に気付いた共有財産を分割することです。
この場合、夫婦で購入したマンションも「共有財産」に当たるため、財産分与の対象でした。
ですが、こうした不動産にはローンが残っている場合もあるため、財産分割の際はそういった点にも注意が必要です。

今回の場合では、マンション購入から相当年数がたっており、住宅ローンの残元金もかなり減少していました。
マンションの時価やローンの残元金を控除するなどして判断した結果、まとまった金額の財産分与が認められました。 

お子さんの学費・婚姻費用の請求でお悩みのケース

相談内容

夫との別居をお考えのご相談者様。
ですが、夫婦の間には私立学校に通う未成年のお子様がおり、養育費を請求したいとお考えでした。
また、別居中の生活費として婚姻費用を請求したい、というご相談。

解決結果

調停へ発展しましたが、弁護士が介入したことで「算定表」を基準にした額のほか、子どもの学費ほとんどを夫側に支払ってもらえるという内容で解決に至りました。


~先生より~

「算定表」とは家庭裁判所が定めたものであり、複数のシートを使用したうえで、夫と妻それぞれの年収を当てはめ目安となる婚姻費用を出す、という形で利用されるものです。
ですが、今回の場合お子さんが私立に通われているとのことでしたので、この「算定表」だけでは結論が出ません。
こうした際は調停などに発展することも考えられますが、
学費を双方の収入(基礎収入)に応じで按分する 学費全額を婚姻費用に加算する(例えば収入が多い夫が、算定表の婚姻費用の他に学費全額を負担する)
といった考え方があります。

男性が親権を獲得したケース

相談内容

離婚に際し、子どもの親権が欲しいとお考えのご相談者さま。
しかし、親権争いになると母親の方が有利になると聞き、ご相談に来られました。

解決結果

弁護士は交渉の段階から介入。
離婚の成立、無事親権も認められる結果となりました。


~先生より~

現在、家庭裁判所での実務では「今誰が子どもの面倒を見ているか」「監護者は誰か(監護の継続性)」という点が重視されます。
ご依頼者様は、日ごろよりお子さんの面倒を見ていたことや、別居後も監護を行っていたことから、妻側もやむを得ない、と判断したのかもしれません。
大きく揉めることもなく、親権の獲得へ至りました。

 

アクセス

JR京浜東北根岸線

・関内駅より徒歩5分
・石川町駅より徒歩5分
※市営地下鉄ブルーライン「関内駅」も使用可能です。

 

お問合せはコチラから
営業時間外です
0066-97356-5805
メールで問合わせ
弁護士事務所情報
事務所名 アレイナ横浜法律事務所
弁護士 水野博之
所属団体 神奈川県弁護士会
住所 神奈川県横浜市中区山下町252 グランベル横浜ビル1階4号室
最寄駅 JR京浜東北線「関内駅」「石川町駅」から徒歩5分
電話番号 0066-97356-5805  【通話料無料】
対応地域 神奈川県、東京都
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:30〜19:30

代表者経歴 略歴

1977年 岐阜県生まれ。その後、都内の小中高校を卒業
2000年3月 早稲田大学 法学部 卒業
2008年9月 司法修習(旧61期)修了
2008年9月 弁護士登録
2008年9月 横浜市内の法律事務所に入所
2010年12月 アレイナ横浜法律事務所開設

弁護士会での公益活動

2011年4月~(現在) 神奈川県弁護士会 地域司法計画委員会 委員
2012年4月~(現在) 関東弁護士会連合会 地域司法充実推進委員会 委員
2014年5月~2016年3月 神奈川県弁護士会 消費者問題対策委員会 委員
2014年11月 平成26年度 横浜市市民法律講座 講師「消費者被害に遭ったとき~泣き寝入りしないために、すぐ相談を~」
神奈川県弁護士会 マンション法研究会 所属(現在)
その他取扱業務 債務整理、相続問題といった家庭の法律問題から、中小企業の法律問題まで幅広く対応しています。
それぞれの状況に合わせて、法律の専門家として適切にアドバイスいたします。
お問合せはコチラから
営業時間外です
0066-97356-5805
メールで問合わせ
アクセスマップ
Btn-map-large