ホーム > 離婚コラム > 不倫 > 旦那の不倫発覚!相手と別れない理由は?妻ができる事・NGな行為は?
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2018.2.27  更新日:2021.12.24

旦那の不倫発覚!相手と別れない理由は?妻ができる事・NGな行為は?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e3%83%8a%e3%83%93%e3%80%80%e6%9e%a0

夫が不倫(浮気)していることに気付いてしまったら、大変なショックや怒りを覚えると思います。

本気であっても、遊びであっても許せるものではありませんが、まず夫がどのくらい不倫相手に対して本気なのかをチェックすることが今後を考える上で大切です。

以下のような特徴がある場合はかなり本気になっていると考えられるので注意しましょう。

不倫相手に本気になっている夫の特徴
  • 家での口数が明らかに少なくなっている
  • 浮気を疑ったり指摘したりすると、逆ギレする
  • 一緒にいると不機嫌になる
  • 記念日なのに帰ってこない
  • 他人と妻を比較するようになった
  • セックスを拒まれるようになった
  • 不倫を隠さないようになった

このような場合、証拠を集めて自分勝手に不倫を楽しんでいる夫にも不倫相手にも慰謝料請求を行い、責任を取ってもらいましょう。

この記事では、夫が不倫していることに気付いた場合にできることや不倫相手と会ったり連絡したりする際の注意点について紹介します。

また、夫が不倫相手に求めていることもまとめましたので、夫婦関係修復の参考にしてみてください

不倫は許せない行為ですが、離婚以外の選択肢もあります。後悔しない選択の参考にしていただけたら幸いです。

この記事に記載の情報は2021年12月24日時点のものです

夫が不倫している!発覚したときにすべき2つのこと

夫の不倫が発覚したとき、今すぐにでも問いただしたくなると思いますが、まずは以下の2つのことをしましょう。

①不倫の証拠を必ずつかむ

まずは夫の証拠をつかみましょう。証拠がないと慰謝料請求もできませんし、別れさせることもできず、夫と不倫相手だけが良い思いをするだけです

不倫の証拠は多くて困ることはありませんので、日常のやり取りからカードの明細まで集めておきましょう。

ただし、慰謝料請求をすることになったら、肉体関係があったと証明できる証拠が必要ですので、弁護士に相談したり探偵に証拠集めを依頼することをおすすめします。

肉体関係を証明できる証拠が不足していることで、慰謝料が低額でまとまったり、請求自体認められない判例もゼロではありません。

②証拠を獲得するまでは不倫について言及しない

夫が不倫に気付いたり、怪しいと疑った場合でも、不倫の証拠を獲得するまで基本的に言及することはおすすめできません。言及によって、怖がって不倫をやめてくれればいいのですが、証拠を隠したり用心深くしてしまったりするからです。

用心深ければ用心深いほど、証拠の獲得に難航して探偵費用や時間がかかります。

できるだけ費用を抑えて証拠を獲得するには配偶者を油断させて、タイミングを計りましょう。

夫が不倫相手と別れない3つの理由

夫の言動を怪しく思い、探りを入れているのに不倫をやめない夫もいます。なかには、バレた後に開き直って堂々と不倫をするケースも珍しくありません。

ここでは、夫が不倫相手と別れない3つの理由について紹介します。

①妻にばれていないと思っている

これは、男女どちらにも言えますが、不倫している人は決定的な証拠を突き付けられるまで「絶対不倫はばれていない」と思い込んでるケースがほとんどです。

どれだけ探りを入れられても「ばれない」と自信を持っているため、不倫相手と別れる選択肢が頭にありません。

②不倫相手との恋愛や性交渉に夢中になっている

恋は盲目というように、恋愛が盛り上がっているときは、何を言っても人は話を聞こうとしません。そのため、恋愛が楽しくて現実をなにひとつ見れていないのも不倫相手と別れない理由のひとつです。

ラブラブカップルのように毎日ラインをしたり電話をしたり、頻繁に会うような不倫をしている場合は、このケースかもしれません。

また、肉体の相性がよい場合、別れようと思ってもなかなか離れることはできないでしょう。たとえ一度別れたとしても、何かの拍子に不倫を再開してしまうケースもよく聞きます。

③ばれても離婚や慰謝料など大事にならないと思っている

夫がモラハラ気質だったり、妻の性格が控えめだったりすると、万が一ばれても言いくるめられる、離婚や慰謝料請求を妻ができるわけないと思っているケースも考えられるでしょう。

特に今まで、何かあったときは妻が折れている夫婦では、夫が自分の優位を信じこみ、なんでも許してもらえると思い込んでいるケースも珍しくありません。

また、夫が自分本位の性格である場合、自分が謝ったり止めたりすれば、自分や不倫相手への慰謝料請求は回避できると思っている人もいます。

そのため、いざ慰謝料請求や離婚請求となった段階で初めて焦ってしまうのです。

夫との不倫相手に会う・連絡する際のポイント

夫の不倫相手に会う場合

夫の不倫相手に会うときまた連絡するときは、以下の点に注意をしましょう。

ショックや相当のストレスを受けることを覚悟しておく

不倫相手が絶世の美女であれば、ショックを受けつつも「この人ならなびいてしまう可能性もあると」折り合いをつけられる部分があるかもしれません。

しかし、自分より圧倒的に女性としての魅力を感じられないと思ってしまったり、知り合いだったりするケースでは、許せない思いが強まるだけではなく、自信喪失につながります

また、相手の性格によっては全く反省していないどころか、開き直って暴言を受ける可能性もあります。とはいえ、悲劇のヒロインのような対応をされても腹が立つため、どのような相手であってもショックやストレスを受けることを覚悟しておくことが重要です。

不倫した旦那のために、そのようなショックやストレスをわざわざ受けたくない場合は、弁護士に慰謝料請求を依頼しましょう。弁護士は連絡から交渉まで一貫で対応してくれるため、このようなショックやストレスを軽減できます。

不倫相手の住所や職場なども特定しておく

不倫相手に慰謝料を請求しても、無視されるケースは珍しくありません。そのため、探偵に浮気調査を依頼する際に、相手の住所や職場も特定してもらいましょう。

相手に慰謝料請求をする際に、「○○社の○○さんですよね」というだけで相手に「会社も名前も知られている」とプレッシャーをかけることができます。

会社まで把握できれば、今後慰謝料の未払いが発生した際に給料の差し押さえという方法も選択肢に含まれるため特におすすめです。

ただし、「支払わないと○○社にばらす」などの脅しまでしてしまうと、不利な立場になってしまうため、言い回しには注意しましょう。

夫や不倫相手に対し感情的にならないように注意する

金銭を請求する際に感情的になってしまうと、言葉の使い方によっては脅迫になってしまうケースもあります。

また、こちらが感情的になると相手も感情的になってしまうためできるだけ冷静に、粛々と請求するのがポイントです。

不倫相手に夢中な夫に対して絶対にしてはいけない3つのこと

不倫相手に夢中な夫に対して絶対にしてはいけないこと

妻を放置し不倫相手に夢中というのはとても腹立たしく、自暴自棄な気持ちになってしまうでしょう。しかし、夫が不倫相手に夢中だからといって何をしてもいいというわけではありません。

ここでは絶対にしてはいけないことを紹介します。

しつこく夫を責めること

夫に不倫の事実をしつこく聞いてしまうと、逆ギレしてくる可能性があります。逆ギレの勢いは、DVやモラハラにつながることもあります。

また、しつこく責めることで、あなたから完全に気持ちが離れ、ますます不倫相手に夢中になったり、家に帰ってこなかったり、離婚を切り出されるなどさらに悪化してしまいます。

暴力的・不法な仕返しをすること

不法な仕返しとは、会社に不倫の事実をバラしたり、不倫相手に付きまとうなどの嫌がらせを繰り返すという過激な仕返しのことです。

そのような仕返しは不倫相手や夫の人生を狂わせることができて、一時的にすっきりするかもしれませんが、心が落ち着いたときに激しく後悔するのは間違いありません。また、こちらが訴えられる可能性があります

最も有効的なし返しは、慰謝料請求しかありません。できるだけ高く請求して経済的に苦しめることがポイントです。また、不倫相手にはあえて夫婦の仲良い写真をSNSにアップして自然な形で見せつけることも、合法的な仕返しのひとつです。

何も言わず家を出ること

不倫に夢中な夫に飽きれ何も言わずに家を出てしまうということもあるでしょう。

それ自体はやむを得ないことかもしれませんが、相手が心から反省し、やり直しを求めているのにもかかわらず、かたくなに連絡接触を拒む行為は、それ自体が夫婦関係の破綻原因と評価されてしまうこともあります。

その場合、家を出ていった方が有責配偶者という評価を受けてしまうこともあり得ますので、注意しましょう。少なくとも、相手配偶者と連絡を取ること自体は拒絶すべきではなく、話し合いに応じる姿勢は維持しておいた方が賢明です。

夫が不倫相手と別れた後に起きやすいトラブル

不倫相手との間で起きやすいトラブル

特に男性は不倫に対するリスクをあまり考えていません。離婚や慰謝料問題はもちろんですが、別れた後に不倫相手が嫌がらせを行うというリスクをまったく考えていないのです。ではどのような嫌がらせがあるのでしょうか。

不倫の事実を不倫相手が妻に告げる

夫に別れを告げられ、傷心中に妻とラブラブな様子を知ってしまうと、自分を捨てた男を憎く思い、家庭崩壊を望んでしまうこともあるでしょう。

そして、SNSなどを経由して不倫相手から妻宛てに不倫中の写真や動画などを送りつけるということもあるのです。

不倫相手からそのような写真や動画が送られてきたらショックが大きいと思いますが、そこで離婚に発展すると相手の思うツボ。しっかり話し合うようにしましょう。

夫にストーカーをする

別れたけど、諦められずストーカーになる可能性もあります。ストーカー被害がひどくなるようでしたら警察に相談しましょう。

緊急の場合は#110、緊急ではないが、困っている場合は#9110に電話相談を行いましょう

妻に対して嫌がらせをしてくる

理不尽な話ですが、不倫相手が夫ではなく妻に対して嫌がらせをしてくる可能性もあります。

2度目の不倫は7年前に終わっているのですが相手の女性からの嫌がらせが続いています。

私の職場に電話をかけてきたり、ファックスを送ってきたり。内容は、私への誹謗中傷。内容は殆どでたらめです。ですが、私の職場での立場はどんどん悪くなってきています。

(引用:夫の不倫相手からの嫌がらせ|言小町)

女性は一度は納得したそうですが、しばらくしてから脅迫めいた事を言ってくるようになり、夜や深夜に非通知で家に電話が掛かってくるようになりました。だんだんと頻度が増し、今では昼間にも掛かってきます。

(引用:主人の不倫相手に嫌がらせをされていま発言小)

このように、不倫相手の嫌がらせで自分の立場が悪くなってしまったり、精神的なストレスで鬱になってしまったりするケースがあります。

そうなると、夫と夫婦関係を修復していても、「なんで夫が原因なのに自分が苦しい思いをしなければいけないの…」という気持ちになってしまうでしょう。せっかく夫婦関係がよくなってきていても、一気に悪化してしまうことも。悪質な嫌がらせは、訴えて慰謝料を請求できる可能性がありますので、まず弁護士に相談しましょう

まとめ

男性の不倫はあまり本気にはなりませんが、だからと言って許せるようなものではありません。しかし、原因はお互いにある可能性もあるので、まずは夫の話をよく聞くようにしましょう

また、離婚を考えた際はまず、離婚問題の解決に注力している弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に相談することで、スムーズに離婚の話を進められる可能性が高まるのです。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 201908081733 3291 w180 弁護士齋藤 健博【銀座さいとう法律事務所】

初回相談0円LINE相談可!】※話がしやすい弁護士【超迅速対応|土日深夜電話が弁護士に通じる】不倫問題、離婚問題、男女問題なら相談しやすい弁護士をお勧めいたします

事務所詳細を見る
Office info 202111291900 49491 w180 弁護士法人ガーディアン法律事務所立川オフィス

【初回1時間無料◆キッズスペース有◆年間相談実績700件超】お金の問題のみならず親権/監護権/面会交流などでも実績多数◆離婚後の生活も考え、最善の解決策をご提案!《お問い合わせは写真をクリック》

事務所詳細を見る
Office info 202104191854 25211 w180 弁護士法人ガーディアン法律事務所

【秘密厳守/お子様連れ歓迎】モラハラ/DV/不倫など離婚を決意された方へ、お子さんやお金のこと、離婚後の生活を見据えた解決を目指します【相談実績1,400件超/離婚チームが対応】《お問い合わせは写真をクリック》

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気コラム

不倫の関連コラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る