ホーム > 離婚コラム > 不倫 > 初めての不倫相談ガイド|主な相談先など6つのポイントを徹底解説
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2019.1.8  更新日:2022.7.15

初めての不倫相談ガイド|主な相談先など6つのポイントを徹底解説

社内弁護士監修
監修記事
%e9%9b%a2%e5%a9%9a%e3%83%8a%e3%83%93%e3%80%80%e6%9e%a0
不倫問題の解決が得意な弁護士に今すぐ無料相談する!

不倫にお悩みなら、こちらから今すぐ弁護士に無料相談できます。

『離婚弁護士ナビ』なら、無料相談はもちろん、平日19時以降・休日相談・子供連れ相談・オンライン面談可能な弁護士事務所も掲載。まずはご相談ください。

配偶者に不倫されたり、配偶者の不倫を疑ったりしてつらいときには、誰かに相談したくなるでしょう。

不倫に関する悩みの相談は、家族や友人など身近な人をはじめ、専門カウンセラー、探偵、弁護士など専門家に相談することもできます。

しかし、初めての場合にはどこに相談したらいいのか、何を相談したらいいのか、どうやって相談したらいいのかがわからないという方も多いでしょう。

この記事では、これらの疑問を解消するために、不倫の相談に関する基本や弁護士に依頼する際のポイントなどを詳しく解説します。

この記事に記載の情報は2022年07月15日時点のものです

不倫の相談に関する基本

配偶者に不倫されてしまうと、悲しみや怒りの気持ちなど色んな感情が入り混じって、毎日気分が落ち込んでしまうこともあるでしょう。

そういうときは誰かに話を聞いてもらったり、アドバイスを聞いたりすることで精神的な負担が軽くなったり、問題が解決に向かったりする可能性があります。

配偶者が不倫しているかもしれないなど、まだ確定していない場合は家族や友人などに相談するのもよいでしょうが、慰謝料請求や離婚などの法的対応も検討しているなら法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

不倫問題や離婚問題を得意としている弁護士であれば、あなたの悩みや状況に合ったアドバイスやサポートなどが受けられるでしょう。

また、弁護士には守秘義務があるため、相談した内容が他人に知られてしまう心配もありません。

どこに相談すればいい?不倫相談できる専門窓口4つ

不倫問題などの法律トラブルを受け付けている主な専門窓口には、各弁護士事務所、法テラス、自治体主催の無料法律相談、各弁護士会の法律相談センターなどがあります。

それぞれの特徴を以下にまとめておきます。

主な相談先 特徴
各弁護士事務所 ✔窓口、営業時間、連絡手段などは各事務所によって異なる
✔初回相談無料や24時間受付に対応している事務所もある
✔中には不倫問題・離婚問題の解決実績が多い事務所もある
法テラス ✔全国展開しており窓口は平日9:00~17:00で対応している
✔電話やメールでの問い合わせもできる
✔資産や収入が少ない場合は弁護士に無料相談できる
自治体の無料法律相談 ✔それぞれの自治体が実施しており基本的には平日に対応している
✔曜日と時間が決まっており、要予約制であることも多い
✔無料で弁護士などの専門家に相談することができる
弁護士会の法律相談センター ✔全国各地に窓口があり、それぞれ受付時間が異なる
✔日弁連の「公式ホームページ」から近くの相談センターを探せる
✔相談料は有料(30分5,500円(税込)程度)の場合が多い

各弁護士事務所

弁護士事務所の多くは、不倫に基づく慰謝料請求のような一般的な法律相談を受け付けています。

窓口や営業時間、連絡手段、相談料などはそれぞれの事務所で異なり、中には初回無料相談や24時間受付、土日祝日営業などに対応している事務所もあります。

また、不倫問題を得意としている事務所もあり、慰謝料請求などに関しての専門的なサポートをしてくれる場合もあります。

希望条件などに合わせて事務所を選べることがメリットといえるでしょう。

【関連記事】弁護士に無料法律相談できるおすすめ相談窓口|24時間・電話相談OK

不倫の相談なら離婚弁護士ナビがおすすめ

不倫問題や離婚問題などを得意としている弁護士を探すなら「離婚弁護士ナビ」の利用をおすすめします。

離婚弁護士ナビでは、地域と相談内容を選択するだけで、不倫問題を得意としている近くの弁護士を簡単に探すことが可能です。

無料相談、休日相談、オンライン面談などに対応している事務所も見つけられます。

法テラス(日本司法支援センター)

法テラス(日本司法支援センター)とは、国民の誰もが法律トラブルの解決に必要なサポートを受けられるように設立された法務省所管の公的機関です。

法律相談が受けられる窓口を案内してくれたり、一定の収入・資産要件を満たす場合には無料相談に対応してくれたりするのが特徴です。

ただし、相談者が弁護士を選ぶことができないといったデメリットがあります。

参考:無料の法律相談を受けたい|法テラス

自治体の無料法律相談

自治体の無料法律相談とは、市区町村が主催している市民向けの法律相談会のことです。

主催日や相談時間などは自治体によって異なります。

例えば、東京都港区の場合は毎週月・水・金曜日の13:00~16:00に開催しています。

自治体の無料法律相談では法律全般の相談を受け付けており、不倫問題についても相談することが可能です。

ただし、不倫問題を扱ったことがない弁護士(相談員)が担当する場合もあります。

参考:港区ホームページ/相談一覧

弁護士会の法律相談センター

弁護士会が運営する法律相談センターでも、不倫問題などの法律相談を受け付けています。

相談可能日や相談時間は各法律相談センターでそれぞれ異なります。また、相談料がかかることが多い(30分5,500円(税込)程度)ので、お近くの法律相談センターに確認してみてください。

参考:家庭相談|弁護士会の法律相談センター

何を相談すればいい?不倫相談でよくある悩み

不倫問題に関する相談は、不倫そのものや夫婦関係に関する相談、不倫の証拠を手に入れるための相談、慰謝料請求や離婚などに関する相談など多岐にわたります。

まずは不倫相談でよくある悩みを確認しましょう。

相談内容 具体的な相談事例 主な相談先
不倫そのものや夫婦関係に関する相談 ✔不倫そのものに関する悩みや不安を相談したい
✔不倫発覚後の夫婦関係をどうするか相談したい
離婚カウンセラー NPO法人など
不倫の証拠を手に入れるための相談 ✔配偶者が不倫している証拠を手に入れたい
✔配偶者の不倫相手の素性などを知りたい
探偵/探偵事務所
慰謝料請求や離婚などに関する相談 ✔配偶者や不倫相手に対して慰謝料請求したい
✔配偶者や不倫相手が慰謝料請求に応じない
✔慰謝料がいくらくらいになるのかを知りたい
✔慰謝料請求されてしまいサポートを受けたい
✔会社に言いふらすなどの脅しをやめさせたい
弁護士/法律事務所

このうち慰謝料請求や離婚などに関する法律相談であれば、法律問題の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

また、慰謝料請求されてしまった場合にサポートを受けることもできます。

以下で、弁護士から具体的にどのようなアドバイスやサポートを受けられるのかを確認しましょう。

配偶者や不倫相手に慰謝料請求したい

弁護士に依頼することで、不倫している(不倫していた)配偶者や不倫相手に慰謝料請求するためのサポートを受けることができます。

慰謝料請求するといっても、具体的な手続きを知らなかったり、そもそも請求できるのか分からなかったりするケースもあるでしょう。

そのような場合でも弁護士に相談すれば、慰謝料請求の可否やその方法についてのアドバイスが期待できます。また、慰謝料請求や交渉そのものを弁護士に依頼することも可能です。

慰謝料額がどれくらいになるか知りたい

不倫の慰謝料の相場は、一般的に離婚した場合で100万~300万円程度、離婚しない場合で50万~100万円程度となっています。

しかし、これはあくまで目安であり、婚姻期間、婚姻生活の状況、不倫の期間・頻度、子どもの有無などによって慰謝料額は増減します。

不倫の慰謝料請求を得意としている弁護士に相談することで、あなたの状況に合った適切な慰謝料金額を算出してもらえるでしょう。

慰謝料請求されてしまい減額したい

不倫してしまった方で「慰謝料を支払いたくない」「慰謝料を減額交渉したい」という場合には弁護士に相談することが可能です。

不倫をしていると突然、不倫相手の配偶者から内容証明が送られてきたり、相手方の弁護士から話し合いを求められたりするケースも考えられます。

そのようなときに弁護士に相談し対応を依頼することで、過大な要求をされていないかを検討し、慰謝料の減額等の交渉をしてくれるでしょう。

どんな方法で相談できる?不倫相談の主な方法

弁護士への主な相談方法には、対面、電話、メールなどがあります。

また、近年は新型コロナウイルス感染症の影響もありオンライン面談も増えています。

それぞれのメリットとデメリットは以下のとおりです。

相談方法 メリット デメリット
対面 ✔リアルタイムで回答を受けられる
✔弁護士の人柄や相性を確認できる
✔証拠や資料などを直接確認してもらえる
✔ある程度、場所や時間を合わせる必要がある
✔時間制限があるため焦ってしまうことがある
✔弁護士事務所に行くことに勇気がいる
オンライン ✔家にいながら弁護士に相談できる
✔リアルタイムで回答を受けられる
✔弁護士の人柄や相性を確認できる
✔通信環境やデバイスなどの影響を受ける
✔慣れていないと誤操作を起こしてしまう
✔時間制限があるため焦ってしまうことがある
電話 ✔リアルタイムで回答を受けられる
✔事務所に訪問しなくても相談できる
✔顔が見えないためニュアンスが伝わりにくい
✔証拠や資料などを見てもらえない
✔時間制限があるため焦ってしまうことがある
メール ✔場所や時間を選ばずに相談ができる
✔時間をかけて説明することができる
✔すぐに返答がもらえない可能性がある
✔文章作成が苦手だと意図が伝わりづらい

対面で相談する

弁護士事務所や相談会場などに行き、弁護士と顔を合わせながら相談する方法です。

その場で不倫の何に困っているのかを相談でき、場合によっては具体的なアドバイスまで受けることができます。

また、担当弁護士や事務所スタッフの人柄も確認できるため、信頼して任せられるかを判断することもできるでしょう。

なお、ほかの方法に比べると時間などの制限が多いため、しっかりと準備してから相談することをおすすめします。

オンライン面談で相談する

最近は、オンライン上のビデオ通話サービス(Zoom、Teams、GoogleMeetなど)を使った弁護士との相談も増えています。

オンライン面談の最大のメリットはオンライン上でやり取りできるため、家にいながら対面と同じような相談ができることです。

しかし、通信環境やデバイス(パソコンやスマートフォン)などの影響を受けてしまう可能性があります。

また、相談先によってはオンライン面談に対応していない場合もあります。

電話で相談する

弁護士事務所や相談窓口などに電話して相談する方法です。

電話相談のメリットはその場にいながらリアルタイムで相談できることですが、デメリットとして顔が見えないためニュアンスが伝わりにくいといったことがあります。また、弁護士に証拠や資料を確認してもらえないため、弁護士からの回答も一般的なものになってしまう可能性もあります。

電話相談する場合は、事前に何を相談したいのかまとめておき、メモを取りながら相談を進めるといいでしょう。

メールで相談する

弁護士事務所や相談窓口などにメールして相談する方法です。

メール相談を受け付けている事務所では、基本的には24時間365日受け付けているため、時間がない方でもいつでも相談メールを送ることができます。

しかし、メールの返信タイミングは弁護士の都合によるため、すぐに回答が得られない場合もあります。

また、文章が長かったり、相談内容が要領を得ていなかったりすると、明確な回答が得られない可能性もあります。要点を絞ってメールを作成するようおすすめします。

相談前に準備することは?弁護士に不倫の相談をする際に必要なこと

弁護士への相談時間は30分程度(延長可能な場合もある)であることが多く、短い時間で効率よく相談をする必要があります。

そこで、以下のようなポイントを意識して不倫相談の準備をおこないましょう。

  • 不倫問題の相談先を決めておく
  • 相談したい内容をある程度まとめておく
  • 証拠や資料などがある場合には持参する
  • 正式に依頼する場合の条件を確認する
  • できる限り普段通りの生活を心がける

どこに相談するかを決める

不倫相談をする場合、まずどこに相談するかを決める必要があります。

主な相談先には、弁護士事務所、法テラス、自治体の無料法律相談、法律相談センターなどがあるため、条件などをもとにある程度決めましょう。

また、弁護士事務所に相談する場合は、不倫問題や離婚問題を得意としている弁護士に依頼することをおすすめします。

公式ホームページにある解決件数や解決事例なども参考にしてみるといいでしょう。

  • 公式ホームページなどにある実績や事例を確認する
  • 公式ホームページの料金体系が明確な事務所にする
  • 電話相談・メール相談に対応しているか確認する
  • 迅速で明確な回答をしてくれるか確認する

相談内容をある程度まとめる

弁護士に不倫相談をする際は、相談内容や現在の状況などをある程度まとめておくのが重要です。

スムーズな回答を得るためにも、少なくとも以下のような相談内容をまとめておきましょう。

また、忘れずに伝えられるように、メモ帳などにまとめておくのもおすすめです。

  • 最終的な希望を決めておく(慰謝料請求したい、離婚もしたいなど)
  • 不倫の状況をまとめておく(いつ、どこで、誰と誰が、何をしていたのかなど)
  • 現在の婚姻関係をまとめる(婚姻期間、別居の有無、子どもの有無、収入状況など)
  • 質問したいことをまとめる(どんな証拠が必要になるか、慰謝料はいくらくらい取れそうかなど)

証拠や資料があれば持参する

不倫の証拠や不倫相手の素性が分かる資料などがある場合には、不倫相談する際に持参することをおすすめします。

証拠があることで実際に慰謝料請求できそうか、いくらくらい慰謝料請求できるのかなど、より具体的に目安が付けられます。

複数の資料を組み合わせれば証拠になる場合もあるため、以下のようなものがあれば持参しましょう。

  • ラブホテルの領収書、レストランの領収書など
  • ラブホテルに出入りしている写真や動画など
  • 性行為に近いことをしている写真や動画など
  • メールやSNS(LINEなど)でのやりとりなど
  • 通話履歴や留守電に残っていた音声など
  • カーナビやクレジットカードなどの利用履歴
  • 不倫相手が自白したときの証拠

依頼する際の条件などを確認する

初回の相談で依頼すると決めた場合は、必ず条件面を確認する必要があります。

特に費用面でトラブルにならないよう、契約前に依頼した場合の費用を確認しておくのが重要です。

一般的な弁護士費用の相場は以下の通りですが、事務所や相談内容によって異なるため、必ず依頼予定の弁護士に確認しましょう。

内容 相場
相談料 5,000円/30分~(初回無料)
着手金 慰謝料の10~30%程度
成功報酬 慰謝料の10~20%程度
その他 日当や交通費など

できる限り普段通りの生活を心がける

弁護士に相談すると決めた場合でも、家ではできる限り今まで通りの生活を続けるのも重要です。

依頼者が積極的に動いてしまうことで、不倫している配偶者がそれに気付き、証拠を隠蔽してしまう可能性があります。

また、証拠を見つけた場合でも、感情的にならず、弁護士に相談しながら証拠保全に努めると良いでしょう。

気をつけることは?弁護士に相談する際の注意点

不倫問題で慰謝料請求や離婚などを検討している場合、弁護士に相談することは非常に有効な手段といえます。

しかし、弁護士に不倫相談する際の注意点もいくつかあるため確認しておきましょう。

不倫問題を多く取り扱っていない場合がある

それぞれの弁護士には離婚問題・不倫問題、交通事故、労働問題、医療過誤など、得意分野がある程度あります。

そのため、依頼しようとしている弁護士が、これまであまり不倫問題を取り扱っていない可能性も考えられます。特に、法テラスの無料相談や自治体の無料法律相談では、自分で弁護士を選べず、不倫問題が得意な弁護士が担当となるケースもないとは言い切れません。

実際に相談した際には、明確な回答が得られるかなどを考慮して、任せられそうかを判断するといいでしょう。

相性が合わない場合がある

不倫問題を得意としている弁護士であっても、依頼者と感覚が合わないケースもあります。

弁護士に依頼すれば、弁護士との打ち合わせなど、コミュニケーションをとる機会が多くあります。弁護士との相性が合わず、コミュニケーションが十分とれない場合には、最終的に満足できない結果となってしまう可能性も高くなるでしょう。

弁護士が不倫問題を得意としていることは重要ですが、「話しやすい」「相談しやすい」「話を聞いてくれる」など、相性がいいと思える弁護士に相談することも大切です。

依頼を断られる可能性がある

不倫問題を弁護士に相談したとしても、中には断られるケースもあります。

例えば、慰謝料金額よりも弁護士費用のほうが上回ってしまうケースや、明らかに勝ち目がないとわかっているケースなどがあります。

そのため、すべての不倫問題を弁護士に依頼できるわけではありません。

不倫相談に関してのよくある質問

最後に、不倫相談に関してのよくある質問や疑問に回答します。

Q1.家族や友人などに不倫の相談をしてもいいでしょうか?

身近にいる家族や友人などに不倫相談をすることは自由です。

しかし、法律の専門家ではない家族や友人のアドバイスが間違っている場合もあり、不倫問題が複雑化してしまう可能性も考えられます。

また、相談相手の口が軽いと第三者に知られてしまうリスクもあります。

もし身近な人に不倫相談をするなら、このようなリスクがあることも覚えておきましょう。

Q2.不倫相談の相談料を安くする方法はありますか?

不倫相談の相談料を安くしたいなら、弁護士事務所の初回無料相談や自治体の無料法律相談などを利用することをおすすめします。

また、不倫問題全体にかかる弁護士費用を安くしたいなら、着手金や成功報酬が低めに設定されている事務所の弁護士に依頼するといいでしょう。

最初の相談時点で、ある程度の費用感や追加料金の有無などを確認しておくのも重要です。

最後に

配偶者に不倫されると、苛立ったり、悲しくなったりして、誰かに相談したくなるかもしれません。

そんなときは家族、友人、専門カウンセラー、探偵などさまざまな人に相談できますが、法律問題については弁護士に相談すべきでしょう。

特に、不倫問題を得意としている弁護士であれば、これまでの経験や法律知識を活かして、慰謝料請求や示談書作成、離婚手続きなど、あなたのことを幅広くサポートしてくれます。

不倫問題や離婚問題に強い弁護士を探したいなら、「離婚弁護士ナビ」の利用をおすすめします。

離婚弁護士ナビでは、地域と相談内容を入力することで、不倫問題に対応してくれる近くの弁護士事務所をピックアップして紹介してくれます。

あなたの悩みを解決してくれる第一歩となってくれるはずです。

無料で相談できるとしたら…?

離婚弁護士ナビなら、無料相談を受け付けている弁護士事務所もちろん、19時以降に相談可能な弁護士事務所も掲載しています。

地域別・お悩み別でも探すことができますし、人に知られたくないという方は近隣の地域で相談することもできます。

まずは、下記からご相談ください。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 201912270953 26671 w180 清水法律事務所

●夜間・休日対応●夫婦カウンセラー資格有●キッズルーム有●【30代・40代の離婚案件の実績豊富】離婚する決意をした方、財産分与で揉めている方、不倫の慰謝料請求を検討している方などぜひご相談ください。

事務所詳細を見る
Office info 201904081830 461 w180 なごみ法律事務所

【女性の離婚問題に注力】【初回面談無料】【夜8時まで相談可能】相手との離婚交渉に不安を感じていませんか?そんな時は、じっくりお話をうかがい適切なアドバイスをいたしますので、無料相談をご予約ください!

事務所詳細を見る
Office info 3611 w180 弁護士 松谷 美和(虎ノ門一丁目法律事務所)

【虎ノ門駅 徒歩2分】【女性弁護士】熟年離婚や、モラハラ被害で離婚をお考えの方、当事務所が力になります。離婚をするにあたって少しでも不安がございましたら是非ご相談ください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
社内弁護士監修
この記事は、株式会社アシロの『離婚弁護士ナビ編集部』が執筆、社内弁護士が監修しました。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気コラム

不倫の関連コラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る