ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 不倫 > 不倫の手切れ金とは?請求する場合、された場合に知っておきたい注意点
キーワードからコラムを探す
更新日:

不倫の手切れ金とは?請求する場合、された場合に知っておきたい注意点

春田法律事務所
春田 藤麿
監修記事
不倫の手切れ金とは?請求する場合、された場合に知っておきたい注意点

不倫相手から不倫の手切れ金を請求され、支払うべきなのか迷っている方は多いのではないでしょうか?

また、関係にけじめをつけるために、不倫相手に手切れ金を請求しようと考えている方もいるでしょう。

本記事では、不倫の手切れ金の支払い義務、手切れ金の意味と相場、手切れ金の請求・支払いの際の注意点などについて解説します。

不倫の手切れ金について疑問や不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す

不倫の手切れ金を支払う法律的な義務はない

不倫の手切れ金とは、法律で定義された言葉ではありません。

不倫の当事者間で任意に支払うものなので、仮に請求されたとしても法的な支払い義務は発生しないといえます。

不倫相手との関係にけじめをつけたい」という気持ちから支払う金銭であると考えておくとよいでしょう。

不倫の手切れ金の意味と相場

不倫の手切れ金にはどのような意味があるのでしょうか?

また、どのくらいの金額を支払うものなのか気になる方もいるでしょう。

ここでは、不倫の手切れ金の意味と相場について解説します。

請求する側:感情を整理するためのお金

不倫の手切れ金を請求する側にとっては、感情を整理するためのお金にあたります。

不倫関係を解消したくないと思っている側が、自分の気持ちを落ち着かせるために手切れ金を支払ってもらうことが多いでしょう。

支払う側:関係を清算するためのお金

手切れ金を支払う側にとっては、これまでの関係を清算するためのお金といえるでしょう。

別れを切り出した側が支払うことが多く、相手に手切れ金を渡すことによって穏便に不倫関係を解消する目的があるといえます。

不倫の手切れ金の相場

不倫の手切れ金には法的根拠があるわけではないので、これまでの判例から相場を割り出すことはできません。

そのため、不倫の当事者間で話し合って金額を決めることになります。

一般的には、不倫期間の長さ、お互いの収入や経済力、妊娠・中絶の有無、お互いの気持ちなどを考慮して決定することが多いでしょう。

手切れ金の目安は、10万円〜300万円程度です。

平均的な収入であれば20万円〜30万円ほどですが、経済的に豊かであれば100万円以上、場合によっては500万円以上を支払うこともあります。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す

不倫関係終了時に請求される可能性があるお金の種類

手切れ金を払って不倫関係を終わらせたとしても、以下の金銭を別で請求される可能性があります。

配偶者に対する慰謝料

手切れ金を払ったからといって、配偶者に慰謝料を払う責任がなくなるわけではありません

手切れ金は、あくまでも不倫相手との関係を精算するためのものです。

配偶者への慰謝料とはまったく別ものなので、配偶者から請求された慰謝料を支払う義務は当然消えません。

なお、不倫相手も既婚者である場合は、不倫相手の配偶者に対しても慰謝料を支払う必要があります。

貞操権侵害による慰謝料

貞操権とは、誰と性的な関係を結ぶかを自分で決める権利のことです。

たとえば、相手が既婚者だと知っていれば自ら性的な関係を結ぼうとは思いません。

しかし、既婚者であることを相手が隠していた場合、性的な関係を結んでしまう可能性があるでしょう。

また、既婚者だと知っていても「今の配偶者と離婚して、将来必ず君と結婚する」などと言われたら、「結婚前提なのだから交際をしてもよいだろう」と思ってしまうのは仕方のないことです。

このような場合、関係解消時に女性側からの貞操権侵害による慰謝料請求が認められた判例が過去にはあります(最高裁判所昭和44.9.26)。

妊娠や中絶についての費用、慰謝料

不倫相手を妊娠・中絶させた場合は、診察や手術にかかった費用や慰謝料を請求されるでしょう。

妊娠にかかる負担は、当事者である男女が平等に負うべきと考えられているため、一方だけに負担をかけさせるようなことをしてはいけません。

とくに中絶をした場合、女性の心身に大変なダメージを与えたことになるので、それに対する慰謝料はきちんと支払うべきです。

強要や脅迫していたことへの慰謝料

強要や脅迫により不倫関係を継続していた場合も慰謝料を請求されます

「別れるなら不倫していたことをバラすぞ」と脅したり、暴行によって無理やり交際を迫ったりしたケースが該当するでしょう。

このような行為は不倫相手の性的自由を奪うことになるので、不倫相手には謝罪の意を込めて慰謝料を支払う必要があります。

不倫の手切れ金を請求したい場合に知っておきたい注意点

ここでは、不倫の手切れ金を請求する場合に注意すべきポイントを2つ紹介します。

1.脅迫や恐喝にならないように請求する

脅迫や恐喝によって、手切れ金を請求しないようにしましょう。

不倫の手切れ金を請求するのは、一般的には別れを告げられた側です。

一方的に不倫関係の解消を求められ、怒りのあまり相手を脅して手切れ金を請求してしまうこともあるでしょう。

たとえば、「手切れ金を払わないなら家族や会社にバラす」と言ったり、手切れ金を払わせるためにしつこくつきまとったりすることが考えられます。

しかし、このような行為は脅迫罪やストーカーの罪に問われるおそれがあるので避けるべきです。

2.相手の配偶者から慰謝料請求のリスクがあることを知っておく

手切れ金を請求したことにより不倫がバレて、相手の配偶者から慰謝料を請求されるリスクもあります。

不倫相手が手切れ金を支払ったあと、高額なお金が夫婦共有の口座から出金されていることを怪しまれ、不倫がバレてしまう可能性があるでしょう。

不倫がバレた場合、相手の配偶者から慰謝料を請求され、自分自身もお金を支払わなければいけなくなります。

手切れ金があまりに高額だとバレやすいので、経済力に見合わない金額を請求するのはリスクが高いといえるでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す

不倫の手切れ金を請求された場合に知っておきたい注意点

ここからは、不倫の手切れ金を請求された場合に注意すべきポイントを5つ紹介します。

1.合意書は必ず作成する

合意書を作成することで、追加の手切れ金や慰謝料をあとから請求されるリスクを抑えることができます。

手切れ金の請求を「手切れ金をいくら払ってほしい」と口頭で済ませた場合、手切れ金を請求したことや支払ったことを証明する書面がありません。

この場合、相手は追加の金銭をあとからいくらでも請求できてしまうので注意が必要です。

これを防ぐためにも、合意書を作成する際は、清算条項を規定しておくとよいでしょう。

清算条項を規定しておけば、手切れ金以外の金銭を請求する権利や支払いの義務がないことを証明できるので、あとから慰謝料を請求されるのを防ぐことができます。

なお、手切れ金を支払う場合は支払った記録が残るよう口座振り込みにする、もしくは領収書を取得するようにしましょう。

合意書の記載事項

手切れ金の合意書には、以下の内容を記載しましょう。

  • 手切れ金の金額
  • 手切れ金の支払い期日・支払い方法
  • 清算条項(ほかに支払うべきものがないことの確認)
  • 守秘義務(第三者に不倫や手切れ金支払いの事実を話さないこと)

2.できる限り一括払いをする

手切れ金は一括で払うのが一般的です。

分割払いにしてしまうと、全ての支払いが終わるまで相手と関わりをもたなければなりません。

手切れ金は不倫関係を解消するために支払うものなので、支払い完了までダラダラと関係が続いてしまうのは望ましくないでしょう。

できる限り一括で支払って、不倫相手との関係をキッパリと断ち切るようにしてください。

支払い方法は、現金による手渡しか銀行口座への振り込みのいずれかを選択できます。

いずれの方法においても、支払った記録を必ず残すようにしましょう。

3.相手の請求金額は妥当か確認する

手切れ金には法的根拠がないため相場がありません。

そのため、どのくらいの金額が妥当であるかは、不倫関係にあった期間やお互いの経済力や社会的地位などによって判断する必要があります。

手切れ金は法律的には支払う義務がないものなので、あまりにも高額な手切れ金を請求されたら減額交渉を検討したほうがよいでしょう。

目安としては、150万円以上請求された場合は減額交渉に踏み切るのがよいといえます。

落ち着いて交渉することで不倫相手も冷静になり、金額を考え直してくれる可能性があるでしょう。

円満な解決を実現するためにも、必要に応じて減額交渉をおこなってください。

4.拒否する場合は相手の気持ちに配慮する

手切れ金は法的には支払い義務がないものなので、「支払わない」という選択をすることも可能です。

ただし、手切れ金を支払わない場合でも不倫相手の気持ちに配慮しましょう。

職場内で不倫していた場合や近所に住んでいる場合は、今後も付き合いを続けることになります。

その場合、相手は「気持ちを切り替えて、新しい関係を築いていきたい」という意思から手切れ金を請求している、とも考えられます。

相手の気持ちを配慮したうえで、支払いを拒否するかどうかを検討してください。

5.秘密保持を約束してもらう

手切れ金を支払う際は「不倫の事実について誰にもバラさない」ということを約束するのが一般的です。

手切れ金は、不倫関係を清算しお互いの関わり合いを完全に終わらせることを目的とするものです。

不倫していたことを周囲に話してしまっては、手切れ金を支払う意味がなくなってしまうでしょう。

合意書を作成する際に、守秘義務をお互いに確認することを忘れないようにしてください。

不倫の手切れ金のトラブルは弁護士に相談を

不倫の手切れ金を請求された時点で、弁護士に早めに相談しましょう

手切れ金をせっかく支払っても、不倫相手から「やっぱり別れたくない」と迫られてしまうことがあります。

また、手切れ金を支払うか迷って曖昧な対応をしているうちに、不倫相手とトラブルになってしまうおそれもあるでしょう。

早めに弁護士に相談すれば、手切れ金を支払うメリット・デメリットを教えてもらえたり、今後取るべき対応についてのアドバイスを受けたりできます。

事態が深刻化する前に最善の方法で対処できるため、不倫関係をスムーズに解消できるでしょう。

さいごに|不倫の手切れ金トラブルは早めに対策しよう

不倫の手切れ金を請求されたら、早い段階で弁護士に依頼しましょう

自力で対応しようとするとあとから思わぬトラブルに発展してしまい、不倫関係をなかなか解消できないおそれがあります。

無料で相談できる法律事務所も数多くあるので、まずは気軽に相談してみてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202206241923 22331 w180 マザーバード法律事務所

完全予約制】複雑な財産分与・お子様についての離婚トラブルの実績豊富!難易度の高い事件も円満解決に導きます【英語対応可能国際離婚にも対応!面談枠には限りがございます。お早めにご予約下さい

事務所詳細を見る
Office info 202208080925 70051 w180 【面談予約専用窓口】弁護士 濵門 俊也(東京新生法律事務所)

初回面談無料:面談時間の制限なし法テラス利用可◆弁護士とじっくり納得いくまで面談できます。「離婚を決めたけど何から始めたらいいかわからない」「相手との交渉に限界を感じている」という方は、お一人で悩まずぜひご相談ください。《相談はすべて面談で丁寧に対応!》

事務所詳細を見る
Office info 202204181154 65841 w180 伊藤英徳法律事務所

駅から徒歩2分|オンライン面談可弁護士歴18目の経験豊富な弁護士が、信頼関係を大切に解決後まで手厚いサポート!あなたのお話しを丁寧にお伺いし、最適な解決へと導きます【初回面談は時間無制限:1.1万円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
春田法律事務所
春田 藤麿 (愛知県弁護士会)
不倫・離婚問題について当事務所には、1万件の相談実績、1,400件の解決実績があります。経験豊富な弁護士がじっくりとお話を伺い、お客様のご希望をかなえる解決方法を提案いたします。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気コラム

不倫の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら