浮気で離婚する時の慰謝料相場と慰謝料を増額させる全手法

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
浮気で離婚する時の慰謝料相場と慰謝料を増額させる全手法
キーワードからコラムを探す
離婚コラム
2016.11.2

浮気で離婚する時の慰謝料相場と慰謝料を増額させる全手法

%e6%b5%ae%e6%b0%97

浮気が原因で離婚をした場合、浮気をした相手に「慰謝料を払え」という請求を、よくドラマなどでも耳にします。離婚に至るケースは様々ですが、「慰謝料」とは浮気などによってされた方が被る精神的苦痛に対して支払われるお金のことを言います。
 
夫(妻)の浮気が発覚し、浮気相手に慰謝料を請求するとなった場合、1番に気になるのはやはり慰謝料の問題ではないかと思います。
 
異性の愛人との間で起こった不貞行為(浮気・不倫)をした場合、浮気をされた配偶者は精神的に被った苦痛を慰謝料という形で請求する事ができますが、その慰謝料の相場は約50万円〜300万円とも言われています。
 
浮気が原因で離婚するなど、なければ良い事だと思いますが、もし慰謝料が発生する事になった場合、あなたのとるべき選択肢のお役に立つ事をお約束します。
 
 

 

 


【目次】
浮気で離婚する際の慰謝料を請求する前に知っておくべきこと
浮気の慰謝料獲得ポイント|不貞行為の有無が基準
浮気(不倫)の法的責任
慰謝料請求ができる場合とできない場合

浮気で離婚する時の慰謝料の相場は平均200万円
浮気が原因の離婚|判例でみる慰謝料の金額パターン
離婚した相手に慰謝料を請求して417万円だったケース
浮気相手へ慰謝料を請求して50万円だったケース
浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求で500万円だったケース
夫(妻)と不倫相手に慰謝料を請求して465万円だったケース

浮気を理由に離婚する場合の慰謝料を増額させる方法
浮気の慰謝料が相場よりも高額する要因
慰謝料が減額する場合に注意
弁護士へ依頼すると慰謝料の増額の可能性が高まる

浮気の離婚慰謝料を確実に請求するには証拠が重要
写真・ビデオなどの映像
浮気相手との会話を録音したテープなど
浮気相手とのメールのやりとり
その他|証拠になるもの

慰謝料は浮気が原因で離婚するかしないかによって請求先が異なる
離婚しないなら浮気相手のみ
離婚するなら配偶者と浮気相手の両方に請求する
浮気相手と配偶者の両方から慰謝料を二重取りすることはできない

浮気の慰謝料を請求する際の流れと手続き
1:まずは話し合いによる交渉
2:内容証明郵便で請求
3:離婚調停で慰謝料を請求する
4:話し合いでまとまらなければ裁判で請求

浮気の慰謝料を請求する際の注意点
無謀な額の請求をしない
解決を焦りすぎない
自分の要求を全て通そうとしない
慰謝料を取っても離婚しない場合は請求者が損をする可能性がある
浮気による離婚慰謝料の請求は3年で時効になるので注意

浮気が原因で離婚する際の手順
1:協議離婚
2:調停離婚
3:離婚裁判

浮気されたときに後悔しない離婚を決断すべき基準
離婚後の生活に困らない場合
すでに何度も浮気をしている場合
未成年の子供がいない場合

まとめ




 

浮気で離婚する際の慰謝料を請求する前に知っておくべきこと

浮気の慰謝料を請求する前に、知っておくべきことをご紹介して行きます。
 

浮気の慰謝料獲得ポイント|不貞行為の有無が基準

法律上は「浮気」や「不倫」という単語は登場しないので、浮気や不倫などで離婚をする場合は肉体関係(セックス)があったかどうか、つまり「不貞行為」の有無がキーになるといっても良いでしょう。

法律で言う不貞行為は、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」とされています。
 
ここで最も重要になるのは、この不貞行為が「婚姻関係を破綻させた原因となるかどうか」が焦点となります。つまり、夫婦関係がすでに破綻していた場合は不貞行為は離婚理由にはならないので、別の切り口から攻めていくのが無難でしょう。
 
ちなみに、一回限りの浮気は不貞行為にはなりますが、これが直ちに離婚理由となるかは要検討です。裁判でも、1度の浮気で離婚を認めたケースは存在しないようです。
 
ただ、不貞行為を行った配偶者が反省し、夫婦関係の修復に努めているにも拘らず、他方の配偶者がこれを殊更に攻め続けて婚姻関係が破綻した場合には、慰謝料の請求は難しいと思われます。
参考:不貞行為での離婚は証拠が重要|不貞行為を証明する5つの証拠
 

浮気(不倫)の法的責任

不倫や浮気は法律上では「不貞行為」と呼び、夫婦の間の貞操を守る義務に違反していることが、慰謝料請求の要因になります。この貞操義務は夫婦の根幹として考えられているため、配偶者以外の異性と性的な関係を持つことは義務違反だけではなく、精神的な苦痛も大きいため、慰謝料の支払い義務が生じます。
 

浮気相手には不法行為による損害賠償請求が生じる

浮気は1人ではできませんので、浮気相手にも、一定の要件を満たしたときには、法律上の責任(不法行為)が生じることになります。
 

【民法709条(不法行為による損害賠償)】故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 

慰謝料請求ができる場合とできない場合

法律上、慰謝料の請求が認められるには、幾つかの条件が揃わなければなりません。つまり、「慰謝料を請求する権利」が成立しなければ法律上は慰謝料を支払う義務がないという事です。
 

1.配偶者に不貞な行為があったとき。
2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
【民法 第770条】

 
このうち浮気(不倫)で慰謝料が請求できるのは、
 

  • 浮気相手と肉体関係(不貞行為)があったこと

  • 交際相手が既婚者であると知っていたこと

 
もし、どちらか一方の事実がない場合、慰謝料を請求できる権利がありませんので、注意しましょう。肉体関係の証明には法律で認められる証拠が必要になりますので浮気調査を得意にしている探偵に調査を依頼することがベストです。参考書籍:「慰謝料算定の実務|ぎょうせい
 

請求できるケース

請求できないケース

相手の不貞行為(浮気、不倫)

性格の不一致

悪意の遺棄
・理由も無いのに同居を拒否
・健康な夫が働こうとしないなど

重度の精神障害

暴力(DVなど)

同程度の原因が双方にある

生活費を渡さないなど

信仰上の対立

性交渉の拒否・不能

相手がたの親族との不和※1

一方的な離婚の申し入れ

※1:請求できる場合もある

 

浮気の慰謝料が請求できる場合

一般的な浮気や不倫の事を、法律用語で『不貞行為』と言い、実は慰謝料の金額に明確な基準があるわけでもなく、ケースバイケースで決まることがほとんどですが、離婚の際の慰謝料については大きく次の2つに分類されます。
 
(1)浮気や暴力など離婚に至った原因から生じる精神的苦痛に対するもの
(2)離婚自体(配偶者の地位損失など)から生ずる精神的苦痛に対するもの
 
裁判上(1)に基づく慰謝料が認められる例は次のような場合です。
 
・不貞行為(相手の浮気)
・暴力、DV、悪意の遺棄
・婚姻生活の維持への不協力
・セックスレス
 

慰謝料が請求できない場合

夫婦が離婚するケースにおいて、主に自分の側に原因がある場合には、逆に慰謝料を請求されてしまう可能性がありますが、相手側の浮気が原因で離婚に至るような場合には、浮気相手に対して慰謝料を請求できることになります。
 
また、浮気前に夫婦関係がすでに破綻していた場合や、浮気相手が婚姻している事実を知らなかった場合には、慰謝料が認められないケースもありますので覚えておきましょう。

【関連記事】
妻の浮気や不倫を見抜く方法と妻の不倫が発覚した後にすべき行動
夫の不倫が原因で離婚する時に妻ができる事

 

 

浮気で離婚する時の慰謝料の相場は平均200万円

慰謝料は浮気した夫(妻)と、その浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金ですので、慰謝料の金額について明確な基準があるわけではなく、慰謝料の金額は「離婚に至った原因行為の内容」「結婚の期間の長さ」「相手方の資力・収入」等、さまざまな事情を総合的に考慮して決定されます。
 
例えば離婚に至った原因行為の悪質度合、結婚期間の長さ、請求相手の収入が多さなどの理由でも大きくなる傾向にあります。ただ、裁判において、浮気が原因で離婚する慰謝料の相場は、100万円~300万円くらいに落ち着くことが多いようです。
参考:離婚の慰謝料|獲得と増額のための完全マニュアル
 
浮気・不倫による精神的苦痛や実生活への影響が大きいほど慰謝料も高くなる傾向になります。また、浮気が原因でも「離婚せずに婚姻関係を継続する場合」「別居に至った場合」「離婚する場合」でそれぞれ慰謝料の金額が異なる点も覚えておきましょう。
 

1)離婚・別居をせず夫婦関係を継続する場合

50万円~100万円

2)浮気が原因で別居に至った場合

100万円~200万円

3)浮気が原因で離婚に至った場合

200万円~300万円

 
上記の慰謝料額が一般的となっており、これが相場と考えてよいでしょう。ご覧の通り金額にかなりのバラつきがありますが、浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向になるとお考えください。
参考:不倫の慰謝料相場とできるだけ高額な慰謝料を獲得する全手法
 

浮気が原因の離婚|判例でみる慰謝料の金額パターン

離婚が原因の慰謝料請求の判例はかなり豊富にあります。浮気・不倫が原因で慰謝料を請求する場合、過去の判例が慰謝料相場の目安になりますので参考にしていただければ幸いです。

 

離婚慰謝料:1500万円だったケース

【概要】夫の浮気を妻が問い詰めたところ、夫は家を出て愛人宅に入り浸るようになる。たまに必要なものを取りに家に帰ってくるが、いつも口論の連続。夫の両親からは妻が悪いと罵られ、ついに夫の暴力で全治3ヶ月の怪我を負って入院に至る。
 
【判決】不貞、悪意の遺棄、身体的・精神的暴力を加味し、慰謝料1,500万円の判決が確定しました。
 参照:不倫慰謝料獲得に有利な浮気調査の相場料金
 

社内不倫の慰謝料請求:50万円だったケース

慰謝料の金額

婚姻期間

子どもの有無

慰謝料の請求相手

50万円

4年

あり

夫の不倫相手

 

妻の浮気に対する慰謝料請求:150万円だったケース

慰謝料の金額

婚姻期間

子どもの有無

慰謝料の請求相手

150万円

10年

あり(1人)

妻の不倫相手

 

同棲中の浮気相手に対する慰謝料請求:110万円だったケース 

慰謝料の金額

婚姻期間

子どもの有無

慰謝料の請求相手

110万円

13年

あり(1人)

妻の不倫相手

 

浮気が原因で離婚した慰謝料請求:500万円だったケース

慰謝料の金額

婚姻期間

子どもの有無

慰謝料の請求相手

500万円

25年

あり

妻の不倫相手

 

不倫で離婚した事への慰謝料請求:300万円だったケース

慰謝料の金額

婚姻期間

子どもの有無

慰謝料の請求相手

300万円

8年

あり

夫の不倫相手


このように状況は多少似ていても、内容の違いで慰謝料の金額は大きく変わります。
 

 

浮気を理由に離婚する場合の慰謝料を増額させる方法

下記のように、慰謝料を増額させる要素は多くあり、それぞれの程度によって慰謝料の金額は大きく変動することになります。
 
 

1:不貞行為の場合は浮気相手との年齢差

浮気をした夫(妻)と浮気相手との年齢差ですが、浮気相手との年齢差が大きいほど慰謝料は高くなる傾向にあります。
 

2:浮気・不倫の主導者はどちらか

年齢差と同じようなニュアンスですが、年齢差はどちらに主導権があったのかを判断する重要な指標になります。浮気などを先導した方がより重いとみなされ、慰謝料が増額する可能性があります。

 

3:婚姻期間の長さ

結婚期間が長いほど、婚姻相手により精神的苦痛を与えたと判断されます。そのため、慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。あくまでも目安ですが、短期間が5年以下、中期間が6年~10年以下、長期間が10年以上の結婚期間と言われています。
 

4:離婚前の婚姻生活の状況

夫婦関係が円満であればあるほど、夫婦関係に与えたダメージが大きいと判断されます。しかし、以前から夫婦関係がよくなかった場合、円満であった場合と比べればダメージが小さいと判断されます。
 

5:浮気相手の認識・意図

浮気相手に慰謝料請求をするには、相手に「故意または過失」があることが必要になります。浮気相手が故意でやった。つまり、結婚をしていることを知りながら肉体関係を持った場合は悪質と判断され、慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。
 

6:不貞行為の期間・回数

一概にはいえませんが、短期間だと金額は低く、長期間だと金額は高くなる傾向にあります。あくまでも目安ですが、短期間が半年以内、中期間が半年~1年程度、長期間が1年以上の不倫期間と言われています。
 
不貞行為の頻度・回数も同様です。回数が多くなれば多くなるほど、慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。
 

7:子供の有無

子どもの有無で慰謝料は増額される傾向にあります。浮気や不倫、DVなどが原因で不登校になったような場合は、慰謝料の増額要因になります。
 

8:約束の保護

浮気や不倫が一度発覚し、浮気相手が不貞行為を二度としないと約束したにもかかわらず,その約束を破って再び不貞行為をした場合、さらなる精神的な損害が発生し、浮気相手共々悪質であると判断されるため、慰謝料の増額要素になります。
 

9:子供への影響

例えば、子供がいる前で妻を殴るといった行為や、子供のいないところで夜に出かけて行って不貞行為を行うなど、子供に悪影響を与えるものとして認められた場合、慰謝料は増額するケースがあります。これは親権にも関わってくる大きな問題です。
 
一般的に父親は親権獲得に不利とされていますので、離婚時に親権を獲得したい父親は、「離婚の際に親権を獲得したい父親が知っておくべき全知識」に目を通しておくと良いでしょう。
 

10:相手の社会的地位

収入資産や社会的地位が高い場合は、慰謝料の金額も高くなる傾向にあります。慰謝料が低すぎると、社会的に許されてしまう・再発の可能性が考えられてしまいますし、不倫について責任ある者については相当の支払義務が認められるべきであるという考えからです。

 

浮気の慰謝料が相場よりも高額する要因

一般的な要素としては、有責行為の態様(主に不倫や暴力のこと)、有責行為の度合い(不倫や暴力がどの程度のものであったかなど)、破綻に至る経緯、婚姻期間(同居期間・別居期間)、婚姻に至る経緯、婚姻生活の実情、婚姻中の協力度、家族関係、子どもの有無・人数、財産分与の額、親権・監護権の帰属等があります。
 
さらに、不倫関係の期間と頻度、結婚期間の長さ、夫婦関係の状況、不倫により不倫された者に生じた結果、不倫した者の社会的地位や支払い能力など、さまざまな事情を総合的に考慮して決定されますが、事案によっては50万円程度と認定されたり、300万円以上と認定されるケースもあり、個別具体的な事情によって金額は異なります。
 

浮気された側の要素

年齢、性別、職業、資産、負債、収入、初婚・再婚の別、再婚の可能性、自活の能力、妊娠中絶の有無、自殺未遂やノイローゼ・流産・性病感染などという有責行為によって発生した結果、健康状態
 

浮気した側の要素

年齢、性別、職業、資産、負債、収入、婚外子の出生や認知の有無、婚姻中における贈与、生活費不払いの有無、関係修復の努力の有無等、これらの要因に加え、さらに慰謝料が増額する項目がありますので、ご紹介しておきます。
 

慰謝料が増額を左右する14の要素

1

夫(妻)と浮気相手の年齢が大きいほど浮気の主導性に影響が出る

2

婚姻期間が長い:被害者の心情や離婚後の再スタートが困難になりやすい

3

浮気発覚前の婚姻生活の状況:崩壊寸前であると減額になる

4

自分自身の落ち度:浮気の落ち度が自分自身にある場合は減額

5

浮気相手の認識、意図:既婚者だと知っていたか、家庭を壊すつもりで浮気した場合は増額

6

浮気の期間や頻度:長年繰り返されている場合は高額となりがち

7

浮気の主導者:浮気を先導した方がより高額な慰謝料を請求出来る

8

浮気の否認:浮気が明らかなのに否定していると増額になる

9

不貞関係解消の約束反故:再び浮気をした場合は増額

10

浮気相手の子どもを妊娠・出産:浮気相手との間で子どもは大きな増額要素となりやすい

11

精神的苦痛:うつ病になるなど。それを裏付ける診断書などがあると,増額となる可能性大

12

子どもへの影響:夫婦間に子どもがいる場合は増額要素になる

13

浮気相手の反省謝罪、社会的制裁:真摯に謝罪、既に社会的制裁を受けている場合は減額

14

浮気相手の社会的地位、収入資産:慰謝料請求の相手の収入資産が高い場合は高額となる

 

慰謝料が減額する場合に注意

相手から慰謝料を請求された時、その金額を減額させる方法は以下の2つといえます。
 
・自分自信に経済力が無いこと
・相手にも非があることを認めさせる
 
もし一方的な請求に納得ができない場合は、弁護士などに相談をして、「悪い部分は相手にもある事」を認めさせるだけの証拠を集めてみると良いでしょう。
参考:不倫の慰謝料を請求された場合に慰謝料減額と回避する全手順
 

弁護士へ依頼すると慰謝料の増額の可能性が高まる

写真などは常に相手の行動を把握する必要があるため非常に手間がかかります。まさか仕事を休んでまで行う方もすくないでしょう。こういった場合は、弁護士に依頼することで証拠を集めやすくすることができます。
 
また、離婚問題を得意とする弁護士であれば、証拠の価値を最大限に高めるアドバイスを受けることもできます。詳しくは「浮気の証拠となるものと有効な証拠集めのコツとは?」をご覧ください。

不貞行為の証拠になるような物を見つけたら、必ずコピーをしておくことでさらなる後押しの材料となります。ただし、合法的に確保されたものであることが大前提となります。

 

 

浮気の離婚慰謝料を確実に請求するには証拠が重要

慰謝料の請求には、浮気があったことを証明する証拠となるものが必須になります。
 
一般的にあれば確実と言われているものとしては、
 

  • ラブホテルに出入りしているところの写真・映像

  • メールや手紙などで、肉体関係があったと思われるようなやり取り

  • 会話を録音したテープなど

  • 夫(妻)本人や、浮気相手が浮気の事実を認めたことを記録した念書

  • 友人や関係者、探偵社などの第三者の証言

  • 不貞行為を認める手紙やメモ、日記など

  • 愛人からの手紙や贈り物

  • 宿泊した時のホテルの領収書

  • 不貞行為の裏づけとなるクレジットカードの明細 など


「慰謝料を増額する要素」は数多く存在することはお分かりいただけたかとは思いますが、それを証明する証拠となるものがなければ「そんな事実はなかった」と言われてしまいます。では、どんな証拠があれば良いのか具体的に見ていきましょう。
 

写真・ビデオなどの映像

不貞行為の証拠として最も優れているのは、やはり写真やビデオなどの「映像」です。ただし、愛人と2人で旅行している、愛人の部屋へ出入りしているといった情報だけでは、肉体関係があると立証するには不十分とされるケースがあります。
 
他方、肉体関係があるのが当然とされる施設(ラブホテル等)に出入りしている情報は立証としては十分でしょう。

デジタルカメラでの写真は、画像の編集修整が今では簡単に出来ますので、撮影日時を画像ファイル作成日時等で明確にした上で、その日の配偶者の予定・帰宅時刻等を併せて証拠提出するなど、工夫した方が適切でしょう。
 

浮気相手との会話を録音したテープなど

夫婦の会話の中で、配偶者が不貞の事実を認めるような言葉を述べた場合、それをアナログ方式のテープに録音することで証拠となります。(相手との電話での会話を、無断で録音する方法でも証拠として利用できます。)。
 
しかし、相手を挑発したり、感情的なやり取りをしたり、強引な誘導をすることで言質を取り、自分に有利な部分のみを抜き出して証拠提出しても、証明力は低いと考えられます(相手から、取り敢えずその場をやり過ごすために認めたに過ぎないと、容易に反論されてしまいます。)。
 
そのため、録音するのであれば、冷静な話合いをする中でのやり取り全体を録音するよう心がけましょう。
 

浮気相手とのメールのやりとり

携帯電話のメールを見た、又はメールの内容を見ただけでは証拠とはなりませんので、メールの内容は撮影する、自分に転送する、プリントアウトするなどして記録化しておく必要があります。
 
なお、メールの内容は、その内容が事実であるかが担保されていないため、不貞行為の直接的証拠にはなりません。しかし、不貞行為の存在を覗わせるメール(例えば、性的関係があったことが示唆されているメールなど)が複数やり取りされ、実際該当日に不自然な行動をしていることも併せて立証できれば、不貞行為の強力な間接証拠にはなると思われます。
 

その他|証拠になるもの

  • 友人や関係者、探偵社などの第三者の証言

  • 不貞行為を認める手紙やメモ、日記など

  • 愛人からの手紙や贈り物

  • 宿泊した時のホテルの領収書

  • 不貞行為の裏づけとなるクレジットカードの明細 など

 
不貞行為の証拠になるような物を見つけたら、必ずコピーをしておきましょう。なお、民事事件であれば、相手の同意の有無に関係なく、相手のプライバシーを侵害するものであっても、証拠能力は否定されません。
 

浮気・不倫の証拠集めは探偵事務所での浮気調査がおすすめです。
 
自分で浮気の証拠を集めようとした場合、パートナーにバレる危険性役立つ証拠が入手できなかったりするケースが非常に多いです。 費用はかかったとしても、腕の良い探偵事務所にしっかりとした証拠を入手してもらった方が、最終的にあなたの望む結果につながりやすいです。

下記の相談窓口では浮気調査の実績が豊富な原一探偵事務所浮気調査の費用や証拠の入手可否等に関して無料で相談できます。気になった方は利用してみて下さい。

【浮気調査ナビ 無料相談窓口】へ進む

 


 

 

慰謝料は浮気が原因で離婚するかしないかによって請求先が異なる

離婚をしてもしなくても、両方あるいは片方に慰謝料を請求すること自体は可能です。しかし、「浮気が離婚に至る原因かどうか」は慰謝料が増減する要素になります。
 

離婚しないなら浮気相手のみ

浮気されても離婚に至っていない場合、「離婚をすること自体の精神的苦痛」に対して慰謝料の請求はできないため、慰謝料は離婚する場合と比較すると低額になります。また、配偶者に慰謝料を請求しても、結局夫婦間でお金の移動が起こるだけですので意味がないというのも大きいですね。
 

浮気相手に慰謝料を請求する場合は手順が大切

  1. まずは話し合いを行う(内容証明郵便を送る)

  2. 承諾した場合は示談書、決裂したら簡易裁判所に調停の申し込みを

  3. 調停が不成立の場合は裁判を行う

  4. 慰謝料が140万円を基準に、地方か簡易裁判所に提訴する

 

離婚するなら配偶者と浮気相手の両方に請求する

浮気には当然、第三者である浮気相手がいますが、浮気が原因で離婚した場合、この浮気相手にも慰謝料を請求することができます。

「夫婦には貞操を守る義務」があり、既婚者と性的関係を持つことは、夫婦間の「貞操を守る義務」を、配偶者と共同して侵害しているとみなされるからです。

(不真正連帯責任)例えば、200万円の慰謝料請求が認められた場合、浮気相手と配偶者で200万円の支払責任を負うことになります。
 

浮気相手と配偶者の両方から慰謝料を二重取りすることはできない

注意すべき点は、夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求できるからと言って、慰謝料の金額が増額するわけではないということです。

すでにお伝えした通り、慰謝料は「精神的な苦痛」を金額に換算して請求するものですので、浮気相手に請求しようがしまいが、金額は一定なのです。



 

浮気の慰謝料を請求する際の流れと手続き

慰謝料の請求手続には、交渉による請求と裁判による請求、この2つが主な手続の方法となります。各手続にはメリットもあればデメリットもありますので、それぞれ解説していきます。
 

1:まずは話し合いによる交渉

直接会って話し合えるようであれば、先ずは向き合って直接請求するのが良いでしょう。メールや電話でははぐらかされる場合もありますし、何より話し合いが進むことはほとんどありません。
 
浮気をした相手など会いたくもないと思いますが、離婚を前提に動くなら慰謝料は今後の生活に関わる大事な資金でもあります。

この時、話を有利に持っていくために、「浮気の離婚慰謝料を確実に請求するには証拠が重要」でご紹介したような証拠をチラつかせながら希望の額を要求します。
 

話し合いの場では相場以上の慰謝料を獲得できる可能性が高い

冒頭でお伝えした慰謝料の相場はあくまで調停や裁判での話です。夫婦間の話し合いであれば、その相場をある程度無視した額を要求しても、相手が納得すればその金額が慰謝料になります。
 
ただ、その金額を提示するだけの根拠は必要となります。
参考:協議離婚の流れと知っておくべき手続きの全て

 

2:内容証明郵便で請求

浮気相手やパートナーが話し合いに応じない場合や、顔を見たくない場合は内容証明郵便で慰謝料を請求しましょう。この時、話を有利に持っていくために、主に書面で請求する方法と口頭(電話)で請求する方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
 

内容証明郵便で請求する方法のメリット

(1)書面に主張が記載されているため、お互いの言い分が明確である
(2)瞬時に回答をする必要がないので、主張の組み立てに時間をかけられる
(3)内容証明郵便で書面を送り、相手に威嚇の効果を与えられる
この3つがあげられます。
 

内容証明郵便で請求する方法のデメリット

(1)書面でのやり取りのため時間がかかってしまう
(2)責任逃れを考える浮気相手に対し、考える時間を与えてしまう
(3)交渉力が弱いと失敗する可能性がある
 
書面による請求も、口頭による請求も、ケースに応じて一番適切な方法を選択する必要がありますが、どちらも自分で行うことは非常に大変と言っていいでしょう。

内容証明郵便は心理的なプレッシャーを与えることができますが、嘘を書いたり脅迫を行うと、文面によっては慰謝料の請求が不可能になる可能性もありますので、できれば法律の専門家に依頼するのが無難です。
 

3:離婚調停で慰謝料を請求する

内容証明郵便を送っても効果がない場合は、慰謝料請求の調停を申し立てましょう。調停で話しがまとまれば調停調書が作成され、相手が調停で決まったことを守らなない場合、強制執行をして慰謝料を支払わせることも可能です。

【関連記事】
不倫の慰謝料相場とできるだけ高額な慰謝料を獲得する全手法
離婚調停を弁護士に頼むと最短かつ有利に終わる7つの理由
離婚調停|基礎知識と調停離婚を有利に進める手順まとめ
 

4:話し合いでまとまらなければ裁判で請求

裁判による慰謝料請求の場合、裁判所に「訴状」を提出し、訴訟の提起をします。その際、訴状の中には「請求する慰謝料の金額」「慰謝料を請求する根拠となる不貞行為の詳細」を記載する必要があります。
 

離婚裁判で請求する方法のメリット

  • ・弁護士による交渉になるため、進め方が有利に動く

  • ・裁判所による判決なので、解決までが早い

  • ・自分で行うよりも慰謝料が増額する可能性がある

  • ・手続きなどの自分で行う面倒が減る

 

離婚裁判で請求する方法のデメリット

  • ・不貞行為を示す客観的な根拠を提出する必要がある

  • ・弁護士費用がかかる

  • ・和解による解決が望まない場合は長引く


詳しい請求の手順は「慰謝料請求を確実に成功させる為に知っておきたい全手順」「離婚裁判の期間を短くして有利に離婚する為の9つの手順」をご覧ください。
 

 

浮気の慰謝料を請求する際の注意点


 

すべての要求が通ると思わないこと

まず、大前提として覚えておいてほしいことが、不倫の慰謝料請求は和解による解決が大半を占めるということです。確かに不倫をされた事実は許されることではありませんが、請求相手に無理な要求をしすぎると、相手も強く抵抗してきます。

 

相場からあまりにもかけ離れた金額の請求は慎重に

慰謝料請求の金額も同様です。現在あなたがこの記事をご覧になっているように、請求相手も同じように不倫慰謝料の相場を調べているかもしれません。あまりにも相場額から離れた慰謝料請求をする場合は、その根拠もきちんと併せるとよいでしょう。

 

解決を焦りすぎない

反対に解決を焦りすぎて妥協も禁物です。確かに、ただでさえ辛いことがあったのに、相手と話し合いを続けるのすら嫌な方も多いでしょう。しかし、原則的に慰謝料請求は、一度和解してしまうとその後の変更は難しいです。

 

慰謝料を取っても離婚しない場合は請求者が損をする可能性がある

浮気相手にも慰謝料を請求できるのは上記の通りですが、もし慰謝料を取ってもパートナーと離婚しない場合、パートナーと浮気相手の両方で300万円の慰謝料を獲得しても、約半分(150万円)は自分たちの共有財産から捻出されたお金なわけです。
 
つまり、パートナー間でお金のやり取りをしていただけで、実質慰謝料は半分しか取れていないことになります。これは特に女性サイドで覚えておいて欲しい事ですが、慰謝料を取っても離婚しない場合、結果的に損をするのは妻の方だということです。
 

浮気による離婚慰謝料の請求は3年で時効になるので注意

浮気相手に請求することができる慰謝料にも時効が存在し、浮気をされたということ知ったときから3年間と設定されています。
 
浮気があったという事実を知らなくとも、浮気があったときから20年経過した場合に時効になり消滅してしますため、相手方が時効を主張してくることもあるので注意が必要です。
 
また時効期間内であっても時間が経ってしまうと、事実関係や証拠などがうやむやになり、慰謝料を請求することが難しくなってしまう場合も少なくないため、慰謝料を請求することを考えている方は、できる限り早期に行動に移した方が良いと思われます。
 

 

浮気が原因で離婚する際の手順

離婚の方法には、大きく分けると全部で3つの方法があります。
 

1:協議離婚

最もスムーズかつ最速で離婚するにはこの方法がオススメです。夫婦2名で話し合いお互いが合意すればすぐにでも離婚できます。最も一般的な離婚方法で、離婚の90%が協議離婚となっています。
 
審判や裁判上の離婚とは違い、「法的な離婚の理由」や事情は全く関係ありません。夫婦が離婚について同意し、離婚届を出せば完了です。この時、財産処理の方法、慰謝料の請求金額、子供がいる場合の親権の扱い、養育費の支払いなどを「公正証書」にまとめておくことが望ましいです。
 
【関連記事】
協議離婚について知っておくべき流れと手続きの全て
離婚協議書の書き方と公正証書にして効力を最大にする方法
 

2:調停離婚

協議離婚でお互いの同意が得られなかった場合に、当事者が裁判所に申し立てて行われるのが調停離婚です。調停離婚は、2人の間に中立な立場で調停員が入り、解決策を一緒に模索していく方法ですので、当事者のみで協議するよりも解決がしやすい点と、取り決めた内容が判決と同等の強制力を持つ「調停調書」が作成される点がメリットと言えます。
 
家庭裁判所の手続に乗るということは、相手にとっても心理的なプレッシャーとなりますので、金銭問題で話し合いがこじれていたり、相手が話合いに応じないような場合、特に効果的です。
 

離婚︎調停で慰謝料を増額させる方法

離婚調停でなるべく高額な慰謝料を勝ち取る方法
 

離婚調停の流れ

離婚調停の詳細な流れと調停で望む結果を勝ち取る方法
 

・︎陳述書について

離婚調停における陳述書の書き方と効果的に意見を伝える方法
 

・離婚︎調停を欠席した場合

離婚調停の欠席方法と欠席によって受ける4つの不利益
 

・離婚調停が︎不成立になった場合

離婚調停が不成立となった場合にとれる3つの対策
 

離婚調停の費用

離婚調停にかかる費用と有利に進めるための方法
 

離婚︎調停の期間

離婚調停の期間と最短で終わらせるために知っておくべき事
 

離婚調停を弁護士に依頼する場合

離婚調停の申立を弁護士に頼むと最短かつ有利に終わる理由
 

3:離婚裁判

協議や調停が不調となり、審判をしても異議が出されるという場合は、もはや裁判によって決着をつけるほかありません。離婚裁判は、当事者が主張立証を尽くし、これを踏まえた裁判所の判決が下される手続であり、いわば離婚事件に係る最終判断です。ただ、離婚裁判は他の方法よりも費用や時間がかかりますので、なるべくならこの段階になる前に決着をつけたいものです。

【参考】
離婚裁判の訴訟から最速決着までのマニュアル
離婚裁判の費用を最小限に抑えて有利に離婚する方法
 

 

浮気されたときに後悔しない離婚を決断すべき基準

夫の浮気が発覚した場合、あなたはどんな選択をするでしょうか?『離婚する』『知った上で結婚生活を継続する』などの選択肢があるかと思いますが、まだどれを選んでいいか決まらない方、もちろん、人生に関わる大きな決断ですから迷って当り前です。
 
そんなあなたの決断のほんの少しでもお役にたてればと、それぞれの選択肢に合っている人の特徴をまとめましたので、是非参考にしてみてください。
 

離婚後の生活に困らない場合

自分だけで生活していくことがそんなに苦ではない場合は離婚をしても良いかと思います。冷静に考えてみて、今離婚しても一人で生きていけると思えるだけの計画性に見通しがあるなら、離婚を検討してみても良いかもしれません。
参考:離婚するベストなタイミングと上手な離婚の切り出し方

相手の浮気に正当な理由がない場合は慰謝料も請求できますので、ここで一旦関係を解消してみるのも選択としてはあると思われます。

参考
▶︎離婚後に訪れる3つの悩みと今からできる対処法
▶︎専業主婦が離婚する際に知っておくべき不安の解消方法8つ
 

すでに何度も浮気をしている場合

1度や2度目ではなく、何度も浮気を行っている場合、今後も浮気をする可能性は高いと言えます。いちいち夫の浮気に一喜一憂していてはあなた自身のストレスの原因となりますので、すっぱり別れるのも有効な判断だと思われます。
 
まだ再婚できる可能性もあるなら、新たな出会いを探していくことを誰も責めることはできません。
参考:妻の不倫で離婚を考える時に決めておくべき5つのコト
 

未成年の子供がいない場合

夫婦間に子供がいない場合、もしくは子供が成人して独り立ちしている場合は、離婚をしても良いかもしれません。慰謝料をもらって一人で暮らすことも悪いことではないとは思います。
 
一度の浮気でそこまで考えられるかは人それぞれですが、どの選択をすれば一番良いかは誰にもわかりません。離婚経験のある人なら別ですが、離婚後にどのような精神状態になるかも人それぞれです。
参考:離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法
 
後悔しないよう離婚する前に知っておくべき15の事」でも解説していますが、どんな選択肢を選んでも一長一短がありますので、参考にして頂ければと思います。
 

関連記事

▶︎賢い離婚の仕方|離婚前に考えておくべき5つのこと
▶︎離婚しても幸せになるために知っておきたい幸せの条件 
▶︎納得のいく円満離婚にする為に夫婦間で出来る15の約束
▶︎離婚の手順をスムーズに行うために知っておくべき5つのコト
▶︎離婚と子供|離婚前に確認すべき子供への悪影響と対策の全て

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。浮気が原因の離婚で生じる慰謝料について、体型的にご理解いただけたと思います。もし徹底的に慰謝料請求をしたいと考えている場合は『証拠』を集める事が大きなカギになります。
 
自分で集めるのもいいですし、弁護士や探偵に依頼するという方法もありますので、離婚の慰謝料問題を早期解決するためにも、最適な方法を選んでいただければと思います。
 

 

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム


慰謝料コラム一覧へ戻る