ホーム > 離婚コラム > 不倫 > ​主婦が浮気する6つのきっかけと心理|主婦の浮気を防ぐための防止策
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2020.11.13

​主婦が浮気する6つのきっかけと心理|主婦の浮気を防ぐための防止策

高島総合法律事務所
理崎 智英 弁護士
監修記事
Img 1545358257

スマホの普及により、主婦でも浮気相手と出会いやすい時代になりました。主婦が浮気する原因はそれぞれの事情により多種多様ですが、浮気のきっかけとなる出来事は大きく分けて6つ存在するでしょう。

この記事では、主婦が浮気してしまう心理や、浮気しやすい主婦の特徴、そして、妻に浮気されないようにするにはどうすればいいのかといった防止策も紹介します。

目次

実際に浮気した主婦たちの実情

①「不倫終わらせました」

不倫終わらせました。

私は既婚、子供もいる26歳の主婦です。

2ヶ月間、同い年の独身男性と不倫をしていました。

はじめは軽い気持ちでしたが、彼の将来を想い別れを告げました。

今のうちに別れたほうがいいと思いました。

泣いて、本当に愛してると言ってくれました。私もそうでした。

一週間経ちましたが、彼のことを一日中考えて、何もする気が起きません。

子供にも主人にも笑顔で接しています。

家事も一生懸命しています。家族を愛し、いつも見守ってくれる優しい主人です。

ですがこの家にいると心が空っぽになり、涙が出てしまいます。

そんな私を見て主人も心配しています。

主人と子供を裏切りました。罪悪感はありますが、今後もこの結婚を続けていくことにむなしさを感じています。

私は母として妻として人間として最低です。

(引用:Yahoo!知恵袋

②「生でピーしちゃった」

③「夫に、私の浮気がバレた」

仕事と育児のストレスから、ついつい3回だけ浮気をしてしまいました。

行きつけの飲み屋の、常連の男性です。

夫にバレ、素直に謝ったら、許してくれました。

「お互い忙しくて、すれ違いが多かった。人生長いし、浮気の1回や2回はあるだろう。お前が全くモテない女になるよりはマシだ。今後過ちを繰り返さなければ許す」、と。

寛大な夫だと思いました。

(引用:Yahoo!知恵袋

主婦が浮気をしてしまう6つのきっかけ

なぜ主婦が浮気に手を染めてしまうのでしょうか。浮気をしてしまうきっかけを見ていきましょう。

夫が浮気した

夫に浮気されてその仕返しとして浮気をしてしまうケースがあります。また、仕返しという意識がなくても、夫の浮気により感覚が狂うことで「浮気はよくないことだ」という意識が薄れ、自分も浮気してしまうことがあるようです。

夫と喧嘩した

夫婦であれば、夫婦喧嘩をすることもありますよね。ときには長期戦になり、しばらく家庭内の雰囲気が悪くなったり、どちらかが家を飛び出してしまったりと問題が発生する場合もあるでしょう。

そのような、少しヘビーな喧嘩をしたときなど、愚痴を聞いてくれる優しい男性が現れて浮気の関係に陥ってしまうことがあるかもしれません。

【関連記事】

夫婦喧嘩から離婚に至る原因と離婚を回避する5つの心得

友人のラブラブな結婚生活について聞いた

主婦同士でランチ会をしたりママ友会をしたり、主婦仲間で集まる機会は多いでしょう。その際に、友人夫婦のラブラブな話を聞いてしまうと、「自分は夫に愛されていないのかな」「昔は私たちもラブラブだったのに」と悲しくなったり寂しい気持ちになったりします。

こういうときに、自分のことを求めてくれる男性が現れると、つい心と体を許してしまい、浮気してしまうこともあるかもしれません。

アルバイトやパートを始めた

主婦であっても家計を助けるためにアルバイトやパートに従事する人もいます。新しく仕事を始めることが、出会いの増加に繋がります。

職場で毎回顔を合わせるので親しくなりやすく、浮気に発展しやすいのです。

習い事を始めた

仕事同様、習い事を始めると出会いが増えます。習い事に異性がいる場合には注意が必要でしょう。

特に、習い事が同じということは趣味も似通っており、話が盛り上がりやすいのです。趣味仲間として定期的に会っているうちに、浮気関係になってしまうパターンは少なくありません。

SNSを始めた

FacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSを始めることも、浮気のきっかけとして無視できないでしょう。SNSはメッセージのやりとりが容易に行えます。

SNSがきっかけで仲良くなり、実際に会ううちに浮気に発展してしまうこともあるかもしれません。また、出会い系アプリの広告もSNSで流れてくるため、興味本位でそのような出会い系アプリを始めてしまい、浮気をしてしまうこともあるでしょう。

浮気なんかやめて、母親としての自覚をもってほしい…

家族のためにも白黒ハッキリさせたいという方は浮気調査のプロである探偵への無料相談がおすすめです。浮気調査の費用や調査プランなどに関するアドバイスはもちろんのこと、「あなたのケースでは、そもそも浮気調査をすべきなのか?」という点についても親身にお答えします。お電話・メールにてお気軽にご相談ください。24時間体制で受け付けています。匿名もOK!

無料相談はこちら

主婦が浮気をしてしまう6つの心理

主婦たちが浮気をするのには理由があります。この章では、浮気に走る6つの心理を解説します。

夫に仕返ししたいから

浮気した夫に対する仕返しのために、自分自身も浮気をすることがあるようです。夫に浮気をされた悔しい気持ちや悲しい気持ちを発散する場所がなく、つい自分も浮気してしまうのでしょう。

また、浮気されたことを相談した相手に優しくされているうちに、その人と浮気に発展するケースもあり得ます。

【関連記事】

不倫の制裁|不倫夫へ効果的な制裁を与える際の4つの方法

夫への不満があるから

夫が浮気などの裏切りをしていない場合でも、何かしらの不満を抱えている場合があるでしょう。

  • 家事を一切手伝わない
  • 育児に協力的じゃない
  • 仕事ばかりでかまってくれない

など、夫への不満が原因で浮気をする主婦もいるかもしれません。不満について話し合いができればいいのですが、自分一人で溜め込みやすいタイプの主婦だと、浮気に走ってしまうこともあるようです。

夫とのセックスに飽きたorそもそもセックスレスだから

夫婦の間でのセックスは、コミュニケーションとしてとても重要です。そのセックスが夫婦間でなくなっていたり、マンネリ化していたりすると、浮気したい気持ちが湧いてくるかもしれません。

言い換えれば、新しい刺激がほしくなる、ということでしょう。セックスがいつも同じパターンにならないよう、お互いに工夫する必要がありそうですね。

【関連記事】
セックスレスの慰謝料相場と離婚して高額請求する手順

平和な日常に飽きてしまったから

平穏で安定した生活を送る主婦は多いかもしれません。しかしそのような生活に対して「平和すぎて刺激がなくてつまらない」と感じてしまう主婦もいます。「もっと生活に潤いがほしい」「ワクワクしたい」「刺激がほしい」という気持ちから、浮気をしてしまうこともあるかもしれません。

昔みたいにチヤホヤされたいから

主婦として家にいると、会う男性は夫だけというケースもあり得ます。

「若いころはもっとチヤホヤされていたのに」「男性と出会う機会がなくて寂しい」このように感じてしまう主婦もいるでしょう。

特に、若くして結婚した主婦や、元々会社勤めをして多くの男性に囲まれて生活していた女性などは、この心理を抱きやすい傾向にあるかもしれません。

純粋に浮気相手のことを好きになってしまったから

夫に不満があるわけでも、今の生活に不満があるわけでもないけれど、夫以外の男性を好きになってしまい、浮気に発展したというケースもあるでしょう。

誰にでもパートナー以外にドキドキすることはあるでしょうが、その好きという淡い気持ちに歯止めがきかないと、浮気という結果になってしまうのです。

「さみしかった」「あなたがそうさせた」は浮気の言い訳になりません

例えどのような理由があったとしても、浮気はパートナーに対する裏切り行為です。あなたがもしもそんなパートナーに対して「離婚したい」「浮気相手と縁を切ってほしい」「慰謝料請求したい」…このような主張を通したいのであれば、言い逃れができない決定的な浮気の証拠が必須になります。浮気調査に関するご不明点は、プロの相談員が親身にお答えします。

無料相談はこちら

浮気をしやすい主婦の特徴

主婦の浮気が増えているといっても、浮気をしない主婦ももちろんいます。では、どういうタイプの主婦だと浮気をしやすいのでしょうか。浮気をしやすい主婦の特徴をまとめてみました。

派手好き

派手好きな主婦は、飲み会やパーティも好きな傾向にあるので、浮気をするチャンスも多くなるでしょう。

また、相手の男性からしても「派手だし、誘ったらついてくるだろう」と想像しやすいため、男性から浮気に誘われる機会も多くなるかもしれません。

寂しがり屋

寂しがり屋でかまってちゃんの主婦は、夫が仕事で忙しくなってかまってもらえなくなると、浮気に走りやすい傾向にあるでしょう。

寂しがり屋なので、できるだけ一人の時間を作らないように友人たちと出かけることが多く、男性との出会いも増えることになります。

そして、出会った男性が自分のことをかまってくれると、その人にフラッと気持ちが傾いてしまうのです。

酒が好き

お酒が好きな主婦は浮気しやすい傾向にあるかもしれません。お酒好きだと、飲みの場にもよく顔を出しますので出会いも多く、浮気相手を見つけやすい状況です。

また、酔った勢いで体の関係を許してしまい、それがきっかけで浮気が始まるというケースも多々あるでしょう。

昔はそこそこモテていた

過去にモテていた経験があると「もう一度チヤホヤされたい」「昔みたいに女性として扱われたい」と考える主婦もいるかもしれません。

結婚が周りより比較的早かった主婦は、もう少し遊びたかったという気持ちがあるため、モテていたときを恋しく思い浮気に走る可能性があるでしょう。

流されやすい

周りに流されやすい主婦も浮気をしてしまう可能性が高いでしょう。周りの主婦たちが浮気しているという話を聞くと、周りに流されて浮気に手を染めてしまうかもしれません。

また、周りからの誘いを断ることが苦手なので、飲み会に参加することも多く、ときには主婦合コンに参加してしまうこともあるでしょう。男性から言い寄られる際も、男性の「押し」に流されてしまい、結果的に浮気関係になってしまうかもしれません。

リスクを考えずに行動してしまう

夫以外の男性のことを素敵だと思ったり、好きになってしまったりすることは誰にでも起こり得るでしょう。しかし、浮気への発展を自制することが通常です。

それは、浮気に高いリスクがあるからです。浮気が夫にバレてしまったら、離婚を切り出されるかもしれないし、慰謝料を請求されるかもしれません。

そのようなリスクを頭に入れず、勢いだけで行動してしまうタイプの主婦も、浮気をする可能性が高いでしょう。日頃からリスク管理ができていない主婦の場合は、浮気されていないかどうか注意して見ておくとよいでしょう。

妻の浮気が疑わしいときの見抜き方

では、妻の浮気が怪しいと思ったときはどのように見抜けばいいのでしょうか。「まさかうちの妻が浮気なんて…」と半信半疑な方も、念のために一度チェックしてみるといいかもしれません。

スマホを手放さなくなった

スマホには、夫婦それぞれの秘密がたくさん詰まっています。浮気をしている場合は、特にスマホを見られたくないと強く思いますので、絶対に手放したりその辺に放置したりしなくなるでしょう。

トイレや風呂場にまでスマホを持ちこむようになったら、浮気を疑ったほうがいいかもしれません。

夫にカラダを触らせたがらなくなった

ほかに好きな男性ができると、その男性以外にカラダを触られるのを嫌がる女性もいるようです。

旦那に触られたくないです。
結婚して7年子供3才がいる会社員の女です。
旦那に触られたくありません。触られると旦那に対して「さわるな!」と旦那に言ってしまいます。
今ではレスになってしまっています。原因は好きな人がいることだと思ってます。その人は今年の5月までお付き合いしてました。

引用:教えて!goo

スキンシップを拒否されるようになったと感じたら、よそに好きな人=浮気相手ができた可能性があるかもしれません。

長らくセックスを拒否されている場合や、ボディタッチを本気で嫌がっている場合は、クロだと疑ってみてもよいでしょう。

新しい服や下着が増えた

最近、新しい服や下着が増えたと感じる場合も要注意です。

2ヶ月前に妻の浮気が発覚しました。新しい下着の購入が疑うきっかけでした。

引用:yahoo知恵袋

服だけならまだしも、下着が増えた場合は浮気をしている可能性が高いでしょう。

下着は限られた一定の人間にしか披露する機会がないので、それを新しく買いそろえているということは、下着を見せる相手ができたということかもしれません。

外出が増えた

アルバイトやパートをしていない主婦の外出が増えた場合、浮気相手に会いに行っている可能性があるでしょう。特に「友達とご飯に行ってくる」というように、具体的な友達の名前を出さずに出かける機会が増えた場合は要注意です。

出かけるときに、「なんの友達?」「最近よくご飯に行ってる人?」と、怪しまれない程度にいろいろ質問してみるといいかもしれません。

連絡が取りにくくなった

主婦であれば、家事が特に忙しい時間帯である朝と夕飯前以外、連絡は基本的に取りやすいでしょう。

それにも関わらず、なかなか返信が返ってこなかったり、電話をしても出ないことが多くなったりしたら、浮気相手と一緒にいて連絡できない状況であることが考えられます。

彼女が浮気しているかもしれない!

普段からクソラインの返信が遅いです。

引用:yahoo知恵袋

連絡の頻度が下がることは浮気の兆候の一つといえるかもしれません。連絡を返すことができる状況であっても、心は浮気相手に夢中で、夫に興味を失ってしまったために連絡を返したくなくなっているのかもしれません。

機嫌が良いときと悪いときの差が激しくなった

浮気している場合、浮気相手と会えた日はやたらと機嫌が良いけれど、なかなか会えないときには極端に機嫌が悪くなるなど、感情の起伏が激しくなることもあるかもしれません。

あなたが悪いことをしたわけでもないのに、機嫌が極端に悪かったら、いつも以上に注意深く観察してみましょう。

また、感情をコントロールできない人は後先考えずに行動する傾向にあるため、浮気の可能性が高いと考えられるでしょう。

浮気の証拠がなくて悩んでいる方へ

「浮気が疑われる」程度の証拠では、パートナーに対してあなたの主張を完璧に通すことは難しいかもしれません。話し合いで解決できればそれが一番ですが、言い訳ばかりして自分の非を認めないパートナーには、浮気の決定的な証拠を突きつけるのがもっとも効果的です。あなたのケースではそもそも浮気調査が必要なのかどうか?も含め、専門のアドバイザーが親身にお答えします。

無料相談はこちら

主婦の浮気を防ぐためのコツ

「妻が浮気をしている気がする」「自分の妻が浮気をしやすい主婦の特徴に当てはまる!」と妻の浮気を心配している男性方のために、主婦の浮気を防ぐコツをお伝えしたいと思います。

かまってあげる

女性は誰でも程度の差はあれど、夫にかまってほしいと思っています。あなたの仕事が忙しいことを理解している妻は、かまってほしくてもその要望をあまり口には出しません。

だからといって、仕事ばかりに気を取られて妻を放置してしまうと、浮気に走ってしまう恐れがありますので、たまには奥さんにかまってあげる時間を作りましょう。

夫である自分も男磨きを怠らない

女磨きを怠る妻をだんだん女として見られなくなってしまうように、妻たちも、どんどん中年太りして加齢臭を放つ夫を男として見ることができなくなっていきます。

そうなってしまうと、夫以外で男として魅力的な男性に惹かれてしまい、気がついたら浮気をしていたということになりかねません。

どれだけ仕事が忙しくても、必要最低限の美意識は保ち、いつまでも魅力的な男でい続けるようにしましょう。

いつも感謝を伝える

妻が料理を作ってくれたり、掃除をしてくれたり、洗濯を自分の分までやってくれたりすることを当たり前だと思っていませんか?主婦仕事も立派な労働で、彼女たちはそれを無償でやっています。

「家に金を入れてやってるんだから当然だろ!」などと思わず、きちんと奥さんに感謝を伝えましょう。

「いつもおいしい料理を作ってくれてありがとう」「洗濯、大変だよね。ありがとう」「ごちそうさま。皿洗いは俺がやるよ」など、大袈裟な感謝でなくても一言二言でいいのです。

夫に感謝してもらっていることがわかれば、浮気しようという気も失せてくるはずです。

定期的にセックスをする

夫婦にとって、セックスは大切なコミュニケーション方法です。キスやハグも大事な愛情表現ですが、セックスに勝る愛情表現はないと言っても過言ではありません。

セックスがないことで寂しさを感じ、浮気願望を持つ女性もいるようです。

たった一度でいいので、浮気したいです。

夫とセックスレスなんです。と言っても、私が寝込みを襲えば拒否することはないので、今まで三ヶ月に一回くらい、セックスしたくて我慢できなくなると寝込みを襲っていました

引用:yahoo知恵袋

頻繁にする必要はありませんが、月に1回~2回ほどの頻度で定期的にセックスをすると、妻の浮気を防ぐことにつながるでしょう。

妻に浮気されたときの相談先

妻の浮気は未然に防ぐに越したことはありません。しかし、万が一すでに浮気されてしまった場合は、誰に相談すればいいのでしょうか。

探偵

浮気されたとわかったら、早い段階で浮気の証拠を集める必要があります。ご自身で証拠を集めることも可能ではありますが、失敗するリスクも大きいでしょう。

できれば浮気調査のプロである探偵に相談し、裁判でも使えるような証拠を取ってもらうのが望ましいでしょう。

探偵は浮気の証拠を確保してくれるだけでなく、確保した証拠の効果的な活用方法についてもアドバイスしてくれるので、浮気の相談先としては最適です。

浮気調査に関するご質問・24時間受け付けています

探偵と話すなんてちょっと怖い…。浮気調査を強要されそう…。そんな方もご安心ください。まずはプロの相談員があなたのお話を親身にお聞きします。お電話はもちろん、メールでもご相談を受け付けています。

無料相談はこちら

弁護士

浮気の慰謝料を請求したい場合や、離婚を考えている場合などは、法律的な交渉がからむので弁護士に相談する必要があります。もちろん、離婚したくない場合も、浮気という問題をどう乗り越えていけばいいのかも含め、相談に乗ってもらえます。

カウンセリング

パートナーが不倫をしているかもしれない。そう考えるだけで、とても不安になりますよね。なんとかしてこの不安を取り除きたいが、いきなり探偵や弁護士はハードルが高い。そんな方にはカウンセリングを受けることをおすすめします。

誰かに自分の状況や抱えている不安を話すだけでも、精神的に楽になることはまちがいありません。カウンセラーの方々は客観的な意見を提供してくださるので、冷静にもなれることでしょう。

詳しく知りたい方は以下の記事に相談先を掲載しているので、ぜひご覧ください。

【関連リンク】
不倫を疑ったらカウンセリングを受けてみよう|おすすめ相談先とよくある相談

家族

やはり家族の問題は家族に相談するのが最適でしょう。自分の父母に相談し、話を聞いてもらうだけでだいぶ落ち着くことができます。そして、もし相手方の親と仲がより場合は、相手方の両親に相談することも視野に入れましょう。

相手方の両親はなんといっても、パートナーの人となりを誰よりもよく知っている人物。したがって、相手方の両親に相談することで将来の選択肢について模索することができるでしょう。

NPO法人よつば

NPO法人よつばではパートナーの浮気・不倫に関する相談を受け付けています。利用は無料ですので「周囲に相談しにくいけれど悩みを打ち明けたい」と考えている方は一度相談してみるとよいかもしれません。

【関連リンク】
NPO法人よつば

主婦の浮気がバレた後のリスク

この項目では浮気している妻に向けて「主婦の浮気がバレたらどういう結末になり得るのか」を詳しく解説します。

慰謝料を請求される

あなたの浮気によって精神的な苦痛を受けたとして、夫から慰謝料を請求されてしまうでしょう。

もちろん、浮気の決定的な証拠がなければ、裁判になったとしても慰謝料請求が認められる可能性は低いですが、夫が探偵など浮気調査のプロに頼んでいた場合は、かなりの高確率で浮気の証拠を入手されてしまいます。

【関連記事】
不倫の慰謝料を請求されたら|減額・請求回避の手順を解説

不倫相手と別れさせられる

当然と言えば当然かもしれませんが、浮気がバレれば不倫相手と別れさせられます。場合によっては、「二度と浮気をしません」という旨の誓約書を書かされます。

もしそれを破って再び浮気をすると、より高額の慰謝料を支払うことになったり、それ以外にも法律的なペナルティーを受けることになったりします。

不倫相手のことが大好きだからこそ、浮気をしてしまったのだと思いますが、その不倫相手とは二度と会うことができなくなると覚悟しなければいけません。

最悪の場合離婚もあり得る

ほんの出来心や好奇心で浮気をしてしまった場合でも、浮気がバレれば最悪、離婚を切り出されることもあり得ます。

離婚となれば、離婚後の生活費のことも心配になってくるでしょう。「ちょっと火遊びしたかった」という軽い気持ちが、一大事を招いてしまうこともあるのです。

住んでいる街に居づらくなる

浮気がバレる相手は夫だけとは限りません。人の不幸は蜜の味といわれるように、近所の人に浮気がバレてしまうと、一気に街じゅうに知られてしまうと思っておいたほうがいいでしょう。

そうなると、住み慣れた街にも居づらくなります。どこへ行ってもひそひそと噂話をされ、後ろ指をさされることが続くと、いくらその街に住み続けたいと思っていても、精神的につらくなってしまうかもしれません。

まとめ

主婦が浮気する心理や主婦の浮気を防ぐ方法について解説しました。主婦であっても様々なことがきっかけで浮気に発展する可能性があります。夫婦のコミュニケーションを大切にすることが浮気を防ぐ要因となるかもしれません。

この記事が、あなたの奥さんの浮気を未然に防ぐことに少しでも役立てば幸いです。また、もしすでに奥さんの浮気が怪しいと感じている場合は、できるだけ早く弁護士や探偵に相談し、手遅れにならないようにしてくださいね。

【無料相談OK】もしもあなたが浮気で悩んでいるなら

「本当に浮気をしてるか確かめたい。証拠が欲しい。」

「浮気をやめさせたい。」「浮気相手に慰謝料を請求したい。」

上記のような悩みがある場合は、浮気調査のプロである探偵にまずは無料相談を。

『離婚弁護士ナビ』がおすすめする創業44年の原一探偵事務所は、あなたからのご相談を24時間・365日受け付けています。

無料相談窓口はこちらをタップ▼

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
高島総合法律事務所
理崎 智英 弁護士 (東京弁護士会)
弁護士登録以来、離婚・男女問題の案件を数多く手掛ける。
特に、不倫の慰謝料請求を受けた女性からの相談・解決実績が豊富である。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る