ホーム > 離婚コラム > 不倫 > 不倫を疑ったらカウンセリングを受けてみよう|おすすめ相談先とよくある相談
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
2020.6.17

不倫を疑ったらカウンセリングを受けてみよう|おすすめ相談先とよくある相談

離婚弁護士ナビ編集部
執筆記事
%e4%b8%8d%e5%80%ab%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

パートナーに不倫をされた!

もしかしたら不倫しているかも…

このような状況だと、不安に襲われて誰かに相談したい気持ちが出てきますよね。

弁護士や探偵など、訴訟の代理人や証拠集めなどを行ってくれる専門家もいますが、いきなりこのような専門家に相談するのも少し気が引けます…。

そこでこの記事では、不倫のカウンセリングとして相談を受けることをメインに行っている相談窓口のご紹介や、カウンセリングを受けるメリット・デメリット、カウンセリングの費用相場などについて解説します。

また、どのようなケースではどの相談先が良いのかも解説しますので、カウンセラー以外にもご自身の状況にあった相談先を利用してみてください。

※この記事に記載の情報は2020年6月時点のものです

不倫でお悩みのあなたに!おすすめのカウンセリング窓口

早速、不倫のカウンセリングを行ってくれる相談先をいくつかご紹介します。基本的には電話で地域を問わずにカウンセリングしてもらえます。まずは気軽に相談してみてください。

岡野あつこの離婚相談救急隊

大学で心理学を専攻していた岡野あつこ氏が1991年から代表を務める離婚相談カウンセリングです。岡野氏は多くのマスメディアにも登場しており、カウンセリングの重鎮ともいえる人物です。

相談できる内容は多岐にわたり、さまざまな視点から夫婦関係の修復についてのアドバイスをくれるでしょう。

岡野氏以外のカウンセラーも多数在籍しており、岡野氏本人への相談は費用も少し高くなります。

相談料

キャリアカウンセラーとの電話相談

1時間:11,000円

3時間:44,000円

岡野あつこさんとの電話相談

1分:400円

電話番号

0120-25-4122

(事前予約専用番号)

受付時間

-

岡野あつこの離婚相談救急隊に相談する

  

 NPO法人よつば

よつば』は、夫婦問題をはじめとした法律や金銭トラブルなどの相談を受けている非営利活動法人です。

不倫や夫婦関係、離婚などに関する相談は、身近に起こりやすいトラブルとして、大々的に相談も受け付けています。

単なるお悩み相談から弁護士や探偵選びのアドバイスなども受けられます。費用を気にすることもありませんので、相談先に困っている方はぜひご活用ください。

相談料

無料※通話料はかかります

電話番号

03-5812-4725

受付時間

10~18時(年中無休)

NPO法人よつばに相談する

原一探偵事務所の専門カウンセラー

探偵事務所の中でも老舗で規模が大きい『原一探偵事務所』では、カウンセラーの資格を持った相談員が電話窓口で対応してくれます。

探偵への相談となると、「いきなり浮気調査の話になるのでは…」と考えてしまう方もいるかもしれませんが、浮気に関するちょっとした相談も受け付けています。

もちろん探偵事務所のカウンセリングですから、その後浮気調査も検討されている方であれば話もスムーズに進められるでしょう。相談料はかかりませんので、お気軽にご相談ください。

相談料

無料

電話番号

0120-540-211

受付時間

24時間(年中無休)

原一探偵事務所に相談する

カウンセリング以外の専門家への相談先|不倫トラブルの法的解決や証拠集めをしたい方向け

実際に不倫問題を解決させていくためには、時には専門家に直接行動をとってもらう必要が出てくることもあります。

こちらでは、不倫に対してどのような対処をするかがある程度決まっている方向けに、カウンセラー以外の専門家への相談先をご紹介します。

【関連記事】浮気・不倫問題の無料相談窓口まとめ|24時間電話対応アリ

弁護士|慰謝料請求したい/離婚したい

夫婦関係がある状態での不倫(不貞行為)は、離婚や慰謝料請求が認められる可能性が高いと考えられます。しかし、相手から拒否されるのであれば、調停や裁判など問題が長引くことも十分に起こり得ます。

そのような事態になった時、弁護士が付いていれば手続きなどを代行してくれますし、そもそも問題が複雑化する前の話し合いの段階から弁護士がいることで、スムーズに話がまとまる可能性が高いです。

結果的にすんなり離婚できたり、望んだ額の慰謝料を獲得できたりする可能性も高くなるでしょう。

不倫に対して「法的にしっかり対処したい」とお考えであれば、ぜひ一度は弁護士に相談してみてください。初回無料相談が可能な弁護士事務所もあります。

【関連記事】不倫の問題は弁護士に無料相談|相談可能な事務所を一覧で紹介

探偵|不倫をハッキリさせたい/証拠をつかみたい

「不倫の事実をハッキリさせたい」「証拠をそろえておきたい」などとお考えの方は、探偵への相談も検討しましょう。探偵は浮気調査によって不倫の証拠を獲得するように努めてくれます。

離婚や慰謝料を認めてもらう時にも証拠の有無が重要になります。予め準備しておくことで、これからの話し合いを優位に進めることもできるでしょう。

浮気調査に力を入れている探偵事務所であれば、不倫に対して適切なアドバイスもしてくれますし、上でもお伝えしたようなカウンセラーのような相談事にも乗ってくれます。

ほとんどの探偵事務所が無料相談できますので、まずは気軽に相談してみましょう。

【関連記事】探偵の口コミ一覧!浮気・不倫の調査で評判がいいのはどこ?

浮気調査ってこんな安いの!?まずは30秒診断

街角相談所」というサイトを利用すると浮気調査の料金が最大40%オフになります。

まずは浮気調査の必要性や調査料金を30秒オンライン診断でチェックしてみましょう。お悩み相談だけでもOKです。

不倫カウンセリングでよくある相談内容

ここでは、不倫カウンセリングに寄せられるよくある相談をご紹介します。

【関連記事】不倫の相談は誰にすべき?不倫が相談できる相手と不倫でよくある相談

カウンセラーにはどんなことを相談していいの?

そもそも何を相談すれば良いのかが心配な方も多いでしょう。

  • 浮気・不倫をしていそう。どうしたらいいのか。
  • 夫婦関係を改善したい。
  • 夫/妻が浮気しているんだけど、離婚しようか迷っている。
  • 確実に夫/妻が浮気している。でも別れたくない。どうしよう。

など、基本的に不倫や男女問題に関わることならば、なんでも相談して良いです。あなたの気持ち、ありのままの現状をすべてしっかりと伝えて、前に進んでいきましょう。

不倫発覚!まず何をすべき?

パートナーの不倫が発覚してしまった場合、ショックと混乱で何をしたらいいのかわかりませんよね。かといって、何もなかったことにはできません。パートナーの不倫が発覚した場合、取れる対応は2つあります。

  1. 話し合って不倫をやめさせる→修復の方向性
  2. 証拠を押さえておく→離婚・慰謝料請求の方向性

今後、夫婦関係をどうしていきたいかによって、ある程度の方向性を決めると良いでしょう。

ただし、いきなり行動に移すことは厳禁。例えば、話し合いをしようとしても準備不足であれば、相手から言い逃れをされることもあり得ますし、お互い感情的になってしまって余計に関係がこじれることもあります。

証拠集めについても、パートナーに疑われていることがバレて警戒されてしまえば、その後探偵でも証拠が集めにくい状況になり得ます。

まずは方向性だけある程度決めて、その先の具体的なアドバイスについては個別にカウンセリングを受けていただくことをおすすめします。

夫/妻に浮気・不倫を問い詰めたら関係が悪化してしまった。離婚しかないのか?

状況がはっきりしない時期に結論を急いではいけません。あなた、夫/妻、家庭と向き合い、心の奥底にある気落ちを見つめてあげましょう。

浮気・不倫しているからあなたに冷たかったり、機嫌が悪かったりするのではなく、仕事が終わって帰ってくるたびに浮気・不倫を追及されるから苛立っているのかもしれません。

とにもかくにも、状況がわからないまま離婚してしまうと、自ら家庭を崩壊させてしまうことになります。まずはパートナーとの関係性を良好にする努力(朝「おはよう」と声をかける、仕事帰りには「お疲れ様」と迎える、など)をして、じっくりと話し合える機会をつくるのが大切でしょう。

家庭が平穏になったら、ゆっくりと進めていけばよいと思います。

(異性問題に対する対応事例:【資格のキャリカレ】夫婦カウンセラー資格取得講座テキストより)

夫/妻が確実に浮気・不倫しているのがわかったが離婚はしたくない。どうしたらよい?

夫/妻を責め立てるようなことはせず、まずは証拠を取得に動くとよいと思います。

夫婦関係を修復するためには、落ち着いて話し合い、浮気・不倫をされて苦しい気持ちを伝えることが重要になることが少なくありません。

しかし、証拠がないと、苦しい気持ちを伝えたところで、「気のせいじゃない?もっと信じてほしい。私はあなたのことを愛している。」などとはぐらかされる可能性があります。

また、証拠があれば、離婚を避けることができます。浮気・不倫、すなわち、不貞行為をはたらいた側は“有責配偶者”となり、離婚請求が原則として認められない立場になります。証拠があれば、相手を“有責配偶者”とすることができ、離婚を避けられます。

さらに、万が一離婚になってしまったとしても、証拠があれば、夫/妻と浮気相手に慰謝料を請求する権利を得られる可能性が高まります。

ただし、証拠集めは夫/妻に悟られないようにしましょう。悟られてしまうと、夫/妻と浮気相手は懸命に浮気・不倫を隠そうとするでしょう。証拠を与えてしまえば、離婚や慰謝料を請求される可能性が高まるわけですからね。

結果、2人の関係がより親密になり、別れさせるのがより困難になる可能性が考えられます。そしてなにより、あなたが嫌われてしまう可能性があります。

以上より、夫/妻に悟られないように、そして、慎重に浮気・不倫の証拠を集めるように動くのをおすすめします。

(異性問題に対する対応事例:【資格のキャリカレ】夫婦カウンセラー資格取得講座テキストより)

不倫をしているパートナーから離婚を切り出されました、離婚しないとダメですか?

法律上は、不倫をしている側である有責配偶者からの離婚は原則認められません。あなたが従う義理はないでしょう。

それでも離婚を迫ってくるのであれば、高額な慰謝料の支払いなど、条件を出す方法もあります。

また、夫婦には同居する義務がありますので、勝手に別居すれば、「悪意の遺棄」として慰謝料の請求が可能です。

生活費のことや、住宅ローンなどがあるのであれば、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

不倫された場合にカウンセリングを利用するメリット・デメリット

不倫カウンセラーは、そもそも相談を受けることが主な業務になりますので、後述する弁護士や探偵に比べると気軽に相談しやすい部分がメリットです(費用はかかりますが)。

どのような内容でもまずは相談されてみてください。カウンセラーのこれまでの実績や経験に基づいた的確なアドバイスを受けられ、「次にどうするべきか?」がある程度わかってくるようになります。

一方、相談がメインとなりますので、その後の不倫問題を解決させていくには弁護士や探偵などの専門家の力に頼らざるを得ない場合も出てきますので、その部分はデメリットと言えます。

不倫カウンセリングを行うメリット

気持ちが楽になり不安が少なくなる

不倫をされる(疑う)ととても不安な気持ちになりますよね…。なかなか人には話しにくい内容にもなりますので、一人で抱え込んでしまって、とてもつらい日々を過ごす方も少なくありません。

不倫カウンセラーに現状の不安や疑いを話すだけでもかなり気持ちは楽になり、少しでも前向きな気持ちになれます

今の状況の整理ができる

上記とも似ていますが、不倫されたとわかった直後は混乱して状況が整理できていない方も多いです。配偶者の言動1つ1つにいちいち不倫を疑って、とても正常な精神状況ではいられません。

まずは、自分の中で状況をまとめて他人に話すだけでも、状況は整理されます。

もし、混乱状態のままカウンセリングを行ったとしても、良いカウンセラーであれば状況が整理できるように手ほどきをしてくれるでしょう。

今後の方向性を決めていくことができる

カウンセリングの結果、不倫に対して今後どうしていくかの方向性もある程度決めていくことができます。

不倫された後のアクションを大きく分ければ『修復するか』『離婚するか』の2択なのですが、その中でも「不倫相手と今後一切会わないと約束させる」「きちんと慰謝料請求を行う」など、やっておいた方が良いことが多々あります。

カウンセラーに相談することで、状況とあなたの気持ちに応じた最適な手段を考えてアドバイスをくれます

その中で慰謝料請求の手続きや浮気調査での証拠集めなど、資格がある専門家にしかできない内容があれば、改めて弁護士や探偵などに相談しても良いでしょう。

不倫カウンセリングを行うデメリット

費用がかかる

費用については後述しますが、カウンセラーは相談を受けることがお仕事ですから、相談だけでも費用はかかります

初回無料などのサービスを行っている場合もありますが、初回無料相談だけで全部のお悩み解決になることも少ないので、完全無料でカウンセリング完了とは思わない方が良いでしょう。

具体的解決には他の専門家の力が必要になる場合も…

カウンセラーの方はカウンセラーとしての資格は持っているかもしれませんが、他の専門家の資格まで持っているケースは稀です。不倫された場合、慰謝料請求や証拠集めなどを行うことも多いのですが、それらは弁護士や探偵などの専門家でないと行うことができません

ですので、カウンセラーに相談した結果に「慰謝料請求したい」と考えた場合、今度は弁護士に相談→依頼を行っていく必要が出てきます。もし、不倫をされて「慰謝料請求したい」「不倫を突き止めたい」などの次なる対処を考えているのであれば、それに応じた専門家に相談した方が手っ取り早く済ませることができます

浮気調査ってこんな安いの!?まずは30秒診断

街角相談所」というサイトを利用すると浮気調査の料金が最大40%オフになります。

まずは浮気調査の必要性や調査料金を30秒オンライン診断でチェックしてみましょう。お悩み相談だけでもOKです。

不倫カウンセリングの費用相場

カウンセラーは相談に乗ることがお仕事ですから、相談者が相談するだけで費用がかかってきます。実際には誰がカウンセリングするのか・相談内容などによって費用も変わってくるのですが、ある程度の相場は覚えておきましょう。

対面相談の費用相場

不倫のカウンセリングを行う場合、主に『対面』か『電話』かに分かれます。基本的には対面での相談が費用も高くなる傾向にあり、30分5,000円が相場となっています。

初回〇分無料などのサービスを実施しているカウンセラーもいますので、相談する時間や費用の上限を決めて相談を行うようにしましょう。

電話相談の費用相場

対面相談同様、30分5,000円程度か、若干安いくらいです。

【注意】不倫カウンセリングの相談回数が複数になることも…

注意してほしいことが、1度のカウンセリングで終了しないケースもあり得ることです。そうなると、2度目~3度目のカウンセリング費用や追加料金がかかってきます。

あまり良くないカウンセラーは、利益を求めて次のカウンセリングをどんどん提案してくるケースも考えられます。相談をしているその時は、「しっかり相談に乗ってくれる良い人」と思えるかもしれませんが、後から思い直してみるとカウンセリング費用が予想以上にかかっていることもあります。

気軽に相談しやすいとはお伝えしましたが、事前にある程度状況をまとめて、できる限り短い期間でカウンセリングが終わるように準備しておくことが無駄にカウンセリング費用を発生させないためのコツです。

まとめ

不倫をされると不安な気持ちになってしまいますが、カウンセラーをはじめとした様々な相談先があります。少し冷静さがある方は、不倫に対してどのようにしたいかの考えに応じて相談先を選んでみてください

どうしたらよいか全くわからないような方でもカウンセリングは可能です。一人で悩まずにまずは誰かに相談しましょう

ただ、カウンセラーも仕事として相談に乗っていますので、相談が長引くと費用もかかってくるおそれがあります。いったん深呼吸して、ご自身の状況をまとめて相談されることが費用を抑えるポイントでもあります。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る