ホーム > 離婚コラム > 不倫 > 許すまじ!自宅不倫の実態|証拠の入手方法と不倫発覚後の2つの選択肢
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
2020.5.13

許すまじ!自宅不倫の実態|証拠の入手方法と不倫発覚後の2つの選択肢

離婚弁護士ナビ編集部
執筆記事
Img 1589366070

男性は仕事中、女性は妊娠や出産に伴う実家への帰省中などパートナーの不在を狙って、自宅で不倫をする不届き者がいます

外で不倫をするよりも圧倒的に見つかるリスクが高い自宅での不倫…。そうまでして不倫をするということは、不倫相手に肉体だけでなく心まで奪われている可能性もあります。

この記事では、自宅で不倫をしてしまう理由や、自宅で集められる不倫の証拠について解説します。

証拠入手後の選択肢は主に2つ。許して二度と不倫させないように誓わせるか、離婚や慰謝料請求など法的な手続きをとるかです。

自分の気持ちに正直になって、今後どうすべきかを考えてみてください。

浮気調査ってこんな安いの!?まずは30秒診断

街角相談所」を利用すると浮気調査の料金が最大40%オフになります。

まずは浮気調査の必要性や調査料金を30秒オンライン診断でチェックしてみましょう。お悩み相談だけでもOKです。

自宅で不倫が行われてしまう理由

少し考えればわかると思いますが、自宅での不倫は自宅そのものが不倫現場となるため、証拠を残したりパートナーに見つかってしまうリスクは非常に高いです。それにも関わらず自宅での不倫をするのには、以下のような理由があるからと考えられます。

お金や時間が省けるため

外で不倫をしようとすると、外食/デート/交通費/ホテル代などのたくさんのお金がかかります。毎週のように不倫をしていると、不倫にかかるお金も見逃せない額になってくるでしょう。

「パートナーの出費が異様に増えた」という理由で不倫を怪しまれることがあることから、出費を抑える理由で自宅不倫をする人が多いです。

ゆっくりできるため

上と同じような理由で、どちらかの自宅で不倫をすれば移動などにかかる時間も短縮でき、食事、映画などの娯楽、そしてセックスまで全部同じ場所でできてしまいます

室内なので、人目を気にすることもありません。もしあなたが出張や帰省などで長時間自宅に帰れない場合、それをいいことに自宅で一泊…なんてケースも起こり得るかもしれません。

夫婦感覚を味わうため

人の家に上がり込んでおいて、とても許されない理由ですが、夫婦感覚を味わうために自宅で不倫をする場合もあります。

特に自宅では手料理を振るまえるので、外食で済ませるようないつもの不倫とは違ったシチュエーションが作れてしまいますね…。

背徳感があるため

本当の夫婦が生活する場所で不倫を行い、その背徳感が快感だと考える不届き者もいます。

そのように、悪いとわかっていて自宅で不倫を行う人たちには、しっかり証拠を突き付けて、離婚や慰謝料請求などの然るべき方法を取ってもらいたいですね。

次項では、自宅の不倫を突き止める方法と証拠入手の方法についてご説明します。

自宅の不倫を突き止める方法

自宅での不倫は、外で不倫をされるよりも発見しやすく証拠も見つけやすいです。しかし、不倫している側もそのことはわかっていますので、簡単に証拠を残したり見つかるような時間に招き入れたりはしません。これを踏まえた上で、ここでは自宅不倫を突き止める方法をご紹介します。

抜き打ちで帰宅をする

自宅で不倫をするからには、何時に帰ってくるかパートナーの動向はしっかり把握していると言えます。

いつもと違う時間に帰宅したり、あえて噓の帰宅時間を伝えたりすることで自宅での不倫を突き止めることができるかもしれません。

ただ、この方法では不倫現場にそのまま遭遇することになり得ますので、冷静でいることが大事です。くれぐれも感情的になって周囲に当たり散らしたり、暴力を振るったりすることがないように注意しましょう。

そうは言っても、どうしても冷静でいられなくなるシチュエーションですので、あらかじめ「不倫が今行われている」と覚悟して現場に乗り込むか、身内や知人を引き連れて自宅に突入する方法もあります。

特に身内や知人の存在は、冷静でいられなくなった時の仲介役にもなってくれますし、不倫現場の目撃者として証人にもなってくれます。信頼できて協力してくれる方がいればお願いしてみても良いでしょう。

【参考】浮気現場に遭遇した時のべストな対処法とNG行為

自分で浮気調査をする

不倫現場が自宅になるケースでは、証拠探しや証拠を残すための機材の設置など、自分での浮気調査もしやすくなります。

特に手軽にできる方法がボイスレコーダーの設置です。録音できた内容によっては、異性を自宅に連れ込んだことの証明だけではなく、肉体関係の有無まで証明できる可能性もあります。

ただし、ボイスレコーダーとして見慣れない機材を自宅に置くことになりますので、くれぐれも隠し場所や形状選びには注意が必要です。

万が一、自分で浮気調査しようとしていたことがバレてしまった場合には、以降警戒された状態で不倫が行われるか、夫婦間で揉め事が起きることが考えられます。

自分で浮気調査をする場合には、絶対に見つからないようにすることを肝に銘じておきましょう。

【参考】

自分で浮気調査する方法10選!自分で行うリスクと探偵に依頼する基準

浮気調査に使える?ボイスレコーダー6選!選び方と注意点

探偵に調査してもらう

出張や帰省などで自宅から離れざるを得ない状況で不倫が疑わしい場合、探偵に依頼するという方法もあります。

「遠くにいるから帰ってくることはないだろう」と、パートナーも油断して自宅に不倫相手を招き入れるケースが考えられます。

油断している状態だと、探偵もしっかりした証拠を入手しやすくなりますので、ご自身が自宅に帰れない期間をあえてチャンスととらえて、一気に浮気調査に乗り出す方法もアリですね。

【参考】はじめて探偵に無料相談する方も安心!探偵の選び方・費用・相談の流れ

浮気調査ってこんな安いの!?まずは30秒診断

街角相談所」を利用すると浮気調査の料金が最大40%オフになります。

まずは浮気調査の必要性や調査料金を30秒オンライン診断でチェックしてみましょう。お悩み相談だけでもOKです。

自宅の不倫で入手できる証拠と証拠能力について

離婚や慰謝料請求、不倫相手に今後近寄らないことを約束させたい場合には、不倫(不貞行為)の事実があったと誰が見てもわかるような決定的な証拠を入手する必要があります。

【関連記事】浮気・不倫慰謝料の請求に有力な証拠|証拠がなくても請求するには?

自宅に一緒にいたことだけでは不倫を証明できない

先にお伝えしておくと、配偶者が自宅で異性と一緒にいたことがわかったとしても、それだけで不倫(不貞行為)があったとは断言することができませんラブホテルとは違い、自宅は性行為をする場所とは限らないからです。

「異性と二人きりでいて、何もないはずないだろう…」と思うかもしれませんが、肉体関係があったことを証明する証拠でなければ、「仕事の打ち合わせで都合が良かったから」「お茶しただけ」などと言い逃れをされてしまうケースが大半なのです。

自宅の不倫で入手できる証拠と証拠能力の高さ

証拠として集められそうな物と証拠能力をまとめると以下のようになります。

不倫の証拠として認められるもの

写真・動画・音声

ラブホテルに出入りしている写真・動画

性行為の様子を収めた写真・動画・音声

2人が出かけたりキスをしている写真

不倫を自白した音声

LINE・通話のやり取り

肉体関係がうかがえるLINEなどのやり取り

肉体関係があったかどうかわからないLINEなどのやり取り

頻繁に通話している記録

×

領収書や利用明細

デートやホテルに行ったことがわかる領収書や利用明細

移動記録

GPSの記録・ICカード(Suicaなど)・ETCの履歴・カーナビの履歴

証人

友人・知人の証言

調査会社によるもの

探偵や興信所が集めた証拠・報告書

その他

不倫相手からの手紙やプレゼント・車や部屋に残されたアクセサリー

見覚えのない避妊具やアダルトグッズ

×

自宅に一緒にいたことがわかる証拠だけでは不倫と断定できませんが、他にもボイスレコーダーやLINEでのやり取りなど、1つの証拠にとどまらず疑わしい証拠を複数つかむことができれば裁判所でも認められる可能性は高くなるでしょう。

ご自身で全部集めようとすると浮気調査をしていることがパートナーに悟られてしまうリスクが高まりますので、無理のない範囲で行い、必要に応じて探偵への依頼も検討してみてください。

自宅不倫を突き止めた後の2つの選択肢

自宅で不倫されていた事実を突き止め、証拠も手に入れたのであれば、その後の選択肢は主に以下の2つです。

  • 今回の不倫を許して、今後不倫はさせない
  • 離婚や慰謝料請求などの制裁を加える

ご自身の気持ちに正直になって、後悔しない方法を選択しましょう。どうしても決めきれない場合には、身内や知人で信頼できる人と相談するのも良いでしょう。

【関連記事】不倫の相談は誰にすべき?不倫が相談できる相手と不倫でよくある相談

今回の不倫を許して、今後一切不倫をさせない

不倫されたが離婚はしない(離婚したくない)という方は多いです。しかし、大した約束もせずに許してしまうと、時が経てば再び不倫されることもあります。

「今後不倫はしません」「もし約束を守らなかった場合には○○します」といった内容の誓約書を書いてもらうと良いでしょう。

誓約書そのものが不倫の抑止に繋がりますし、万が一また不倫した場合には高額な慰謝料請求などを実現する材料にもなります

誓約書の書き方や注意点については以下の記事を参考にしてみてください。

【参考】不倫後に誓約書を作る効果はどのくらい?|作成方法と注意点まとめ

離婚や慰謝料請求などの制裁を加える

自宅で不倫されてとても許せる状態じゃないという方もいるでしょう。肉体関係がある不倫では、法的に離婚が認められる不貞行為となりますので、こちらからの離婚請求や慰謝料請求も認められます

繰り返しますが、相手が反論してきた場合には調停や裁判で決着しなければならないケースもあるので、第三者に認められるようなしっかりした証拠が必要です。

不倫の慰謝料請求では100万円を超えることもザラにありますし、自宅で不倫されたという精神的苦痛が慰謝料増額の要因になることもあり得ます。

受けた苦痛分、しっかり責任を取ってもらうのも1つの選択でしょう。

【参考】

不貞行為と離婚・慰謝料の全知識|慰謝料の相場・離婚する前にすべきこと

不倫慰謝料相場は50~300万|相場以上に請求するための証拠とは

まとめ

仕事や帰省などで自宅に帰らない期間があると、堂々と自宅不倫が行われることがあります。本来であれば夫婦が暮らす空間なのに、不倫相手が割り込んできて不貞行為を行うわけですからとても許し難い行為ですよね…。

不倫を突き止め証拠を突き付けることで、不倫を辞めさせたり、制裁を加えたりすることができます

外での不倫よりも証拠は集めやすいですが、やり過ぎることで浮気調査を疑われるかもしれませんし、せっかく証拠を入手できてもそれが裁判では認められない場合もあります。

まずは相談だけでも良いので、自宅での不倫でも疑いがあるのであれば探偵に相談してみてください。探偵は相談者の絶対的な味方になってくれます

決定的な証拠があり、離婚したい、慰謝料請求をしたいということであれば、離婚トラブルの解決に注力している弁護士に相談して法的なアドバイスをもらうと良いでしょう。裁判時の面倒な手続きや不倫相手との交渉も依頼できます。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る