ホーム > 離婚コラム > 不倫 > 不倫相手と別れられない原因と自分を律して別れる為に大切なこと
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
2018.3.10

不倫相手と別れられない原因と自分を律して別れる為に大切なこと

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Hurinn wakaretai

一度、不倫関係を持ってしまうとその関係をやめることはなかなか難しく、ズルズルと不倫を続けてしまうことがよくあります。しかし不倫は当事者とそれぞれの家族をバラバラにしてしまうおそれがある、危ない行為です。

今回の記事では不倫相手と別れるためにどのような方法があるのかを中心にご紹介します。

旦那や妻の不倫を疑っている方はこちらの記事がお勧めです。→「男女別!浮気しているか簡単に見抜く5つの方法

慰謝料請求される不安がある人へ

相場以上の慰謝料は減額できるかもしれません!まずは、弁護士に無料相談してみてください

不倫相手と別れられない4つの原因

不倫はよくないとわかっていてもなかなかやめられないといわれています。不倫を続けてしまう主な原因は以下のようなものです。
 

刺激のないの生活が考えられなくなる

最初はちょっとした出来心で、退屈な日常の中や配偶者の気を引くために求めたちょっとした刺激であったはずの不倫。

しかしその刺激がクセになってしまい、この刺激がなければ生活できないような習慣となってしまうと、なかなか不倫から抜け出すのは難しいです。

初めは数回で不倫は終わりにしようと考えていても、一度その楽しさを知ってしまうとズルズルと長引いいてしまうのです。
 

身体の相性が抜群に良い

不倫相手と身体を重ねて、配偶者と比べると身体の相性が信じられないくらい良すぎて、なかなか不倫から逃れられなくなってしまうケースもあります。

性欲が特別強い人でなくとも、心から満足できるセックスは生活に充実感やハリを与えてくれます。一度経験した快楽を求めてしまうのは、動物的な本能で仕方がないことでもあるのです。
 

遊びで良いとしか思っていない

最初から本当に遊び目的での不倫なら、すぐに別れられるのでは?と思われると思います。実はそれは、逆なことのほうが多いという話を聞いたことはありませんか?

完璧に遊びと割り切って遊んでいれば、それが楽しすぎて別れられない人もいるのです。

いつでも別れられる手軽さを楽しんでいるうちは、特に別れようとも思いません。どんなに社会のルールに反していても、楽しいものはやめられない、そんな感覚です。

そういうふたりほど、心の奥底では何かの情で結ばれ合っているものなのです。
 

金銭的に援助を受けている

あなたの生活や仕事に対して不倫相手が、お金を出資してくれているなどの利害関係があるとやっかいです。

このケースでは、不倫を解消することが実生活への打撃を与える可能性が高く、不倫相手に恋愛感情や愛情が持てなくなり不倫を続ける気がなくても続けざるをえない状況に陥ることがあります。
 

不倫相手と別れたい、慰謝料を請求されている方は・・・

不倫の慰謝料を請求されたら|減額・請求回避の手順を解説

不倫の慰謝料について無料相談できる窓口と弁護士が教えるよくある相談

不倫の慰謝料請求・減額の弁護士費用は?相場と費用のシミュレーション

不倫慰謝料トラブルを弁護士に相談すべき人は?費用相場と抑えるコツ

不倫相手と別れられない場合でも別れる方法

ごめん

不倫を続けたいと思っている間は、不倫をやめることはとても難しいです。なんとか不倫をやめるために、以下のような方法が考えられます。

不倫は良くないことだと理解する

別れるにあたって大前提として、まずは不倫が良くないことだと強く認識しましょう。

不倫は最悪のケースではあなたやあなたの家族、または相手や相手の家族をバラバラにしてしまう可能性を秘めています。

不倫に溺れている状況では正しい判断が出来ないこともありますが、不倫によって家族が破綻した場合の代償は心身や金銭的にとても大きなものになることがほとんどです。

その代償を支払うために残りの人生を生きねばならない可能性もあります。あなたの不倫相手には、契約関係にある配偶者がいることを強く理解しましょう。

そして、不倫相手の家族の立場で考えてみましょう。そうして不倫が、良くないことだと認識できればどのように不倫相手と別れるのか具体的な方法を考えていきましょう。
 

不倫相手と別れる強い意志を持つ

不倫相手と別れるためには、相手がどうこうというよりも、まず先にあなた自身が不倫をきっぱりやめるというブレない強い意志を持つことが必要です。

不倫に関わらず恋愛をしている相手と別れる方法は人によって様々ですが、どんな方法やテクニックを使うとしてもまずはあなたの気持ちが、相手との別れを心から望んでいる状況でなければうまくいきません。

もし相手への気持ちが断ち切れず曖昧な心理状況であるならば、どのような方法を取っても別れたがらない相手を説得することはできず、ずるずると不倫関係が続いていってしまうでしょう。
 

徐々に不倫相手との距離をとる

性格がしつこい不倫相手と別れるにはこの方法がおすすめです。別れることに関して相手へ精神的苦痛を与えないように気をつけましょう。

まずはデートの回数や連絡頻度を少しずつ減らし、徐々に会うことをやめて、電話やLINEなどの会うこと以外のコミュニケーションだけを行います。

その後、慎重に電話やLINEでのやり取りも簡単な内容へと変更していき、頻度も減らしましょう。

この時、あなたから別れるとは言い出さずに、相手が気付いた時には連絡を取らなくなったように意識するといいです。

これまで定期的に会っていた相手と急に全く会わなくなることは非常に大きなストレスとなることが多いため、徐々に会う機会や連絡頻度を減らして二人が会わなくなることが自然であると相手が受け取れるように注意して自然消滅するように持って行きましょう。
 

不倫相手にもう気持ちがないことをはっきり伝える

相手が不倫をやめたがっているあなたを引き止めにかかってくる場合は、きっぱりと不倫相手のことを拒絶することをおすすめします。

ここで相手に少しでも遠慮して、相手が傷つかないように言葉を選んで気持ちを伝えても、相手には響かずにズルズルと不倫関係が続くような状況になってしまうのです。

相手があなたの言葉を少しでもプラスに捉えられるようなスキは与えずに、きっぱりと「もう一生会うつもりはない」「二度と顔を見たくない」などと伝えましょう。

不倫相手と別れた後の生活

別れた後の生活
不倫相手と無事別れたあとには、過去を振り返るのではなく現在に没頭し未来を描くことが大切です。不倫相手と別れた後はこのような生活を意識すると良いでしょう。

絶対に二人で会わない

せっかく不倫をやめることができても、また二人で会ってしまうと気持ちが盛り上がってしまう可能性があります。

まだ未練があったものの、不倫だからと泣く泣く別れた場合は特に注意が必要です。過去の思い出は思い出として、元不倫相手と二人で会うことはやめましょう。

終わった恋にばかり気持ちがいってしまうと、次の恋へのスタートがいつまでたっても切れません。
 

仕事に没頭する

もしあなたが仕事に就いているのなら仕事に没頭することをおすすめします。

今まで以上に仕事に励むことで忙しくしていると、目の前の仕事に気持ちを集中させることができるため、自然と終わった不倫やプライベートのことについて気にする時間が持てなくなります。

さらに、仕事を頑張っていると周りからの評価を得やすくなり、金銭的にもこれまでより恵まれる可能性が高まります。

終わった不倫についてすぐさま忘れることは容易ではありませんが、目の前にある仕事に集中することは意外と簡単です。

なるべく恋愛からは気持ちを離れさせ、仕事やそれ以外の楽しみややるべきことに没頭するといいでしょう。

【参考】

婚活 – Misyu|つらい失恋から立ち直る方法15選と統計で知る失恋の乗り越え方

独身男性と時間を過ごしてリハビリする

不倫をした女性は、普通の恋がどんなものかわからなくなってしまい、次の恋へのスタートが遅れがちです。

不倫で荒れた心が落ち着いた後は恋愛感覚を取り戻すためにも、まずは男友達と遊ぶといいでしょう。

その時には、もちろん既婚者ではなく独身男性を選びましょう。その期間に、恋愛感情は抜きにして男性と過ごす期間を持つと、自然と相手のことを好きになる気持ちを思い出せます。

その後は、難しく考えすぎず自分が良いと思った独身男性と向き合ってみると良いでしょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

不倫はいけないことではありますが、一度好きになった相手と離れるためにはそれ相応の労力が必要であり、好きである限り相手と別れたくないという気持ちは自然と生まれてきてしまうでしょう。

今回の内容があなたの置かれている状況によって、不倫相手と別れる工夫や関係を続ける心がけの参考にしてもらえれば幸いです。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る