夫婦別寝室は不仲になる?別室を考える理由と円満に暮らすコツ

~いざという時の備えに~離婚マガジン

ホーム > 離婚マガジン > 夫婦問題 > 夫婦別寝室は不仲になる?別室を考える理由と円満に暮らすコツ
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
離婚マガジン
公開日:2022.3.10  更新日:2022.3.14

夫婦別寝室は不仲になる?別室を考える理由と円満に暮らすコツ

Pixta 64800723 m

「パートナーのことは好きだけど、寝室は別々にしたい」と思っている夫婦は珍しくありません。

近年は、働き方や生活スタイルが多様化し、睡眠時間がバラバラになりがちです。

子どもの年齢や、睡眠の癖(いびきなど)などがきっかけで、別寝室を検討するケースもあります。

別室で眠ることは、悪いことではありません。

とはいえ、「別室にしたら夫婦仲が悪くなるのではないか」「浮気の可能性を疑われるのではないか」と不安に思い、話し合えずにいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、別寝室にするか否かで迷っている夫婦へ、寝室のスタイルや円満に暮らすコツを紹介します。

双方が納得し、快適に暮らせるスタイルを模索しましょう。

夫婦が寝室を別にすると不仲になる?

「夫婦が別々に寝ている」=「不仲・離婚危機」といったマイナスなイメージを持たれがちですが、不仲になるとは限りません。

また、別寝室は悪い行為でもありません。

たとえば、以下2組の夫婦がいるとします。

円満だと感じるのは、どちらの夫婦でしょうか?

【例】

  1. 夫婦A…小さい子どもがいるため別室で寝ているが、毎日スキンシップを図っている
  2. 夫婦B…同室で寝ているが、普段のコミュニケーションは少ない

別寝室でも夫婦円満な家庭もあれば、たとえ一緒に寝ていても、不満を抱えている家庭もあるのです。

夫婦が不仲になるかどうかは、同寝室か別寝室かの「場所」の問題ではなく、夫婦間のコミュニケーションや心地よさが関係しているといえます。

夫婦が寝室を別にしたいと思う理由とは?

「別々に寝たいな」と思う理由はさまざまですが、大きく2種類に分けられます。

  1. 睡眠の質や健康面に関する理由
  2. コミュニケーションに関する理由

睡眠の質が下がるから

1つは、健康面を考えての別寝室です。

以下のような理由が挙げられます。

【別寝室を希望する理由の一例】

  1. 残業や夜勤などにより、家族と生活スタイルが異なるから
  2. 狭くて腰や首が痛くなるから
  3. 寝相が悪いから
  4. 「いびき」や「歯ぎしり」がうるさくて寝不足になるから
  5. 子どもが夜中に起きるから(夜泣きや授乳など)

健康でいるためには、睡眠の質は欠かせないと言われています。

また、寝不足は「集中できない」「つねに眠たい」「ミスが増える」など、仕事や活動のパフォーマンス低下を引き起こします。

寝不足や体の痛みが続けば、イライラしやすくなったり、引きこもりがちになったりと、精神的にも悪影響を及ぼしかねません。

自分や家族の健康を考え、睡眠の質をあげるために別寝室を希望する夫婦は増えてきています。

睡眠時の環境が合わないから

もうひとつのパターンは、コミュニケーションが原因での別寝室です。

たとえば、以下のような理由が挙げられます。

【夫婦別寝室を希望する理由の一例】

  1. 寝室の灯りがほしい・暗くしないと眠れない
  2. 睡眠前に音楽を聴く・静かでないと眠れない
  3. 触れられたくない・密着して眠りたい
  4. 広々と寝たい
  5. 相手の存在感がイヤ

たとえ夫婦でも、今まで育ってきた環境が違います。

そのため、睡眠前の習慣が自分と異なっていても、それは自然なことなのです。

暑がりな人もいれば、寒がりな人もいます。

寝室が暗くないと眠れない人もいれば、灯りがないと落ち着いて眠れない人もいるでしょう。

こうした環境的な要因も、「寝室を別にしたい」と思う理由に挙げられています。

夫婦別寝室のメリット・デメリットとは

「別寝室は離婚の原因になるのではないか」と思っている方もいるかもしれませんが、夫婦が別の寝室で眠ること自体は悪い行為ではありません。

別寝室のメリット・デメリットを同室と比較しながら紹介します。

夫婦別寝室のメリット

別寝室の最大のメリットは、自分の好みに合わせられるところです。

 

別室

同室

メリット

  1. ベッドを広々と使える
  2. 心地よく眠れる
  3. 好きな時間に眠れる
  4. いびきなどが気にならない
  1. スキンシップが増える
  2. 相手の体調の変化に気づきやすい
  3. 安心感がある

ベッドの固さや、寝室の明るさ、室温など、すべて自分の自由にできるため、ぐっすり眠れます。

また、プライバシーの確保ができる点、1人の時間がもてる点も大きな魅力です。

一方、同寝室では、いびきなどで眠れないデメリットもありますが、悪夢や激痛、無呼吸などの急な体調変化に襲われた際に、気づきやすい・気づいてもらいやすいメリットがあります。

夫婦別寝室のデメリット

寝室を別々にすると、スキンシップが減るのがデメリットといえます。

 

別室

同室

デメリット

  1. スキンシップが減る
  2. パートナーの異変に気づきにくい
  3. 仲直りのきっかけが減る
  4. すれ違いが起こりやすい
  1. ぐっすり眠れない
  2. 睡眠環境の違いから不満がたまる
  3. ケンカしたときに気まずい
  4. 布団の取り合いになる

毎日一緒に生活していると、夫婦ゲンカになる日も出てくるでしょう。

別室の場合、ケンカ後にお互いの寝室にこもってしまうと、なかなか仲直りのきっかけが作れません。

結果、謝るタイミングを見失い、気まずい期間が長引いてしまいやすいです。

 

また、無呼吸症候群や脳梗塞など、パートナーの急な異変に気づきにくくなってしまう側面もあります。

同室・別室どちらにもメリット、デメリットは存在するため、ライフスタイルに合わせ、夫婦で話し合って決めることが大切です。

夫婦別室?同室?寝室スタイルはさまざま

同室の場合、寝室スタイルは自分で作ることもできます。

寝室を分けたくても、「間取りの関係で別室を作るのが難しい」「狭くてスペースがない」という家庭もあるかもしれません。

たとえば、以下のような「ひと工夫」をするだけで、同室内でも自分のプライバシーを確保できます。

【寝室の工夫例】

  1. ダブルベッドを利用する
  2. お互いに1つずつベッドを使う
  3. ベッドと布団を使う
  4. 目隠しや棚などで仕切りを作る

同じ空間にいるため、会話の時間を増やせます。

なおかつ、ベッドやまくらは別なので、自分にとって快適な睡眠環境で眠れます。

同室のデメリットを緩和しつつ、ほどよい距離感を保てるスタイルといえるかもしれませんね。

近年では、同じ部屋内でゆるく区切る「セパレート寝室」スタイルも登場しています。

「セパレート寝室」スタイルもある

セパレート寝室とは、1つの寝室を目隠しや棚、パーテーションなどで仕切り、空間を2つにするスタイルを指します。

もともとは1つの部屋なので、相手の存在感や気配を感じることができます。

仕切りを外してパートナーの姿を見ることも、仕切りを立ててプライベート空間を確保することもでき、自由自在です。

「パックをしている間だけ仕切る」ことも可能ですね。

夫婦といえども、自分のプライバシーは守りたいものです。

セパレート寝室は、多くの夫婦にとって利便性が高いスタイルといえるのではないでしょうか。

別寝室でも夫婦が円満に暮らすコツ

夫婦が円満に暮らすには、普段からのコミュニケーションが重要になります。

円満に暮らすコツを3つ紹介します。

  1. コミュニケーションをとる
  2. 言い方に気をつける
  3. 休日にはたまに夫婦で出かける

コミュニケーションをとる

夫婦間で大事なのが、コミュニケーションです。

新婚のころはよく話していたものの、年月が経つにつれて、会話が減ってしまった夫婦も多いのではないでしょうか。

付き合いが長くなればなるほど、「話すことがない」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

コミュニケーションの方法の例を挙げるので参考にしてみてください。

 

【例】

  1. おはよう・ただいまの挨拶をする
  2. ボディタッチ、スキンシップをする
  3. 「ありがとう」「お疲れさま」を伝える
  4. 相手の意見を否定しない
  5. 話し合いをする
  6. 会話をしている時は、相手の目を見て話す・聴く など

「どうせ意見が合わないし」「言わなくてもわかってくれよ」と思っていると、溝が深まっていく可能性があります。

別寝室を検討するなら、夫婦間で納得しなければ実現は難しいでしょう。

日頃からよく話し合い、コミュニケーションを図ることが、円満かつ別寝室にするための得策です。

言い方に気をつける

言い方に気をつけるのも重要です。

言葉は、ときに暴力となり相手の心を傷つけてしまいます。

パートナーを思いやる気持ちがなければ、円満に暮らすのは困難です。

言い方を変えてみましょう。

【言い換え例】

 

言い換え例

  1. いびきがうるさくて眠れないじゃない!
  1. よく眠れていないのかもしれないから、たまに別の部屋で寝てみる?
  1. 狭いからもっと端にいってよ!
  1. 肩こりや腰痛になりそうだから、もう少し広めのベッド買わない?

言い方次第で、捉え方は変わってきます。

「カチンとくる言い方」ではなく、「それもありだね」と思われる言い方を意識してみましょう。

休日にはたまに夫婦で出かける

休日には、たまに夫婦で出かけましょう。

外食や旅行など、自宅以外の場所へ出かけることは、気分転換になります。

テーマパークで思いきり体を動かしたり、キレイな景色を見てリフレッシュしたりするのもいいですね。

外食もおすすめです。

おいしい食事を摂ると、幸せな気持ちになりませんか?

幸福度が高まることで、気持ちも明るくなります。

結果、別寝室の提案も、いい方向に進んでいくかもしれません。

別寝室か同室かで迷った際には「セパレート寝室」を検討しよう

「同室で寝る=夫婦円満」「夫婦別室にする=不仲」とは限りません。

大事なことは、お互いが無理せず、最適な心地よさを見出すことではないでしょうか。

そのために重要なのが、日頃から夫婦でコミュニケーションをとることです。

お互いに信頼している関係ならば、寝室が分かれても心配いりません。

とはいえ、「つねに別々」あるいは「いつも一緒」かの両極端ではなく、「一緒に寝たい日もあれば、別にした方が都合のいい日もある」という方もいるかもしれませんね。

1人になれる時間やプライベート空間も、心身を健康に保つために必要です。

双方の気持ちを汲み、解決策になり得るのが「セパレート寝室」です。

健康な生活と睡眠の質は、密接にかかわっています。

この機会に、「セパレート寝室」という選択肢もくわえ、夫婦でよく話し合い、納得できる生活スタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

夫婦問題に関する新着マガジン

夫婦問題に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

夫婦問題マガジン一覧へ戻る