セックスレスを解消する4つのステップ|燃える夜を過ごすための手引き

~いざという時の備えに~離婚マガジン

ホーム > 離婚マガジン > 夫婦問題 > セックスレスを解消する4つのステップ|燃える夜を過ごすための手引き
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
離婚マガジン
公開日:2019.3.25  更新日:2021.4.27
夫婦問題 執筆記事

セックスレスを解消する4つのステップ|燃える夜を過ごすための手引き

Pixta 30375051 s

セックスレスを解消したいと考えている方はこの記事をお読みください。

最近、ぜんぜんセックスしてないな…。もう、昔のようには愛してもらえないのかな…。

セックスは、健全な婚姻関係にある夫婦にとってはごく普通の営みです。でもだからこそ、もう長らくセックスできていないことで、「自分たちの夫婦関係は破たんしているのではないか」と深刻に考える方もいます。

セックスをしないということをお互いが納得していて、セックスなしでも絆を深めることができているのなら何も問題はないのですが、夫婦どちらかがセックスレスに苦痛を感じている場合は、改善の余地があるでしょう。

日経DUALが行った「夫婦間のセックスは好き?」というアンケートの結果は以下のとおりです。

(引用:日経DUAL

好き」「どちらかと言えば好き」と回答した方が約7割弱と大半を占めていますが、裏を返せば3割もの方が、パートナーとのセックスに対し「嫌い」「どちらかと言えば嫌い」とネガティブに感じていることになります。

中には「セックス云々というよりそもそもパートナーに対する愛情がない」という方も…。

 

この記事は、

  • セックスレスを解消するためのステップ
  • セックスレスを解消した体験談
  • セックスレスと離婚の関係

などについて解説しています。

▼セックスレスに関連するこちらの記事も読まれています

セックスレスで別居を考えている人必見!知っておくべき3つの知識

セックスレスの慰謝料相場と離婚して高額請求する手順

不倫や浮気に走る原因はセックスレス!バレた時の対処法

結婚生活には様々なトラブルがつきもの…いざというときに備えませんか?

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。

弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

今まさに起こっている問題には対処できませんが、これから起こるリスクに備えることで、あなたが『安心』を得ることに繋がります。

詳しい資料の請求、よくある質問は下記よりご覧ください。

Cta_merci

KL2021・OD・173

浮気調査を検討中の方におすすめのサービス・探偵社4選
※全国・24時間対応/相談無料

調査料金を抑えたい方へ

街角相談所|探偵社の無料紹介/オンライン見積もりサービス

30秒で完了する7つの質問に答えるだけで簡単に見積もりを依頼できます。
他社の見積もり書ご提示でさらに安く調査可能な探偵社を紹介。
※パートナーの浮気に関するご依頼の場合、クリック後に”浮気調査”をご選択下さい。

>>調査料金を抑えたい方はこちら


複数の探偵社を比較したい方へ

探偵さがしのタントくん|お近くのおすすめ探偵社の無料紹介サービス
探偵さがしのプロが、優良探偵事務所(※1)の中から最適な探偵をご提案
※1:①探偵業の届出がある ②年間解決実績500件以上 ③調査員数15名以上

>>複数の探偵社を比較したい方はこちら


実績が多い、信頼ある探偵社に依頼したい方へ

原一探偵事務所|調査実績46年の老舗探偵事務所

年間相談実績5万人以上/調査実績46年の実績。
浮気調査後も前向きな人生を送っていただけるよう全力でサポート

>>信頼ある探偵社に依頼したい方はこちら


浮気されて辛い...誰かに話しを聞いてほしい方へ

探偵さがしのタントくん|不倫・浮気のお悩み電話相談窓口

利用料・通話料無料/お電話でパートナーの浮気に関するお悩みやご相談を受付中

セックスレス解消の秘訣はこれ!今日からチャレンジしたい4ステップ

セックスレスを解消するには、まずセックスへの抵抗感をなくし、それから無理のないセックスにチャレンジしてみて、慣れてきたら習慣化するという方法がおすすめです。各ステップについて詳しく見ていきましょう。

ステップ1:まずは徹底的に自分を磨こう!

パートナーと付き合っていると、心の結びつきは強くなります。しかし一方で、次第にパートナーに対して興奮しなくなってしまった…という人も多いです。

長らく一緒に過ごし心を許すようになると、だらしない身なりでいる姿や協力的でない一面を見せる機会もお互いに増えていくでしょう。これにより魅力が薄れていく、というパターンですね。

また、「結婚してから異性として見れなくなった」なんて話もよく聞きますよね?女性の場合は特に、妊娠~出産の過程を経て母親としての感覚が強まってくるため、今まで「異性」であった夫のことが「運命共同体」に感じられるようになってきます。

こんな風になるのは別段おかしなことではありませんが、やはりいつまでも異性として見てもらいたいのなら、自分磨きあえてすべてをさらけ出さない努力も必要です。

まずは同性として魅力を感じる芸能人やモデルさんのライフスタイルや美容法などを参考にして、日々の生活にちょっとずつ取り入れてみるのが手軽で良いかもしれませんね。

ステップ2:日常のスキンシップ・コミュニケーションを充実させよう!

セックスによるコミュニケーションも大事ですが、それ以外にも会話・ボディタッチ・キス・ハグなどによる日常のコミュニケーションも夫婦にとっては大事です。

むしろ、こうしたコミュニケーションすら自然にとることができていない状態でいざセックスをしようとしても、どこかぎこちなくなり、心も体も満足できず、「またしたい」という気持ちも起きなくなってしまいます。

日々の感謝、労いの気持ちを言葉にして伝え、夫婦がお互いの存在を尊重することも大切です。これらを抜きにして、一段飛ばしでセックスレスを解消するのは困難ですからね。

ステップ3:はじめのうちは時短セックスを意識しよう!

仕事、育児、家事などに疲れていると、セックスが面倒だと感じるようになってしまいます。確かに、事前にシャワーを浴びて、雰囲気を作って、長い時間かけて行為をして、終わったらまた体をキレイにして…この一連の流れは、ちょっと面倒ですよね。

思春期よりも性欲が衰えているはずですし、セックスをする分、寝る時間も遅くなってしまいがち。「性欲<睡眠欲や他の欲求」になってしまうのも無理はありませんね。しかし、時短セックスによって、いくらかこの問題を解消できるでしょう。

時短セックスとは言葉の通りですが、現在セックス前の準備から身なりを整えるところまでトータル1時間半かかっている場合は、その半分の45分で全てが終わるように工夫をしてみましょう。

例えば、今まで前戯を交代で行っていた場合は、シックスナインの体勢になり同時に行なうようにすれば、時間を半分に短縮できるでしょう。また、大人のオモチャを活用して挿入までの時間を短縮するのも有効です。

快感と疲労がセットなのがセックスですが、時短セックスならば「セックス=疲れる・時間がかかる・寝る時間が遅くなる」といったネガティブイメージがいくらか払拭され、もっと手軽にセックスを楽しむことができるようになります。

それでは味気ないと感じられた方もいるかもしれませんが、もちろん時短セックスは、セックスレスカップルがセックスに慣れるまでの、はじめのうちだけです。

また、いくら時短セックスとは言え、ムードをおろそかにしていいわけではありません。「ずっとこうしたかった」「本当に幸せ」など、雰囲気作りのための言葉は忘れないようにしてくださいね。

ステップ4:通常のセックスを習慣化させていこう!

ずっとセックスをしていない夫婦は、いざセックスをしようとしてもスイッチが入るまでに時間がかかり、それがストレスに感じることもあります。でも時短セックスを経て、通常のセックスにも慣れてきたら、あとは習慣化させるだけなので、セックスレスの完全解消までは秒読みですよ。

習慣化と言っても、いきなり毎日セックスしようとするのは難しいですし、慣れないうちからこのようなルールを設けてしまうと息苦しく感じてしまうかもしれません。

ですので、はじめのうちは「〇曜日はセックスする日」「お給料日と記念日はセックスする日」というように、比較的長めのスパンで行っていくのが良いでしょう。

セックスの積み重ねによって、かつて抵抗を感じていたセックスが当たり前のことになり、頭で考える前に自然と体が動くようになります。「セックスしなきゃ」という考えがストレスになることもありませんし、逆に、セックスをしないことに違和感を覚えるようになります。

ここまで来たら、セックスレスは解消されたと言っても過言ではありません。ステップ1からここまで、中~長期的に行なう必要がありますが、パートナーを尊重しながら、根気よく頑張りましょうね。

私はこうしてセックスレスを解消した!みんなのリアル体験談

ここでは、実際にセックスレスを解消した人の体験談をご紹介します。個人差がありますので、実践する・しないは別として、あくまでも参考程度にお読みください。

セックスレスを解消できた、Yさん(32歳女性)の体験談

「彼と付き合って1年経ったくらいから、セックスレスになりました。彼からたまに求められることがあっても私が気乗りせず、断り続けるうちに彼からの誘いも減っていきました。

私は別に彼のことが嫌いになったわけではなく、愛が情に変わった、という感じでしたので、毎回断るのも申し訳ないな…という気持ちがありました。

彼もこの状況をどうにかしたいという思いがあったようで、話し合いの末、月並みではありますが『とりあえず色々なシチュエーションでチャレンジしてみて、新たなときめきを発見してみよう』ということになりました。

ある時は彼が赤ちゃんや動物になりきってみたり、またある時はふんどし姿で日本男児になりきってみたり…、今思うと彼がとても頑張ってくれていましたね。

その甲斐もあってか、私はときめきを感じられるシチュエーションと出会うことができました。それから、さらにそのシチュエーションにハマるようになり、今では積極的に自分から誘うようになりました。

マンネリ化を防ぐ、ではないですけれど、変化をつけることって重要だな…と感じましたし、試行錯誤していく中で彼の想いにあらためて触れることができました。セックスレス期間があって、結果的には良かったな、と感じています。」

セックスレスを解消できた、インターネット上の体験談

浮気がきっかけでセックスレスを解消できた

パートナーにお金を払って…

セックスレス解消の鍵は手紙だった

 「やみくもにセックスしたいと要求していた時は、私が怒る側で妻が怒られる側、正義対悪、被害者と加害者という関係性を私が作ってしまっていました。だって、女性は愛されてしたいと思っているのに、『夫婦だったらセックスするのが当たり前、するべきだ』と主張して怒っている相手とするのはレイプさせろというようなものでしょう? そんな人としたいはずはない。対等で、互いに思いやりのある関係だからこそしたくなるのであって、そういうふうに『自分は被害者だ』『自分のほうが正しい』と考えるのをやめたことが、セックスレスを解消できた大きな理由の一つだと思います」

(引用:ヨミドクター|夫婦生活拒否された40代男性(3)ついに…妻が「お風呂一緒に入ろうか」

セックスレスの原因が病気の場合は

セックスレスを解消する上で、そもそもの原因を知っておくことも重要です。

「パートナーに魅力を感じなくなった」「疲れもあっておろそかになってしまった」など精神的なものが原因のセックスレスは、深刻ではないというわけではありませんが、前述したセックスレス解消のための4ステップを実践すれば、時間はかかっても改善に向かうでしょう。

一方で、下記のような病気によるセックスレスの場合は、適切な治療のもと、病気を改善するのが先決です。

  • 男性器不全
  • うつ病
  • 発作
  • 感染症

まずは2人で話し合いを行った上で、専門医にも相談してみてください。性的な悩みはなかなか人に相談しにくいものですが、本気でセックスレスを解消したいのであれば、勇気を出してサポートを受けるべきでしょう。

セックスレスが原因で離婚する夫婦は年間5,000組以上!中には慰謝料請求するケースも?

いくら夫婦と言っても、望まないセックスに無理に応じる義務はありません。しかし、長らく一方が拒絶し続けると、それが原因で夫婦関係の信頼関係にヒビが入り、離婚を誘発してしまう可能性があります。

平成28年度の司法統計で、セックスレスを原因に離婚を申し立てたのは

  • 夫:2,407人…全体の6.1%
  • 妻:3,465人…全体の3.5%

と公表されています。つまり、年間で5,500組以上の夫婦が離婚していることになります。

(引用:司法統計)※赤枠部分は弊社記載

中には、セックスレスによる離婚慰謝料請求が行われるケースもあります。(参考:慰謝料算定の実務|ぎょうせい)ただし、セックスレス期間が1年未満の場合は、慰謝料請求が認められないことも多いようです。

やはり深刻なセックスレスは放置せず、今後の将来を考え早急に対処すべきでしょう。

セックスレス状態が一向に解消される見込みがなく、すでに離婚の話が出ているような場合は、カウンセラーや弁護士などに相談してみるのも一つの手段です。

まとめ

この記事では、セックスレスの解消法や体験談、離婚との関係性などについてご紹介しました。

無理にセックスをしても根本的な解決にならないので焦る必要はありません。まずは、日常的な会話を楽しむところからスタートしてみてくださいね。

お互いに理解を示し、尊重し合い、協力的な姿勢でいることは、セックスレスの解消だけでなく、今後良好な婚姻関係を継続していくためにとても大切なことです。

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

夫婦問題に関する新着マガジン

夫婦問題に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

夫婦問題マガジン一覧へ戻る