共感できる?旦那が嫌いでたまらない理由とストレス発散方法まとめ

~いざという時の備えに~離婚マガジン

ホーム > 離婚マガジン > 夫婦問題 > 共感できる?旦那が嫌いでたまらない理由とストレス発散方法まとめ
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
離婚マガジン
公開日:2019.3.19  更新日:2021.4.7

共感できる?旦那が嫌いでたまらない理由とストレス発散方法まとめ

Danna kirai

最初はあんなに仲が良かったのに、今は旦那が嫌いでたまらない!」そんな方も恐らく少なくないでしょう。

長く夫婦生活を続けていると、お互いの嫌なところも見えてくるものです。

今回はインターネット上で見つけた「旦那が嫌いでたまらない理由」や「ストレス発散方法」を集めてみました。あなたは共感できますか?

結婚生活には様々なトラブルがつきもの…いざというときに備えませんか?

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。

弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

今まさに起こっている問題には対処できませんが、これから起こるリスクに備えることで、あなたが『安心』を得ることに繋がります。

詳しい資料の請求、よくある質問は下記よりご覧ください。

Cta_merci

KL2021・OD・173

旦那が嫌いな人の割合

しらべえ」というサイトで全国20代から60代の既婚者を対象にパートナーへの気持ちのアンケートを行いました。

気持ち 男性 女性
大好き 32.7% 30.3%
まあ好き 48.8% 44.0%
あまり好きではない 12.5% 17.2%
嫌い 5.9% 8.5%

参考:夫・妻が好きな人・嫌いな人の割合は?年代別では残念な傾向も…

このアンケートによると旦那が嫌いな人の割合は「8.5%」です。約12人に1人は旦那が嫌いという計算になります。 まあ旦那が嫌いでも珍しくはない。という感じではないでしょうか。

女性の方がパートナーを嫌いになるパーセントが高いので、やはり女性の方が夫婦生活においてストレスが溜まりやすいのかもしれません。

【関連記事】日本の夫婦の離婚率|離婚原因からみる今後の対策方法まとめ

旦那が嫌いでたまらない理由7選

1、家事・育児を手伝わない

旦那が嫌いになる理由として一番目立っていたのが「家事や育児を手伝わない」ということです。特に「俺は働いているから。」みたいな態度を取られるとどうしてもイライラしてしまいますよね。

2、価値観が違う

3、稼ぎが悪い、働かない

仕事への向上心がない、そもそも働かない。という人は「男性としての魅力」にも欠けますよね。また、生活に余裕がないと、どうしても余裕がなくなり上手くいかないものです。

4、口が悪い

5、浮気癖がある

夫の浮気について痛い目を見せてやりたいのですが。 昨年、地元の同窓会に行ってからずっと浮気が続いています。 自分が浮気をしているのに常日頃から私に不満をぶつけて来るようになりました。共働きで家事もしているのにホント何なんでしょうか。

引用元:夫の浮気について痛い目を見せてやりたいので|Yahoo!知恵袋

6、単純に愛情がなくなった

妊娠15w、夫が嫌いになりそうです。 過去に早期流産を経験し、現在やっと15wになりました。 毎日お腹の子が愛しくて仕方ありません! ですが、だんだんと夫が嫌になってきて毎日苦しくもあります。

引用元:妊娠15w、夫が嫌いになりそうです。

子供の出産などがあると、どうしても愛情が子供の方にいってしまいます。 そういうタイミングで「夫を愛せなくなった。」という人は多いようです。

7、生活マナーが悪い

旦那が嫌いでたまらない人のストレス発散方法

旦那の行動や言動でイライラする、なにか仕返ししないと気が済まないということはよくありますよね。 SNSなどで見かけた旦那に対するストレス発散方法をご紹介します。

まとめ

旦那が嫌いな理由やストレス発散方法をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

共感できるところはありましたか?

旦那にイライラすることは多くあるとは思いますが、ストレスと上手に付き合い、夫婦生活をなるべく円満にしましょう。

夫婦問題に関する新着マガジン

夫婦問題に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

夫婦問題マガジン一覧へ戻る