ホーム > 離婚コラム > 離婚原因 > 不倫や浮気に走る原因はセックスレス?バレた時の対処法
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
2019.7.25

不倫や浮気に走る原因はセックスレス?バレた時の対処法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%80%ab
この記事のPOINT
 こんなことがわかります
  • 不倫を疑われたら、不倫相手と別れましょう。
  • 不倫をすぐに認めたほうが、慰謝料が安くなる可能性があります。
  • 慰謝料の相場は150〜300万円です。
  • 不倫が親権獲得に直接的に影響することはありませんが、子供から親権者としないよう希望がなされる可能性はあります。
  • 慰謝料を請求された場合は弁護士に相談しましょう。
パートナーの浮気調査を考えている方は…

パートナーの浮気が真実なら、「離婚したい」「慰謝料請求したい」「浮気相手を遠ざけたい」とお考えの方は、言い逃れができない決定的な浮気の証拠を武器に主張を通す必要があります。
 

そもそも、本当に浮気調査が必要なのかどうかも含めて、まずは浮気調査のプロである探偵から、アドバイスをもらってみませんか?

浮気調査の無料相談はこちら

セックスレスと不倫は一見関係のあることのように感じられますが、意外にも性生活の満足度と浮気率はあまり関係がないようです。

相模ゴム工業株式会社の調査である『ニッポンのセックス』の最新データ2018年版を参考にした下表をご覧ください。

 

 

【参考】相模ゴム工業株式会社|ニッポンのセックス

 

表は、性生活への満足度が低い県と高い県の浮気率を男女別でまとめたものです。いずれも、性生活が低いから浮気をするとは言えませんし、しないとも言い切れない結果です。

 

これ以外にも県民性的な部分が関係しているのかもわかりませんが、セックスレスだから浮気をするとは結論付けられないでしょう。

 

 

セックスレスから不倫に発展してしまうと、最初は軽い気持ちでも、気づいたときにはすごく好きになってしまったということも珍しくありません。最終的に離婚を決意してしまう方もいるでしょう。

この記事では、セックスレスが原因で不倫をしてしまった方の実体験や、不倫を疑われた場合の正しい対処法、離婚のための知識などをご紹介します

不倫・浮気をして慰謝料を

請求された方へ

慰謝料を請求された際に、弁護士へ依頼することで、一部ではありますが以下のようなメリットがあります。


・慰謝料を適正額までの減額が期待できる
・話し合いを早期にまとめ
・弁護士が面倒な手続きなどを代行してくれる

 
まず、弁護士に依頼するとあなたにどのようなメリットがあるのか具体的に相談してみることをオススメします。
 
当サイト『離婚弁護士ナビ』は離婚問題解決を得意とする弁護士を掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

慰謝料減額交渉や離婚問題解決が得意な弁護士を探す

初回面談料無料の事務所も多数掲載!

北海道
・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

セックスレスで不倫に走ってしまった実体験

セックスレスで誘っても拒否されてしまい、配偶者からの愛情を感じられない、性的欲求が解消されないと、他の人に目移りしてしまうこともあるでしょう。

ここでは、実際にセックスレスが原因で不倫に走ってしまった方の実体験をご紹介します。

【関連記事】
妻の浮気や不倫を見抜く方法と妻の不倫が発覚した後にすべき行動
夫の不倫を疑う瞬間!不倫発覚後に妻がすべきことまとめ
不倫と浮気の違いを徹底解説!不倫のきっかけと慰謝料を請求する手順

セックスレスと不倫について

5年半夫の拒否でセックスレスです。まだ20代なのに女性として扱って貰えず、家にも帰ってこない夫に貞操を守り続ける事に疑問を抱き、自暴自棄になり、レス五年が経った時、仕返しのつもりで三人の男性と関係を持ちました。今は、その内の1人の方とまだ続いています。

不倫はいけない事だとわかっています。でも、そうでもしないと心の均等を保てないんです、、、。(引用:Yahoo!知恵袋)

旦那とセックスレスで不倫をした私…

付き合ってから結婚するまでの一年間最後までセックスをしたことがありませんでした。子供は欲しいみたいで一応2回だけしましたが、子供を作る為だけにしているような作業的なセックスです。

その時、昔の仕事仲間の人と会ってしまいました。昔自分がとても大好きだった人です。その人と3回、1年以内に関係をもちました。

自分が間違ったことをしているのはわかっていますが、自分だけが悪いのかと開き直りたくなる気持ちが抑えられません。(引用:旦那とセックスレスで不倫をした私は理由がなんであれ最低な人間ですか?|Yahoo!知恵袋)

セックスレスから不倫をしてしまった

20代の夫婦ですが、付き合いは長いですが結婚歴は5年程度で子供が1人います。セックスの頻度は月1回もないです。

昔から妻は自分から積極的ではなかったですが、もうずっとセックスレスが続いています。

まだ、20代の夫はそれに耐えかねて、サイトで知り合った女の子と恋愛関係になり、一線を越えてしまいました。(引用:セックスレスから不倫をしてしまい|Yahoo!知恵袋)

不倫を疑われた場合にすべきこと

不倫を疑われた場合、多くの人は「知られたくない」と思うでしょう。しかし、必死に隠そうとすると、配偶者の心証を悪くするかもしれません

ここでは、不倫を疑われた場合にすべきことをご紹介します。

不倫相手と別れる

不倫を疑われたら、まず不倫相手と別れましょう。配偶者に不倫が知られたときに、まだ関係が続いている状態よりは、すでに終わっている状況の方が、配偶者の心情的にもよいのではないでしょうか。

また、不倫相手との縁がすでに切れていることを証明できれば、即離婚ということを回避できるかもしれません。

【関連記事】
不倫相手と別れたい方は必見|不倫相手と穏便に別れる方法
不倫相手と別れられない原因と自分を律して別れる為に大切なこと

今後の夫婦関係について考える

不倫が疑われるのは、今後のことを考えるよい機会かもしれません。このまま、セックスレスの配偶者と生活していくのか、慰謝料を払うのも覚悟して、離婚に踏み切るのか…。

配偶者と不倫相手、どちらも取ることは難しいでしょう。もし、不倫の末にご自身または不倫相手が妊娠してしまったら、取り返しがつかなくなります。

また、夫婦間に子供がいる場合、子供への影響などが気になるところでしょう。しかし、一方の親が不倫をしている事実は子供の教育上よいとはいえません

子供が独立した後の離婚でも、子供に影響や迷惑がないわけではありません。一度、ご自身がどうしたいのかしっかり考える必要があります。

1人で答えがでないのであれば、心療内科などでカウンセリングを受けるのもよいでしょう

関連記事

妻と離婚したい夫は必読|夫が妻に離婚を納得させる方法
旦那と離婚したい妻は必見|旦那とすぐに離婚する上手な方法
離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法
離婚と子供|離婚前に確認すべき子供への悪影響と対策の全て

不倫の事実を隠さず自白して謝罪する

隠し通すにも限界があるので、自白し誠実に謝罪することをおすすめします。すぐに認めた方が夫婦関係の悪化が防げるというデータもあるようです

逆に、認めなかったりごまかしたりしてしまうと、夫婦関係は悪化してしまうとのこと。必死に証拠を隠そうとする行為は、かえって配偶者の不信感をあおってしまうのかもしれません。

また、慰謝料を請求された場合、隠した事実がマイナスに考慮され、慰謝料が高くなる可能性もまったくないとは言えません。

慰謝料減額交渉や離婚問題解決が得意な弁護士を探す

初回面談料無料の事務所も多数掲載!

北海道
・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

不倫した人が配偶者と離婚したい場合の離婚知識

セックスレスの配偶者より、不倫相手の方が好きになってしまったなど、離婚を決意する方もいるでしょう。ここでは、不倫をした方が離婚するための知識をご紹介します。

不倫した側からの離婚請求は認められない?

不倫などの不法行為をした配偶者は『有責配偶者』と呼ばれます。裁判になった場合、基本的に『有責配偶者』からの離婚請求は認められていません

そのため、話し合いにおいて配偶者から離婚を拒否されたら、離婚したくてもできないという状況になる可能性もあります。

したがって、不貞行為をした当事者は相手配偶者が離婚について同意しない場合は基本的に離婚はできないと考えた方がよいでしょう。

もちろん、不貞行為をした配偶者が夫婦関係の再構築に努めているのに、相手配偶者が不貞行為の事実を執拗に責め続け、長期間にわたって夫婦間の扶養義務や同居義務に違反する行為をくり返すような場合には、相手配偶者も有責であるとして離婚が認められる可能性はあります。

しかし、これもケース・バイ・ケースですし、不貞行為を行った配偶者が夫婦関係の再構築に努めたと認定される必要もあると思われます。

不貞行為者が自身の希望で即離婚ということは無理と考えましょう

【関連記事】
セックスレスで別居を考えている人必見!知っておくべき3つの知識
離婚するベストなタイミングと上手な離婚の切り出し方

慰謝料請求される可能性が高い

離婚の有無・可否とは別に、不貞行為を行った配偶者は相手配偶者から不貞行為に係る慰謝料を請求される可能性があります。

仮に離婚した場合であれば、慰謝料額は150〜300万円となる可能性もあります。

不貞行為は相手配偶者に対する明確な不法行為を構成しますので、この支払いを法的に免れることは難しいでしょう

もっとも、相手配偶者から不当に高い金額で請求されることもありえます。困った場合は、弁護士へ相談してみましょう。

代理人を通じた話し合いによって、慰謝料を適正な範囲で落ち着かせることができるかもしれません

どうしてこうなってしまったんだろう…

お互い大切に思って結婚したのに、いつの間にかセックスレス、そして不倫。「どうしてこうなってしまったんだろう…」とあなたはすごく後悔していたり、自分だけが悪いのだろうかと疑問に感じていたりするかもしれません。

お悩みによって、相談できる窓口も異なります。こちらの記事を参考にしてみてください。

不倫の慰謝料について無料相談できる窓口と弁護士が教えるよくある相談

【関連記事】
不倫の慰謝料を請求されたら|減額・請求回避の手順を解説
離婚時に慰謝料請求された人必見!減額する3つのポイント
離婚慰謝料を請求された際に出来るだけ減額する4つの方法

不倫は親権獲得に直接は影響しない

不貞行為を行ったことは、それ自体、親権獲得に直接的に影響することはありません

不倫をしていても、子供の監護(そばで世話をすること)に問題がないのであれば、十分親権者になり得ます。

ただ、子供の立場からすると、家庭を壊した親についていきたくないと思ってしまうかもしれません。

子供から不貞行為者を親権者としないよう希望がなされる可能性はあります。

また、不貞行為にかまけて養育が長期間おろそかになっていたという場合や、子供の養育を放棄していたという場合は、親権の帰属に相当程度影響する可能性がありますので、注意しましょう。

親権についての関連記事
離婚調停で子供の親権争いを有利に進める為の対策まとめ
離婚の際に親権を獲得したい父親が知っておくべき全知識
離婚時に親権の獲得は弁護士に相談すべき理由と準備すべきこと
関連記事

不倫相手が子供を妊娠した際ゼッタイに知っておくべき事
ダブル不倫(W不倫)の慰謝料相場と慰謝料請求を確実に成功させる全知識
離婚弁護士の選び方マニュアル|優秀な弁護士を選ぶ8つのポイント
離婚に必要な弁護士費用はいくら?支払う際の3つの注意

まとめ

セックスレスの原因が配偶者にあったとしても、不倫はいけないことです。軽い気持ちではじめたとしても、のめり込んでしまい家庭や信頼関係を失ってしまうかもしれません。

もし、不倫に走ってしまい配偶者と離婚したい、慰謝料を請求されてしまったという場合は弁護士に相談しましょう

当事者のみの話し合いでは、もめてしまうこともあるでしょう。弁護士を挟むことで、スムーズに解決できるかもしれません。

不倫・浮気をして慰謝料を

請求された方へ

慰謝料を請求された際に、弁護士へ依頼することで一部ではありますが以下のようなメリットがあります。


・慰謝料を適正額までの減額が期待できる
・話し合いを早期にまとめ
・弁護士が面倒な手続きなどを代行してくれる

 
まず、弁護士に依頼するとあなたにどのようなメリットがあるのか具体的に相談してみることをオススメします。

 
当サイト『離婚弁護士ナビ』は離婚問題解決を得意とする弁護士を掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

パートナーの浮気調査を考えている方は…

パートナーの浮気が真実なら、「離婚したい」「慰謝料請求したい」「浮気相手を遠ざけたい」とお考えの方は、言い逃れができない決定的な浮気の証拠を武器に主張を通す必要があります。
 

そもそも、本当に浮気調査が必要なのかどうかも含めて、まずは浮気調査のプロである探偵から、アドバイスをもらってみませんか?

浮気調査の無料相談はこちら

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

離婚原因に関する新着コラム

離婚原因に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚原因コラム一覧へ戻る