ホーム > 離婚コラム > 慰謝料 > 不倫相手と穏便に別れる3つの方法|別れる際の注意点
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2018.6.3  更新日:2022.3.23

不倫相手と穏便に別れる3つの方法|別れる際の注意点

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
Pixta 33509739 s
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn

不倫を続けていたものの、家族にバレそう、つらくて不倫相手と別れたいと思う人も多くいます。

別れた後にトラブルを発生させないためにも、不倫相手との別れ方は非常に重要です。不倫相手はあなたの家庭や会社に対して「不倫した」という弱みを握っているといっても過言ではありません

そのため、相手をひどく傷つけたり、遺恨を残すような別れ方は絶対に避けましょう。この記事では、不倫相手と穏便に別れる方法や伝え方について紹介します。

当サイト「離婚ナビ」からの相談実績12万件超

電話で無料相談可能な事務所を多数掲載

不倫慰謝料が得意な弁護士を探す↓

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
この記事に記載の情報は2022年03月23日時点のものです

不倫相手と穏便に別れる3つの方法

不倫相手と穏便に別れる方法

ここでは、不倫相手と穏便に別れる3つの方法を紹介します。

なお別れる方法については、不倫相手の性格を考えた上でどの方法が一番いいかを選択しましょう。

①不倫をやめたいことを正直に伝え連絡を絶つ

相手が不倫している自覚を持っているのであれば、正直に別れたい旨を伝え不倫関係を解決しましょう。

辞めたい理由としては、独身の方なら「恋人ができた」既婚者の方であれば「子供のために時間を使ってあげたい」など、不倫相手と一緒では実現できないことを伝えるのがおすすめです。

また、一方的に関係の解消を伝えて連絡を絶ってしまうと、しつこく連絡が来てしまう可能性があります。相手が承諾するのを確認した上で連絡を絶ちましょう。

ただし、このような方法は不倫を悪いことと思っていない、自己中心の人に対してはあまり効果がないかもしれません。別れたいといっても「なんで?」と押し問答になる可能性もあるので、注意が必要です。

②返信回数を減らし自然消滅を図る

自然消滅も不倫相手と有効な方法です。返信回数を減らし、連絡を取り合わない期間を設けましょう。もし、頻繁に連絡を取り合っていない状況であれば、お誘いのデートを理由をつけて断り続けることも重要です。

連続で断り続けることで相手も別れを察しますし、自然消滅できます。

ただし、相手が非常に粘着質の場合、返信回数を減らしたことで逆に連絡回数が増える可能性もあるため、注意しましょう。

③物理的に距離を作り会えないようにする

不倫相手と穏便に別れるには、物理的な距離を作ることも重要です。

物理的に会えなくなれば、自然と会う回数も減り不倫相手と別れるきっかけを作ることができます。

また、不倫相手には引っ越し先や転職先を絶対に教えてはいけません。教えてしまえば、理由をつけて会いに来られてしまい、ますます不倫の沼にはまる可能性があるからです。

不倫相手と別れた体験談

実際に、不倫相手とはどのように別れているのでしょうか。ここでは不倫相手との別れ方について紹介します。

独身同士の恋愛と同じ感覚で別れを告げました

不倫相手には全てこちらから別れを告げましたが、家族を理由にしたことはありません。

結局遊びだった、結局2番なんだと思わせると、相手にとって、こちらが相手から奪った時間が全て無駄だったと思わせてしまいますから。あくまでも、恋愛なら恋愛として終わったという事にしています。独身同士でお別れするのと同じ理由と感覚でお別れをしています。その方がこちらにとってもリスクが少ないですし、相手にとっても心の傷がなくて済みますから。(引用:Yahoo!知恵袋)

男性からの投稿ですが、変に身構えずに独身同士の恋愛感覚で別れを告げるのはよいかもしれません。

物理的に離れて不倫を終わらせた

独身の時の不倫相手はこちらからサヨナラしました。丁度私が隣の市(JRで1時間10分、車で1時間40分位の距離)に転職の為に引ッ越ししたからです。物理的に離れてしまえば意外と辞め易いんですよ。(引用:Yahoo!知恵袋)

物理的に離れるのは、別れを切り出すきっかけになりますし、自分の未練も少なくさせてくれる可能性もあるでしょう。

ずっと放置して自然消滅した

削除もラインブロックもしなかったです。ただただ放置。逆恨みも怖いしね。

できれば向こうも空気を読んで「別れたんだ」と思ってくれたらいいのに、鈍感なのか「元気~?」って時々連絡が来る。(引用:Yahoo!知恵袋)

相手がセフレと思っている場合は放置でも問題ないかもしれません。相手との関係もよく考えて対応すべきでしょう。

不倫相手と別れたい人が絶対にしてはいけない伝え方

不倫相手と別れると決めた場合、以下のような伝え方は絶対にしてはいけません。

回りくどい言い方で別れを伝える

論点が伝わらないので、単刀直入に別れを告げましょう。男性のプライドや気持ちを傷つけたくないと考えると、話が回りくどくなる場合があります。しかし、回りくどい言い方だと丁寧に説明したつもりでも、何を言いたいのか相手に伝わりません。

なかには、別れを切り出されていると気づかない男性もいるでしょう。

また、話が回りくどいと反論の余地があり、男性とうまく話がまとまらない上にまるめ込まれてしまう可能性があります。別れるためには、意志を明確に伝えるようにしましょう。

迷っている・未練があることを伝える

言葉の端に別れへの迷いや未練があると、不倫相手は関係を続けられる余地があると考えてしまいます。

そうすると別れ話をしていたつもりが、知らぬ間に相手に丸め込まれて関係を続けることになる可能性があります。

別れ話をする際は、あらかじめ自分の中でしっかりと「別れる」と決意を固めて臨みましょう。覚悟していないと、甘い言葉で押し切られてしまう可能性があります。きっぱりと別れたいことを伝えましょう。

不倫相手がすんなり別れてくれない理由と対処法

別れを切り出してもすんなり別れてくれないことも珍しくありません。ここでは、別れてくれない理由と対処法を紹介します。

不倫相手が別れてくれない2つの理由

不倫相手に別れを切り出しても引き止めてくる時の理由は、2つ挙げられます。

  1. バレていないのに都合の良い相手を失いたくない
  2. あなたを本気で好きになっている

多くの不倫する男性は、不倫相手は都合の良い女性と思っています。現状バレていないのであれば、簡単に手放すのは惜しいと考えるでしょう。引き止めたり「妻とは離婚する」などと言ってきても、本当にあなたのことが好きとは限りません。

ただし、なかには相手を本気で好きになっている場合もあります。もしそうだったときには、あなたが別れたいと考えていたとしても、関係を続ける方向性に気持ちがシフトするかもしれません。

ただ、不倫は多くの人を傷つけます。相手の気持ちによって意志が揺らいだ場合は、あなたがどうしたいのかをじっくり考えることが必要です。

不倫相手が別れてくれない場合の対処法

不倫相手に別れを告げても別れてくれない場合、自然消滅もしくは引っ越しなどによる物理的に距離をとって離れるしかありません。

最終手段になりますが、付き合っている恋人との子供ができたなど、子供ができたことを伝えてみましょう。肉体関係が目的の場合、関係の継続は難しいためあっさり別れられる可能性があります。

なお、別れてくれないからと言って、「あなたの妻にばらす」「会社にばらす」と脅すのは絶対にやめましょう。余計にトラブルに発展する恐れがあります。

不倫相手と別れる際によくあるトラブルと対処法

不倫相手と別れる際によくあるトラブル不倫相手に別れを切り出しても、相手男性がそれを頑なに拒んでトラブルに発展してしまうケースがあります。ここでは、よくあるトラブルと、その対処法についてご紹介します。

関係を続けるよう脅された場合の対処法

振られた経験の少なかったりやプライドが高かったりする場合、別れを切り出した際に脅してくることもあります。

不倫はやめなければと考え、別れを切り出したところ(後輩のことは伝えていません)、奥さんと離婚の準備はしていて、成立したと…。以前より夫婦仲は悪かったようですが…。別居もしていて。 おれは離婚もしたのに、私とも別れたらこの先どうするんだと…。納得できないと。どうやら、もう一人の不倫相手とも気がついたら別れていたようです。私は、決して離婚してほしいとか、結婚したいとか言ったわけではありません。俺に償えと…。 今まで、女性に振られた経験がないらしく、かなりショックを受けているようです。(引用:Yahoo!知恵袋)

弱みなどを盾に不倫関係を強要する場合、「強要罪」に該当する可能性があります。強要罪とは、暴行や脅迫を用いて相手に義務のないことを強要する行為です。

不倫関係を続けることは「義務のないこと」に該当します。いつ、何を言われたかできるだけ詳細に記録をしておきましょう。できれば録音など相手が言い逃れできない証拠を確保しておくことをおすすめします。

証拠がなくとも、これ以上しつこくする場合は警察に相談するなどと伝えれば、やめさせることもできるでしょう。

もし、逆恨みが恐ろしい場合は証拠を確保できたら、弁護士を通して接触禁止の交渉を行ってもらえるかなどを相談してみましょう。

【強要罪について詳しくはこちら:強要罪の成立要件

別れた後にストーカーされた場合の対処法

男性側に未練や執着があると、別れた後にストーカーになる場合があります。別れ話によって強くプライドを傷つけられた意識があると、腹いせで嫌がらせに発展することもあるでしょう。

ストーカー行為は家や会社の前での待ち伏せから、大量の着信、不快なものの送付などさまざまです。また復縁を求めてくるだけでなく、脅迫してくることもあります。

そのまま我慢していると、さらに行動がエスカレートしかねません。身の危険を感じる場合は我慢せず、警察へ相談しましょう。

警察の電話相談窓口は「#9110」です。110番は事件や事故などすぐに警察官に来てもらう必要がある場合に使用する番号であるのに対し、#9110番は緊急性が低い場合に使用する番号となります。今すぐ警察官に来てほしい時以外は、#9110番を使って相談しましょう。

まとめ

恋愛感情や執着がある場合、不倫相手とすんなり別れるのは難しいでしょう。

不倫相手との別れはつらいですが、ずっと続けること精神的に疲れさせます。また、万が一ばれた場合、今まで築いてきたものをすべて失いことになりかねません。

別れたいものの踏ん切りがつかない場合、一度冷静になってリスクや今の生活が本当に充実しているといえるのかを考えましょう。

もし、不倫がバレ慰謝料請求された場合は弁護士に相談することで減額交渉を行ってもらえます。無料相談してみましょう。

※今すぐ弁護士に相談したい方は、以下よりお住まいの地域ご選択ください。

初回の面談相談無料の事務所も多数掲載!
東京
大阪
愛知
神奈川
その他
現在営業中
 assets common cta columns detail chevron right 393939
Office info 202011122014 151 w220
東京
港区
【緊急性が高い不倫・離婚は】伊倉総合法律事務所

  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
【高額な不倫慰謝料の請求を受けている/離婚調停を申し立てられた/弁護士から連絡があった】など緊急性が高い方は今すぐご相談を!◆不倫慰謝料/離婚調停の実績豊富な弁護士が不利にならないよう迅速対応
地図を見る
地図を閉じる
事務所へのお問い合わせはコチラから
Cta columns detail call icon
050-5228-2475

受付時間: 10:00〜18:00

【東京都】他の弁護士事務所を見る
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202011122014 151 w180 【緊急性が高い不倫・離婚は】伊倉総合法律事務所

【高額な不倫慰謝料の請求を受けている/離婚調停を申し立てられた/弁護士から連絡があった】など緊急性が高い方は今すぐご相談を!◆不倫慰謝料/離婚調停の実績豊富な弁護士が不利にならないよう迅速対応

事務所詳細を見る
Office info 202203281134 66821 w180 シティクロス総合法律事務所

【初回相談60分無料】離婚問題・男女問題で悩まれている方へ◆離婚後の生活も見据えて最善のご提案をいたします◆平日夜間・休日も対応◎!まずはお電話にてご面談予約ください【不倫慰謝料財産分与養育費など】

事務所詳細を見る
Office info 201912270953 26671 w180 清水法律事務所

●夜間・休日対応●夫婦カウンセラー資格有●キッズルーム有●【30代・40代の離婚案件の実績豊富】離婚する決意をした方、財産分与で揉めている方、不倫の慰謝料請求を検討している方などぜひご相談ください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気コラム

慰謝料の関連コラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る