法定離婚事由とは|裁判離婚で必要な5つの条件

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
法定離婚事由とは|裁判離婚で必要な5つの条件
キーワードからコラムを探す
離婚コラム
2018.2.5
離婚調停 弁護士監修記事

法定離婚事由とは|裁判離婚で必要な5つの条件

Pixta_20152299_m

法定離婚事由(ほうていりこんじゆう)とは、民法第770条によって規定された、裁判で離婚する際に必要となる5つの理由(原因)のことを言います。

 

(裁判上の離婚)

第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用元:民法第770条

 

日本の離婚方法としては、約9割が協議離婚という、夫婦の話し合いのみで離婚すると言われていますが、この協議離婚が成立しない場合に調停離婚、裁判離婚と進んでいきます。

 

調停離婚までであれば離婚理由は問われませんが、裁判まで進行してしまった場合、法定離婚事由に該当する項目がないと、離婚することができないとされています。

 

そこでこの記事では、離婚を検討されている方が、離婚できる・できない理由について徹底解説していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

 【目次】
法定離婚事由に該当する5つの理由(原因)
不貞行為
悪意の違棄
配偶者の生死が3年以上明らかでない
強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
その他婚姻を継続し難い重大な事由
裁判離婚の手続き方法
裁判の訴えを提起する先
必要書類
訴訟費用
判決後の流れ
離婚をする時の注意点2つ
離婚原因を作った配偶者からは原則として、離婚請求できない
性格の不一致だけでは裁判離婚はできない
法定離婚事由に該当するか分からない時は弁護士に相談する
まとめ

 

 

法定離婚事由に該当する5つの理由(原因)

不貞行為

配偶者のある者が配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係を持つことを言います。一般的には「不倫」といわれる行為が該当します。

 

浮気との違い

不倫も浮気も「パートナーの信頼を裏切る」という点では同じ意味ですが、不貞行為と浮気の大きな違いは「婚姻関係の有無」です。不貞行為ははっきりと「配偶者ある者」と明記されています。

 

不貞行為があれば慰謝料請求が可能

また、不貞行為をしていた証拠があれば慰謝料の請求も可能です。ただ、不貞行為があっても夫婦関係の破綻に至ってないケースでは離婚できない場合もあるので注意してください。

 

【関連記事】不貞行為とは|離婚で重要な不貞行為を証明する5つの証拠

 

悪意の違棄

悪意の違棄(あくいのいき)とは、民法第752条で定められた、「夫婦の義務を放棄」することとされています。

 

(同居、協力及び扶助の義務)

第752条 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

引用:民法第752条

 

ここでいう「夫婦の義務」とは、夫婦が日常生活や経済面で協力し、自己と同程度の生活を配偶者にも保障することが求められているとされています。

具体的にどういった行動が「悪意の遺棄」に該当するのか、以下で詳しく解説します。

 

悪意の違棄となる行動

配偶者に生活費を渡さない

悪意の遺棄に該当する行為の中でも、もっとも多い離婚理由とされています。

理由も無い同居拒否

なんとなく一緒にいたくないなどの、明確な理由がない場合に該当します。

頻繁に家出を繰り返す

家出をした結果、家事や仕事に影響を与えてしまう場合などが該当します。

配偶者を虐待して追い出す

扶助義務、協力義務、同居義務の全てに違反しているケースとなります。

浮気相手のところで生活

不倫にも該当しますので、慰謝料は高額になりやすい行動例となります。

姑との折り合いが悪く実家に帰ったまま帰ってこない

いざこざをおこしたまま実家から帰ってこないのは同居義務違反になりえます。

健康な夫が働こうとしない

理由もないのに働かないことは離婚原因となります。

一方が全く家事を手伝おうとしない

全く手伝わないことでストレスを感じさせているようなら、悪意の遺棄に該当する可能性は高くなります。

 

生活費を渡しても自分のために全部使うという行為も悪意の遺棄になる場合がありますので注意しましょう。

【関連記事】悪意の違棄となる行動と獲得できる慰謝料の相場

 

悪意の遺棄とはならない行為

  1. 単身赴任による必要な別居
  2. 配偶者のDVなどに耐えかねてする別居
  3. 夫婦関係を見直す為の別居
  4. 子どもの教育上必要な別居
  5. 治療のために必要な別居
  6. 夫婦関係が破綻したゆえの別居 など

 

配偶者の生死が3年以上明らかでない

  • 最後の音信、消息があった時から起算して3年経過していること
  • 生死不明であるという客観的な証拠があること

 

上記の2点に該当していれば離婚の請求が可能です。「生死不明であるという客観的な証拠」とは、警察への捜索願いの提出や、配偶者の知人や勤務先から生死不明であることの陳述書を提供してもらうなど、発見できなかった事を証明する必要があります。

 

3年以上の生死不明の離婚手続き1:離婚裁判

3年以上の生死不明の場合、協議離婚、調停離婚では離婚ができません。協議離婚や調停離婚はお互いの「話合い」の上で成立する離婚手続きとなる為、3年以上の生死不明の場合は離婚裁判をすることになります。

(※通常は調停前置主義といって、調停を経ることなく裁判をすることはできません。)

 

なお、この方法で離婚した場合、例え離婚成立後に相手の生存・所在が確認できたとしても、判決が変更になったり取り消しになることはありません。

 

3年以上の生死不明の離婚手続き2:失踪宣告

失踪宣告とは、法律的に行方不明の配偶者を死亡したことにする制度のことです。

この失踪宣告を利用する場合、以下の2点のどちらかに該当する必要があります。

 

  1. 蒸発のような一般的な行方不明の場合、その状態が7年間継続していること
  2. 戦地に赴いていたり、舟が沈没したり、飛行機事故に遭ったりなど、特別な危機に遭遇した場合は、行方不明になってから1年間その状態が継続していること

 

(失踪の宣告)第三十条 

1  不在者の生死が七年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。

2  戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後一年間明らかでないときも、前項と同様とする。

(引用:民法第30条)

 

【関連記事】3年以上の生死不明とは|離婚に関する基礎知識

 

強度の精神病にかかり、回復の見込みがない

配偶者が精神病にかかり、回復の見込みがない場合で、上述した夫婦の義務を果たせない状態であれば離婚は可能です。ただ、この場合は回復の見込みの有無や、夫婦間の扶助協力義務の観点から離婚が許されるかという点について慎重に判断されます。

 

その他婚姻を継続し難い重大な事由

夫婦生活を続けられない重大な理由があれば離婚は認められます。以下に重大な事由となるケースをまとめました。

 

【婚姻を継続し難い重大な事由と認められるケース】

  • 長期間の別居生活をしている
  • DV・モラハラ
  • 薬に依存している
  • 異常なくらい宗教活動をしている
  • 日常生活が送れないくらいの浪費癖(ギャンブル・借金)
  • 性の相性が合わない(セックスレスなど)
  • 犯罪をして服役している

 

上記のケースであっても、夫婦関係が破綻しておらず、信頼関係の回復が可能と裁判所が判断した場合などでは離婚が認められない可能性もありますので、ご留意ください。

【関連記事】その他婚姻を継続しがたい重大な事由|離婚に関する基礎知識

 

 

裁判離婚の手続き方法

次に離婚裁判の手続きについてご説明します。

 

裁判の訴えを提起する先

夫又は妻の住所地を管轄する家庭裁判所が提起先となります。

 

必要書類

  • 離婚裁判の訴状(2部)
  • 離婚調停不成立調書
  • 夫婦それぞれの戸籍謄本及びそのコピー
  • 年金分割のための情報通知書及びそのコピー(年金分割に関する処分の申立てをする場合)
  • その他(源泉徴収票や預金通帳などの証拠とする書類のコピー2部)

参考:裁判所

 

訴訟費用

  1. 収入印紙代:13,000円以上
  2. 郵便切手代:7,000円前後

 

判決後の流れ

離婚裁判の判決が確定したら、10日以内に「判決の謄本」と「判決確定証明書」を添えて、本籍地または住所地の市区町村役場に離婚届を提出します。この時、10日以内に届け出ないと、過料の対象になりますので、注意しましょう。

 

【関連記事】離婚裁判の期間を短くして有利に離婚する為の10の手順

 

 

離婚をする時の注意点2つ

以下の2つのケースでは、原則として離婚が認められません。

 

離婚原因を作った配偶者からは原則として、離婚請求できない

自分が離婚原因を作った有責配偶者の場合には、以下の背景から、原則として離婚請求はできません。

 

有責配偶者が協議離婚で配偶者と話し合いの場を設けることや、調停離婚を申し立てることは可能です。しかし、有責配偶者から離婚請求することを、離婚の是非を判断する裁判所は好ましく思っていません。

 

これは、1952年に下された有責配偶者からの離婚請求は信義誠実の原則に反しているため認めないという判決に基づいています。そのため、自身で不倫や不貞行為によって離婚原因を作っているにもかかわらず、自分の都合で相手に離婚を求めることは原則的には認められていないのです。

 

この裁判所の姿勢は、法律の理屈から来ているというより、社会常識的な感覚によって生まれています。ただし、相手配偶者が結婚生活を続ける意志がない場合は離婚が可能になります。

引用元:有責配偶者からの離婚請求について

 

なお、「原則」と記載したのは例外も有るためで、以下の3つの条件が満たされる場合は有責配偶者からの離婚も認められると最高裁の判決が出ています。

 

  1. 別居期間が相当長期に及んでいること
  2. 夫婦間に未成熟の子供がいないこと
  3. 相手方が離婚により精神的・経済的に苛酷な状況におかれることがないこと

 

性格の不一致だけでは裁判離婚はできない

離婚原因で最も多い「性格の不一致」ですが、離婚の正式な原因としては法律上認めていません。ただ、性格の不一致を起点として、不貞行為や悪意の遺棄などが起こり、夫婦関係が破綻したという事情がある場合には離婚請求が可能になります。

【関連記事】性格の不一致|離婚の進め方と離婚前にチェックしておく事

 

 

法定離婚事由に該当するか分からない時は弁護士に相談する

自分の状況が法定離婚事由に該当するか分からない人は、無料相談を利用して弁護士に相談してください。弁護士に相談すれば、離婚できる・離婚できないはハッキリ分かるからです。

 

自分で悩んでいても分からない時は、法律のエキスパートである弁護士に相談して、悩みを解消してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

協議離婚や調停離婚では離婚できないと考えている人は、

 

  1. 配偶者の不貞行為がある
  2. 配偶者に悪意の遺棄がある
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでない
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由がある

 

上記の5点の法定離婚事由に該当しているかをご確認いただき、裁判離婚に進むかどうかをご判断頂ければと思います。

 

 

【法律監修】プラム綜合法律事務所 梅澤康二弁護士

出典元

民法第770条

裁判所 – 離婚

すぐにに役立つ 図解とQ&Aでわかる 浮気調査から財産分与、養育費、親権まで

離婚をめぐる法律とトラブル解決相談129 監修者:梅原ゆかり弁護士 – 三修社

 

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚調停に関する新着コラム

離婚調停に関する人気のコラム


離婚調停コラム一覧へ戻る