> 
 > 
 > 
​家庭内別居中の浮気はアウト?セーフ?慰謝料請求が可能な条件とは
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2019.1.7

​家庭内別居中の浮気はアウト?セーフ?慰謝料請求が可能な条件とは

新日本パートナーズ法律事務所
池田康太郎 弁護士
監修記事
Pixta_40213610_s

同居はしているものの、夫婦関係が冷めきって会話もほとんどなく、家庭内別居状態であるという夫婦は少なくありません。

 

なかには、暮らしている場所が同じだけでほぼ赤の他人状態、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。このような状況で一方が浮気をした場合、慰謝料を請求できるのでしょうか。

 

実は法律上、家庭内別居によって「すでに夫婦関係が破綻している」という理由から、浮気とみなされず、慰謝料請求も認められない、というケースがよくあります

 

この記事では、家庭内別居中の浮気に対して慰謝料請求できる基準について詳しくお伝えします。

浮気を疑っているけれど、証拠がないので悩んでいる方へ

浮気を個人の力で暴くのは困難を極めるでしょう。あなたの悩みを、浮気調査の専門家である、探偵事務所に無料相談してみませんか?

無料相談はこちら

家庭内別居中の浮気に対して慰謝料請求できるかどうかの基準

配偶者がいるにもかかわらず、ほかの相手と肉体関係を持つことを「不貞行為と言いますが、不貞行為とみなされた場合は、浮気をされた側が浮気相手や配偶者に対して離婚を要求したり、慰謝料請求したりすることが可能です。

 

また、離婚時の財産分与においても、浮気をされた側が比較的有利な条件で離婚することができるでしょう。浮気をされても配偶者と離婚したくないのであれば、「離婚はしたくない」という主張も通しやすくなります。

 

しかし、家庭内別居によって既に夫婦関係が破綻している場合は不貞行為が認められないこともあります。以下に記した内容は「夫婦関係が破綻している」とみなされる可能性が高い状況です。

 

  • 配偶者の分の料理、洗濯、掃除を一切行わない
  • 性交渉が一切ない
  • 生計がバラバラ

 

大まかに言えば、夫婦で協力して行っていることがあるかどうかが判断基準になります。

 

ただし、夫婦100組いれば100通りの状況があり、一概に「この状態なら婚姻関係の破綻」という条件が法律で明文化されているわけではありません。

 

もし自分たち夫婦の状態が法律的に破綻となるのかどうかわからない場合は、一度弁護士などの専門家に相談してみるのがいいでしょう。

 

【関連記事】

法定離婚事由とは|裁判離婚で必要な5つの条件

離婚時に必要な5つの離婚事由|裁判離婚で必要な法的理由

離婚したくない人のための相談先|平穏な夫婦生活を取り戻すための方法

夫と離婚したくない!今すぐにあなたができる具体的な離婚回避法

 

 

「家庭内別居」と呼べるケース

そもそも自分の夫婦関係が家庭内別居と言えるのかどうか、判断に迷う場合もあるでしょう。ここでは、一般的に家庭内別居状態と判断されやすい夫婦状況をお伝えします。

 

会話と呼べる会話がない

これが最もわかりやすい判断基準かもしれません。久しく夫や妻と会話らしい会話をしていないという場合は家庭内別居状態といえます。

 

「今日はこんなことが会社であったよ」「最近、こういう悩みがあるんだけど」などと何気ない普通の会話が一切なくなってしまっているのであれば、家庭内別居と判断できる一要素と考えてよいでしょう。

 

洗濯や食事などの家事が別々である

通常の夫婦関係であれば、洗濯や食事の準備はどちらかが二人分(または家族分)まとめて行いますよね。それがバラバラになっている状態(自分の家事は自分で行なっている状態)は、家庭内別居と判断できる一要素と言えるでしょう。

 

寝室が別々である

寝室がバラバラという夫婦も、家庭内別居の可能性が高いと言えます。寝室は夫婦にとってゆっくりコミュニケーションが取れる場所でもあるので、寝室が別でセックスがほとんどない状態であれば家庭内別居と判断できる一要素と言えます。

 

ただし、寝室が別々であることだけを理由に家庭内別居と判断されるケースは少ないでしょう。

 

【関連記事】

セックスレスで別居を考えている人必見!知っておくべき3つの知識

不倫や浮気に走る原因はセックスレス!バレた時の対処法

 

家庭内別居中の浮気に対し慰謝料請求したい場合は専門家への相談が有効

家庭内別居状態であれば、配偶者に対しての執着心がほとんどない場合も多く「まあ、浮気されてもいいか」と考えてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、配偶者のために家事をしっかり行っているにも関わらず浮気をされた場合は慰謝料を請求することも可能なので、浮気を見逃して泣き寝入りする必要はありません。

 

「パートナーが浮気しているかもしれない」「自分たちの場合は夫婦関係が破綻していると言えるのだろうか」など、浮気や別居状態に関する悩み、疑問があれば、早い段階で弁護士などの専門家に相談することをおすすめします

 

 

また、パートナーの浮気に対して慰謝料請求をする場合は以下のような浮気の証拠がないと浮気と判断されず、請求の主張も認められないことがよくあります。

 

  • ラブホテルへ出入りしていることがわかる写真(動画)
  • ラブホテルを利用したことがわかるレシート
  • 不倫相手の自宅へ何度も出入りしていることがわかる写真(動画)
  • 性交渉が明らかに認められるような内容のLINE・メール

 

決定的な浮気の証拠を確保できていない場合は、弁護士と合わせて探偵にも相談しておくといいですね。

浮気を疑っているけれど、証拠がないので悩んでいる方へ

浮気を個人の力で暴くのは困難を極めるでしょう。あなたの悩みを、浮気調査の専門家である、探偵事務所に無料相談してみませんか?

無料相談はこちら

【関連記事】

不倫の慰謝料請求で相場以上もらえる妻の条件を徹底ガイド

 

さいごに|家庭内別居中の浮気が原因であなたが高額な慰謝料を請求されている場合は

もしもあなたが浮気をした側で、法外な慰謝料を請求されている場合は、弁護士などの専門家に相談し、「夫婦関係の破綻」を主張しながら適切な額まで下げてもらえるように交渉をしたほうがいいでしょう。

 

詳しくはこちらの「不倫の慰謝料を請求されたら|減額・請求回避の手順を解説」を参考にしてみてください。

 
この記事の監修者
新日本パートナーズ法律事務所
池田康太郎 弁護士 (第二東京弁護士会)
弁護士登録以来一貫して離婚・不倫問題の解決に取り込んでいる。特に『配偶者から不倫慰謝料請求をされた方むけ』の相談に注力しており、多数の解決実績がある。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム


不倫コラム一覧へ戻る