ホーム > 離婚コラム > その他 > ​仮面夫婦とは?仮面夫婦の特徴と陥る原因、このまま続けるデメリット
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2020.7.28

​仮面夫婦とは?仮面夫婦の特徴と陥る原因、このまま続けるデメリット

銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士
監修記事
%e4%bb%ae%e9%9d%a2%e5%a4%ab%e5%a9%a6

仮面夫婦(かめんふうふ)とは、周囲には普通の夫婦(もしくは仲の良い夫婦)に見えても、家庭内ではロクに会話もないような冷めた夫婦関係のことを言います。

 

まるで仮面を被って夫婦を演じているような状態になっているため、仮面夫婦というような呼ばれ方をします。

 

夫婦関係が冷めているだけで一見大きな問題もないように思えますが、仮面夫婦が続くことでお子様などにも悪影響を及ぼしますし、不倫や離婚も起こりやすくなってしまいます。

 

この記事では、仮面夫婦の特徴や続けるデメリットなどを解説します。

 

仮面夫婦とは?仮面夫婦の特徴

冒頭でもお伝えしましたが、仮面夫婦とは、本当は夫婦関係が冷め切っているにも関わらず外にいるときは良好な夫婦関係に見えるように振る舞う夫婦のことです。

 

夫婦を演じているということから、仮面夫婦という呼ばれ方をします。まずは、仮面夫婦がどのようなものなのか特徴から見ていきましょう。

 

家庭内ではロクに会話もない

仮面夫婦として仮面を被るのは、基本的に周りの目があるときだけです。そのため、家庭内では夫婦の会話はほとんどなく、最低限のやり取りしかありません。

 

程度にもよりますが、悪化すれば食事も別々、家にいてもほとんど顔を合わせないようなことも起こり得ます。

 

お互い愛情も興味もない

夫婦互いが相手に対して興味も愛情も持っていません。もちろん、夜の営みも長い間行われていないでしょう。

 

お子様がいる場合にはお子様が共通の話題(興味)になりますが、お互い別々のことを子供に対して言うなど、どちらかが愛情を注いで一方は全くの無関心というようなこともあります。

 

【関連記事】セックスレスが原因で離婚したい人が知るべき3つの知識

 

外面(そとづら)は良い

それでいて外に出ると仲の良い夫婦を演じることが仮面夫婦の大きな特徴です。夫婦揃って出かけたり子供の行事に参加することもありますし、近所の人に会っても仲良さそうに対応したりと、周囲からは何の問題もないような夫婦に映ります。

 

夫婦どちらかの実家に帰省するときにも、両親に対しても良い夫婦であることを演じる仮面夫婦も少なくありません。お伝えしたように、家庭内での行動と外での行動に大きなギャップがあるのです。

 

夫婦でいることが義務になっている

なぜこのように仮面夫婦を続けているかと言うと、夫婦でいることが義務のようになっているからです。

 

後述しますが、子供の存在経済的理由世間体などが夫婦を続けている理由です。実際には愛情が無くなってしまっているので、いざ二人だけの状況になると夫婦としての仮面も剝がれてしまうのです。

 

仮面夫婦と家庭内別居との違い

仮面夫婦と似たものに『家庭内別居』というものがあります。明確な違いは定義されていませんが、家庭内別居の方がさらに夫婦仲も悪化してしまっている状況だと言えます。

 

同じ家に住んでいてかろうじて別居や離婚はしていませんが、家庭内での会話はなく、食事すら一緒に取っていないケースでは家庭内別居になってしまっていると言えます。

 

家庭内別居もこのまま放置していても悪化していく一方ですので、何かしらの手を打っていく必要があります。

 

【関連記事】家庭内別居とは?家庭内別居の特徴とデメリット・解消する方法

 

仮面夫婦になってしまう主な原因

夫婦になってもお互い人間ですし、元々は他人なのですから、長年一緒に生活していくうちにズレが生じてきて不満がたまって、相手に対する尊敬が低下することもあります。

 

ただ、この程度のズレであればある程度のコントロールは可能ですので、外にいるときは問題のない夫婦を簡単に演じることができてしまいます。

 

また、実際に子供が生まれて愛情が一気に子供に向く人は多いです(子供を夫婦仲が悪くなる原因にはしたくないものですが、特に女性に多いです)。

 

子供が大きくなって手がかからなくなってきた頃にふと夫婦の愛情が薄れていることに気づきますが、周囲には仲の良い夫婦として見られるように仮面をつけるのです。

 

では、なぜ仮面夫婦を続けるのか?その理由については次項で詳しく解説します。

 

仮面夫婦を続けている主な理由

仮面夫婦には夫婦の愛情がほとんどありませんが、それでも夫婦を続けるのには以下の理由があります。

 

子供のため

やはり子供の存在が大きな理由の一つでしょう。離婚すれば子供にも多大なる影響を与えると考えており、仮面夫婦によってその場を取り繕います。

 

ただし、後述しますが仮面夫婦の家庭環境は決して健全だとは言えませんので、続けていくうちにお子様に対して悪影響が出ることもあり得ます

 

生活のため

離婚後の生活や別居での生活費など、経済的な理由で仮面夫婦を継続しているケースも多いです。

 

それにいざ離婚しようとすれば、弁護士費用などもかかってきます。そうなるくらいなら、仮面を被ってごまかしながら生活をしようと選択する夫婦もいます。

 

世間体のため

仮面夫婦をする夫婦は特に世間体を気にする傾向にあります。両親や職場、ご近所など「あそこの夫婦は最近仲が悪い」と噂をされたくないから仮面夫婦になるのです。

 

仮面夫婦を続けるデメリット

仮面夫婦にはそこまで大きな影響がないようにも思えます。しかし、長年仮面夫婦を続けることで、徐々に悪い部分も出てしまうので注意が必要です。以下では、仮面夫婦を続けるデメリットについて解説します。

 

子供に悪影響を及ぼす

仮面夫婦は、基本的には家にいる間は、仮面を外した仲が悪い夫婦となります。その姿をお子様が見ていることを考えれば、決して良い家庭環境とは言えないでしょう。

 

子供が家に居にくいと感じ、そこから家出事件事故非行のきっかけにならないとも言い切れません

 

長引けば修復も難しくなる

仮面夫婦の関係が長引けば長引くほど修復も難しくなってきます。そのままにしていても良い方向に転じる可能性は低く、むしろ不倫離婚などのより悪い状況に近づいてしまうことも多いでしょう。

 

不倫や離婚の前段階ともなる

上でも触れましたが、仮面夫婦は不倫や離婚などの夫婦にとって最悪の結末の前段階ともなり得ます。

 

家庭に居づらさを感じてしまえば、仕事が終わっても直帰せずに人と会うことも増えてきます。仮面夫婦が不倫の入り口になることも十分にあり得るでしょう。

 

まとめ

おさらいすると、仮面夫婦とは一般的に、外では仲が良さそうな夫婦に見えるのに、実際家庭に戻ると険悪な関係の夫婦のことを示します。外ではまるで仮面を被って夫婦を演じているので、このように呼ばれています。

 

確かに別居や離婚をするよりも子供や経済などの影響・負担も少ないでしょう。しかし、仮面夫婦が長引けば、事態がさらに悪い方向に転じる可能性もあります。

 

仮面夫婦という言葉はむしろ不適切で、やはり元のさや、今の配偶者を大切にできることは素敵なことですし、トラブルも生みません

 

せっかく夫婦でいるのですから、何かしらのきっかけで家庭でも仲の良い夫婦に戻ることが理想ですね。

 

離婚はせずに夫婦関係を修復したいという方は、夫婦カウンセラーに相談することもおすすめです。

 

【関連記事】夫婦カウンセリングのメリットと料金相場|お悩み例・解決例まとめ

 

また、以下の記事では夫婦関係を修復する方法についてまとめています。こちらもあわせてご覧ください。

 

【関連記事】夫婦関係を修復する方法​|早期関係修復が困難なケース・見込めるケース

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他コラム一覧へ戻る