ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 慰謝料 > 婚約者や内縁者が浮気したら慰謝料を請求できる!|証拠の準備と弁護士費用の見積もり
キーワードからコラムを探す
更新日:

婚約者や内縁者が浮気したら慰謝料を請求できる!|証拠の準備と弁護士費用の見積もり

かがりび綜合法律事務所
野条健人 弁護士
監修記事
婚約者や内縁者が浮気したら慰謝料を請求できる!|証拠の準備と弁護士費用の見積もり
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn
  • 「彼氏に浮気されたので慰謝料を請求したい」
  • 「婚約中の彼女が浮気をした。慰謝料は請求できるのか?」

恋人関係とはいえ、浮気(パートナーが浮気相手と肉体関係を持つこと)をされたほうは大きなショックを受けることでしょう。

精神的苦痛を味わい、恋人に慰謝料を請求したいと考える方もいるかもしれません。

しかし、浮気の慰謝料は婚姻関係がなくても請求できるのか一体いくら請求できるのか、わからないことも多いのではないでしょうか。

本記事では、浮気した恋人に対して慰謝料を請求できるケースや請求方法、慰謝料の相場などを解説します。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
慰謝料問題に強い弁護士を探す

浮気の場合は原則として慰謝料は請求できない

単純に交際しているだけのカップルであれば、恋人が浮気しても慰謝料を請求することはできません。

婚姻関係がなく交際しているだけの場合、そのカップルは「自由恋愛」の関係です。

カップルの場合、貞操義務がなく、法の規制は及びません。

浮気の慰謝料を請求できるのは、「不貞行為」があった場合です。

不貞行為とは、婚姻関係にある夫婦が別の異性と性行為をおこなうことです。

不貞行為があれば貞操義務違反となり、慰謝料を請求できるでしょう。

浮気は一般的に許されない行為として、非難されるべきものではあります。

しかし、単にカップルという関係性だけでは、慰謝料の請求はできないのが実情です。

浮気した恋人に慰謝料請求できる場合

カップルの関係性では、浮気した恋人に原則として慰謝料を請求することはできません。

しかし、これから紹介する2つのケースに該当する場合、慰謝料を請求できる可能性があります

婚約していた場合

交際相手と婚約していた場合は、慰謝料を請求できるケースもあります。

交際相手との関係性が「婚約」として法的に認められれば、慰謝料の請求が可能になります。

口約束だけの婚約では、慰謝料を請求できるほどの婚約関係であることを証明することは難しいです。

客観的に、誰が見ても婚約関係にあったという証拠が必要です。

具体的には、以下のものが挙げられます。

  1. 婚約指輪を渡した
  2. 両家の顔合わせをした
  3. 結婚式場や新婚旅行の予約をした
  4. 友人や職場の人にも知らせた など

婚約関係というのは、実際に入籍済みの夫婦に比べて、法的な保護の度合いも低いのが現状です。

しかし、第三者から見ても明らかに婚約関係であるという確固たる証拠があれば、慰謝料を請求できる可能性があります。

内縁関係にあった場合

入籍していなくても、内縁関係にあった場合は慰謝料を請求できる可能性があります。

婚姻届は出していないものの、婚姻関係にある夫婦と同じような生活を送っていれば内縁関係にあるといえるでしょう。

婚姻届を出していれば「法律婚」ですが、内縁関係であれば「事実婚」の扱いとなります。

内縁関係が成立している場合は「準婚関係」にあるとみなされ、法律婚と同様に貞操義務や同居、協力及び扶助義務が発生します。

内縁関係として認められる条件には、以下のようなものがあります。

  1. 婚姻届を提出していないこと
  2. 将来を共にする強い希望がある
  3. 同居していること
  4. 家計を2人で回している など

婚姻届を出していれば当然「法律婚」になるため、事実婚には該当しません。

また、単に同棲しているのではなく、お互いに夫婦として扱われたいという婚姻の意思を持って同居しているなら、内縁関係といえるでしょう。

そして、社会的に夫婦として認められていることが証明できる具体例には、次ものものが挙げられます。

  1. 事実婚の公的な届出を出していること
  2. 健康保険の第3号被保険者に登録されていること
  3. お互いの親族の行事に参加していること
  4. マンションなどの契約書に、事実婚である旨(同居人欄に「内縁の妻」など)が記載されていること など

これらの条件を満たしていれば内縁関係にあるとして、男女のどちらか一方が浮気をした場合は、慰謝料を請求できる可能性が高いといえるでしょう。

浮気した恋人に請求できる慰謝料の相場

ここでは、浮気した恋人に請求できる慰謝料の相場を解説します。

慰謝料の相場は数十万円~300万円程度

浮気した恋人に請求できる慰謝料の相場は、数十万円~300万円程度だといわれています。

カップルの関係性によって、慰謝料の額は大きく変わります

これは、何年ものあいだ内縁関係にあった男女と、交際期間が短い男女では、受ける精神的苦痛の度合いも変わるとみなされるためです。

また、不貞行為に対する慰謝料の金額と比較しても、相場はあまり変わらないといえます。

ただ、同じ浮気でも婚姻関係にある男女のほうが不貞によって受ける不利益が大きく、高額な慰謝料が認められやすいようです。

慰謝料額が高額になりやすい場合

婚姻関係がなくても、浮気の慰謝料が高額になりやすいケースとして、以下のようなものが考えられます。

  1. 浮気相手を何度も妊娠させた
  2. 長期間にわたる浮気があった
  3. 内縁関係が非常に長い
  4. 恋人との間に子どもがいる、もしくは妊娠している
  5. 浮気のショックで精神的に参ってしまい、心療内科に通っている など

婚姻関係にない男女の慰謝料が高額になるのは「悪質性の高い浮気」があったケースです。

上記の条件があり、誰が見ても悪質だと判断された場合は、高額な慰謝料が認められることもあるでしょう。

浮気した恋人に慰謝料を支払ってもらうには

では、浮気した恋人に慰謝料を支払ってもらうには、どうすればよいのでしょうか。

慰謝料を支払ってもらう方法を解説します。

証拠を準備する

浮気した恋人に慰謝料を支払ってもらうには、まずは証拠を集める必要があります。

これは婚姻関係にある男女の慰謝料請求と同じで、明らかに肉体関係があったとわかる証拠を集める必要があります

たとえば、次のようなものがあります。

  1. 恋人が浮気相手とラブホテルに出入りしている写真や動画
  2. 恋人が浮気相手とラブホテルに長時間滞在していることがわかる写真や動画 

ほかにも、ラブホテルの領収書や、LINEでの肉体関係を彷彿とさせるようなやりとりなど、誰が見ても性行為があったとわかる証拠があれば、慰謝料を請求できる可能性があるといえるでしょう。

また、これらの証拠以外にも婚約関係にある場合と内縁関係にある場合で、用意しなければいけない証拠があります。

状況別に用意すべき証拠は、それぞれ次のとおりです。

婚約関係にあった場合

婚約関係にあった場合は、婚約関係にあったという事実を証明する必要があります

具体的には、婚約指輪を受け取った事実や結婚式場、新婚旅行を予約した際の領収書、友人や職場の方からの証言などが証拠になるでしょう。

内縁関係にあった場合

内縁関係にあった場合も、婚約と同様にその事実を証明する必要があります

内縁関係があったと証明できる具体的なものは、住民票などの公的な書類やマンションの契約書などに「内縁の妻」といった記載があること、事実婚の証明書があること、健康保険の第3被保険者に登録されていることなどです。

ほかにも、さまざまなものが証拠として有効な可能性があります。

詳しくは、弁護士に相談することをおすすめします。

内容証明郵便を送る

浮気した恋人に慰謝料を支払ってもらうには、内容証明郵便を送るのも有効な手段です。

内容証明郵便とは、「誰が誰に対して、いつ、どのような内容の郵便を送ったのか」を郵便局が記録してくれる郵送方法のことです。

普通郵便で送ってしまうと、相手が「そんな書面受け取ってない」と、しらばっくれる可能性もあります。

その点、内容証明郵便なら、慰謝料請求の書面を送った事実を証明できるため安心です。

相手と直接交渉したくない、慰謝料請求をしたという事実を証拠として残したい場合は、内容証明郵便を送るようにしましょう。

相手と交渉する

浮気した恋人に慰謝料を支払ってもらうには、相手と交渉するのも方法のひとつです。

相手が交渉に応じてくれそうであれば、まずは話し合いをしてみましょう

内容証明郵便ほどの準備も不要なぶん、手軽な方法ではあります。

スムーズに合意に至れば、早期解決できるかもしれません。

ただ、交際相手が浮気したという事実はやはり腹立たしく、直接顔を見て話し合いをすることでお互いに感情的になる可能性もあります。

余計に話し合いがこじれたり、揉めたりすることもあるでしょう。

相手との交渉で慰謝料を請求する場合は、話し合いの様子を録音したり、合意した内容を公正証書にまとめたりなどトラブルを回避できる工夫が必要です。

訴訟を起こす

そのほか、浮気した恋人に慰謝料を支払ってもらう方法として、訴訟を起こすことも考えられます。

裁判手続きは労力もかかるため、訴訟を提起する場合は弁護士へ依頼するのがおすすめです。

訴訟を起こせば相手に本気度も伝わり、スムーズに解決できるかもしれません。

ただ、訴訟をしても思ったより慰謝料を取れない、時間がかかり精神的にも辛いということも考えられます。

本当に裁判を提起することがご自身にメリットがあるのかどうかは、弁護士に相談してから決めるとよいでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
慰謝料問題に強い弁護士を探す

浮気した恋人の慰謝料請求は弁護士への依頼がおすすめ!

浮気した恋人に慰謝料を請求したい場合は、弁護士への依頼がおすすめです。

ここからは、浮気の慰謝料を弁護士に依頼するメリットを3つ紹介します。

相手と直接交渉せずに済み、精神的負担が軽減される

弁護士に依頼するメリット1つ目は、相手と直接交渉せずに済み、精神的負担が軽減されることです。

弁護士に依頼すれば、交渉や証拠の作成なども全て代理で対応してくれます

浮気されたショックの中で相手と直接交渉することはとても辛いものです。

精神的にも負担がかかり、思うように交渉できないかもしれません。

直接交渉することが苦痛であれば、弁護士へ依頼するのがおすすめです。

自分では直接言いにくいことも、弁護士ならうまく主張をまとめて相手に伝えてくれるでしょう。

相手方にこちらが本気であることが伝わる

弁護士に依頼するメリット2つ目は、相手方にこちらが本気であることが伝わることです。

日常生活を送る中で、弁護士と関わる機会はそうないでしょう。

法律の専門家である弁護士から連絡がくれば、相手にプレッシャーをかけられるはずです。

ご自身で直接やり取りをしてしまうと、いくらでも言い訳をされたり、逃げられたりする可能性もあります。

弁護士が交渉することで、こちらの本気度も伝わるはずです。

訴訟になっても安心

弁護士に相談するメリット3つ目は、訴訟になっても安心できることです。

交渉が決裂した場合は、訴訟手続きに移行することが考えられます。

ご自身で訴訟対応する場合、書面や証拠の作成など、面倒な手続きも全て自分で対応しなければなりません。

弁護士に依頼すれば、これらの手続きも期日の出廷も全て対応してくれるため、ご自身の手間を極力減らせるはずです。

また、交渉段階から事情を知っている弁護士なら、訴訟もスムーズに対応してくれるでしょう。

早い段階から弁護士に依頼しておけば、訴訟手続きになっても安心です。

浮気した恋人への慰謝料請求を弁護士に依頼する場合の費用

浮気した恋人に慰謝料を請求する際、弁護士に依頼するメリットは大きいといえます。

しかし、一体どのくらいの費用がかかるのか、心配な方もいるのではないでしょうか。

ここからは、恋人への慰謝料請求を弁護士に依頼した場合にかかる費用の目安をご紹介します。

相談料|30分あたり5,000円程度

弁護士に依頼する前に、まずは相談から始まります。

弁護士への相談費用は、30分あたり5,000円程度が相場です。

中には初回相談に限り無料で対応してくれる弁護士もいるため、相談料が気になる方は無料相談を実施している弁護士を探してみましょう。

着手金|10万円~20万円程度のところが多い

実際に、弁護士へ依頼する際にかかるのが着手金です。

10万円~20万円程度に設定している法律事務所が多いようです。

着手金とは、弁護士が事件に着手する際にかかる最低限の費用で、慰謝料が認められなくても原則返金はされません。

法律事務所によっては着手金を取らず、事件が終了した際に報酬金に上乗せするところもあります。

これらを考慮し、ご自身の経済状況にあった料金体系の事務所を選ぶようにしましょう。

報酬金|経済的利益による

事件が終了したら、報酬金が発生します。

これは、得られた経済的利益によって金額が変わります

たとえば、得られた経済的利益の10%が報酬額に設定されている場合で考えてみましょう。

弁護士が介入したことにより慰謝料が50万円獲得できた場合、得られた経済的利益は50万円になります。

よって、報酬金は50万円×10%=5万円になるのです。

ただ、得られた経済的利益以外にも固定報酬が設定されていることもあります。

金額は法律事務所によっても異なりますが、トータルで数十万円はかかると考えておいたほうがよいでしょう。

実費・日当|数万円程度

事件を進めるにあたって、発生した実費や日当も支払う必要があります。

実費とは、相手に書面を送付した際にかかった郵便切手代や弁護士の交通費などのことを指します。

日当とは、弁護士が交渉の場に足を運んだ場合や、裁判に出廷した場合などにかかる費用のことです。

弁護士の拘束時間にもよりますが、1回あたり1万円~3万円程度かかると考えておきましょう。

まとめ|浮気した恋人に慰謝料請求したいなら弁護士に相談を!

内縁関係にあるパートナーに浮気の慰謝料を請求するには、内縁関係であることを証明する必要があります。

慰謝料の相場は数十万円~300万円程度ですが、浮気の程度や関係性によっては、さらに高額な金額になることが予想されます

そもそも慰謝料請求ができるのか、いくらくらい請求できるのかなどは、弁護士へ相談して確認するのがおすすめです。

弁護士に依頼すれば、相手と直接交渉せずに済み、ストレスを軽減できるでしょう。

また、法律の専門家を味方につけることで相手に相当なプレッシャーを与えられ、万が一訴訟手続きになった場合も安心して任せられるというメリットもあります。

浮気した恋人に慰謝料を請求したいなら、ぜひ弁護士に相談してみましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
慰謝料問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 20401 w180 【面談予約専用窓口】林奈緒子法律事務所

土日祝・夜間も対応】【お子様連れの来所も可能】《面談予約は24時間受付》|女性弁護士|離婚/別居を決意された方、お任せください。証拠集めからサポートいたします。《ご相談はすべて面談にて丁寧に実施》

事務所詳細を見る
Office info 202311061548 25891 w180 【24時間メール受付中】弁護士法人アルファ総合法律事務所 国分寺オフィス

●初回無料の面談実施中/秘密厳守●東京・埼玉で信頼の事務所●親権/財産分与/離婚後の生活●実績豊富!詳細ページに解決事例あり●離婚に向けた準備/有利に進めるためのサポートは当事務所へお任せください

事務所詳細を見る
Office info 202104081243 34901 w180 弁護士 新井 均(常葉法律事務所)

【弁護士歴25年】離婚案件を多く経験した弁護士が、培ったノウハウを活かして交渉に挑みます。面談にて、依頼者様のお気持ちを伺った上でどうサポートできるか全力で考えますので、まずは面談にいらしてください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
かがりび綜合法律事務所
野条健人 弁護士 (大阪弁護士会)
「負担や公開の少ない解決」を目指し、不倫慰謝料・親権・養育費・モラハラなどを始めとしたあらゆる離婚トラブルの相談に対応中。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気コラム

慰謝料の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら