ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 慰謝料 > 浮気が原因で離婚|後悔と損をしない為の離婚前にするべき3つのこと
キーワードからコラムを探す
更新日:

浮気が原因で離婚|後悔と損をしない為の離婚前にするべき3つのこと

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
浮気が原因で離婚|後悔と損をしない為の離婚前にするべき3つのこと
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn

夫・妻が浮気していた場合、離婚してやる!と離婚届を突きつけたくなる気持ちはあって当然です。しかし、勢いで離婚してしまうと後悔したり、特にお金の面で損をしてしまったりする可能性が高くなります。

ここでは、浮気された際、離婚を決意する前にするべき3つのことや、浮気の証拠の集め方、慰謝料の相場や高くなるポイントを紹介します。後悔と損の無い離婚又は夫婦関係修復の参考になれたら幸いです。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す

離婚を決意する前にするべき3つのこと

夫・妻に浮気され、感情のままに離婚をしてしまうと後悔や大きな損をしてしまいます。ここでは、離婚を決意する前にするべき3つのことを紹介します。

夫・妻の浮気が本当かどうかを確認する

夫・妻の浮気がどうなのか確認しなくてはいけません。ちゃんとした証拠がないと、慰謝料の請求が認められず裏切られたまま損をしてしまう可能性があります。

浮気の証拠を集める方法や裁判で使える証拠については下の項目の「裁判で有用な証拠!2つの収集方法」で具体的に紹介します。

今後の生活について考える

今後の生活で考えるポイントは大きく分けて下記の4つです。

  • 離婚後のお金のこと
  • 子供はどうするのか
  • 婚後の働く場所や住む場所
  • 離婚後に後悔しないか

離婚した後の生活を考え、自分にどのくらいの経済力があるのか確かめておかず、感情のまま離婚してしまうと経済的な苦労を強いられます。

また、専業主婦(主夫)だった場合、これからは自分で働いて生活していかなければいけないのです。そのため、離婚した場合にどのような負担を自分が背負うのか考える必要があります。

示談で解決できないか考える

浮気の証拠があり、相手が特定できた場合、浮気相手と示談するという方法もあります。当該示談の中で、今後一切関わらないようにしてもらう、慰謝料を支払う等を取り決めるのです。

離婚と慰謝料請求は別問題です。そのため、夫と離婚するかどうかを検討・判断する前に、浮気相手と示談という方法で慰謝料請求の問題を先に解決できないか考えましょう。

浮気を理由に離婚する際の判断基準

浮気を理由に離婚するべきかどうか迷うと思います。ここでは、離婚を理由に離婚するべきケースと離婚して後悔する可能性が高いケースをまとめました。

離婚すべきケース

浮気以外に精神的・肉体的に耐えられないと思う場合は離婚も検討するべきかもしれません。

  • 夫・妻から暴力(DV)・暴言(モラハラ)を受けている
  • 義理の両親とうまくいっていない上に、夫・妻が無関心
  • 食費を渡してくれない
  • 理由もなく同居を拒否する
  • セックスレス
  • 子供に対して関心がない・暴力をふるう

上記のように、浮気以外にも離婚したいと思う理由がある場合は離婚すべきかもしれません。また、上記の場合には慰謝料が増額する可能性があるので、離婚を考える際は弁護士への相談がおすすめです。

離婚して後悔する可能性が高いケース

  • 相手に対する愛情がある場合
  • 子供がいる場合
  • 独りだと経済的に苦しい場合
  • 世間体が気になる場合

浮気されて頭に血が上り、もう離婚しかないと思うのは当然です。しかし、本当に夫婦関係の修復ができないのかを考えずに離婚してしまうと、離婚してから後悔してしまう可能性が高くなります。

浮気以外に離婚したい理由がない場合、1度冷静になり今後どうするかと話し合うことをおすすめします。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す

裁判で有用な証拠と2つの収集方法

離婚時に浮気を理由に慰謝料を請求する場合は、浮気の事実を証明する証拠が必要です。

夫・妻に浮気の真実を問い詰めるだけならば、どのような証拠でも構いませんが、離婚裁判をする場合、浮気の証拠として有用なものを集める必要があります。ここでは証拠の集め方と離婚裁判で有用な証拠を紹介します。

離婚裁判に有用な証拠、有用でない証拠

離婚裁判で有用な証拠

裁判で浮気を証明するには、浮気相手と肉体関係があったと証明する必要があります。これは民法第770条の裁判上の離婚にある、「配偶者に不貞な行為があったとき」の「不貞な行為」に該当するかどうかが必要になるからです。

不貞行為とは異性との性交又は性交類似行為に該当する行為を指します。そのため下記のような証拠が必要になるのです。

  • ラブホテルに出入りしている写真
  • ラブホテルに相当時間滞在したことが分かる資料
  • 相手宅に複数回出入りしている写真
  • 肉体関係があったことが分かるLINEやメールのメッセージ
  • 夫・妻が浮気を認める旨を記載した証書
  • 性的サービスを行う風俗店のレシート

離婚裁判で有用でない証拠

以下のような証拠は、関係の親密性を裏付けることになりますが、肉体関係があったことに直結しないため、あくまで間接的な証拠という位置づけになります。

  • 「愛しているよ」や「好き」というメッセージのやり取り
  • キスをしている、ツーショットである、その他男女の仲を窺わせる写真

相手に浮気の真実を詰め寄るには上記のような証拠でもいいのですが、裁判を行うには浮気の証拠として不十分になります。

浮気の証拠を集める方法

専門家に依頼して証拠を集める

専門家である探偵に浮気調査・証拠集めを依頼する方法があります。探偵に依頼するメリットは下記の3つです。

  • 確実に裁判で使える証拠が欲しい
  • 時間をかけずに行いたい
  • 調査を絶対にばれたくない方

特に自分も働いている、育児をしている場合は調査するための時間をつくるのが大変になると思います。費用はかかってしまいますが、探偵に依頼するのがおすすめです。

探偵に浮気の証拠集めや浮気調査を依頼したい場合は、こちら「探偵の選び方|本当に良い探偵を見極める10のチェックリス」の記事をご覧ください。

自分で証拠を集める

自分で証拠を集める場合、裁判で使用できる証拠を集めることが大切です。

レシートやケータイチェックなどの身の回りのもののチェックは自分1人で行うことが可能ですが、尾行調査を行う場合は1人で行うと失敗する可能性が高くなるため、友人などの協力が必要になります。

自分で行うメリットは交通費以外に他の費用が掛からないことです。自分で証拠を探す場合どのようなことをすればいいのか詳しく知りたい方はこちら「浮気調査を自分でやる全方法と探偵に依頼した時の費用・選び方ガイド」をご覧ください。

浮気された場合の慰謝料が高額になるポイント

慰謝料とは、浮気していた夫・妻から受けた精神的苦痛に対し償うことを目的に支払われるお金になります。

また、浮気が原因であっても浮気されていた方が浮気を仕返しをしたり、何も言わず家出をしたりすると慰謝料が低くなったり、慰謝料の請求が認められない可能性があります。

基本的な相場は、50万円~300万円になりますが、増額が認められる可能性も十分にあり得るのです。ここでは離婚時の慰謝料が高額になるポイントを紹介します。

婚姻期間

婚姻期間の長さは浮気での離婚に限らず慰謝料が高額になる要素の1つです。婚姻期間が長くなればなるほど、浮気されていた側の再スタートが困難になり、また長い間精神的苦痛を強いられていたことになります。

浮気発覚前の夫婦関係

浮気発覚前の夫婦関係が円満だった場合、浮気により裏切られたという精神的苦痛が大きいとして慰謝料が高額になります。

逆に、浮気発覚前から夫婦関係が破たんもしくは冷めていた場合、慰謝料が低くなったり、慰謝料の請求が認められない可能性が高くなるのです。

浮気された側の精神疾患の有無

浮気されたことにより、鬱やその他精神疾患や精神障害になってしまい、心身のバランスを崩してしまった場合は慰謝料が高くなります。

この場合、症状が発症していることを証明できる医師の診断書などの証拠が必要になります。

浮気への積極性や再犯かどうか

夫・妻が浮気に積極的だった場合も高額になるポイントです。浮気相手の方が積極的だった場合は浮気相手から慰謝料を請求したほうが高額になる可能性もあります。

また、浮気はしないなどと約束をしたのにも関わらず、浮気を行った場合相手が同じではなくとも、悪質と判断されるため、慰謝料が高額になる可能性が高いのです。

浮気相手との子供の妊娠や出産

浮気相手に妊娠させたり、逆に浮気相手との子供を妊娠した場合、精神的な苦痛やショックが大きいとされ高額になるケースが多くなります。

夫・妻の支払い能力

夫・妻の収入が多い、社会的地位が高い場合は慰謝料が高額になります。

実際に年収が3,400万円の夫が不貞行為を行い妻が慰謝料を請求した離婚調停(話し合いで離婚の条件を決める方法)では、1,500万円の慰謝料が認められたケースがあります。(参考:慰謝料算定の実務 ぎょうせい)

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す

離婚するべきか迷った場合の相談先

浮気されている側からしたら、浮気をしている夫・妻と例えもうしないと約束しても信じていけるか不安だと思います。

しかし、離婚したら後悔するのではないかという不安もありますよね。ここでは、離婚するべきかどうか迷った時に、相談できる相談先を紹介します。

離婚経験のある友人

離婚経験がある友人に相談しましょう。どのように離婚を切りだしたのか、離婚を行う上で注意したい事、今後の生活についても1番具体的に想像することができると思います。

経験者がいると、それだけで心強い味方になってくれるのです。また、弁護士に依頼していた場合は、自分で探さなくても良い弁護士を紹介してくれる可能性があります。

弁護士

慰謝料やその他お金に係る事等どのように分割していいのかわからない部分が多いと思います。特に浮気が原因の場合は増額させることができる可能性があるので、1度弁護士に相談するのも損をしないための1つの手段です。

無料相談を行っている事務所もありますし、法テラスで、1件の案件につき3回無料相談を行ってくれるので、いきなり個人事務所を訪ねるのはちょっと、という方は法テラスの利用がおすすめです。

どんな時に弁護士に相談すべきなのか?

離婚について弁護士に相談する際に知っておいてほしい3つのこと

ネット上の掲示板

ネット上の掲示板に相談するのも1つの方法です。きつい言葉を書かれる場合もありますが、同じような悩みを持っている、離婚経験をしている人の客観的な意見を聞くことができます。

浮気されたショックで、離婚や夫・妻を許せないという気持ちで他のことが見えない場合、客観的な意見を聞くことで新しい解決方法が見つかるはずです。

まとめ

夫・妻の浮気が発覚した場合、離婚という結論を急ぎすぎて相手の話しも聞かずに離婚を進めてしまうと、慰謝料で損をしたり、離婚後に離婚を後悔してしまう可能性があります。

そのため、まず、本当に離婚していいのか、今後の生活なども含めて考えることが大切です。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気コラム

慰謝料の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら