> 
 > 
 > 
離婚慰謝料の無料相談先と慰謝料についてよくある相談
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.8.3

離婚慰謝料の無料相談先と慰謝料についてよくある相談

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e7%9b%b8%e8%ab%87%e5%85%88_re
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free_consult_btn
離婚慰謝料、今すぐ無料相談可能

離婚弁護士ナビなら、離婚慰謝料について、今すぐ無料相談可能な弁護士事務所を掲載しています。無料相談だけでなく、19時以降、休日相談可能、電話相談可能な弁護士事務所も多数掲載こちらからご相談ください。

慰謝料は離婚の際に問題になるものの1つです。しかし、慰謝料の相場や、請求方法などの相談は、どこにするのが1番よいのかわかりませんよね。

 
離婚慰謝料の相談や請求、増額に関しては弁護士に相談されるのがベストな選択かと思います。
離婚の慰謝料問題を弁護士に相談すべき理由
 
しかし、弁護士に相談すべきとはいえ事務所のタイプもさまざまです。そこで今回は、離婚の慰謝料について相談できる無料相談先などをご紹介します。

 

離婚ナビでは

離婚問題の解決が得意な弁護士

あなたの離婚をサポート!

 離婚問題が得意な弁護士が解決できることとは?


離婚にまつわる問題を弁護士に依頼することで、下記のようなメリットを得られることが多くあります。

・慰謝料を獲得したい

獲得だけではなく慰謝料の増額も見込める
・不倫(浮気)の証拠が欲しい

裁判でも有効な証拠を揃えられる可能性が高い
・子供の親権を獲得したい

あなたが親権者にふさわしい事を代弁してくれる
・財産分与もしっかり欲しい

法的な根拠を元に財産分与を行います
・調停や裁判の手続きが面倒

弁護士が手続きなどを代行してくれる など
 
実際に依頼するかしないはあなた次第ですが、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのか、またどのような問題を抱えているのかを具体的に相談してみることをオススメします。
 
当サイト『離婚弁護士ナビ』は離婚問題を得意とする弁護士を掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】、相談料が無料の事務所も多くありますので、まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

 

離婚の慰謝料について相談する前に知っておくべきこと

まずは離婚する際の慰謝料について基本的な知識を確認しておきましょう。
 

離婚慰謝料とは

離婚時の慰謝料とは、離婚する相手方が行った浮気やDVなどの有責行為によって、離婚を余儀なくされた際に被る、精神的苦痛に対する損害賠償のことです。

 

離婚時に請求される慰謝料の主な原因としては、不貞行為、暴力(DV)、モラハラ、セックスレスの問題などが挙げられます。

 

慰謝料の相場は?

慰謝料に決まった額というものはありませんが、相場としては50~500万円です。

 

有責性の高さや精神的苦痛、肉体的苦痛の大きさ、婚姻期間や年齢、未成年の子の有無など、具体的な事情によって金額が変動します。

 

慰謝料請求には3年の時効がある

慰謝料請求は、3年で時効にかかってしまうので、離婚が成立してから3年を経過してしまうと、原則として慰謝料を請求できません。

 

もし、時効間近の場合は時効の中断手続きなどを行う必要があるので、早めに弁護士に相談しましょう。

 

弁護士へ無料相談する際によくある5つの心配事

無料相談といっても、弁護士に会って相談する以上、ハードルが高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

ここでは、よくある5つの心配事に関してお答えします。あなたの不安が解消するきっかけになれば幸いです。

 

1:無料相談でどのようなこと分かりますか?

無料相談では、あなたの悩みに対し、弁護士が最適な解決方法を提案したり、慰謝料などの金銭を大まかに計算してくれたりします。ただし、無料相談ですべての問題を解決することは不可能です

 

無料相談は、あくまでお試しです。ご自身の状況を把握し、弁護士に依頼したほうがよいのかを判断する機会とお考えください。また、弁護士や事務所の雰囲気を確認できますので、弁護士を決める際の判断材料にもなります。

 

2:無料相談後に費用を請求されるのではないか?

結論から言うと、相談自体は無料です。ただし、あらかじめ決まっている無料相談の時間を過ぎての相談や、実際に依頼する場合は、費用が発生します

 

無料相談の時間は事務所によって違いますので、相談前にHPや電話で確認しておきましょう。とはいえ、弁護士側が勝手に時間を延長することはありません

 

延長になりそうなときは、必ずあなたに確認を取りますので、ご安心ください。

 

ですので、時間内の相談のみで済ませた場合は、完全に無料となります。もちろん『勝手に依頼していることになっていた』なんてことは、絶対にありえません。

 

3:依頼するよう迫られるのではないか?

弁護士が無料相談の後、依頼するように迫ることはありません。むしろ「よく考えてください」と熟考期間が与えられます

 

基本的にその場で契約することはありません。もちろん、あなたが望むのであれば、その場で依頼することも可能です。

 

弁護士と相談し、自身の状況を振り返り冷静に考えた上で、弁護士の必要性を感じた人のみ依頼できるようになっています。

 

4:どのような流れで無料相談が行われるのか?

無料相談は、基本的に下図のような流れで行われます。

 

 

訪問時の服装は特に指定はありません。ただ、あなたの今後に関わる相談になりますので、あまりにもラフ過ぎる服装は控えましょう。

 

持ち物などに関しては、STEP2の電話の際に指定されますので、弁護士の指示に従ってください。

 

5:同性の弁護士に相談することはできるのか?

相談先の事務所に同性の弁護士が在籍しているのであれば、相談することができます。電話相談時に、同性に相談したい旨を伝えましょう。

 

離婚の慰謝料問題を弁護士に相談すべき理由


ここでは、弁護士に相談するとよい3つの理由をご紹介します。

 

どのくらいの慰謝料が請求できそうか算定してくれる

被害の状況など弁護士に相談することで、いくら慰謝料が請求できそうか算定してもらうことができます。

 

慰謝料の増額や獲得できる可能性が高まる

裁判において有効とされる証拠があることで、慰謝料は増額します。弁護士への相談では、そのような証拠やその集め方などを教えてもらうことができるでしょう。

 

完璧な証拠を手に入れるためには?

完璧な証拠を手に入れるためには、専門家の力を借りた方がいいでしょう。浮気調査の専門家である、探偵に相談してみませんか?

無料相談はこちら

法律や今後どのように請求したらよいかがわかる

慰謝料を請求するといっても、状況に1番合う方法で請求しないと、相手が応じてくれなかったり、話がまとまらなかったりしてしまうでしょう。

 

弁護士に相談することで、最善の請求方法や今後どのように離婚の話を進めていけばよいのかなどのアドバイスを受けることができます。

 

離婚の慰謝料に相談できる無料相談先

離婚慰謝料
ここでは、無料相談もできる相談先をご紹介します。

 

離婚弁護士ナビ

累計問い合わせ数が70,000件を突破した(2018年現在)、離婚案件に注力している弁護士広告サイトです。
 
弁護士にも得意、不得意な分野があり、離婚問題解決が得意な弁護士でなければ離婚慰謝料などの問題に対処できないかもしれません。

 

離婚弁護士ナビ】は離婚問題の解決が得意な弁護士を掲載しています。そのため、離婚慰謝料以外にも離婚に関する問題であれば、安心して相談していただけます。
 

離婚弁護士ナビで相談できること

  • 離婚の慰謝料を請求したいがそもそもできるのか?

  • 慰謝料をできるだけ増額させたい

  • 慰謝料請求の時効が迫っている

  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

  • 慰謝料を請求しているが払ってくれない

  • 慰謝料の相場を知りたい

  • 請求方法について相談したい 

  • 離婚の方法や養育費の請求

  • 財産分与、親権を獲得したい など

 
その他、相手との慰謝料交渉、法的に有効な離婚協議書作成、離婚調停、離婚裁判の手続き、裁判の代理出廷、調停委員に対しての働きかけなど、あらゆるサポートを行ってくれます。

 

また、無料相談を行っている事務所もあるので、気軽にご相談ください。

 

慰謝料・離婚問題の悩みは  【離婚弁護士ナビ】で解決!!

 

法テラス

離婚問題に限らず、『借金』『交通事故』『遺産相続』など、問題解決へ向けた弁護士の法律相談や紹介をしてくれる機関です。全国に事務所を展開しているので、お近くの法律事務所へ直接出向いて、相談できます。
 
また、弁護士に依頼する際に発生する費用が、経済的事情から負担できない場合、法テラスが一時的に立替えを行い、費用を分割返済する制度もあります
 

法テラスで相談できること

特定の相談に対応する機関ではないため、担当者が要望に応じた弁護士を紹介するのが大まかな流れです。

 

そのため、必ず離婚問題に精通している弁護士を紹介してくれるとは限らないのがネックではあります。
法テラス

 

最寄りの市区町村役場

毎日ではありませんが、ほとんどの市区町村役場は、月に何度か法律相談を無料で受け付けています。最寄りの役場のHPで確認してみましょう。

 

市区町村で相談できること

法律に関する質問を受け付けています。しかし、法テラスと同様に、必ずしも離婚問題に精通している弁護士とは限らないのです。また、相談後そのまま依頼することはできません。

 

そのため、すぐに依頼したい方は、二度手間になってしまう可能性もあります。

弁護士に離婚慰謝料の無料相談・依頼をするタイミング


ここでは、弁護士に相談するタイミングについてご紹介します。

 

不倫が発覚したタイミング

不倫が発覚したとき、同時に慰謝料を請求する権利も手にします。不倫の慰謝料請求には時効もありますし、早く証拠を確保しなくてはいけません。

 

早期の相談により、証拠を隠されてしまう前に確保できたり、慰謝料請求が確実になる可能が高まるのです。
 

離婚が決まった場合

離婚が決まったら、慰謝料請求を考える方も数多くいることでしょう。話し合いになると精神的なストレスも大きく、正確な判断ができない場合があります。スムーズな話し合いができるように、早めに相談しましょう。
 

離婚の状況が変化した場合

合意したはずの慰謝料が支払われない、思っていた状況と違ったなどのトラブルが発生した場合なども相談するタイミングです。トラブルは調停や裁判にまで発展することが多く、遅い相談では不利な状況になってしまうかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
離婚の慰謝料に関する相談先とよくある相談内容を掲載してきました。今回の内容を参考に、あなたのケースに合った相談先に相談してみてくださいね。

 

まずは下記からご相談ください。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る