ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 不倫 > 2人の関係を浮気相手の配偶者にばらすのは違法?リスクに注意!
キーワードからコラムを探す
更新日:

2人の関係を浮気相手の配偶者にばらすのは違法?リスクに注意!

法律事務所エムグレン
武藏 元
監修記事
2人の関係を浮気相手の配偶者にばらすのは違法?リスクに注意!

恋人だと思って付き合っていた相手が既婚者だったと知ったら、怒りから「配偶者に全てをばらしたい」という気持ちになるかもしれませんが、一度冷静になってください。

浮気相手であるために、ばらしてしまうと自分がリスクを負うハメになるかもしれません。

今回の記事では、浮気相手の配偶者にばらすリスクや精神的苦痛を晴らす方法について解説します。

一時的な感情でばらすのではなく、適切な方法で対処しましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す

浮気相手の配偶者に関係をばらすリスク

浮気相手の配偶者に2人の関係をばらすのは、大きなリスクがあります。

あなたからすれば、浮気相手を罰する気持ちかもしれませんが、罰せられるのはあなたになってしまうかもしれません

「関係をばらしてこらしめたい」という気持ちになっても、まずは一度冷静にリスクを理解しておきましょう。

相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性がある

最もリスクとして考えられるのが、相手の浮気相手の配偶者から慰謝料請求される可能性です。

あなた自身も裏切られた気持ちになっているかもしれませんが、浮気相手の配偶者から見れば、あなたは不倫の加害者として見られます

加害者であるあなたが浮気相手の配偶者にばらすというのは、自ら慰謝料請求されるリスクを背負う行為になってしまうのです。

高確率で相手との関係性が終わる

浮気相手の配偶者に関係をばらしたら、高確率であなたと相手との関係性は終わります

浮気相手の配偶者にばらすことで相手側の関係を終わらせようと考えているかもしれませんが、相手側が配偶者と別れてあなたを選ぶ可能性は、とても低いです。

そのため、浮気相手の配偶者に関係をばらすのであれば、別れを決意したうえでおこないましょう

浮気相手の配偶者にばらす行為は違法になる可能性がある

浮気相手の配偶者にばらす行為は、内容によって違法になる可能性があります

ただばらすだけであれば、先述したような、慰謝料を請求されるリスクや関係が終わるリスクだけに留まるでしょう。

しかし「ばらす」以上の行き過ぎた行為には注意してください

場合によっては、以下の法律に違反してしまう可能性があります。

脅迫罪

浮気相手の配偶者にばらすのではなく「ばらすと脅す」行為は、脅迫罪に該当する可能性が高いです。

刑法第222条1項では、以下のように定められています。

  • 「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。」

たとえば「〇〇をしてくれないなら、配偶者にばらす」といったような伝え方は、相手の名誉に害を与える行為として、脅迫罪が成立してしまう可能性があるのです。

侮辱罪

侮辱罪とは、文字どおり、相手を侮辱した際に問われる罪です。

たとえば「あの人は最低」「あの人は浮気男」といったように罵倒する行為は、侮辱罪に該当する可能性があります。

名誉毀損罪と侮辱罪は似ていますが、事実を指摘しているかどうか?という点の違いがあります。

  • 「あの人は配偶者がいるにも関わらず私と関係をもった」:事実を指摘しているため、名誉棄損罪
  • 「あの人は最低な人間だ」:事実を指摘しているわけではないため、侮辱罪

侮辱罪に該当した場合は、拘留または科料、または侮辱された被害者から慰謝料請求される可能性があります。

恐喝罪

浮気相手の配偶者にばらすことを伝えて金銭を要求した場合、恐喝罪に該当する可能性があります。

たとえば「配偶者にばらされたくなかったら、慰謝料として〇万円支払ってください」と伝えてしまうケースです。

脅迫罪と似ていますが、脅迫罪と恐喝罪は、金銭を要求するかどうか?の違いがあります。

  • 脅迫罪:相手に恐怖を与える言動
  • 恐喝罪:相手を脅迫して財産を要求する

恐喝罪に該当した場合は、10年以下の懲役となります。

強要罪

強要罪とは、暴行または脅迫を用いて、相手に義務のないことをおこなわせる罪です。

たとえば「土下座しないと配偶者にばらす」や「ばらされたくなかったら〇〇しろ」と強要した場合に該当する可能性があります。

強要罪に該当した場合は、3年以下の懲役となります。

名誉棄損罪

配偶者にばらすだけではなく、相手の周囲の人にまでばらしてしまうと、名誉棄損罪に該当してしまう可能性があります。

たとえば、職場にばらしたりSNSに書き込んだりする行為は、相手の社会的評価を低下させる原因となるため、名誉棄損罪に該当する恐れがあるのです。

この場合、関係性が事実であるかどうかは問われません。

2人の関係が事実であっても、私人同士の不倫関係を公表するということは許されないのです。

また「SNSで公表するぞ」と伝えた場合は、脅迫罪に該当する可能性があるので、注意してください。

なお、名誉棄損罪に該当した場合は、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金とされています。

ストーカー規制法違反

相手に配偶者がいると判明し、何かしらの報復をしたいと思っても、つきまとい行為などはしないようにしましょう。

つきまといや待ち伏せ行為は、ストーカー規制法違反に該当する可能性があります。

具体的なストーカー規制法に当てはまる行為は、以下のとおりです。

  1. つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき など
  2. 監視していると告げる行為
  3. 面会や交際の要求
  4. 乱暴な言動
  5. 無言電話、拒否後の連続した電話 など
  6. 汚物等の送付
  7. 名誉を傷つける
  8. 性的しゅう恥心の侵害
  9. 位置情報を取得する行為
  10. GPS機器等を取り付ける行為

たとえば「あなたが自分で配偶者に伝えてください。ちゃんと伝えるか監視しています。」のように伝えたり、実際につきまとったりした場合には、ストーカー規制法に該当する可能性があります。

ストーカー規制法に該当した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

絶対にやってはいけない浮気相手の配偶者へばらす方法

前提として、浮気相手の配偶者に関係性をばらす行為は、しないほうがよいです。

行動によっては、先述したような法律に違反する可能性があります。

また、以下のようなばらし方は絶対におこなわないでください。

  1. 浮気相手の配偶者と直接会う
  2. 浮気相手の子どもにアプローチする
  3. SNSなどで拡散する
  4. 浮気相手の職場に連絡する

法律違反や大きなトラブルになる可能性があります

なぜ4つの行為をしないほうがよいのか、以下で具体的に解説します。

浮気相手の配偶者と直接会ってばらす

浮気相手の配偶者と直接会う行為は、絶対にやめましょう。

直接会って話したところで解決は望めませんし、大きなトラブルを引き起こす可能性が高いです。

お互いに感情的になって言い争いになると、収拾がつかなくなったりお互いに手を出してしまったりする可能性もあります。

先述したように、浮気相手の配偶者から見ればあなたは加害者なので、どのような伝え方をしてもあなたに敵意が向けられる可能性が高いです。

また、家に突然乗り込むような方法もおこなわないでください。

無理やり家に乗り込む行為は、不法侵入として訴えられる可能性があります。

浮気相手の子どもにアプローチする

浮気相手に子どもがいた場合、子どもに接触するようなばらし方はやめましょう。

どれだけ浮気相手に対して恨みを抱いていたとしても、子どもに罪はありません

場合によっては、子どもが混乱して家庭崩壊を招いてしまう可能性があります。

また、子どもと仲良くなってどこかに遊びに連れていった場合、誘拐罪として訴えられる可能性もあるでしょう。

浮気や不倫はあくまで当事者間の問題なので、関係のない家族を巻き込まないようにしてください。

SNSなどで関係性を拡散する

相手との関係を、直接相手の家族や配偶者にばらすのではなく、SNSに投稿するのはやめましょう。

SNSに投稿してしまうと、名誉毀損の罪に問われる可能性があります。

SNSであれば匿名で投稿できるため、第三者のフリをして投稿することもできますが、法的措置でアカウントを特定される場合もあります

浮気相手との関係に関する悩みなどを投稿するのはよいですが、実名を出して公表したりしないようにしてください。

浮気相手の職場に連絡する

浮気相手の職場に連絡したり、職場の人にばらしたりする行為もやめましょう。

浮気や不倫関係において、職場は無関係です。

もし職場にばらして、働きづらさなどが生じた場合、名誉棄損罪に問われる可能性があります。

また、あまりにもしつこく職場におしかけたり連絡したりした場合は、会社から営業妨害として訴えられる可能性があります。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す

浮気相手に慰謝料は請求できる?

浮気相手が既婚者だと知らなかった場合は、あなたが相手を訴えることができます

ただし、訴えて慰謝料を請求するためには、相手の故意や過失によってあなたの権利が侵害されたことを証明しなければなりません

このようなケースの「権利の侵害」というのは、相手が既婚者であると隠してあなたと付き合っていたり、誤信させて関係を結んだりする行為です。

これらの行為は「人格権」および「貞操権」の侵害に該当します。

  • 人格権:憲法第13条の幸福追求権を根拠に、個人の生命や身体・自由・名誉など生活を営むなかで他者から保護されるべき権利
  • 貞操権:肉体関係を結ぶ相手を自分で選ぶ権利や、自己の意思に反して性的な侵害を受けない権利

たとえば、既婚者であることを隠して「結婚できる」と希望をもたせたうえで肉体関係があった場合には、権利の侵害に該当する可能性があるのです。

もし該当した場合は、数十万円~数百万円の慰謝料を請求できます。

ただし、実際の金額は以下の点を考慮して決定されます。

  1. 女性の年齢
  2. 男性の年齢
  3. 交際期間
  4. 交際の真剣度
  5. 相手の嘘の内容
  6. 既婚者と発覚したあとの相手の反応
  7. 相手が既婚者だと気付くきっかけがなかったか

既婚者だと気付くきっかけ(落ち度)があった場合、慰謝料が減額されることもあるので「相手が騙していて気付けなかった」と証明できる証拠を残しておきましょう。

関係を清算するためにやるべきこと

相手が既婚者だと発覚した場合は、相手の配偶者にばらすことを考えずに、まずは関係を清算しましょう

いつまでも関係をもっていると、あなた自身が訴えられるリスクが高くなってしまいます

以下で、今すぐにあなたがすべきことについて解説するので、もし既婚者と関係をもっている場合には、ぜひ行動に移してください。

浮気相手との関係を解消する

まだ相手の配偶者に関係をばらしていない場合は、今すぐに関係を解消しましょう。

周囲に知られる前に関係を解消し、お互いに口外しないことを約束すれば、その関係はなかったものとして2人の秘密にしておけます。

あなたとしては泣き寝入りのような形になってしまいますが、先述したように関係がばれてリスクを背負いやすいのはあなた側です。

関係性がばれて訴えられたり慰謝料請求されたりしないためにも、今すぐに関係を終わらせましょう。

すでにばらしてしまった場合は弁護士に相談

相手の配偶者だけではなく、すでに誰かに関係をばらしてしまっている場合は、まず弁護士に相談してください。

もし相手の配偶者が知ってしまうと、慰謝料請求されたり大きなトラブルになったりします。

弁護士に相談しておくと、以下のようなメリットが得られます。

  1. 慰謝料請求された場合に、支払う慰謝料を最小限にできる可能性がある
  2. 弁護士が代理人となれるため、相手や相手の配偶者と顔を合わせなくて済む
  3. 手続きや交渉をスムーズに進められる

実際に訴えられてからではなく、訴えられる前から弁護士に相談しておくことで、早い対処が可能です。

配偶者から慰謝料請求された場合の対処法

浮気相手の配偶者から慰謝料請求された場合は、ケースによっては慰謝料請求に応じる必要はありません。

浮気相手が既婚者だと知らなかったのであれば、慰謝料を支払う必要がないからです。

しかし、浮気相手が既婚者だと知っていたり、既婚者知るきっかけがあったのに気づかなかったりする場合(落ち度)がある場合には、慰謝料を支払わなければいけません。

ただし、このあたりは情報の収集や整理が必要になるので、今すぐに支払いの有無を決定する必要はないです。

では、配偶者から慰謝料請求の連絡がきた場合、まずどのような対応をするのが最良の選択か、以下で解説します。

連絡を無視しない

浮気相手の配偶者から連絡が来たら、必ず返答をしてください

配偶者からの連絡を無視すると、大きなトラブルになってしまう可能性があります。

適切な方法としては、以下の2つがよいでしょう。

  • 電話で連絡が来た場合:「後日弁護士から改めて連絡します」と伝える
  • 郵便で請求された場合:自分で返信せずに弁護士に相談してから返信内容を考える

配偶者側は感情的になっている可能性も高いですが、決して感情的にならずに、冷静に伝えてください。

不用意な発言に注意する

浮気相手の配偶者から連絡が来た場合、できる限り会話はしないようにしてください

感情的になってその場で話し合いをしてしまうと、訴えられた場合に不利になる発言を残してしまう可能性があります。

たとえば「既婚者だと疑っていた」のような発言をしてしまうと、あなたに落ち度があった証明となってしまいます。

浮気相手の配偶者が証拠集めのために電話を録音している可能性も考えられるので、不要な発言はしないように「弁護士から後日連絡する」だけを伝えましょう。

もし浮気相手の配偶者に何かしらの質問をされても「その点についても弁護士を通して回答します」と伝えてください。

相手を傷つける発言をしない

浮気相手の配偶者がどれだけ感情的になっていても、あなたは感情的になってはいけません。

お互いに感情的になり、言い合いのような形になってしまうと、相手を傷つけるような発言をしてしまう可能性があります。

相手を傷つけるような発言は、内容によっては罵倒罪に該当してしまう可能性がありますし、訴えられた際にその発言から不利になってしまう可能性もあります。

たとえば「あなたがしっかりしていなかったから不倫されたのではないか」「不倫の原因はあなたにあるのではないか」というような発言もNGです。

繰り返しになりますが、浮気相手の配偶者から見ればあなたは被害者ではなく加害者なので、攻撃的な発言は控えるようにしましょう。

また、反対に傷つけられるような発言をされた場合は、あなた側の有利になる証拠になる可能性があるので、録音などをして残しておきましょう。

配偶者にばらす行為はリスクが高い

自分が知らない間に浮気相手になっていたとしても、配偶者にばらす行為はしないようにしましょう。

自分が傷つけられたにも関わらず、反対に自分の身を追い詰める形になってしまいます。

一時の感情でばらそうとするのではなく、冷静に対処すべきです。

関係性によっては、こちら側から慰謝料を請求することもできます。

もし今後の自分の行動に不安がある場合や、反対に訴えられる不安があるならば、一度弁護士に相談してみましょう

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ不倫慰謝料で
不倫慰謝料に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
法律事務所エムグレン
武藏 元 (東京弁護士会)
弁護士歴10年以上にわたって多数の不倫や離婚のトラブル解決に尽力。多数のメディア出演、著書の執筆実績をもつ。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気コラム

不倫の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら