ホーム > 離婚コラム > 慰謝料 > 慰謝料の減額交渉を弁護士に依頼した場合の費用相場、解決事例を解説
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2019.4.8

慰謝料の減額交渉を弁護士に依頼した場合の費用相場、解決事例を解説

新日本パートナーズ法律事務所
池田康太郎 弁護士
監修記事
Isharyougengaku
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn
この記事のPOINT
 こんなことがわかります
  • 弁護士費用は相談料、着手金、成功報酬、雑費などの項目に分かれます。
  • 案件により金額は異なるので、まずは相談料無料の弁護士に相談しましょう。
  • 経済的理由などで慰謝料を減額できる可能性もあります。
  • 高額な慰謝料を請求され、減額したい場合は弁護士に相談下さい!

相場以上の慰謝料を請求された方は、弁護士に依頼することで慰謝料を減額できる可能性があります。

不倫や離婚などで慰謝料を請求されてしまった方向けに、慰謝料の減額交渉を弁護士に依頼した場合の費用相場をご紹介します。

慰謝料の減額交渉を弁護士に依頼した際にかかる費用相場

慰謝料の減額交渉を弁護士に依頼した場合、主にかかる費用をご紹介します。

弁護士費用の相場
相談料 1時間5,000円~1万円程度
着手金 10~30万円程度
成功報酬 減額に成功した額の10%から20%程度
その他 交通費や通信費など

相談料

弁護士に相談する場合、「相談料」というものが発生します。相場としては「1時間5,000円~1万円程度」です。 また、初回相談料を無料にしている弁護士も多くいます。

「慰謝料を請求されてるけど、相場通りなのか分からない。」 というような状況の方は、まずは相談料無料の弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

着手金

着手金とは弁護士に正式に依頼した際にかかる費用です。 着手金の一般的な費用相場としては「10~30万円程度」であることが多いです。

どんな依頼をするかによっても費用は異なります。 また、慰謝料の減額案件の費用に関しては、事務所によって差がありますが、成功報酬のみとしている弁護士事務所も多くあります。ご自身の経済状況などに合わせて弁護士事務所を選びましょう。

成功報酬

成功報酬とは、依頼した案件が成功した場合だけに掛かる費用です。 費用相場としては「減額に成功した額の10%から20%程度」になります。

そのため、例えば300万円から100万円に慰謝料を減額できた場合、200万円の10%から20%ですので、成功報酬は「20~40万円」となります。

その他

交通費や通信費などの費用もかかる場合があります。 ケースによっては意外とかさむこともありますので、正式に依頼する前に一度弁護士に確認することをおすすめします。

【弁護士費用に関する参考記事】

無料相談・平日19時以降・休日相談可能

離婚弁護士ナビなら、無料相談はもちろん、平日19時以降・休日相談を受け付けている弁護士事務所も掲載しています。 

離婚慰謝料、不倫慰謝料などの支払いが難しいのであれば、減額できないかなど、費用面も含めて下記から弁護士にご相談ください。

慰謝料の減額事例

事例1:不貞を理由に妻から500万円の慰謝料を請求される。→100万円に減額

●相談内容
離婚訴訟の中で、妻から500万円の慰謝料を請求されていた。金額が高すぎるのでご相談者様は憤りを感じていた。

●解決内容 妻が全く減額に応じず、判決をもらうことになったが、婚姻期間や不貞期間を加味すると請求額が不当であることを主張し、慰謝料は100万円となった。

引用元:弁護士法人とびら法律事務所の事務所情報

事例2:慰謝料300万円の請求が50万円に減額した事例

本人が反省していること、夫婦が離婚しないことを理由に「高額慰謝料の支払いは応じかねる」と不倫相手の妻に伝えました。 しかし、「不貞行為により婚姻関係は破たんしているので慰謝料額は妥当だ」と主張し、支払いに応じないのであれば、訴訟も辞さないと強気の姿勢。

そのため、婚姻関係は破たんしていることを離婚調停の申立書などで証明しない限り支払いには応じない、訴訟に発展しても構わないと伝えました。 すると、50万円の慰謝料と謝罪文の交付があれば示談に応じると相手が折れてきたのです。

引用元:不倫で慰謝料請求された人ができる回避方法と減額成功事例

慰謝料が減額されやすいケース

相場以上の高額な慰謝料を請求されている

事案によって慰謝料の金額は増減しますが、相場以上の慰謝料を請求されている場合は、慰謝料を減額できる可能性が高いです。

金銭的に余裕がない

多額の慰謝料を請求されても、収入や貯金が少なく、経済的に余裕がない場合は慰謝料を減額できる可能性があります。

無い袖は振れませんので、相手に対して誠意を見せ、減額交渉をしましょう。

根拠がないのに慰謝料を請求されている

不倫などで慰謝料を請求されるケースは多くあります。 しかし、一般の方の不倫という表現はあいまいで性交渉はなく、食事に行ったりデートをしたりしただけで「不倫」と表現する相手方もいます。

法律上の不貞関係などがなく、慰謝料を請求されている場合は、そもそも支払う必要がない可能性があります。 また、相手が既婚者であることを知らなかったり、不倫の時点で既に婚姻関係が破綻している場合には、慰謝料の支払い義務はありません。

【関連記事】不貞行為とは結局どこから?不貞となる行為と離婚時に立証する証拠

まとめ

弁護士費用や慰謝料を減額した事例などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

高額な慰謝料を請求され、減額したい場合は弁護士に相談することをおすすめします。 弁護士に依頼することで、精神的・肉体的な負担も軽くなり、減額できる可能性も高くなります。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
新日本パートナーズ法律事務所
池田康太郎 弁護士 (第二東京弁護士会)
弁護士登録以来一貫して離婚・不倫問題の解決に取り込んでいる。特に『配偶者から不倫慰謝料請求をされた方むけ』の相談に注力しており、多数の解決実績がある。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る