> 
 > 
 > 
離婚したい仮面夫婦が別れて幸せになれる5つのケース
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

離婚したい仮面夫婦が別れて幸せになれる5つのケース

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_27941084_s

夫婦間の愛情が冷め仮面夫婦になってしまい「今後ずっとこのままでいるのに耐えられない…。離婚したい!」と離婚を考える人も少なくないでしょう。

 

愛情を持てない人との生活には我慢が必要ですし、仮面夫婦で『家庭的な幸せ』を得ることは難しいですよね。

 

とはいえ、離婚を考えても子供のことや金銭面・世間体などを考えると簡単にできるものではありません。

 

この記事では、離婚した方が幸せになれる3つのケースや、離婚後の不安を解消する方法などを紹介します。自分が離婚するのか仮面夫婦を続けるのか決める参考にしてください。

仮面夫婦を続けるより離婚した方が幸せになれる3つのケース

子供のためや生活のために仮面夫婦として生活を続ける人は少なくありません。しかし、ふとした瞬間に自分はこのまま仮面夫婦を続けるべきか、いっそのこと離婚してしまうべきか悩むこともあるでしょう。

 

ここでは、思い切って離婚をしてしまった方が幸せになれる5つのケースを紹介します。

 

1:夫に離婚したくなる大きな原因がある

夫にDV・借金(浪費癖)・アルコール依存症など子供にもあなたにもマイナスにしかならない理由がある場合、思い切って離婚することをおすすめします。直らない夫の悪癖は、ストレスになりますし、子供にも悪影響です。

 

「こんな人でも子供に父親は必要…。」と離婚に踏み出せない人もいますが、子供の方が離婚を望んでいる場合もありますので、意見を聞いてみるのもひとつの方法です。

 

また、このような場合は慰謝料を請求できる可能性が高いため、証拠を集めて離婚問題の解決が得意な弁護士へ相談することも検討してみてください。DVの事実がある場合は、『シェルター』などに避難できます。

 

【関連記事】
保護命令とは|自分と子供を暴力から守る制度・手続きを解説
接近禁止命令は保護命令の一種!効力と手続き方法まとめ
協議離婚で損をしない慰謝料請求を!確実に慰謝料を払ってもらうには
不倫の慰謝料請求を確実に成功させる|請求・証拠集めのやり方
DVで離婚する場合の慰謝料とできるだけ増額請求する方法

 

2:夫に対し生理的な嫌悪感がある

年齢によるきつい加齢臭や外見の変化(肥満や髪形の変化・しわの増加など)が出てきます。愛情があれば許容できるものでも、愛情のない仮面夫婦では我慢するのが苦しくなるでしょう。

 

夫に対し生理的な嫌悪感を持ってしまった場合、再構築は絶望的ですし、仲がいい夫婦の演技をすること自体難しくなります。これ以上ストレスがかかる前に離婚することをおすすめします。

 

3:子供が離婚を望んでいる

子供には両親がいた方がいいと思うのは当然ですし、子供も両親が揃っていた方が安心します。しかし、どちらかの親が自分のために離婚を我慢しているくらいなら、離婚して欲しいと思う子供も少なくありません

 

母は私達の事を一番に考えてくれて「就職できるまで頑張って働くから」「あんな人に負けないよ」と母は本当に頑張ってくれていますが、私は母が無理しているのなら別れて楽になるのなら例え生活が辛くなったって父と離婚した方が良いと思います。(引用:両親離婚してほしいです。|て!goo)

 

離婚は子供に悪影響を与えますが、仮面夫婦のような家庭環境で育つことも子供にとってはいいこととは言えません。誰も幸せになれない場合は、早めに離婚してしまうのが子供のためでもあります。

 

悪影響について詳しくは『子供に悪影響を与える』で説明します。

 

仮面夫婦を続ける3つのリスク

経済的不安や子供のことを思えば、離婚するより仮面夫婦をしていた方がいいと思う人は少なくありませんが、仮面夫婦を続けるとこれから紹介するようなリスクが発生します。

 

子供に悪影響を与える

両親が不仲で冷め切った家庭環境は、子供にとって居心地がよいものではありません。そのため、家が嫌いになってしまったり「自分も嫌われるのではないか」などという不安を感じさせてしまったりします。

 

また、「両親の仲が悪いのは自分のせい…。」と思い込んでしまうことで、情緒不安定・うつ・不安症など精神的に不安定となってしまう可能性もまったくゼロではないでしょう。

 

両親の不仲は『家庭』や『夫婦』というものの理想を歪ませ、恋愛下手になってしまったり、結婚しても夫婦が分からず最終的に子供もまた仮面夫婦になってしまうケースもあるようです。

 

ストレスからうつなどになる

仮面夫婦を続けるということは、友人・親・子供の前で仲のいい夫婦を演じる必要があります。しかし、愛情が冷めてしまった相手と仲良くしなくてはいけないことは、大きなストレスではないでしょうか。

 

また、仮面夫婦を続けることで「ずっと仮面夫婦を続けていくのか。」、「離婚した方がいいのか…。」など将来への不安や悩みが絶えませんよね。

 

このようなストレスや不安が溜まると、うつやその他の精神病になってしまうリスクが高くなるかもしれません

 

急に生活費を渡されなくなる

専業主婦やパートなど毎月生活費を渡されているような家庭の場合、突然生活費を渡してくれなくなる可能性があります。

 

特に夫が不倫している場合、不倫相手に貢ぎこちらには最低限しかくれないということも珍しくないでしょう。

 

また、渡されなくなるだけではなく、このようなリスクをずっと心配し続けなくてはいけないのです。

 

仮面夫婦が離婚をするきっかけ

子供のこと・世間体・金銭面から離婚を選ばず仮面夫婦になったわけですが、死ぬまで仮面夫婦を続ける夫婦は少ないかもしれません。以下のようなことをきっかけに離婚に至るようです。

 

  • 子供が独立するとき
  • 他に結婚したい人ができたとき
  • 夫が高額な借金をしていたとき
  • 夫が失業したとき
  • 夫がうつや大きな病気になったとき

 

仮面夫婦を続ける大きな理由が子供の存在にありますので、子供の独立をきっかけに離婚する人が多いのかもしれません。

 

お互いに愛情がなくても、不倫等の不法行為があった場合は離婚時に慰謝料を請求される可能性がありますので注意してください。

 

離婚の切り出し方としては、まずメールなどで夫に話をする時間をつくってもらいましょう。時間をつくってもらったら離婚したい旨を伝えます。

 

夫も離婚に同意した場合、財産分与や養育費などについて話し合います(協議離婚)。何度言っても時間をつくってくれない・離婚を拒否する場合は、最寄りの家庭裁判所に行き離婚調停を申立てましょう。

 

【関連記事】
離婚するベストなタイミングと上手な離婚の切り出し方
協議離婚の後悔しない進め方と離婚条件を有利に決めるポイント
離婚調停|基礎知識と調停離婚を有利に進める手順まとめ
離婚調停を弁護士に頼むと最短かつ有利に終わる7つの理由

 

離婚後のよくある不安と解消法

離婚に踏み切れない大きな理由として離婚後の生活に対する不安が挙げられます。ここでは、離婚後によくある不安と解消法を紹介します。

 

子供への影響が不安|両親でケアを行う

子供が両親を慕っていた場合、親から引き離され生活環境が変わることは大きなストレスになり、個人に差はありますが性格や考え方などに影響が出ることも。離婚しても両親がケアを行うことで影響を抑えることが可能です

 

同棲している親は、できるだけ一緒にいる時間を増やし、子供を絶対に見捨てないことを伝えます

 

別居している親は毎月の養育費を振り込むことと月に何度かの面会交流を行い離れていても親であること・愛していることを伝えることが大切です。

 

【関連記事】▶離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法

 

経済的な不安|自立と国の支援制度を利用する

離婚時に財産分与や慰謝料などをもらっても子供の学費や生活費をまかなえるほどの金額ではありません。自分でパートをしても子供が小さいようであれば、安定して働けませんので、子供を養うのは難しいでしょう。

 

そのような場合は、国の支援制度の利用をおすすめします。市区町村の役所でも相談を受け付けていますので離婚前にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

【関連記事】
母子家庭に役立つ17の手当て(支援制度)を徹底解説
離婚後にシングルマザーが直面しやすい5つの苦労とその対処法

 

老後の不安|積み立て保険などを利用する

また、離婚したことによって老後の不安も高まると思います。そのような場合は、普通の貯金も大切ですが、個人年金保険などの貯蓄できる保険を利用するのもひとつの方法です。

 

保険について詳しくはこちら「個人年金保険」をご覧ください。

 

まとめ

仮面夫婦を続けた方がいいのか、離婚した方がいいのかは難しい選択です。しかし、我慢していても必ず限界は来ますので、精神的にも肉体的にも疲れてしまう前に離婚の準備を整えることをおすすめします。

 

また、離婚は子供に大きな影響を与えますが、同棲する親がしっかり愛情を与えることで健やかに育ちますし、両親の離婚や片親ということをあまり気にしなくなります。

 

子供や現在の状況ではなく『自分がどうしたいのか』をはっきりさせることが大切です。もし、離婚を検討する場合は1度離婚問題の解決に注力している弁護士に相談することをおすすめします。

 

【関連記事】
離婚の準備はこれで完璧!離婚前の準備に役立つ10の心得
賢い離婚の仕方|離婚前に考えておくべき5つのこと
離婚しても幸せになるために知っておきたい幸せの条件

 

 

出典元一覧

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚調停に関する新着コラム

離婚調停に関する人気のコラム


離婚調停コラム一覧へ戻る