> 
 > 
 > 
離婚後の復縁率は約1割|復縁する為の2つのコツ
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2015.12.2

離婚後の復縁率は約1割|復縁する為の2つのコツ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Ricon-hukuen

周りに祝福されて結婚したものの、何らかの理由で離婚する夫婦が増えてきています。その数は、およそ結婚した夫婦の3割と3組に1組が離婚しています。

しかし、一度結婚に失敗しても新しい人生のパートナーと再婚して幸せな生活を送ることは可能です。厚生労働省の統計によると夫婦共に再婚者である結婚が、全体の結婚件数の約1割を占めています。

幸せな再婚・復縁をするためにはどのようなきっかけやコツがあるのでしょうか。

離婚後に復縁を考えた5つのきっかけ

離婚後の復縁
 

>1. 相手と離れて暮らすと寂しい

これまで夫婦で生活していても離婚すれば、子供がいない場合一人で生活を再開します。そうすると、これまでできていた何気ない会話、家に相手がいてくれる安心感、病気などで動けない時に支えてもらえる有り難さといったことを実感します。

失って初めて大切なモノに気づくとよく言いますが、離婚してから家族の大切さを実感することも多いようです。
 

2. 経済的にしんどい

家のローン、養育費、慰謝料など、離婚後払う側は大変な思いをする人も多いようです。また受け取る側の人も、限られた金額の中で生活をしながら、子育てをすることがきついと感じる人も多くいます。

共働き夫婦であったから生活費と子供の養育費をまかなえていた家庭は、確実に離婚後の生活が苦しくなります。働きながら育児をすることで体力的にも精神的にも参ってしまう人もいます。

先が見えない不況が長引いている状況では、一人で暮らすより家族で暮らす方が何かとお得だと考える人も多いのが現状でしょう。
 

3. 子供と一緒に生活がしたい

離婚後、親権者にならなかった人は子供と思うように会えない生活にストレスを感じやすいです。これまで子供の成長を楽しみに仕事に励んでいた人は、生きる希望を失くしてしまったように感じてもおかしくありません。

定期的に面会を行えていても、一つ屋根の下で暮らすことと比較するとどうしても子供と過ごす時間は限られてしまいます。再び子供と一緒に暮らしたいから復縁婚を考える人も少なくありません。
【参考】
▶︎離婚調停で親権を獲得する為の知識まとめ
▶︎離婚時に親権を獲得したい人が知っておくと有利になる知識
 

4. 自分の非を反省した

これは離婚理由を作った人が抱きやすい復縁のきっかけです。感情的になり相手を責めて離婚した後、時間をかけて冷静になり当時を振り返られるようになります。

自分で仕事と家事を行うことで、相手がしていた生活の大変さに気がつくことや、育児に熱心な友人の話を聞くことでいかに自分が育児を丸投げしていたかわかり反省するなど、協力して夫婦生活を行う大切さがわかったことが、結婚生活をやり直したい気持ちを生むのです。
 

離婚後の復縁率が高い女性の3タイプ

復縁しやすい女性
 

1. 離婚後も元旦那と友達でいられる女性

このタイプの女性が離婚した理由は、元旦那の事を嫌ったからではありません。友達として付き合えるということは、夫婦として一緒に暮らすことは問題があっても、一緒に時間を過ごせる程度には好きであると言えます。

つまり夫婦として問題であった離婚原因がなくなれば、以前のように夫婦生活を再開させることはスムーズであるでしょう。
 

2. 専業主婦であった女性

専業主婦の期間が長ければ長いほど、一人で生活するためのお金を稼ぐ力は低いと言えることが多いです。このタイプの女性は一人で自活していくよりも、共に生活できる人を求めている傾向にあります。そのため、問題点がなくなれば復縁したいと考えている人も多いでしょう。
 

3. 独りでいることが苦手な女性

離婚して一人で生活を始めると、寂しさを感じる人が大半です。復縁のきっかけにも含まれているように「寂しさ」は復縁への大きなモチベーションとなります。独りが苦手な人は復縁に積極的と言えるでしょう。

 

離婚しても復縁しにくい女性の3タイプ

復縁できない女性
 

1. 正社員として自活できる女性

離婚しても経済的に困らず、正社員として職場というコミュニティに属している女性は復縁に意欲的でないケースが多いです。収入が安定しており、自分を必要としてくれる仕事があると充実感があります。

また忙しく働いていると結婚生活を思い出すことや、誰かがそばに居てくれないとつらいと感じる時間が少ない点も、復縁に意欲的でない姿勢に影響しています。
 

2. 美人で交友関係の広い女性

このタイプの女性は離婚後であっても言い寄ってくる男性が多いでしょう。そのため離婚後の割と早い時期に新しい交際相手ができることも珍しくありません。

交友関係が広いと新しい出会いが自然と訪れるため、過去を引きずる人が少ないのも特徴であり復縁にこだわっていない姿勢の人が多いです。
 

3.離婚を我慢して子供を育て上げた女性

自身の離婚したい気持ちを抑えて、子供の養育環境のために、また世間体を気にして長期間に渡り結婚生活を我慢しながら続けていた女性は復縁しにくいです。

なぜならこのような女性にとって離婚は長年待ち望んだことであり、我慢から逃れられることとなるからです。よほどのことがない限り再び結婚生活に戻ることは少ないでしょう。
 

離婚後の復縁率を高める為の2つのコツ

復縁婚を成功させるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。大事なことは「離婚原因を改善すること」と、「相手を受け入れる」ことの2点です。
 

1. 離婚原因を明らかにして必ず改善する

離婚した夫婦には何かしらの離婚理由があるはずです。その理由は、わかりやすくひとつの事柄でモメたケースもあれば、いくつかのことが時間をかけて複雑に絡まり合いながら積み重なったことケースもあります。

あなたの夫婦が離婚を決断した理由はなんだったのでしょうか。まずはその理由を、結婚生活を振り返って明らかにしましょう。一人で振り返りながら考えることも重要ですが、気の許せる友人がいるのであれば話を聞いてもらうと良いと思います。

話をしながら思い出すことや考えがまとまることがあり、さらに友人から質問されることで自分だけでは行き着かない理由が見つかることもあります。離婚理由が見つかれば、その点について改善できるように努めましょう。

理由によっては改善に時間を要してしまうことや、時間と共に解決されることもあるでしょう。例えば、家事が苦手で取り組まなかったことが離婚理由であれば、家事が上達するまで努力をしましょう。

また、嫁と姑の関係がこじれて離婚してしまった場合は、姑が亡くなってから再婚するのもひとつの手です。
 

2. 相手の変化を受け入れる

離婚理由の改善が成功し、元配偶者と定期的に会えるようになったなら、目の前の相手を受け入れるように心がけましょう。離れていた期間に、相手の生活や気持ちや人間関係に変化があることは当然です。

あなたの知らない元配偶者の一面を見ることもあります。その点は全面的に認めて受け入れる努力をすることをおすすめします。あなたが相手を受け入れると、相手もあなたを受け入れる姿勢を取ってくれます。

改善した離婚理由を相手に受け入れてもらうためにも、あなたから相手を受け入れる姿勢を見せることがいいでしょう。

 

復縁前に準備すること

復縁を決める前に何度か相手と連絡を取ることや会うことをするでしょう。その場合に気をつけることは、絶対に焦らないことです。相手があなたなしの生活を続けていくつもりであれば、あなたがガツガツとした姿勢を見せるとそれまで以上に距離を取りたくなってしまいます。

相手の様子と気持ちを考えながら少しずつお互いの距離を縮めるようにしましょう。ちょっとした連絡からはじめていき、お互いの近況報告ができるようになれば、食事などにでかけてみると良いでしょう。

このように徐々に距離を縮めることで、「やっぱり私にはこの人じゃないとダメだ」と実感できるまで信頼関係を一から作り直すことをおすすめします。

 

6ヶ月間の再婚禁止期間は100日に短縮

女性は離婚してから6ヶ月間はいかなる理由であっても再婚はできないと法律で定められていました。これまでは、離婚した女性が妊娠した場合に、身ごもっている子供が元旦那の子なのか、それともそれ以外の男性の子供なのかはっきりしないことを防ぐためとされてきました。

これに対して国は2015年12月16日に、「再婚禁止期間の規定のうち、100日を超える部分については「違憲」とする初の判断を示した。」として受理されたため、今では再婚禁止期間は100日になっています。
 

民法第772条によって規定されていた女性の再婚期間6カ月が、「100日を超える禁止期間は憲法に違反する」として、2015年12月の最高裁判決を受けて、100日に短縮するというが成立しました。
 
民法改正で何ができるようになったのか?

これまでの民法第772条では、子どもの父親「子供が離婚後300日以内に生まれたなら前夫の子」「200日過ぎて生まれたなら現夫の子」と定めていましたが、離婚時に女性が妊娠していないことを医師が証明した場合、離婚から100日以内であっても再婚を認める条文が盛り込まれています。
引用元:法改正によって女性の再婚期間が100日に短縮

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夫婦にとって二度目の結婚生活をスタートさせるには、慌てずにじっくりとことを進めていくことに限ります。そして同じ失敗を重ねてしまわないように、まずは結婚生活を振り返り離婚理由や自分の至らなかった点を改善することを目指しましょう。

今回の記事があなたの復縁に役立てば幸いです。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

離婚後の生活に関する新着コラム

離婚後の生活に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚後の生活コラム一覧へ戻る