ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 養育費 > 養育費の相場はいくら?年収別相場と養育費の額を左右する要素も解説
キーワードからコラムを探す
更新日:

養育費の相場はいくら?年収別相場と養育費の額を左右する要素も解説

社内弁護士監修
監修記事
養育費の相場はいくら?年収別相場と養育費の額を左右する要素も解説
「養育費」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「養育費」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn
  • 「子どもの養育費はどのくらい払えばよい?」
  • 「養育費はどのように決めたらよい?」

離婚をして子どもと離れて暮らすことになったら、養育費を支払う必要があります。

しかし、実際にどのくらい養育費を払えばよいのかわからない方は多いでしょう。

この記事では、養育費の相場、養育費の決め方、養育費に関する基礎知識について解説します。

養育費について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
養育費問題に強い弁護士を探す

養育費の相場目安

養育費は、一般的にどのくらい支払うものなのでしょうか?

まずは、養育費の相場について解説します。

「令和3年度全国ひとり親世帯等調査」での養育費相場

養育費の相場目安

厚生労働省が令和3年にひとり親世帯を対象におこなった調査によると、養育費の平均は母子世帯の場合で50,485円、父子世帯の場合で26,992円です。

母子世帯のほうが約23,000円ほど多く養育費を受け取っている傾向があります。

母子世帯の平均年収は父子世帯に比べて200万円ほど少ないため、養育費が高額になるケースが多いといえるでしょう。

世帯の種類

養育費の相場

母子世帯

50,485円

父子世帯

26,992円

参考:令和3年度全国ひとり親世帯等調査結果報告

「令和3年司法統計年報(家事編)」での養育費の内訳

最高裁判所が令和3年度におこなった調査によると、父親から母子世帯に支払う養育費は「4万円以下」が最も多く、3割近くを占めています。

2番目に多いのは「6万円以下」、3番目に多いのは「8万円以下」でした。

一般的には、2〜3万円台の養育費を支払う父親が多いといえます。

【調停または審判による父から母への養育費の支払い額別の件数】

養育費の月額

件数(割合)

1万円以下

466件(2.9%)

2万円以下

1,341件(8.4%)

4万円以下

5,206件(32.6%)

6万円以下

3,901件(24.4%)

8万円以下

2,101件(13.1%)

10万円以下

1,198件(7.5%)

10万円超

1,769件(11.1%)

総数

1万5,986件

参考:令和3年 司法統計年報(家事

養育費の算定方法

養育費の金額は、自分である程度算出することが可能です。

ここからは、養育費を算出するための方法を2つ紹介します。

養育費自動計算機を利用する

1つ目は、養育費自動計算機を利用する方法です。

養育費自動計算機とは、Web上で養育費の目安を簡単に計算できるツールのことで、誰でも利用できます。

年収、職業、子どもの人数、居住地などを入力すると、1ヵ月あたりの養育費の目安が自動で算出されるので、目安を手っ取り早く知りたい方におすすめです。

次に紹介する養育費算定表では、子どもが4人以上いる場合の目安がわからないので、子どもがたくさんいる方も活用するとよいでしょう。

養育費算定表を参考にする

2つ目は、養育費算定表を基に算出する方法です。

養育費算定表とは、養育費の目安を算出できる表のことで、子どもの年齢や人数に応じて9つの表に分かれています。

具体的な見方は以下のとおりです。

【養育算定表の見方】

  1. 子どもの年齢、人数に合った表を選択
  2. 表の縦軸で義務者(養育費を支払う側)の収入、職業を確認
  3. 表の横軸で権利者(養育費を受け取る側)の収入、職業を確認
  4. ②と③をたどり、養育費の目安を確認

養育費算定表は、裁判所のホームページに掲載されています。

ただし、算定表の金額はあくまで目安です。

実際には個別の事情を考慮して決まるので、算定表で算出した金額の通りになるとは限らない点に注意しましょう。

【ケース別】養育費の目安

養育費の相場目安

養育費は、家族構成や親の収入によって異なることがわかりました。

ここからは、ケース別に養育費の金額の目安を紹介します。

厚生労働省の調査に基づき、権利者の年収を373万円と仮定して算出しています。

自分の状況に近いケースの養育費をチェックして、目安を決める際の参考にしてください。

参考:令和3年度全国ひとり親世帯等調査結果報告

子ども1人、義務者の年収400万円の場合

親が会社員の場合の相場は以下のとおりです。

  • 子どもが0〜14歳:2万円〜4万円
  • 子どもが15歳以上:2万円〜4万円

一方、親が自営業者の場合の相場は以下のようになります。

  • 子どもが0〜14歳:2万円〜4万円
  • 子どもが15歳以上:4万円〜6万円

会社員の場合は子どもの年齢にかかわらず2〜4万円が目安ですが、自営業者の場合は15歳以上のほうが相場が高いといえます。

子ども1人、義務者の年収500万円の場合

親が会社員の場合の相場は以下のとおりです。

  • 子どもが0〜14歳:4万円〜6万円
  • 子どもが15歳以上:4万円〜6万円

一方、親が自営業者の場合の相場は以下のようになります。

  • 子どもが0〜14歳:4万円〜6万円
  • 子どもが15歳以上:4万円〜6万円

親の職業や子どもの年齢にかかわらず、4万円〜6万円が相場といえるでしょう。

子ども1人、義務者の年収600万円の場合

親が会社員の場合の相場は以下のとおりです。

  • 子どもが0〜14歳:4万円〜6万円
  • 子どもが15歳以上:6万円〜8万円

一方、親が自営業者の場合の相場は以下のようになります。

  • 子どもが0〜14歳:4万円〜6万円
  • 子どもが15歳以上:6万円〜8万円

子どもが15歳以上の場合のほうが、養育費の相場も高くなるといえるでしょう。

子ども2人、義務者の年収400万円の場合

親が会社員の場合の相場は以下のとおりです。

  • 第1子、第2子ともに0〜14歳:4万円〜6万円
  • 第1子が15歳以上、第2子が0〜14歳:4万円〜6万円
  • 第1子、第2子ともに15歳以上:4万円〜6万円

一方、親が自営業者の場合の相場は以下のようになります。

  • 第1子、第2子ともに0〜14歳:4万円〜6万円
  • 第1子が15歳以上、第2子が0〜14歳:4万円〜6万円
  • 第1子、第2子ともに15歳以上:4万円〜6万円

いずれの場合でも、4万円〜6万円が目安といえるでしょう。

子ども2人、義務者の年収500万円の場合

親が会社員の場合の相場は以下のとおりです。

  • 第1子、第2子ともに0〜14歳:4万円〜6万円
  • 第1子が15歳以上、第2子が0〜14歳:6万円〜8万円
  • 第1子、第2子ともに15歳以上:6万円〜8万円

一方、親が自営業者の場合の相場は以下のようになります。

  • 第1子、第2子ともに0〜14歳:6万円〜8万円
  • 第1子が15歳以上、第2子が0〜14歳:6万円〜8万円
  • 第1子、第2子ともに15歳以上:6万円〜8万円

基本的には6万〜8万円が目安ですが、親が会社員で子どもが2人とも0〜14歳の場合は4万〜6万円と低めです。

子ども2人、義務者の年収600万円の場合

親が会社員の場合の相場は以下のとおりです。

  • 第1子、第2子ともに0〜14歳:6万円〜8万円
  • 第1子が15歳以上、第2子が0〜14歳:8万円〜10万円
  • 第1子、第2子ともに15歳以上:8万円〜10万円

一方、親が自営業者の場合の相場は以下のようになります。

  • 第1子、第2子ともに0〜14歳:8万円〜10万円
  • 第1子が15歳以上、第2子が0〜14歳:8万円〜10万円
  • 第1子、第2子ともに15歳以上:8万円〜10万円

8万円〜10万円が基本的な相場ですが、親が会社員で子どもが2人とも0〜14歳の場合は6万円〜8万円が目安といえます。

養育費の算定で考慮される主な要素

養育費の算定で考慮される主な要素

養育費算定表では、養育費の目安を把握することが可能です。

ただし、実際に支払う養育費の金額は、個別の事情も加味して決まります。

では、具体的にどのような事情が考慮されるのでしょうか?

ここからは、養育費を算定するうえで考慮される主な要素を紹介します。

子どもの年齢と人数

1つ目は、子どもの年齢と人数です。

子どもの人数が多いほど子育てに多くの費用がかかるため、養育費も高くなります。

また、子どもが大きくなるにつれて学費が高額になるので、子どもの年齢も養育費を算定するうえで大切です。

子どもが0〜14歳か15歳以上かで養育費が変わり、15歳以上のほうが養育費は高額になります。

子どもの教育費や医療費

2つ目は、子どもの教育費や医療費です。

子どもが私立の学校に通っている場合、公立の学校に比べて学費がかかります。

また、子どもに持病がある場合は、通院や入院などで医療費が高くなるでしょう。

そのため養育費を決める際は、子どもの教育費や医療費がどのくらいかかるかを考慮することも大切です。

両親の年収

3つ目は、両親の年収です。

養育費算定表を見ると、表の縦軸が義務者の年収、横軸が権利者の年収となっています。

このことから、親の年収は養育費を決める際の大切な指標であることがわかるでしょう。

養育費は、義務者と権利者の年収の差が大きいほど高くなるのが一般的です。

義務者の年収が高く権利者の年収が低い場合は養育費が高くなり、義務者の年収が低く権利者の年収が高い場合は低くなります。

支払う側の親の学歴

4つ目は、義務者の学歴です。

義務者には、子どもにも自分と同等以上のレベルの生活をさせる義務があります。

義務者が質の高い教育を受けていて生活も豊かな場合、自分だけがこれまでと同じ水準の生活を続けるのは不平等です。

そのため、義務者の学歴が高い場合は養育費が高くなる傾向があります。

養育費について知っておくべき基礎知識

ここまで、養育費の相場や算定方法について紹介しました。

しかし、「そもそも養育費が何なのかよくわかってない」という方も多いのではないでしょうか?

ここからは、養育費についての基礎知識や、養育費の決め方について解説します。

これから養育費を支払う、もしくは受け取るという方は、ぜひ参考にしてください。

養育費とは|主な養育費の項目

  • 養育費の項目
  • 養育費は親権を持たない親が支払う
  • 養育費はいつまで受け取れるか

養育費とは、子どもが成人するまでの間にかかる子育て費用のことです。

具体的には、子どもの生活費、教育費、医療費、小遣い、交通費などのことを指します。

離婚をして夫婦関係が消滅しても、親子の関係がなくなるわけではありません。

実際に子育てをするのは親権(離れて生活する親が親権をもつ場合は監護権)をもつ親ですが、離れて生活していても親として子どもを養う義務があります。

そのため、親権(あるいは監護権)をもたない親は養育費を支払う必要があります。

養育費を受け取れるのは、養育費を決めたときから子どもが成人するまでの間です。

ただし、2022年に成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたため、「何歳を成人とみなすか」があいまいになる恐れがあります。

養育費を決める際は、成人とみなすタイミングについてもきちんと話し合っておきましょう。

養育費の決め方|話し合い・調停・審判

  • 双方の話し合いで決める
  • 話し合いが不成立の場合、調停手続き
  • 調停が不成立の場合は自動的に審判手続きに移行する

養育費をいくらにするべきかは、まずは夫婦間の話し合いで決めます。

話し合いによってお互いが納得できる金額が決まれば、その金額を支払えばOKです。

話し合いがうまくまとまらなかった場合は、調停手続きをおこないます。

調停では、調停員が夫と妻それぞれの話を聞いたうえで解決案を出してくれ、それで合意できれば解決です。

しかし、調停でも合意できなかった場合は、自動的に審判手続きがおこなわれます。

審判では、裁判官が夫婦それぞれの話を聴取し、養育費の金額を決定します。

これで双方が納得をすれば審判確定となり、親権(あるいは監護権)をもたない親は法的な支払い義務を負うことになります。

養育費の相場に関するよくある質問

養育費の相場について、もう少し詳しく知りたいと思っている方もいるでしょう。

ここからは、養育費に関するよくある質問をまとめているので、気になる方はぜひチェックしてください。

Q.相場より養育費が高いが減額交渉できるか?

  • できない

養育費が相場より高くても、原則として、あとから減額することはできません。

養育費の金額について一度合意をしたら、あとで変更することは基本的に不可能と考えてください。

養育費を減額できるのは、離婚後に義務者の収入が大きく減少した、親が再婚した、などの著しい変化が起こった場合のみです。

よほどのことがない限り、養育費を後で変えることはできない点は覚えておきましょう。

Q.住宅ローンを支払っている場合に養育費は考慮されるか?

  • 義務者が、権利者の住宅ローンを支払う→考慮される
  • 義務者が、義務者自身の住宅ローンを支払う→考慮されない

養育費の算定に住宅ローンが考慮されるかは「誰の住宅ローンを支払っているか」で異なります。

義務者が権利者の住宅ローンを支払っている場合は、養育費を下げることが可能です。

一方、義務者が自分自身の住宅ローンを支払っている場合は養育費を下げることはできません。

義務者が自分の住宅ローンを支払っていたところで、権利者側の住居費の負担は減らないためです。

Q.面会交流を拒否された場合は養育費の支払いを断れるか?

  • →断れない

面会交流を拒否されても、養育費の支払いを断ることはできません。

なぜなら、面会交流をすることも養育費を受け取ることも、子どもの権利だからです。

「払いたくないから」という親の一方的な理由で、養育費の支払いを放棄することは許されません。

面会交流を拒否されて養育費を支払いたくないと思っても、子どものためと思って支払いを続けましょう。

Q.養育費の未払いが起こった場合はどうするか?

  • 自分で催促する
  • 家庭裁判所の制度を利用する など

お互いに合意をしたにもかかわらず、相手が養育費を支払ってくれないケースがあります。

養育費が支払われない場合、まずは相手に直接催促しましょう。

連絡手段は、電話、SNS、書面など、どれでもかまいません。

単に支払いを忘れている可能性もあるので、相手に直接連絡できるなら自分で支払いを求めましょう。

相手に直接連絡できない場合や、連絡をしても返事が来ない場合は、家庭裁判所の「履行勧告」「履行命令」の制度の利用を検討してください。

この制度を利用すると、家庭裁判所が相手に養育費を支払うよう督促します。

相手が履行命令に応じない場合は10万円以下の過料が課されるので、自分で催促するよりも効果的です。

養育費を決めたときに公正証書や調停調書などの書面を作成した場合は、強制執行の手続きをとることもできます。

強制執行の手続きをした場合、相手の預金口座や給与を差し押さえて、強制的に養育費を支払わせることが可能です。

まとめ|養育費に関する相談は弁護士に!

養育費は、夫婦間の話し合いによって円滑に決まるのがベストです。

しかし、場合によっては合意がなかなか成立しないこともあります。

話し合いがうまくいかないときは、弁護士に相談するのがおすすめです。

相手との交渉を依頼できるうえ、養育費に関するトラブルの対処法についてアドバイスを受けることもできます。

養育費に関して少しでも不安や悩みがあるなら、弁護士に相談してみましょう

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
養育費問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
社内弁護士監修
この記事は、株式会社アシロの『離婚弁護士ナビ編集部』が執筆、社内弁護士が監修しました。

養育費に関する新着コラム

養育費に関する人気コラム

養育費の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

養育費コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら