ホーム > 離婚コラム > 養育費 > 【令和改定版】養育費算定表と見方をわかりやすく解説
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2020.2.17

【令和改定版】養育費算定表と見方をわかりやすく解説

銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士
監修記事
%e9%a4%8a%e8%82%b2%e8%b2%bb%e7%ae%97%e5%ae%9a%e8%a1%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%92
「養育費」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「養育費」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free_consult_btn

この記事では、養育費を算定するのにかかせない「養育費算定表の見方」について説明していきます。

 

子どもがいる夫婦が離婚するとき、父親か母親のどちらかに親権が渡ります。そして、親権を譲った方は、子どもが20歳になるまで養育費を支払う。ここまでは多くの方がなんとなくご存知なのではないでしょうか。

 

実際の現場では、20歳の終期で合意してしまったとしても、大学に進学することが明らかであったり、双方大学卒の婚姻関係の場合には、ほとんどの場合が22歳です。しかし、実際の養育費用や養育費を算定する方法など、詳しい内容については知らない事が通常でしょう。

 

養育費算定表は、『養育費を月々いくら払うのが適切なのか』が示されている表になります。離婚裁判の場でも、養育費を算定するための参考にしますし、協議離婚(話し合いでの離婚)の場合でも公平に金額を決めるために使用されます。

 

この度、2019年12月23日、裁判所のサイト上で養育費算定表の改定版が公表されたため、2019年12月23日以降は改定版の養育費算定表に基づいて金額が決定されることになります

 

関連リンク

裁判所|養育費算定表

 

改訂版の養育費算定表は、旧算定表の傾向を踏襲した上で、現代の社会状況や税制を反映しています。旧算定表と改定版の養育費算定表を比べると養育費は全体的に増加傾向にあるため、年収によっては養育費が月に1〜2万円増額するケースもあるでしょう。

 

ただし、注意が必要なのは、旧基準に比較して、大幅に用い方が変わったと認識するのは誤っています。実際の計算をするには、賃金センサス・生活指数を使いこなす必要があるのです。

 

この度改訂された養育費算定表ですが、例えば、支払いと受け取りにどのような影響があるのでしょうか。

 

こちらの記事では、養育費を算定するのにかかせない「改定後の養育費算定表の見方」「養育費算定表改定の影響」について解説します。

養育費を増額・減額させるなら弁護士への相談が有効です

養育費を増額・減額させたいのであれば、弁護士への相談が有効です。

当サイト『離婚弁護士ナビ』なら無料相談を受け付けている弁護士事務所や、平日夜・週末対応している弁護士事務所も掲載しています。まずは下記からご相談ください。

まずは養育費算定表を確認|法改正最新版

まずは、東京家庭裁判所のホームページに記載されている「養育費算定表」を実際に確認してみましょう。大きな表が全部で9枚あるため、抵抗を覚える方もいることでしょう。ですが、ご安心ください。

 

この表の見方は下記で説明していきますので、深いことは考えず、まずは目を通してください。表自体も、一旦読み飛ばしてもらっても構いません。軽く見て、養育費算定表の見方を知りたい方はこちらからご覧ください。

算定表1養育費算定表1_改訂版

算定表2養育費算定表2_改訂版

算定表3養育費算定表3_改訂版

算定表4

養育費算定表4_改訂版

算定表5養育費算定表5_改訂版

算定表6

養育費算定表6_改訂版

算定表7

養育費算定表7_改訂版

算定表8

養育費算定表8_改訂版

算定表9

養育費算定表9_改訂版

​【引用:裁判所|平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

なお、裁判所のページを開くと表が全部で19枚あります。

 

  • 表①~⑨→養育費算定表
  • 表⑩  →婚姻費用算定表(子どもなし)
  • 表⑪~⑲→婚姻費用算定表(子どもあり)

 

実は離婚していなくても、別居している場合、子どもと暮らしている方には養育費を受け取る権利があります(正確には婚姻費用と呼びます)。

 

また、子どもがいない場合でも、収入が少ない方は、婚姻費用を受け取る権利があります。会社員と専業主婦が別居した場合などが分かりやすい例です。算定表の見方自体は養育費算定表も、婚姻費用算定表も、全く一緒です。見るべき表が変わるだけです。

 

養育費算定表への影響

養育費算定表の改定で変更されたのは、主に以下の2点になります。

 

  1. 子供の生活費指数(生活費について算出される物価指数のこと)
  2. 基礎収入(生活費として使用できる金額のこと)

 

改定では、子供の生活費に関してより適切な費用への見直しが行われました。15歳以上の子供についての生活費指数が90から85に減少したことに対して、15歳以下の子供についての生活指数は55から62へと増加しています。

 

改定前と比較すると、15歳以上の子供には生活費を少なく見積もられていますが、15歳以下の子供には生活費が多く見積もられるようになったようです。(※指数の基準は夫と妻の100と100)

 

また、収入から税金・各種保険料などを差し引いた金額が基礎収入と呼ばれていますが、改定前に想定されていた総収入に対する基礎収入の割合は34〜42%となっていました。しかし、改訂版の養育費算定評では38%〜52%に底上げされているようです

 

子供に必要な生活費は上記の「子供の生活費指数」と「基礎収入」に基づき算出されます。子供の生活費を分けて負担したものが養育費とされますので、養育費の金額は総体的に底上げされると考えられますね。

 

改定から生じた養育費への影響は前述の通りです。養育費は社会状況に合わせて増額傾向にあるようですので、多くのケースで1〜2万円ほどの増額が見込める可能性があるでしょう。

 

では、実際に改定された養育費算定評の見方を解説していきます。

 

養育費算定表の見方

それでは、養育費算定表の見方を実際にご紹介します。順序を追っていけば何も難しいことはありません。1つひとつ追いかけていきましょう。

 

養育費算定の見方

子どもの条件に該当する表を見る

表は9枚ありますが、実際に見なければならないのはこのうちの1枚だけです。どの表に該当するかは、子どもの人数・年齢で決まります。下記を見て、ご自身の状況に当てはまる表を確認してみてください。

 

子供が1人のパターン

0~14歳→表1

15~19歳→表2

 

子供が2人のパターン

2人とも0~14歳→表3

1人目が15~19歳、2人目が0~14歳→表4

2人とも15~19歳→表5

 

子供が3人のパターン

3人とも0~14歳→表6

1人目が15歳~19歳、2・3人目が0~14歳→表7

1・2人目が15~19歳、3人目が0~14歳→表8

3人とも15~19歳→表9

 

一見複雑に見える養育費算定表ですが、どの表を見るかさえわかってしまえば、あとは難しいことはありません。

 

父親・母親の年収を確認する

どの表に該当しているかがわかったら、次は表の見方を確認していきましょう。

 

表の縦軸は「養育費を支払う側の年収」、横軸は「養育費を受け取る側の年収」を示しています。

 

養育費算定表の見方

引用:裁判所|平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

(※矢印などの書き込みは加工)

 

縦軸も横軸も、年収が2列表記されています。内側の列は自営業の場合の年収、外側の列は自営業以外の年収(会社員・パートなど)となっています。

 

なお、自営業の場合には「課税対象の所得額」、自営業以外の場合には「税金が引かれる前の年収(いわゆる額面)」で表をみてください。

 

金額を確認する

表が交わっている部分の金額が養育費の基準となります。5歳の子供が1人いて離婚した場合を例としてみます。養育費を支払う側の年収が500万円(会社員)、受け取る側の年収が200万円(会社員)の場合には4〜6万円が基準となります。

 

養育費算定表の例

引用:裁判所|平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

(※矢印などの書き込みは加工)

 

養育費の決定要素について

養育費の決定には以下の要素が影響しています。

 

  • 扶養義務のある子供の人数
  • 扶養義務のある子供の年齢
  • 両親の年収
  • 両親が自営業か否か

 

養育費算定表は子供の人数・年齢によって分けられているため、養育費の決定に大きな影響を与えていることがわかります。

 

また、養育費算定表で養育費の適切な金額を確かめる際には、両親の年収次第で相応の金額が示されます。両親の年収均衡に基づいて子供にかかる生活費の分担比率が異なりますので、両親の年収が養育費の決定に影響を与えているとみなせるでしょう。

 

なお、養育費算定表においては親が自営業かそれ以外かで、妥当とされる養育費のメモリがそれぞれ異なります。よって、両親が自営業で収入を得ているか、それ以外で収入を得ているかについても養育費決定を左右する要素と言えそうです。

 

実際に養育費を算定してみよう

養育費算定表の見方がわかったところで、実際に金額を算定してみましょう。一般的に、親権は母親に渡ることが多いので、ここでは父親から母親に払うと仮定して養育費を算定します(どちらでも金額が変わるわけではありません)。

 

あなたの見方が本当にあっているかどうか、A・B・Cさんの例を見ながら確認してみましょう。

 

Aさんの場合

Aさんのプロフィールは以下の通りです。

 

父親の年収

500万円(会社員)

母親(Aさん)の年収

0円(専業主婦)

子どもの人数

1人(0~14歳)

 

この場合、見るべき表は①になりますね。

 

表① 養育費算定表

養育費算定表例ー1

引用:裁判所|平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

(※矢印などの書き込みは加工)

 

Aさんの養育費は、『6~8万円』であることがわかりました。薄いグレーになっている範囲が6~8万円です。

 

Bさんの場合

次は子どもが2人いるBさんの養育費を算定してみましょう。Bさんのプロフィールは以下の通りです。

 

父親の年収

400万円(会社員)

母親(Bさん)の年収

400万円(会社員)

子どもの人数

1人目(15~19歳)・2人目(0~14歳)

 

この場合、見るべき表は④になりますね。

 

表④ 養育費算定表

養育費算定表の例ー2

引用:裁判所|平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

(※矢印などの書き込みは加工)

 

Bさんの場合、養育費は『2~4万円』になります。子どもが2人いても、父親と母親の年収が同じくらいであれば養育費の金額は低くなります。

 

Cさんの場合

最後に、子どもが3人いるCさんの養育費を算定してみましょう。Cさんのプロフィールは以下の通りです。

 

父親の年収

800万円(自営業)

母親(Cさん)の年収

400万円(会社員)

子どもの人数

1人目(15~19歳) 2・3人目(0歳~14歳)

 

この場合、見るべき表は⑦になりますね。

 

表⑦ 養育費算定表

養育費算定表の例−3

引用:裁判所|平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

(※矢印などの書き込みは加工)

 

Cさんの場合、『16~18万円』であることがわかりました。

 

※源泉徴収票以外の実態がある場合、たとえば不動産収入や副業がある場合には収入として扱われることになります。

 

こちらの記事も読まれています

養育費の相談先は内容によって異なる!市役所・弁護士など相談先を紹介

養育費獲得の完全ガイド|増額や支払いを続けてもらう知識

養育費の支払いは公正証書に残すべき理由と書き方・作成の流れ

養育費を拒否できる場合とは?支払いができない場合の対処方法について

再婚したら養育費は支払い不要?減額したい人の完全ガイド

養育費はいつまで支払うの?減額が認められる3つのケース

養育費を払わない方法や養育費減額請求をする為の手順

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。順を追って確認すれば、養育費算定表は簡単に理解することができます。

 

  1. 子どもの人数・年齢で『見るべき表』が決まる
  2. 父親の年収・母親の年収で『養育費の金額』が決まる
  3. 年収は、自営業の場合「課税対象の所得額」、自営業以外の場合「額面での年収」を元に表をみる
  4. 離婚していなくても別居しているのなら婚姻費用をもらうことができる
  5. 養育費算定表も婚姻費用算定表も見方は同一である

 

この5点さえわかっていれば、何も難しいことはありません。

 

また、この算定表は、あくまで「養育費・婚姻費用を算定する参考となるもの」です。実際にいくら支払うかは、表を参考にしつつ、双方で話し合って決めてください。

 

改定によって増額傾向にある養育費ですが、ケースによっては増額分を請求すべきこともあるでしょう。ただし、増減がない事案もありますので、まずは、養育費について弁護士に相談してみても良いかもしれませんね

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

養育費に関する新着コラム

養育費に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

養育費コラム一覧へ戻る