ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > その他 > スピード結婚でも後悔しない|長続きさせる4つのポイント
キーワードからコラムを探す
更新日:

スピード結婚でも後悔しない|長続きさせる4つのポイント

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
スピード結婚でも後悔しない|長続きさせる4つのポイント

出会ってから数ヶ月で結婚をするスピード結婚。あなたの周りでも聞くことがあるのではないでしょうか?

では、出会ってすぐの人に「この人と結婚しそうだ!」という感情が生まれた場合、後悔しないスピード結婚をするためにはどのようなことに気をつければいいのか、ご紹介します。

この記事に記載の情報は2023年11月15日時点のものです

スピード結婚の離婚率|長続きする人としない人の特徴

自分たちの周りでスピード結婚が起こると、ちゃんと相手のことが見極められているのか、すぐに離婚するのではないかと不安に思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、案外スピード結婚の離婚率は高くなく、スポード結婚だからこそ長続きする人としない人の特徴がはっきりとわかれています。

長続きする人の特徴

結婚後は、共同生活をすることになるため、時には譲歩しまた自分の意見をしっかりと言える人でなければ、生活がかみ合わず破綻してしまいます。

またスピード結婚だからこそ相手のことをよく知らない部分もまだまだたくさんあります。

そんな相手のへの新しい発見をマイナスではなくプラスで捉えられる人であれば、日々新たな驚きや楽しみが多いスピード結婚の新婚生活を楽しむことができるでしょう。

長続きしない人の特徴

スピード結婚が長続きしない人は、結婚生活において幻想を抱いていることが多いです。

恋愛関係であれば相手のことを好きだ、愛しているという気持ちさえあれば関係を続けることができますが、結婚生活はそうもいきません。その幻想が覚めてからが本当の夫婦生活がスタートします。

しかし、スピード結婚で長続きしない人は、恋愛対象として相手の魅力の虜になってしまいその幻想がまだある内に結婚してしまうことがよくあります。

そうなると、最初は相手が輝いて見えているものの段々と相手の嫌なところにも気が付き気持ちが冷めてしまい、また次のもっといい相手を探したくなってしまうのです。
 

スピード結婚した人の理由

1. 一緒にいると心地よくて安心する

恋愛感情の時に抱く魅力的な感情といえば、ドキドキやときめきです。しかし、結婚する2人になくてはならないものの一つにお互いがお互いに与える安心感です。

相手のことをまだよく知らないのにどこか心地よく安心できるのならば、結婚してからもこの人となら大丈夫だと決心しやすくなります。

2. お互いに結婚願望が強かった

結婚適齢期に達して、恋愛にも満足したからそろそろ遊びの恋じゃなくて結婚したいなと考えている2人が出会うと、結婚までトントン拍子で話が進みやすいです。

こういった人は、新しい出会いに対して結婚できるかどうかを判断基準とするため、結婚が無理な相手だとそもそも付き合うことはありません。

3. 価値観や趣味が同じだった

価値観や趣味がピッタリと合う人はなかなかいません。でもそんな人と出会ってしまったら、お互い相手を逃したくないと考えて結婚へと舵を切るタイミングが早くなることは自然な流れでしょう。

このような相手は長い時間一緒にいても気を使わず楽に過ごせて、相手がいれば一緒に楽しめるという理想的な存在となるのです。

4. 相性が良いと直感的に気づいた

出会った瞬間に「この人と結婚するんだ」と直感的に感じる人も少なくありません。このように細かい事情や言葉を抜きにして、フィーリングや空気感が一致する相手は結婚相手を選ぶ際の決め手となります。

出会った瞬間に相手に惹かれて少し相手のことを知り問題がないとわかったなら結婚に踏み出すのです。
 

スピード結婚するカップルの特徴

1:お互いに結婚願望がある

お互いに結婚願望が少なからずある場合でないと、スピード結婚には至れないでしょう。

結婚に大きなトラウマ(親がひどい離婚をした・親が不仲、など)を抱えていたり、「結婚は絶対にしたくない」という価値観があったりする場合は、結婚までに時間がかかります。

結婚相談所など結婚を前提に交際相手を探しているケースでは、特にスピード結婚することが考えられます。

2:家族に紹介してもいいと思える

結婚はカップル2人のものだけでなく、当然お互いの家族が関係してきます。

最近では当人同士の気持ちが最優先されることが多くなってきたようですが、まだまだ両親が結婚相手に賛成してくれずに悩んでいる人も少なからずいます。

そこで、自分の親が好みそうな容姿や性格の恋人であれば親にも合わせやすく、そこで「家族」に触れることが結婚を少なからず意識させます。

また、親からも結婚のが話が出される可能性も考えられるため、親公認でスピード結婚なんていうこともあるでしょう。

スピード結婚に後悔はするか?

結婚に夢見がちであり幻想を抱きながらスピード結婚をすると、後悔してしまう可能性が高まります。

結婚生活の中で現実的な経済面や相手との価値観の違いに直面するとなぜこの相手と結婚してしまったのかと後悔する可能性があります。

上記で紹介した「理由と決め手」がきちんと抑えられていないようなスピード結婚であれば、理想と現実の違いから後悔してしまうこともあるでしょう。

スピード結婚のメリットとデメリット

メリット:新婚気分を存分に味わえる

結婚生活を新鮮な気分でラブラブに過ごせるという点で、スピード結婚を上回るものはありません。

数年間の付き合いや、同棲を行ったうえでの結婚では相手のことをよくわかっているため今までと変わらない生活だと感じてしまいがちです。

折角の新婚生活なのに、どこか張り合いが感じられなくなることが早い夫婦が多い中、スピード結婚ではその心配がいりません。

相手のことでまだ知らない部分も多いので、日常で生じるちょっとした出来事や相手との気持ちの不一致も新鮮に感じることができるでしょう。

大抵の場合、一生に一度の結婚と新婚生活であるため、初々しい生活をしっかりと楽しみたい人も多いのではないでしょうか。スピード結婚にはそれが可能です。

デメリット:一緒に問題を乗り越えていけるか不安

結婚生活において全く問題が起こらないという夫婦はいません。夫婦お互いの価値観や考え方によって問題の解決方法やケンカのやり方が異なるものです。

結婚前にデートや同棲を通してケンカや意見の不一致を経験して共に乗り越えた経験があれば心配いりませんが、スピード結婚ではそうもいきません。

また、信頼関係が構築しきれていない場合は相手の浮気も心配になってしまいます。結婚直後に浮気調査をする人が多いのもこのためです。

ただ、この浮気調査で「完全にシロ」ということがわかれば安心材料になりますのでもし不安であればプロに浮気調査を依頼するのもいいかもしれませんね。

短い交際期間で結婚をするため、結婚するまで揉め事がおきないケースも多いでしょう。この場合、お互いに歩み寄り妥協をして一緒に乗り越えていこうと努力できるかどうかが大きな鍵となります。

スピード結婚を成功させる秘訣

スピード結婚を成功させるには、結婚はゴールではなくプロセスだと認識することが大切です。結婚する瞬間より、結婚後の生活のほうがとても長いです。

結婚に対してふわふわとした夢を見るだけでなく、自分が結婚に対して何を求めているのか、そのためにどのような相手が最適なのか、そのような具体的な計画を考えましょう。

また、相手の意見や周りの考えを聞いて柔軟に取り入れることが必要です。自分の考えや直感だけを信じていては、相手が不信感を抱いてしまいがちです。

相手の知らない部分が多いスピード結婚であるからこそ、お互いに考えや価値観を伝え合い歩み寄ることが大切となります。また夫婦二人では拉致があかない問題に直面した場合は、周囲からの意見を素直に聞き二人で話し合って解決に向かいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スピード結婚は直感的に「この人だ!」という相手に出会えた、結婚を意識している人に多いケースであることがお分かりいただけたと思います。

また、相手のことをよく知らないからこそ結婚後に起こってしまう問題も少なからずあるため、その辺りを考えて後悔しないスピード結婚になるように気をつけましょう。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

その他に関する新着コラム

その他に関する人気コラム

その他の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら