ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 養育費 > 再婚後は養育費を打ち切り(減額)される?元配偶者が払わない時の対処法
キーワードからコラムを探す
更新日:

再婚後は養育費を打ち切り(減額)される?元配偶者が払わない時の対処法

銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博
監修記事
再婚後は養育費を打ち切り(減額)される?元配偶者が払わない時の対処法
「養育費」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「養育費」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn

今まで元配偶者から養育費を貰っていたのに、再婚を理由に一方的に養育費が打ち切られた…というお悩みが弁護士事務所に寄せられることがあります。

結論からお伝えすると、再婚を理由にすぐさま養育費を打ち切ることはできませんし、一方的な打ち切りもできません

このような状況で養育費を貰えていないのであれば、不払いも十分に考えられます。養育費の不払いは、どのような合意に基づき離婚を成立させたのかによって、回収方法が全然異なります

この記事では、再婚による養育費の打ち切り問題と、不払いや減額交渉されている時の対処法について解説します。

再婚後の養育費打ち切りにお悩みの方へ

再婚後に養育費を打ち切られてしまった。どうしよう...と悩んでいませんか?養育費は、再婚を理由にすぐさま打ち切ることはできません。

 

一方的な養育費の打ち切りにお悩みの方は弁護士への相談・依頼をおすすめします。

 

弁護士に相談・依頼することで、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 一方的に養育費を打ち切られたときの対処法を相談できる
  • 依頼すると、納得のいく養育費がもらえる可能性が高まる
  • 依頼すると、調停になった場合も対応してくれる
  • 依頼すると、養育費未払いへの強制執行ができる

当サイトでは、養育費問題を得意とする弁護士を地域別で検索することができます。 無料相談はもちろん、電話で相談が可能な弁護士も多数掲載していますので、まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す

再婚してもすぐに養育費の打ち切りにはならない

元配偶者または自身、もしくは両方が再婚したとしても、自動的に養育費の支払いが打ち切りになることはありません。

養育費とは子どもを監護、教育するために必要な費用であり、子どもが社会的・経済的に自立するまでに支払われるべきものです。

たとえ離婚して親権者でなくなったとしても、子どもの親である事実には変わりはなく、親として支払う義務があります。

再婚を理由に養育費の打ち切りや減額を決めるには、話し合ったり調停をしたりしなければなりません。

お互いの同意なく、支払いを打ち切ることはできません。

打ち切りや減額には話し合いか調停が必要

繰り返しになりますが、再婚しても直ちに養育費の打ち切りにはなりません。

打ち切りや減額をするためには、話し合いや調停を経る必要があります。

再婚を理由に、一方的に支払いを打ち切られたのであれば、養育費の不払いとして請求できる可能性が高いでしょう。

元配偶者が再婚した場合

元配偶者が再婚しても、子どもの親であることには変わりありません。

そのため、元配偶者の生活水準と同程度の生活水準を保てるくらいの養育費を支払う義務があります。

ただし、再婚相手にも子どもがおり、その子どもと養子縁組したケースでは養育費が減額されるケースもあるでしょう。

養子縁組をすれば、元配偶者は再婚相手の子どもについても扶養義務が発生し、扶養の対象者が増えるためです。

元配偶者の収入が変わらなければ、その分子ども一人当たりの養育費は減る計算となり、養育費の減額が認められるでしょう。

自分が再婚した場合

自分が再婚しても、子どもと元配偶者が親子関係であることに変わりはありません。

そのため、基本的に養育費の支払いを受けられます。

ただし、再婚相手と子どもが養子縁組をすれば、養親の収入状況によっては養育費の減額や支払いの打ち切りが認められる可能性もあるでしょう。

養子縁組をすれば、再婚相手と子どもの間には親子関係が生じ、再婚相手にも子どもを扶養する義務が発生します。

そのため、元配偶者の負担は軽くなるケースも多くあります。

養育費が打ち切りもしくは減額になるケース

支払い義務者と再婚相手との間に子どもが生まれた

養育費の支払い義務がある元配偶者とその再婚相手との間に子どもが生まれれば、元配偶者の収入に変わりがない限り、養育費は減額になる可能性が高いでしょう。

元配偶者が扶養義務を負う子どもの人数が増える分、一人当たりに支払える養育費が減るためです。

支払い義務者の経済状況が変わった

もともと養育費を払う側と受け取る側の収入差で養育費を決めたと思いますが、しばらく経って状況が変われば養育費の額に影響が出てくることも考えられます。

例えば、支払う側が職を失って一切収入が無くなったとします。ない袖は振れません…。そのような場合は、相手が養育費の打ち切りや減額交渉をしてくることが考えられます。

子供が経済的に自立した

通常、子供が成人するまでが養育費を支払う期間となっています。しかし、高校卒業後すぐに子供が働き始めて自立したようなケースでは、その後の養育費は話し合い等によって打ち切られる可能性はあります。

自分が再婚して養子縁組した

上でも触れたように、ご自身が再婚して養子縁組をした場合には、再婚相手らの援助によって、元配偶者からの養育費の必要性が低くなります。

相手がこの事実を知れば、話し合いなどによって養育費の減額/打ち切りを提案される可能性が出てきます。

再婚によって養育費はどれくらい減額される?

再婚した場合に元配偶者から支払ってもらえる養育費の算出方法は非常に複雑であり、簡単には求められません。

さまざまな要素を複合的に考えて算出するためです。

具体的な金額を知りたい場合は弁護士に相談するのがよいでしょう。

どうしても概算が知りたければ、裁判所が離婚時の養育費を決定する際に用いる養育費・婚姻費用算定表が参考になります。ただし、再婚のケースでは高度に考え方が多岐にわたっており、全配偶者との子との関係で養育費をどの程度お支払いしているかによって異なります。

しかし、これは離婚時に使用するものであり、再婚時のことは想定していません。

あくまで参考程度に考えておきましょう。

養育費の減額交渉や打ち切りをされている場合の対処法

このように、上記のような理由があれば、元配偶者から養育費の減額交渉がされることもあり得ます。一方で、再婚などの理由はあっても何の話し合いもなく突然打ち切りにされたなら、養育費の未払いが考えられます。

ここでは、養育費の減額交渉や打ち切りをされた時の対処法を解説します。

【関連記事】養育費を不払いにされたときの対処方法

話し合いや調停を持ちかけられている場合の対処法

まずは、養育費の減額や打ち切りのために話し合いや調停の段階に入っている方は、まずは弁護士に相談するようにしましょう。

養育費の減額は、養育費を決めた当時の状況と現在の状況に応じて検討していくので、より深い専門知識が必要になります。

減額交渉されるあなた側の立場からしてみれば、断固拒否し続ければ良い話ですが、そうすることによって『調停』→『審判』と進められ、余計なことに時間を取られる可能性も考えられます。

そのような状況になるようでしたら、はじめの話し合いの段階である程度認めてしまうのも1つの方法です。

認めるにしても、果たしてそれで自分は損していないのか?がわからないと思いますので、弁護士に相談してアドバイスを貰いましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す

相手が養育費を払ってくれない場合の対処法

もし、勝手に養育費を打ち切られて未払いの状況になっている方は、以下の方法で養育費を請求していきましょう。

「債務名義」としての効力がある書面・合意内容を用意する

以下でご説明する方法は裁判所を使った方法ですが、裁判所から動いてもらうためには「債務名義」が必要になります。そして、養育費の債務名義を取るためには、以下のいずれかの書類が必要です。

  • 『公正証書』※話し合い
  • 『調停調書』※調停
  • 『審判書』※審判
  • 『和解調書』※裁判
  • 『判決書』※裁判

調停や裁判で養育費を決めた方であれば、上記の書類が残っていますので、以下の方法も取りやすいのですが、話し合いで決めたという方は注意が必要です。

公正証書が無ければ、再び養育費調停を行う必要があります。

【関連記事】養育費請求調停を有利に進める方法と弁護士に相談する3つのメリット

履行勧告/履行命令

履行勧告とは、裁判所が支払い義務者に対して養育費を支払うように催促してくれることです。履行命令では、支払わない義務者に対して10万円以下の罰金を科せることもできます。

裁判所からの催促なので、元配偶者も応じてくれる可能性は高くなるでしょう。ただし、履行命令の罰金は、養育費を受け取る人に払われるものではあり得ませんので、金銭問題の解決方法としては効果的とは言えません。

強制執行

一向に養育費を支払う様子がない相手に対しては、強制執行を行うことも可能です。強制執行とは、差押えのことで、財産や給与などを差押えてそこから養育費を払ってもらいます

どうしても払ってくれない相手に対して泣き寝入りすることはありません。このような方法を使って、しっかり養育費を払ってもらいましょう。

【関連記事】養育費の強制執行|お金が取れない場合にできる2つのこと

養育費を減額する方法【養育費を払う人の場合】

ここまで主に、養育費を受け取る側の話をしてきましたが、少なからず養育費を支払う側の方もおられることでしょう。

  • 自分が再婚して今の家族を養わなくてはならなくなった
  • 相手が再婚して子供が養子縁組された

このような状況の方は、上記でお伝えしたような養育費の減額が認められる理由に該当する可能性があります。以下のようにして養育費の減額や打ち切りの交渉をしてみましょう。

【関連記事】
再婚したら養育費は支払い不要?減額したい人の完全ガイド

話し合って決める

話し合いによって養育費の減額や打ち切りを決めることも可能です。

(ただ、離婚してから数年経っていることと、相手からしてみればマイナスしかない話になりますので、納得してくれる可能性は低いでしょう。)

もし話し合いがまとまった場合、養育費の減額は口約束でも可能ではありますが、後からのトラブルに発展するケースも考えられますので、必ず『合意書』を作成し書面に残しておくようにしましょう。

養育費減額調停を申し立てる

なかなか養育費の減額に応じてくれないケースも考えられますので、養育費減額調停も検討してみてください。裁判所を介した話し合いですので、当事者同士で話し合うよりも話がまとまりやすいと考えられます。

また、どうしても相手が減額に応じなかった場合でも、次の審判に移り、裁判所から養育費の額を決めてもらえます。しっかりした減額理由があれば、相手が拒否し続けていても減額できるケースがあります。

まとめ|再婚により養育費を打ち切られてしまったら弁護士に相談を

  • 再婚して経済状況が変わった
  • 再婚して子供が養子縁組した

このような状況であれば、養育費の減額の理由になる場合があります。ただし、一方的には減額、打ち切りはできません。もし、勝手に養育費の打ち切りをされているようでしたら、しっかり払ってもらうようにしましょう。

再婚を理由に減額の交渉などが行われるかもしれませんが、しっかり納得できる形で応じるようにしましょう。専門知識も必要で、場合によっては調停になることもありますので、必要に応じて弁護士に相談するようにしましょう。

再婚後の養育費打ち切りにお悩みの方へ

再婚後に養育費を打ち切られてしまった。どうしよう...と悩んでいませんか?養育費は、再婚を理由にすぐさま打ち切ることはできません。

 

一方的な養育費の打ち切りにお悩みの方は弁護士への相談・依頼をおすすめします。

 

弁護士に相談・依頼することで、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 一方的に養育費を打ち切られたときの対処法を相談できる
  • 依頼すると、納得のいく養育費がもらえる可能性が高まる
  • 依頼すると、調停になった場合も対応してくれる
  • 依頼すると、養育費未払いへの強制執行ができる

当サイトでは、養育費問題を得意とする弁護士を地域別で検索することができます。 無料相談はもちろん、電話で相談が可能な弁護士も多数掲載していますので、まずはお気軽にご相談ください。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

養育費に関する新着コラム

養育費に関する人気コラム

養育費の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

養育費コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら