ホーム > 離婚コラム > 慰謝料 > 不倫の慰謝料減額は弁護士へ!依頼すべき3つのメリット
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
2018.7.27

不倫の慰謝料減額は弁護士へ!依頼すべき3つのメリット

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e6%85%b0%e8%ac%9d%e6%96%99%e3%80%80%e6%b8%9b%e9%a1%8d
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn
平日19時以降・休日相談・無料相談可能

離婚弁護士ナビなら、平日19時以降・休日相談可能・無料相談可弁護士事務所を多数掲載しています。

内容証明や訴状が届いた」「相手から不倫慰謝料を請求されている」「相手に脅迫されている」などに当てはまるのであれば、こちらから今すぐご相談ください。

不倫相手の配偶者から、いきなり数百万の高額な慰謝料を請求されてしまい、困っていませんか。

裁判になった場合、慰謝料は一般的に50~300万円でまとまる傾向にあります。とはいえ、協議での慰謝料請求において、金額の上限は決められていません。

そのため、相場以上の慰謝料を請求されることも予想されますが、弁護士に依頼することで適正な範囲に減額できるかもしれません

ただ、不倫は相手の信頼を裏切るものであり、夫婦の貞操義務に違反する不法行為であるため、慰謝料を請求されても仕方がない行為です。

仮に、既婚者からの誘いがきっかけだったとしても、不倫をした当事者は双方とも相手配偶者に慰謝料を払う責任があります

この記事では、慰謝料を減額する際に弁護士に相談するメリットや慰謝料の金額が決まる要因などをご紹介します。

慰謝料減額で、弁護士への相談を考えている人へ
弁護士に依頼することで、【実際にどのくらい減額できるのか】お教えします。

そんな人は!

離婚弁護士ナビで 離婚問題解決

得意弁護士

無料相談してみませんか?

 

離婚問題解決の得意な弁護士が解決できることとは?

不倫相手の配偶者からの慰謝料請求を弁護士に依頼することで、下記のようなメリットを得られることが多くあります。

・慰謝料が高くて支払えない

→ 適正な金額への減額が期待できます

・自分で交渉したくない    

→ 連絡から交渉まで代行できます

・調停・裁判になってしまった

→ 調停や裁判になっても対応できます

・どうなるのか不安です    

→ 弁護士が味方になります!

 具体的な状況を相談することで、問題解決への道が見えるかもしれません
 
当サイト『離婚弁護士ナビ』は離婚問題の解決を得意とする弁護士を掲載中です。事務所への電話は【通話料無料】、相談料が無料の事務所も多くあります。まずは、下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。 

慰謝料を減額したい人が弁護士に依頼する3つのメリット

慰謝料減額を弁護士に依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

関連記事

離婚相談所を賢く活用するための5つの知識
保存版|弁護士への無料相談を賢く行うためのガイド
離婚弁護士の選び方マニュアル|優秀な弁護士を選ぶ8つのポイント
離婚に必要な弁護士費用はいくら?支払う際の3つの注意

1:減額の請求・交渉をしてくれる

弁護士に依頼することで、不倫相手の配偶者への連絡から減額交渉まで行ってくれます。弁護士が法に沿って、相場や判例を参考に交渉してくれるので、早期解決が期待できるでしょう。

ここで弁護士に依頼せず、ご自身で直接連絡したり、減額を請求したりすることはおすすめできません。口論などになり、かえってトラブルが悪化するかもしれないからです。

【関連記事】

​不倫慰謝料における求償権とは|求償権を放棄するメリット・デメリット

2:調停・裁判になった場合の対応をしてくれる

協議で話がまとまらない場合、調停や訴訟となる可能性があります。これらは裁判所の法的な手続きであるため法律の専門的な知識が必要になります。

弁護士に依頼していない場合、すべてご自身で調べて進めなくてはいけません。そのため、精神的なストレスになるでしょう。

弁護士に依頼すれば、書類の記載は要求を伝えておけば一任できますし、交渉もあらかじめ話し合っておけば、問題ありません。

3:安心感を持てる

ご自身のみの戦いになると、心細い思いをするのではないでしょうか。特に、不倫をしてしまったご自身に非があるので、周囲からの優しさを期待するのは難しいかもしれません。

弁護士でしたら、法的な相談もできますし、何よりあなたの心強い味方となってくれるでしょう。

平日19時以降・休日相談・無料相談可能

離婚弁護士ナビなら、平日19時以降・休日相談・無料相談可能など、あなたの条件に合う弁護士事務所を多数掲載しています。まずは、下記からご相談ください。

慰謝料の金額を算出する際に考慮される要因

慰謝料の金額は、問題の状況を総合的に判断して決めます。ここでは、どのようなことが慰謝料を算出する際に考慮されるのかご紹介します。

金額が算出する際に考慮される要因

以下のようなことが考慮されます。

  1. 夫婦の婚姻期間
  2. 不倫期間
  3. 不倫の主導はどちらか
  4. 不倫が夫婦にどのような影響を与えたか(離婚に至った、別居することになったなど)
  5. 夫婦間の子供や妊娠の有無
  6. こちらの支払い能力の程度
  7. 不倫の悪質性が認められる
  8. 不倫により不倫相手の家族が受けた精神的苦痛の程度
  9. 不倫相手の家庭を壊す意図があったか

このようなことを総合的に考慮して、金額が変動します。

不倫相手の夫婦関係が不倫前から破綻していた場合

夫婦関係が不倫前から破綻(別居など)していた場合、慰謝料請求は認められない可能性があります。

しかし、不倫相手が「夫婦関係が破綻している」と発言していたからといって、ただちに夫婦関係の破綻が認められるものでもありません

夫婦関係の破綻は、夫婦の家庭・生活の状況から客観的に評価されるものであるため、別居の有無、会話の有無、金銭管理の状況、夫婦間の勾留の状況、育児の状況等諸般の客観的な事情を総合的に考慮して判断する必要があります。

既婚者だと知らなかった場合

不倫相手から「自分は独身である」と言われたので、既婚者だとは思わず関係を持ってしまった人もいるかもしれません。

このような言動を信じることに合理的な理由がある場合には、慰謝料が発生しないか、負担すべき慰謝料額を大幅に減額できる可能性があります。

また貞操権の侵害に該当するケースもあるかもしれません。したがって、このような場合には、相手を独身と信じていたことを証明できる証拠(独身と言ったメッセージや結婚の約束をしたなど)を集めましょう。

【関連記事】

貞操権の侵害の慰謝料の相場は100~300万円|騙した相手に請求する方法
ダブル不倫(W不倫)にハマる人の特徴と心理とは?不倫の重大なリスク

慰謝料減額を弁護士に依頼した場合の費用

弁護士に依頼するとなると、弁護士費用がいくらになるのかが気になりますよね。

弁護士費用の内訳は、『相談料』『着手金』『成功報酬』『実費・日当』の4つです。ここでは、調停や裁判において慰謝料が200~300万円にまとまった場合の弁護士費用についてご紹介します。

ただ、弁護士費用は、事務所により変動するので、あくまで参考としてご覧ください。

調停になった場合の弁護士費用

  • 相談料:5,000~1万円/時(無料の事務所もある)
  • 着手金:20~30万円程度
  • 成功報酬金:20~30万円程度(減額金額の10%~20%で減額できない場合は発生しないこともある)
  • 実費:必要に応じて

裁判になった場合の弁護士費用

  • 着手金:20~30万円程度(継続して依頼する際は発生しないケースもある)
  • 成功報酬金:20~30万円(減額金額の10%~20%で減額できない場合は発生しないこともある)
  • 実費:必要に応じて

調停から依頼した場合は、調停分の弁護士費用が加算されます。また、請求する金額に応じて着手金・報酬金を旧弁護士基準で算定して請求する事務所が多いかと思われます。

【関連記事】

不倫の慰謝料請求・減額の弁護士費用は?相場と費用のシミュレーション

不倫慰謝料トラブルを弁護士に相談すべき人は?費用相場と抑えるコツ

慰謝料請求されたときにしてはいけない3つのこと

相場以上の慰謝料を請求された場合、絶対にしてはいけないことが3つあります。してしまうと高い確率でトラブルに発展するので、注意しましょう。

①焦って慰謝料の支払いに合意すること

不倫相手の配偶者から、慰謝料を請求されたら焦ってしまいますよね。金額が適切なのかも確認せず支払いに合意してしまう人もいるかもしれません。

しかし、高額すぎる慰謝料はその後の生活を圧迫するとともに、滞納や未払いにつながります。しっかり支払うためにも、まずは弁護士に減額できないか相談してみましょう

②不倫相手に慰謝料請求された旨を連絡すること

不倫相手と付き合いを継続している場合、ただちに関係を終わらせるべきでしょう

もしも、慰謝料を請求されているのに関係を継続しているのが相手に知れた場合、相手の感情を逆撫でする可能性があり、トラブル解決が困難となるかもしれないからです。

また、裁判になった場合も、それを証拠に『不倫が悪質である』と主張されてしまい、慰謝料が高額になってしまう可能性もゼロではないでしょう。

③連絡に対し無視し続けること

支払いを拒否するために、連絡を無視することも避けるべきです。上記と同様相手の感情を逆撫でする可能性がありますし、不貞行為が悪質であることの理由の1つとされてしまう可能性もあります。

なお、相手が訴えを提起して、裁判所から答弁書の提出と出廷を求められた場合にこれを無視するのは絶対にやめてください。これを無視して何もしないと、原告の請求どおりの判決が下されてしまいます

裁判で慰謝料請求が認められれば、こちらが承諾していなくても強制執行手続きを履践することで、強制的な回収が可能です。この場合、いきなり給料や預貯金口座などが差し押さえられるかもしれません。

けじめをつけるためにも、しっかり話し合うようにしましょう。

【関連記事】

不倫の慰謝料が払えない…減額・分割にする方法と払わずにいるリスク
離婚裁判に相手が出廷しない場合|原告側が有利に進む?
離婚裁判に出れない!欠席せざるをえない人の4つの対処法

下記の関連記事では、実際に弁護士のもとに寄せられた不倫慰謝料の減額の相談についてご紹介しています。あわせてご覧ください。

【関連記事】

不倫の慰謝料を請求された側・減額に関する相談

まとめ

慰謝料額が決まったら、滞納せずしっかり支払わなくてはいけません。一括払いが難しい場合は、分割払いにしてほしい旨を弁護士に伝えましょう。

不倫は、1つの家庭を壊すきっかけを作る行為です。そのため、減額を希望するにしても、十分な反省と誠実な対応を心がけましょう。

 
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
離婚弁護士への依頼に備える弁護士費用保険

離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci
  • 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。

離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る