ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 離婚後の生活 > 離婚後の戸籍と氏|離婚に関する基礎知識
キーワードからコラムを探す
更新日:

離婚後の戸籍と氏|離婚に関する基礎知識

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
離婚後の戸籍と氏|離婚に関する基礎知識

離婚後の戸籍と氏は変更する必要があります。引き続き婚姻期間中の氏を使用する際も手続きが必要です。

離婚でお悩みの方限定

離婚問題は1人で悩んでも解決できず、離婚しても損することもあります。まずは、弁護士へ無料相談してみませんか?

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す
この記事に記載の情報は2023年11月15日時点のものです

離婚後の戸籍

離婚が成立すると、当然ですが戸籍が分かれます。戸籍の筆頭者はそのままですが、その配偶者は戸籍が抜かれます。

なお、戸籍の変更は離婚届を役所が受理した段階で行われますので、調停離婚裁判離婚でも離婚届の提出が必要なのです。
 

新しい戸籍か結婚前の戸籍かを選択する

戸籍から抜かれる側は戸籍をどうするか決めなければなりません。ケースとしては結婚前の戸籍に戻ることが多いようです。その場合は氏も旧姓に戻す必要があります。
 

子供の戸籍

例えば、親権者となった母親が子どもを引き取り、旧姓に戻っても、子どもは父親を筆頭者とする以前の戸籍のままです。したがって、子どもと母親の氏と戸籍は異なります。

母親が「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出して婚姻中の姓を名乗った場合にも、戸籍上の母親と子どもの姓は別々です。
 

戸籍から離婚歴を消すには

正確に言うと消すことは出来ませんが、わかりにくくすることは出来ます。

離婚をすると戸籍の身分事項欄に離婚日、相手の氏名、離婚方法が記載されますが、転籍届を出し本籍を移すことで、その記載を消すことができます。転籍は戸籍の筆頭者であれば容易に行えます。

しかし、前の戸籍を調べれば離婚歴は判明することになります。

 

離婚後の氏

離婚後は原則的に旧姓に戻ることになりますが、離婚成立後、3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を役所に提出すれば婚姻時の氏を引き続き使用することができます。
 

子の氏を変更したい場合

「子の氏の変更許可申立書」に「母親の離婚後の戸籍謄本」「元夫の戸籍謄本」を添えて子の居住地を管轄する家庭裁判所に審判の申し立てをしましょう。

以前の氏を名乗る場合には、離婚後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」の提出も必要です。 変更許可が出たら、「家庭裁判所の許可書」「元夫の戸籍謄本」「母親の新しい戸籍謄本」を揃え、母親の本籍地を管轄する市役所に申請します。

なお、子どもが成年に達した場合には、自らの意志で元の氏に戻ることができます。
 

親権者が母親ではない場合

母の側から審判申し立てをすることができないため、親権者から申し立てをしてもらわなければなりません。または、親権者変更の審判申し立てをしてからの手続きになります。
 

離婚成立から3ヶ月経過した後に婚姻中の氏に戻す場合

氏の変更を申し立てるにあたって、離婚後3ヶ月が経過しているかいないかは大きな違いがあります。

3ヶ月以内に届け出る「離婚の際に称していた氏を称する届」は理由なく変更が許可されますが、3ヶ月経過後は特別な理由がない限り認められません。

なぜなら、裁判所が氏の変更は一般社会に対する影響が大きいため軽々しく変更してはならないという姿勢があるからです。

子の氏と合わせる必要がなくなった、などは裁判所も認める事が多いようですが軽率な動機の場合はまず認められません。

・全夫の氏に嫌悪感がある
・気分転換
・身内にすすめられた

上記のような場合は、ほぼ変更は認められませんので、離婚後、氏を決める3ヶ月間はよく検討されることをお勧めします。
 

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
離婚問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

離婚後の生活に関する新着コラム

離婚後の生活に関する人気コラム

離婚後の生活の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚後の生活コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら