不倫相手との修羅場を回避!綺麗な3つの別れ方とは

~いざという時の備えに~離婚マガジン

ホーム > 離婚マガジン > 不倫 > 不倫相手との修羅場を回避!綺麗な3つの別れ方とは
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
離婚マガジン
公開日:2018.6.26

不倫相手との修羅場を回避!綺麗な3つの別れ方とは

Pixta 7597624 s

不倫相手とはできればきれいに、そして誰にも知られずに別れたいというのが本音ですよね。不倫自体褒められた行為ではありませんが、修羅場になるような別れ方は絶対に避けたいものです。

 

この記事では、不倫相手と上手に別れる方法をご紹介します。スムーズに別れるための参考にしてください。

 

ただし、不倫相手が本気になってしまい、「絶対に身を引きたくない!」と考えるような人の場合どのような別れ方をしても、修羅場になる可能性は高いので注意しましょう。

 

不倫相手との上手な別れ方

不倫相手との関係によって、別れ方を変えていかなければいけません。ここでは、不倫相手との上手な別れ方についてご紹介します。

 

別れをストレートに伝える

不倫相手とはいえ、好きになった相手です。お互いの気持ちに区切りをつけるためにも、しっかり別れを告げるのが1番よいでしょう。

 

その際、不倫相手を気遣い曖昧な言葉で伝えると(「まだ好きだけど、別れたい」など)まだ自分に気持ちがある、別れないで済む可能性があると解釈されてしまうので、きっぱり伝えることが大切です

 

不倫相手がどのような反応をしても『別れる』という決意を強く持たなくてはいけません

 

脅しの内容は、すべてをぶちまけて夫に話すと言い出します。私の自宅に来て嫌がらせをするとも言ってます。。ラインや連絡をしないだけで、最近では意味もなく怒り、夫に話すと脅されます。

(引用:不倫相手に別れを切り出すと脅されます。|教えて!goo)

同僚との不倫を終わらせたいのですが、終わるならばらすと脅され、それが怖くてずるずる来てしまいました。

(引用:不倫相手に脅されて別れられません|教えて!goo)

 

なかには、別れを切り出したら「配偶者に不倫をばらす」などと脅される可能性もあり得ます

 

脅されると恐怖から別れられず、関係がズルズルと続いてしまう上に、トラブルに発展してしまうかもしれません。

 

早めに、弁護士へ相談することをおすすめします。

 

少しずつ距離をおく

きちんと別れるのが1番ですが、仕事や忙しさを理由に、会ったり連絡を取ったりする機会を減らし、自然消滅するのを待つもの1つの方法です。

 

その際、不倫相手にあなたが別れようとしていることを感じさせないようにしましょう。あなたと接しない生活が日常になれば、不倫関係の終わりに対して否定的な感情は減っていくかもしれません。

 

完全に不倫相手と連絡が取れないようにする

どうしても相手が別れることに同意してくれず、自然消滅も難しいのであれば、もう連絡が取れないようにするしかありません

 

不倫相手がこちらの職場や、住所を知らない場合は、連絡先の変更・着信拒否をすることで関係を断つことが可能です。

 

住所が知られている場合、引っ越すことも考えなくてはいけません。しかし、いきなり引っ越しを提案したら自身の配偶者に不審感を抱かせてしまう可能性は高いでしょう。

 

土地や建物の条件を細かく指定して(九州に住みたい、2LDKに住みたいなど)、将来のためや昔からの理想を理由にさりげなく相談してみましょう。

 

 

別れるべき?不倫相手との別れを考えるきっかけ

一度不倫を始めてしまうと、ダメと分かっていても、その関係はなかなか断ち切りにくいもの。ここでは、不倫をしている人が別れを考えたきっかけをご紹介します。

 

家族に対する罪悪感があるから

ふと、お互いの家族に対して罪悪感がわいてくることもあるでしょう。

 

先のない関係、お互いの家庭に対する罪悪感、行き詰まる気持ち…耐えきれなくなり、この年末年始の会えない時間を利用し、お別れすることを決意しました。

(引用:W不倫の別れ方|Yahoo!知恵袋)

 

罪悪感を少しでも抱いたら、不倫をすっぱりやめてしまいしょう。そのまま続けることで、罪悪感が気持ちを圧迫し、最終的に不倫をやめても健全な家庭を築き続けることが難しいかもしれません。

 

不倫相手に将来について迫られたから

不倫をしている人の大半は、自分の家庭を壊したくないと思っています。また、配偶者と離婚してまで不倫相手と結婚したいとは思っていないのではないでしょうか。

 

不倫関係の彼女に、妻と離婚しないなら別れると告げられました。彼女は最初から自分が既婚者だと知っています。率直に言って、離婚して、再婚して、家庭を持つエネルギーを費やす決断はすぐにはできません。

(引用:不倫関係の彼女に、|Yahoo!知恵袋)

 

自身に離婚する意思がない場合、面倒臭く感じてしまい、別れるきっかけになるかもしれません。

 

不倫という関係に疲れてしまったから

不倫関係では、公にデートもできませんし、「誰かに知られるのではないか」という不安を常に抱くことになります。

 

常に気を張っていないといけない関係は、精神的に疲れますよね。

 

今かなり都合のいい女状態です(全部彼に合わせてる状態です)。彼の事は大好きなのですが、もう疲れたというか、バカバカしくなってきました。

(引用:ダブル不倫中です。|Yahoo!知恵袋)

もう関係を切りたいです。21歳女です。 不倫相手の都合に合わせて時間を作って会うのはもう無理です。

(引用:不倫関係に疲れた。|Yahoo!知恵袋)

 

相手からの愛情を感じられず、都合のよい存在になってしまった場合も別れを考えるきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

不倫を続ける4つのリスク

不倫を続けることで、以下のようなリスクを抱えることになります。

 

1:家庭が崩壊する

不倫の事実が発覚したら、今まで家族で築いてきた夫婦間・親子間の信頼をすべて失うことになります。離婚に発展し、二度と配偶者や子供に会えなくなってしまう可能性もあるでしょう。

 

もし、離婚を回避できたとしても、仮面夫婦や家庭内別居・熟年離婚に発展する可能性がゼロではありません。

 

また、配偶者が精神的に弱ってしまったり、束縛が激しくなってしまったり、日常生活を送るのも難しくなってしまうこともあります。

 

2:社会的信用がなくなる

もし、社内で不倫をして会社側に知られた場合、降格や左遷・減給といった処分を受ける可能性は非常に高いといえるでしょう。

 

最悪、退職を余儀なくされることもあります。会社に残れても、社会的な信用を取り戻すのは難しいですよね。周囲も困惑するでしょう。

 

3:罪悪感をずっと抱える

不倫関係を続けていると少なからず罪悪感を持つでしょう。不倫相手と会った後も、今までと変わらない生活を家族としていかなければなりません。

 

また、夫婦関係が悪いわけではなく、勢いで不倫をした場合、罪悪感からどうしたらよいのかわからなくなってしまったり、精神的な負担になってしまったりする可能性があります。

 

4:金銭的なリスクが大きい

不倫は慰謝料請求の原因になります。相場は100~300万円ですが、不倫の状況によって金額が高額になるでしょう。

 

金銭的にも負担が大きいですが、精神的にもつらいのではないでしょうか。

 

また、不倫相手にも高額な慰謝料を請求されることがあります。不倫相手がよほど収入の多い人ではない場合、好きな人を金銭的に苦しめることになるのです。

 

5:加害者としての孤立

不倫は社会的なモラルに反した行為であるため、あなたを擁護し味方となってくれる人は少ないでしょう。そのため、不倫の加害者として孤立してしまうかもしれません。

 

また、社内で不倫をした場合、不倫関係を持った2人とも、もしくは片方が会社を辞める選択をしなければならない可能性もゼロではありません。

 

まとめ

不倫は周囲を裏切り傷つける行為です。不倫相手との別れはつらいかもしれませんが、不倫が違法行為ですべてを失う可能性があるということをしっかり自覚しましょう。

 

そのためにも『別れる』という強い決意が必要になります。もし、不倫相手とトラブルになってしまった場合は、被害が大きくなる前に弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

不倫に関する新着マガジン

不倫に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫マガジン一覧へ戻る