ホーム > 離婚コラム > 慰謝料 > 慰謝料請求したいのに住所がわからない!浮気相手の住所を調べる方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2021.1.8  更新日:2021.1.14

慰謝料請求したいのに住所がわからない!浮気相手の住所を調べる方法

銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士
監修記事
%e5%9b%b32
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「慰謝料」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn

パートナーの浮気(不倫)相手に対して慰謝料請求をしたいのに、相手の住所がわからない…」と、お悩みではないでしょうか。慰謝料請求するためには、浮気相手の名前と住所を事前に入手しておかなければなりません

では、浮気相手の住所がわからない場合、慰謝料請求は諦めるしかないのでしょうか。結論をお伝えすると、現時点で浮気相手の住所がわからないからといって、慰謝料請求を諦める必要はありません

さまざまな方法を駆使すれば浮気相手の住所を調べることが可能だからです。慰謝料はあなたがもらうべき正当なお金ですので、諦めないようにしましょう。

この記事では、慰謝料請求するために浮気相手の住所を調べる方法についてくわしくお伝えします。

慰謝料請求に関するこちらの記事も読まれています

不倫の慰謝料請求ガイド|請求の流れや慰謝料の増額理由を解説

慰謝料の取り方|浮気相手へ最短で慰謝料請求・交渉するための手引き

この記事に記載の情報は2021年01月14日時点のものです

慰謝料請求したい浮気(不倫)相手の住所を調べる方法

浮気相手の住所をどのように調べれば良いのでしょうか。具体的な方法をお伝えします。

方法1:自分で調べる【おすすめしません】

まずは、相手の住民票を請求する方法が挙げられます。しかし、第三者が書類を請求する場合、正当な理由が必要になりますので、個人で動くとなるとかなりハードルが高くなります。

また、浮気相手の後をつけて住所を調べる方法もなくはないですが、やり方を誤ると、ストーカー扱いされてしまったり、プライバシー侵害になるので、辞めたほうが良いでしょう。

方法2:法律の専門家(行政書士、弁護士、司法書士)に調べてもらう

ふたつ目は、法律のプロである行政書士、弁護士、司法書士などに依頼して調べてもらう方法です。法律のプロであれば、業務に必要な範囲で住民票や戸籍謄本、戸籍の附票などの書類を入手できます。

その後の慰謝料請求までセットで一任したい方には特にこの方法がおすすめです。依頼料金はかかりますが、個人で調べるよりもリスクがなく住所判明までがスムーズです。

ポイント
弁護士は弁護士照会を利用して住所を調べることもできるので、より住所を入手できる確率が上がるでしょう。個人情報の保護意識が高まっている現在では、個人的な理由で他人の情報を入手することがかなり困難なので、法律のプロは頼りになるはずです。

詳しくは「弁護士は浮気相手の住所をどのように調べるのか?」でもお伝えします。

方法3:探偵に依頼して調べてもらう

探偵に調べてもらうのもひとつの方法として挙げられます。身辺調査住所調査は探偵の専門分野でもあるので、比較的すぐに浮気相手の住所を知ることができるでしょう。

なお、探偵に住所を調べてもらう際は、慰謝料請求を有利に進めていくために浮気している証拠も同時に入手してもらうと良いでしょう。浮気の証拠がない場合、慰謝料請求をしても認められない場合があるからです。

探偵に依頼した場合は、もちろん調査料金がかかります。料金相場や料金プランなどについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

探偵への依頼を検討中の方は、各探偵事務所の口コミや評判についてまとめた以下の記事もあわせてご覧ください。

浮気の証拠を格安で入手

街角相談所」というサイトを利用すると浮気調査の料金が最大40%オフになります。

まずは浮気調査の必要性や調査料金を30秒オンライン診断でチェックしてみましょう。お悩み相談だけでもOKです。

弁護士は浮気相手の住所をどのように調べるのか?

浮気相手の住所を調べるだけでなく、慰謝料請求の手続きなど後々のことも考えると、弁護士へ相談、依頼したほうが良いことはお伝えしたとおりです。では、弁護士はどのようにして浮気相手の住所を調べるのでしょうか。ここで解説します。

住民票や戸籍を取り寄せる

これは他の法律の専門家も同様ですが、役所に住民票や戸籍などの書類を請求して取り寄せることができます。ただし、浮気相手が住民票を現住所に移していない場合などは、現時点で住んでいる場所がわからないこともあります。

弁護士会照会を利用する

弁護士は弁護士会照会を利用することが可能です。この方法では、あなたが知りえる些細な情報から浮気相手の住所を突き止めることができます。

弁護士会照会(べんごしかいしょうかい)とは、弁護士法23条に定められた法律上の制度で、弁護士が担当する事件に関する証拠や資料を円滑に集めて事実を調査することを目的としています。照会は弁護士個人が行うのではなく、担当は弁護士会です。

弁護士会照会の受付件数は、平成23年に全国で約12万件あり弁護士が担当する事件の解決に向けた情報収集手段のひとつとして活用されています。

この書類は弁護士会照会制度を活用した、情報の回答報告を求めるものです。普段の生活ではあまり触れる機会のない弁護士会照会制度ですが、弁護士法に定められたれっきとした法律であり、照会を受けた個人や団体は適切に回答報告しなければなりません。

引用:弁護士会照会とは|弁護士会照会を活用する際に知っておくべきこと

名前から調べる

浮気相手の名前しかわからない…という場合も弁護士照会を使って住所を突き止められる可能性があります。ただし、同姓同名の人物は意外にも多く存在するので、できれば生年月日などの情報もあると良いでしょう。

キャリアのメールアドレス、電話番号から調べる

弁護士会から各携帯電話会社に照会してもらえば相手の身元が判明し、住所も入手することができます。※ただし、インターネット上には「ソフトバンクの場合は弁護士会照会であっても情報を開示してくれない」といった声も散見されましたが、最近は弁護士会照会でも回答されます。成功例も複数あります。

車のナンバーから調べる

パートナーが浮気相手の車に乗っているところを見た!という場合は、車のナンバーを控えておくと良いでしょう。弁護士照会を使えば、車のナンバーから自動車検査登録事務所などに問い合わせて、その車を所持する人物の情報を取得することができます。

慰謝料請求したい浮気相手の勤務先への送付は可能

「慰謝料請求はしたいけど、お金をかけてまで住所を調べるのは嫌だ…」

そんな方に朗報です。浮気相手の住所がわからなくても浮気相手の勤務先がわかっている場合は、勤務先に内容証明郵便を送付するという方法があります。

ただし、その際はくれぐれも浮気相手の職場の方にはわからないようにする必要があります。最悪の場合、あなたが名誉毀損で訴えられてしまう可能性が考えられるからです。

内容証明郵便の送付方法や注意点などは以下の記事でくわしく解説しています。

まとめ

慰謝料請求したいのに、浮気相手の住所がわからない場合の住所の調べ方や告知方法についてご紹介しました。

現時点で相手の住所がわからなくても慰謝料請求を諦める必要は一切ありません。しかし、やはり実際に慰謝料を請求するためには相手の名前と住所が必要になります。

住所は個人情報ですので、自力で入手することはかなり困難だと言えます。無理な行動であなたが訴えられてしまわないよう、弁護士や探偵などの専門家に依頼して入手してもらうことが安心で効率的な方法です。

まだ浮気の証拠を手に入れていない場合は探偵に、そして慰謝料請求の際、法的に有利に進めたい場合は弁護士に相談することをおすすめします。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る