ホーム > 離婚コラム > 浮気調査 > 探偵が行う浮気調査とは?費用相場から調査内容・おすすめの事務所まで
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2019.11.14  更新日:2022.7.8

探偵が行う浮気調査とは?費用相場から調査内容・おすすめの事務所まで

離婚弁護士ナビ編集部
執筆記事
54 eyecatch

浮気調査を探偵に依頼した場合、どのように探偵が調査を行うのか、総額でどのくらいの費用がかかるのか疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、浮気調査にかかる費用や自分でも出来る浮気調査方法も含め、詳しく紹介します。

この記事のPOINT
 こんなことがわかります
  • 浮気の調査にかかる費用は10~100万円くらいとです。
  • レシートのチェックなど個人でもできる調査もありますが、あまりおすすめしません。
  • 実績を重視するなら原一探偵事務所、コスパを重視するなら街角探偵相談所をおすすめします。

追加保険料0円で家族も補償対象のベンナビ弁護士保険登場

万が一の法律トラブルに備える保険は既に多くありますが、>ベンナビ弁護士保険はご加入者のご家族まで補償

契約者の家族(契約者の配偶者及び1親等内の血族中65歳以上の親と30歳未満の未婚の実子)も追加保険料0円で補償範囲(被保険者)に含まれます

保険料は月2,950円となりますので対象家族が5人の場合、1人あたりの保険料は月590円に!対象となる家族が多い方にオススメです。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料で取り寄せる

KL2020・OD・039

浮気調査を検討中の方におすすめのサービス・探偵社5選
※全国・24時間対応/相談無料

調査料金を抑えたい方へ

街角相談所|探偵社の無料紹介/オンライン見積もりサービス

30秒で完了する7つの質問に答えるだけで簡単に見積もりを依頼できます。
他社の見積もり書ご提示でさらに安く調査可能な探偵社を紹介。
※パートナーの浮気に関するご依頼の場合、クリック後に”浮気調査”をご選択下さい。

>>調査料金を抑えたい方はこちら


リーズナブルな料金で、気軽に探偵を利用したい方へ

総合探偵社 クロル|一緒に調査プランなど、お客様要望に柔軟対応
お客様も調査に携わることでリーズナブルな料金を実現するなど、お客様目線のサービスを用意
セルフ調査のレクチャーなど、プロ目線のアドバイスを受けたい方にもおすすめ

>>手軽な料金で依頼したい方はこちら


実績が多い、信頼ある探偵社に依頼したい方へ

原一探偵事務所|調査実績46年の老舗探偵事務所

年間相談実績5万人以上/調査実績46年の実績。
浮気調査後も前向きな人生を送っていただけるよう全力でサポート

>>信頼ある探偵社に依頼したい方はこちら


不倫相手を許せない!離婚慰謝料請求をしたい方へ

離婚・不倫慰謝料の相談窓口

離婚問題や不倫の慰謝料問題に関する豊富な経験:実績を有する離婚専門チームがサポート。
安心の全国対応、男女弁護士を選択可能です。

>>離婚・不倫慰謝料の請求を弁護士に相談したい方はこちら

この記事に記載の情報は2022年07月08日時点のものです

浮気調査を探偵に依頼した場合にかかる費用相場と料金プラン

代表的な3つのプランの費用相場
料金プラン 費用相場
成功報酬型 35万円~60万円
時間制プラン 1名/1時間/7,500~10,000円程度
パックプラン 30万円~100万円程度

【関連記事】浮気調査の費用の相場は10~100万円?費用を抑える方法と依頼のポイント

成功報酬プラン

成功報酬プランは浮気調査が成功した場合のみ料金を支払う契約方法です。成功報酬プランの場合、費用の目安は「35万円~60万円程度になります。(※参考:浮気や不倫調査にかかる料金やその相場は?|探偵NOTE

浮気の証拠が確保できなかった場合には支払いが生じません。そのため、「浮気してるかどうか確信が持てない。」「いつ浮気してるのかわからない。」といった場合に利用価値が高い調査方法です。

しかし、成功報酬プランは支払い時にトラブルが起きやすい料金プランでもあります。「成功の定義」は探偵事務所によって異なる場合があるので、事前にしっかりと把握しておくことが重要です。以下の4点は必ず確認しておきましょう。

  • 成功条件が具体的であり、それ以外の場合は、個々の理由に関係なく、必ず0円となる事。
  • 成功報酬が可能かどうか、来社前に確認する。
  • 定額料金であり、又、調査期限が決められている事。
  • 上記の1と3が契約書に明記されており、かつ、契約書の内容におかしな点がない事。

引用元:浮気調査と人探し調査が完全成功報酬!結果が出なければ0円-Akai探偵

時間制プラン

時間制プランの場合、調査した時間によって費用がかかります。そのため、浮気を実行する日時に目安が付いている方にとっては利用価値が高い調査方法と言えるでしょう。

しかし、浮気調査が長引いてしまった場合には、料金が高額になってしまうので注意が必要です。費用の目安は「1時間あたり7,500~10,000円(1名)」程度です。

行動調査の場合、調査員2名で行うケースだと、1時間当り1.5万円~2.0万円前後という調査結果が出ています。(1名の時間あたりの単価は7500円から10000円)という結果になっています。

引用元:調査費用の平均相場とは、アンケートの結果 - 日本探偵業協会

時間制プランの料金例
探偵社 料金
ガルエージェンシー 簡易調査 8,000円/時間・調査員1名
通常調査 15,000円/調査員1名・時間
HAL探偵社 1時間/6,000円~
ALG探偵社 1時間/6,000円~

パックプラン

パックプランは、浮気調査にかける時間のほか、証拠の確保や書類の作成にかかる費用のすべてがセットになっている料金プランです。パックプランの料金の目安は30万円~100万円程度です。

費用は時間制プランよりも高額になる場合がありますが、調査に時間がかかったとしても、一定以上の金額にはなりません。 そのため、浮気調査に時間がかかりそうな場合など、長期間の調査を望む場合にはおすすめのプランです。

パックプランの料金例
探偵社 料金
コレクト総合探偵社 15時間パック / 170,000円
総合探偵社リザルト東京 7日間/ 600,000円
総合探偵社フォーチュン広島 調査時間20時間(約3〜5日間)/ 20万円

探偵が行う浮気調査の方法と調査報告書の内容

尾行

尾行は言うまでもありませんが、調査対象の行動を追跡する調査になります。車や電車を使った移動に対しても即座に対応する機動力が求められるため、プロにしかできない調査と言えるでしょう。

裁判等で利用できる調査報告書においても、尾行による成果はとても有効な証拠になっています。尾行による調査報告では、いつどこで何をしたか詳細に知ることができます。

張り込み

ターゲットが建物の中などに入った際に、その場から動かずに待機して、再び出てくるまで待つという調査方法が張り込みです。暑い日も寒い日もずっとその場で待ち続けるという集中力が求められる調査方法です。

例えば、浮気相手の自宅やホテルに入った後、どれくらいの時間が経過して部屋から出てくるのか知ることができます。 自分自身が不審者に間違われるリスクもありますから、こちらも素人では真似ができない浮気調査の方法です。

調査報告書

探偵社に浮気調査を依頼した場合、調査結果などは「調査報告書」にまとめます。 事実関係が羅列される報告書になり、調査対象がどこで何をしていたか詳細に知ることができます

また、証拠となる写真や動画、音声を取得できている場合には、これらのデータも受け取ることができます。 探偵による調査報告書は証拠能力が強いため、離婚調停や裁判に持ち込んだ際にも有利な立場を保つことが可能です


【調査報告書のサンプル】

調査報告書の例

調査報告書の例

自分でできる浮気調査の方法

レシートやクレジットの明細をチェックする

レシートやクレジットカードの明細をチェックするだけで、ある程度どういう行動を取っていたのか把握できるでしょう。ホテルのレシートが見つかれば決定的な証拠になりますし、二人分のレストランの会計なども手掛かりになります。

クレジットカードの明細は、聞き慣れない請求元がある場合はラブホテルの可能性があります。

しかし、パートナーの財布の中を勝手に確認したりすることは、夫婦関係を悪化させる原因となりますので注意が必要です。

【関連記事】自分でできる彼氏の浮気調査の方法と手順|浮気発覚後の選択肢は?

GPS・ICレコーダー

GPSは最近では比較的安価で購入することができます。また、浮気調査を自分でしたい方のために、レンタルできるGPSなどもあります。

GPSには「ロガータイプ」と「リアルタイムタイプ」の2つがあり、浮気調査におすすめなのは「リアルタイムタイプ」のGPSです。ターゲットが今どこにいるのかリアルタイムで把握できます。

【関連記事】浮気調査におすすめのGPSを激選!GPSアプリなら無料で追跡が可能

浮気調査アプリ

ターゲットのスマホアプリに行動を記録するようなアプリを入れるという方法もあります。

しかし、これは不正指令電磁的記録取得の罪に問われるリスクもありますので、利用をおすすめすることはできません

相手に浮気の疑いがあるが、決定的証拠がない場合、浮気の調査のために相手のスマホにこっそりと遠隔操作アプリを入れてもいいのでしょうか?

最近は、このようにして取得した証拠をご相談時に持っていらっしゃる方もおられますが、結論からいうとダメです!

遠隔操作アプリを勝手に入れることは犯罪となる可能性があります。

引用元:浮気の調査のために相手のスマホに遠隔操作アプリを入れてもいい?|なごみ法律事務所

浮気調査の依頼でおすすめの探偵事務所

浮気調査の実績が豊富な「原一探偵事務所」

原一探偵事務所の画像

原一探偵事務所は、年間で2,500件以上という調査実績を誇り、浮気調査に関してもトップクラスのノウハウを備えているのが原一探偵事務所です。

警察OBを探偵として迎えるなど、調査のクオリティの高さにも定評があり、メディアへの出演実績も豊富に持っています。 長く営業を続けている信頼できる探偵事務所ですので、信頼性を重視したい方には特におすすめです。

依頼人との面談にも時間を割いており、調査方法に関することに加え、料金についても詳しい説明を受けられます。

原一探偵事務所の無料相談窓口はこちら

格安で依頼したいなら「街角探偵」で探す

街角探偵の画像

浮気調査を格安で依頼できる探偵事務所を探したいのであれば、「街角探偵」を利用して優れた事務所を探しましょう。街角探偵では、全国の探偵社の中から依頼内容や予算、地域に応じた最良と思われる探偵事務所の紹介を行っています。

探偵事務所を詳しく知るアドバイザーのサポートを受けられるため、安心して優れた事務所を探せます。街角探偵を通すことによって割引を受けられることもあるため、複数の探偵社を見比べたいという方にもおすすめです。

街角探偵の30秒オンライン診断はこちら

まとめ

浮気調査のプランには大きく分けて3種類があり、それぞれ料金の計算方法や支払いの条件が異なります。

探偵に依頼すると、張り込みや調査報告書の作成など、素人では難しい調査に乗り出してもらえることがメリットです。 自分でも浮気調査を進めることはできますが、犯罪行為に手を染めないように注意しなければなりません

探偵に依頼する際、実績を重視するなら原一探偵事務所を、コスパを重視するなら街角探偵の利用をおすすめします。

浮気調査の24時間相談窓口

原一探偵事務所では、24時間専門のカウンセラーが浮気の悩みに対応いたします。相談は無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202202210941 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス

【不倫問題のみ無料相談】 #不倫慰謝料を請求したい#不倫慰謝料を請求された #不倫されたから離婚したい#不倫で離婚と言われた 不倫問題に力を入れている弁護士がこれらのご要望にお応えします。

事務所詳細を見る
Office info 202006190856 28911 w180 NN赤坂溜池法律事務所

【女性弁護士在籍】●夫・妻の不倫/慰謝料請求●証拠集めからサポート!●慰謝料や離婚では割り切れない気持ちも含め、どうか当事務所へご相談下さい。同じ目線に立った、親身な体制を整えております。

事務所詳細を見る
Office info 201908081734 3111 w180 弁護士齋藤 健博【銀座さいとう法律事務所】

無料相談】【LINE相談対応】【不倫問題が得意話しやすい弁護士です。不倫の慰謝料請求・離婚条件交渉・調停など、離婚・男女問題は早急にご相談ください。銀座徒歩5分・土日深夜も弁護士直通電話

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気コラム

浮気調査の関連コラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

浮気調査コラム一覧へ戻る