ホーム > 離婚コラム > 浮気調査 > iPhoneを探す機能で浮気調査はできる?正しい手順と注意点
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2020.2.5

iPhoneを探す機能で浮気調査はできる?正しい手順と注意点

離婚弁護士ナビ編集部
監修記事
Img_1580875020

「iPhoneを探す」を使えば、ターゲットが所持しているiPhoneの場所を追跡できます。これは、ターゲットの居場所の追跡もできることを意味します。

 

持ち物にGPSを忍ばせるよりも、「iPhoneを探す」を利用する方が浮気調査のハードルが低くなるのではないでしょうか。

 

ここでは、「iPhoneを探す」を使った浮気調査のメリットとデメリット、手順や注意点について詳しくご紹介します。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

目次

「iPhoneを探す」で浮気調査する流れ

まずは、ターゲットのiPhoneの「iPhoneを探す」の機能をオンにする必要があります。次の手順で操作しましょう。

 

①設定を開く

 

②ユーザ名を選択

 

③iCloudを選択

 

④ページ下部にある「iPhoneを探す」を選択

 

⑤「iPhoneを探す」と「最後の位置情報を送信」をオンにする

 

2.Apple IDとパスワードを入手する

ターゲットのApple IDとパスワードが必要です。@以降が「iCloud.com」のメールアドレスがApple IDです。

 

過去にターゲットとメールでやり取りしていた場合は、履歴をチェックしましょう。また、パスワードがわからない場合は、次の手順でパスワードをリセットしてください。

 

Apple IDにアクセス

https://appleid.apple.com/#!&page=signin

上記リンクをクリックするだけで大丈夫です。

②「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」を選択

 

③Apple IDを入力して「続ける」を選択

 

④「パスワードをリセット」を選び、「続ける」を選択

 

⑤「メールを受け取る」と「セキュリティ質問に答える」のいずれかを選び、「続ける」を選択

 

「メールを受け取る」を選ぶと、登録しているメールアドレスにパスワードをリセットするためのメールが届くので、指示に従って操作してください。

 

登録しているメールアドレスは、ターゲットのiPhoneのメールアプリに登録されている可能性があります。

 

また、セキュリティ質問はターゲットが事前に設定したもののため、何気ない会話の中からヒントを見つけることができれば、挑戦してみてもいいでしょう。

 

パスワードは、iPhoneの再起動後に最初にアプリをインストールするときに求められるので、それを盗み見るのも1つの手段です。

 

3.iCloudにログインする

ターゲットのApple IDとパスワードでiCloudにログインすることで、iPhoneの場所を追跡できます。次の手順で操作しましょう。

 

https://www.icloud.com/にアクセスする

上記リンクをクリックするだけで大丈夫です。

②Apple IDとパスワードを入力してログインする

 

③「iPhoneを探す」を選択

 

④位置情報が表示される

なお、再度パスワードの入力を求められる場合があります。また、ターゲットのiPhoneで事前の設定ができていない場合は、以下の画面が表示されます。

 

 

うまく設定できていない可能性があるため、ターゲットのiPhoneの設定を確認しましょう。

 

「iPhoneを探す」による浮気調査のメリット

「iPhoneを探す」を利用した浮気調査には、次のメリットがあります。

 

費用がかからない

「iPhoneを探す」の利用には、一切の費用がかかりません。浮気調査にGPSを使用する場合は、5,000~2万円程度の費用がかかります。

 

探偵に依頼するとなれば、数十万円もの費用がかかる場合もあるでしょう。初期費用なしで手軽に浮気を調べられることは大きなメリットです。

 

アプリをインストールさせる必要がない

浮気調査に使えるアプリもありますが、ターゲットのスマホにインストールしなければなりません。

 

ハードルが高いうえに、アプリが見つかってしまう恐れがあります。

 

「iPhoneを探す」はiPhoneにもともと備わっている機能のため、ノーリスクで利用できます。

 

自分のiPhoneを仕込むことも可能

自分のiPhoneの「iPhoneを探す」を利用して、浮気調査することも可能です。ターゲットのカバンに過去に使っていたiPhoneを忍ばせておけば、位置情報を追跡できます。

 

もし、iPhoneを忍ばせていることに気づかれても、知らないフリで通せるでしょう。

 

「iPhoneを探す」による浮気調査のデメリット

「iPhoneを探す」を利用した浮気調査には、次のデメリットがあります。

 

位置情報を検索したときに相手にメールが届く

従来の「iPhoneを探す」では、利用した際に相手に通知されることはありませんでした。

 

しかし、現在ではアップデートによって、「iPhoneを探す」で位置情報を検索した際に、ターゲットのiPhoneに通知メールが届くようになっています。

 

そのため、ほぼ確実に浮気しており、現場を抑えられる状況にいるときにしか利用できません。

 

浮気調査がバレてしまい、証拠をつかみにくくなります。

 

浮気の確実な証拠にならない

「iPhoneを探す」で得られるのは、ターゲットの位置情報のみです。ラブホテルにいることを突き止めても、浮気相手と一緒にいることを証明できなければ確実な証拠にはなりません。

 

そのため、ラブホテルの前で待ち構えて現場を抑えるために使うことがポイントです。

 

信頼関係が崩れてしまう可能性がある

確実にラブホテルに行っているときに位置情報を検索しないと、なぜ位置情報を調べたのか問い詰められてしまうでしょう。

 

その結果、浮気の証拠をつかみにくくなるだけではなく、信頼関係が崩れる恐れもあります。

 

「iPhoneを探す」を使えないケース

次のようなケースでは、「iPhoneを探す」を利用できません。

 

調査していることを知られたくない

アップデートにより、位置情報を検索した際にターゲットのiPhoneに通知メールが届くようになったため、調査していることを知られたくない場合には利用できません。

 

通知が届かないように対策はできますが、浮気調査のハードルが大きく上がります。

 

通知が届かないようにするには、自分のスマホでiCloudにログインし、2ファクタ認証を済ませておく必要があります。

 

2ファクタ認証では、ターゲットのiPhoneに表示される確認コードを入手しなければなりません。浮気調査を始める前にターゲットにバレてしまう恐れがあるため注意が必要です。

 

ターゲットがiPhoneを肌身離さず持ち歩いている

ターゲットがiPhoneを肌身離さず持ち歩いていると、「iPhoneを探す」を設定できません。

 

また、パスワードをリセットする際に届くメールを開くこともできないため、iCloudへのログインが困難になります。

 

「iPhoneを探す」を使わずに浮気調査する方法

「iPhoneを探す」を使用できるケースは限られています。他にも浮気調査の方法はあるので、焦る必要はありません。次のような方法を検討してみてください。

 

安全に小さな証拠を積み重ねる

ラブホテルに出入りしている写真や動画など、確実な証拠を入手できなくても、安全に小さな証拠を積み重ねることは可能です。

 

複数の証拠を突きつけることで、パートナーも浮気や不倫を認めざるを得なくなるでしょう。次のような証拠を集めてください。

 

メールの送受信履歴を調べる

メールの送受信履歴には、浮気相手とのメッセージのやり取りが残されている可能性があります。

 

ただし、警戒心が強い場合は、LINEを含めメッセージはすべて消去しているでしょう。

 

メールの送受信履歴だけではなく、ゴミ箱までチェックしてください。メールを消去すると、いったんゴミ箱に移動し、30日後に完全に削除されます。

 

警戒心が強くても、削除したメッセージがいったんゴミ箱に移動されることを知らない場合があるのです。

 

通話履歴を調べる

浮気相手との通話履歴がないか調べましょう。名前を上司や同僚、取引先にカモフラージュしている場合があるため、通話の時間帯や曜日に注目してください。

 

連絡を取り合っていることを悟らせないように、週1回21:00~21:30までなど、通話のタイミングを絞る場合があります。

 

財布の中身をチェック

財布の中身をチェックすると、ラブホテルの領収書やポイントカードなどが出てくる場合があります。

 

また、カラオケ店や飲食店のレシートもチェックしましょう。事前に聞いていた行き先と異なる地域の店のレシートが出てきた場合は、浮気相手と会っていた可能性があります。

 

GPS発信機を使う

GPS発信機を使うことで、「iPhoneを探す」と同じくターゲットの位置情報を追跡できます。

 

リアルタイムでの追跡はもちろんのこと、過去の行動履歴を追跡できるものもあります。値段は5,000~2万円以上とピンキリです。

 

バッテリーの容量やサイズ、機能、取り付けのしやすさなどから自分に合ったGPS発信機を見つけましょう。

 

探偵に依頼する

探偵に依頼することで、確実な証拠を入手してもらえます。「iPhoneを探す」では、ラブホテルから出てくるところを押さえることは可能ですが、位置情報そのものは確実な証拠になりません。

 

あくまでも、自白させるための証拠となります。不倫している場合は離婚をすることを決意しているのであれば、確実な証拠を入手しなければなりません。

 

パートナーが不倫を認めず、調停や裁判になった際に、確実な証拠を提示することで裁判所や調停員に不倫が認められます。

 

探偵に依頼するのであれば、原一探偵事務所がおすすめです。探偵への依頼時に注意すべきことは、法外な追加料金の請求や調査力の問題などです。

 

原一探偵事務は、料金を確定させてから調査を開始するため、追加料金がかかりません。また、夫婦カウンセラーが在籍しているため、不倫の悩みを相談できます。

 

年間の相談件数は5万件、調査実績45年の老舗のため、安心して依頼できるでしょう。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

まとめ

「iPhoneを探す」を使えば、ターゲットと浮気相手がいる場所を突き止められる可能性があります。

 

ただし、事前にiPhoneの設定やApple IDとパスワードの入手が必要です。また、位置情報を検索するとターゲットのiPhoneに通知メールが届くため、認証せずに利用する場合は1回限りしか使えません。

 

ラブホテルから出てくるところを押さえるために使いましょう。

 

関連リンク:

夫が見せる浮気のサイン18選!浮気の有無を見極めるポイント

夫が冷たい原因は?浮気を疑うべき行動と元の関係に戻る方法

離婚のときに探偵を利用すべきケースとは?依頼方法と探偵の選び方

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の監修者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

浮気調査コラム一覧へ戻る