ホーム > 離婚コラム > 浮気調査 > 離婚のときに探偵を利用すべきケースとは?依頼方法と探偵の選び方
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2020.2.4

離婚のときに探偵を利用すべきケースとは?依頼方法と探偵の選び方

Img_1580797988

離婚を考えているときだけではなく、離婚を心に決めたときにも探偵への依頼を検討しましょう。

 

探偵に浮気調査を依頼することで、浮気が発覚する場合があります。

 

浮気しているかどうかで離婚の条件が変わるため、しかるべきときに依頼したいところです。ここでは、探偵を利用した方がいいケースや依頼前の準備、おすすめの探偵事務所をご紹介します。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

探偵に浮気調査を依頼した方がいいケース

探偵に浮気調査を依頼した方がいいケースは次の通りです。

 

浮気している可能性がある

相手が浮気している可能性がある場合は、真実を知るために浮気調査を依頼した方がいいでしょう。

 

相手が浮気をしている場合、浮気相手に慰謝料を請求できる可能性があります。浮気を見逃して放置すれば、事態が悪化することも予想されるでしょう。

 

次のような行動や態度がみられた場合は、浮気を疑うことが大切です。

 

  • 急にそっけなくなった
  • 嘘をついて外出している
  • 決まった日時に誰かと連絡をとっている
  • スマホにロックをかけるようになった
  • スマホを洗面所やトイレにまで持っていくようになった
  • 身だしなみに気をつかうようになった

 

当てはまる項目が多いほどに、浮気を含めて何らかのやましいことがある可能性が高いでしょう。

 

離婚を切り出されたが思い当たる理由がない

離婚を切り出されたが思い当たる理由がない場合、浮気を疑うことが大切です。仮に相手が浮気をしていた場合は、相手側からの離婚請求は認められないことがほとんどです。

 

納得できないまま離婚を承諾すれば、後悔することになるかもしれません。

 

浮気していれば、不当な離婚請求として拒否できます。浮気をしていなかった場合は、他にどのような理由があるのか冷静に考えられるようになるため、探偵に依頼したことは無駄にはなりません。

 

浮気している場合は慰謝料をしっかり受け取りたい

浮気している場合は、浮気相手や配偶者から慰謝料をしっかり受け取りたいという方は、探偵に依頼した方がいいでしょう。

 

浮気の証拠がなければ、慰謝料は請求できません。浮気の証拠としては、ホテルに2人で出入りしている写真や動画、性行為をしている写真や動画などがあります。

 

このような証拠を相手にバレずに入手することは難しいでしょう。

 

探偵であれば、顔が知られていないため、尾行しても気づかれにくいのです。ホテルに出入りしている写真や動画を入手してくれます。

 

証拠が集まらないが泣き寝入りしたくない

浮気していることがわかっているものの証拠が集まらない場合もあります。相手が浮気を認めなければ泣き寝入りすることになるでしょう。

 

小さな証拠を積み重ねることで裁判所に認められるケースもありますが、基本的にホテルに一緒に出入りしている写真や動画、性行為をしている写真や動画などの証拠が必要です。

 

探偵に依頼して決定的な証拠を入手できれば、泣き寝入りせずに済むでしょう。

 

【関連リンク:夫を浮気調査する方法は?浮気のサインと具体的な調査方法5つ

離婚のための浮気調査を探偵に依頼するときの事前準備

離婚のトラブルを解決するために浮気調査を探偵に依頼する場合は、次のような事前準備が必要です。

 

怪しい行動をとる日時を把握しておく

浮気している可能性が高い日時を把握しておきましょう。調査が長引くほどに費用が高くなるため、調査する日時を絞り込むことが大切です。

 

配偶者の行動を把握できていない日や怪しいと感じている日、出張に行っている日などの中から絞り込みましょう。

 

数日に絞り込んだら、あとは探偵と話し合って調査日を決めることをおすすめします。長年の経験に基づいて、最も浮気している可能性が高い日に調査してくれます。

 

調査対象の写真やスケジュールを用意する

配偶者の顔写真や当日のスケジュールを用意しましょう。どこに何時に立ち寄るか、わかる範囲で情報を提供することで調査の質が上がります。

 

ただし、スケジュールを細かく把握しようとすると配偶者に怪しまれるおそれがあるため、無理はしないことが大切です。

 

同僚や友人などの情報を用意する

同僚や友人などに浮気していることを話している場合があります。探偵に同僚や友人の連絡先や勤務先などの情報を伝えることで、情報を集めてくれるでしょう。

 

証言を得られることで、浮気の疑念が確信に変わります。

 

信頼できる探偵事務所を絞り込む

探偵事務所の質や料金はピンキリです。信頼性が低い探偵事務所に依頼すると、浮気しているのに証拠をつかめなかったり、料金トラブルが起きたりする可能性があります。

 

知名度が高くて実績豊富、世間からの信頼も厚い探偵事務所に依頼しましょう。

 

離婚したいときに依頼するなら原一探偵事務所がおすすめ

離婚にかかわる浮気調査を依頼するなら、信頼が厚く実績が豊富な原一探偵事務所をおすすめします。おすすめできる理由は、次の3つです。

 

夫婦カウンセラーが在籍

原一探偵事務所には、夫婦カウンセラーが在籍しています。夫婦カウンセラーは、夫婦間の問題をサポートする専門家で、離婚の基礎知識や法律知識、カウンセリング力を備えています。

 

一般の事務員に相談をするよりも、夫婦カウンセラーに相談した方がさまざまなアドバイスを得られやすく、悩みも打ち明けやすいでしょう。

 

業界最大手の豊富な実績

原一探偵事務所には、創業から45年かけて積み重ねてきた豊富な実績があります。年間の相談件数は、なんと5万件にものぼり、さまざまな浮気調査を行ってきています。

 

そのため、イレギュラーへの対応力も高く、調査対象が予期せぬ行動をとった際にも見失うリスクがほとんどありません。

 

必要な人数や調査方法を見極め、安全かつ確実に証拠を入手してくれます。どれだけ料金が安くても、実績が少ない探偵事務所では証拠をつかめないリスクが高いでしょう。

 

実力を最優先にして、探偵事務所を選ぶことが大切です。

 

明確な料金設定

原一探偵事務所は料金設定が明確で、追加料金を一切請求しないことが特徴です。追加料金がかからない理由は、事前に入念に打ち合わせして、必要な人員や稼働時間を確定させているためです。

 

また、経費や機材料金、メディア代、ガソリン代、車両料金、駐車料金、報告書作成料などは料金にすべて含まれています。

 

料金は、基本料金4万円、調査料金8万円~で、このうち調査料金を話し合って決めることになります。

 

浮気の証拠を入手したあとは弁護士に相談しよう

探偵に依頼して浮気の証拠を入手した場合、離婚か修復のどちらかを選ぶことになります。離婚によって起こり得る問題や慰謝料請求、親権などに関することは弁護士に相談しましょう。

 

また、離婚を決意した場合は弁護士にサポートを依頼することをおすすめします。

 

離婚を決めたときに弁護士に相談するメリットについて詳しくみていきましょう。

 

離婚の話し合いを有利に進められる

弁護士は、離婚の法律知識を持つ専門家のため、話し合いを有利に進めることが可能です。

 

また、浮気した側が離婚を拒否しているケースでは、話し合いの場に弁護士に同席してもらうことで、相手にプレッシャーを与えられます。

 

その結果、スムーズに離婚の話し合いが進んだり、養育費や慰謝料のことで揉めなくなったりすることが期待できます。

 

配偶者や浮気相手、親族と顔を合わせなくて済む

弁護士は、依頼主の代理人として、配偶者や浮気相手との話し合いに参加できます。

 

配偶者や浮気相手と顔を合わせるのが苦痛であったり、言いくるめられることが心配であったりする場合は、弁護士に代理を依頼した方がいいでしょう。

 

また、自分の両親や義両親から離婚しないよう求められて、諦めざるを得なくなる場合にも、弁護士に代理を依頼することをおすすめします。

 

相手の肩を持つ人物が多いほど、納得できない形で話し合いが進みがちです。

 

弁護士は依頼主の立場に立ちながら、法律知識を駆使して話し合いを進めてくれるため、相手の肩を持つ人物の数で結果が左右されることはありません。

 

慰謝料や親権などのアドバイスを得られる

配偶者の浮気が原因で離婚する場合は、配偶者や浮気相手に慰謝料を請求できます。

 

弁護士に相談すれば、慰謝料の請求額や親権をどちらが獲得できるのかなど、離婚にまつわる気になる情報を得られます。

 

また、相手から提示された慰謝料が妥当なものかどうかアドバイスも得られるため、慰謝料が安くなることを防げるのです。

 

弁護士に代理人を依頼することで、慰謝料が増額される可能性もあるため、より多くの慰謝料を受け取りたい場合は、前向きに検討することをおすすめします。

 

離婚調停や裁判で代理人になってもらえる

弁護士は、話し合いの場だけではなく、離婚調停や裁判でも依頼主の代理として活動できます。

 

離婚調停では、調停委員に意見を伝える必要がありますが、うまく説明や主張ができないおそれがあります。そうなれば、慰謝料の減額や親権を獲得できないことにつながりかねません。

 

弁護士は、依頼主の代わりに調停委員に意見や主張を的確に伝えてくれます。これは、裁判での口頭弁論でも同様です。

 

手続きを代行してもらえる

離婚を進めるにあたり、単なる話し合いで解決できなかった場合は、調停や裁判の手続きへと進みます。

 

その際には、さまざまな手続きが必要です。知識がない人物が手続きを行うと、ミスが発覚して二度手間になるおそれがあります。

 

また、慰謝料の請求額や親権に関することなどは、離婚協議書に記載することが大切です。

 

このような書類の作成も弁護士が代行してくれます。法律知識をもとに適切な形で作成できるため、後から問題が発覚して無効になる心配がありません。

 

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

まとめ

離婚を検討中、または離婚を決めたときは、必要に応じて弁護士に浮気調査を依頼しましょう。

 

浮気の確実な証拠をつかむことで、話し合いを有利に進められます。証拠をつかんだ後は、弁護士にサポートを依頼しましょう。

 

慰謝料請求や親権の獲得、手続きの代行など、手厚いサポートを受けられます。納得できる結果にするためにも、探偵や弁護士への依頼を前向きに検討してください。

 

【関連リンク:探偵と弁護士の違いとは?それぞれの仕事内容と相談できること

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

浮気調査コラム一覧へ戻る