ホーム > 離婚コラム > 浮気調査 > 夫が冷たい原因は?浮気を疑うべき行動と元の関係に戻る方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2020.2.3

夫が冷たい原因は?浮気を疑うべき行動と元の関係に戻る方法

離婚弁護士ナビ編集部
取材記事
Img_1580710630

夫が冷たい場合、その原因を突き止めることが大切です。放置すると、ますます冷たくなって大喧嘩をしたり、離婚することになったりする可能性があります。

 

また、早い段階で対処すれば、それだけ元の関係に戻りやすいでしょう。ここでは、夫が冷たいと感じる理由や原因、浮気を疑うべき行動、対処法について詳しくご紹介します。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

夫が冷たいと感じる行動3つ

そもそも、どのような場合に夫が冷たいと感じるのでしょうか。次のような行動をとられると、冷たく感じるでしょう。

 

返事がそっけない

夫に何を言っても、「うん」、「そうだね」と返事しかしなかったり、質問に答えてくれなかったりした場合に、冷たくされていると感じるでしょう。

 

普段から夫婦で楽しく会話していた方は、人一倍冷たく感じる可能性があります。

 

笑顔が減った

明らかに笑顔が減ると、夫に冷たくされていると感じる方もいます。この場合、夫としては妻に冷たくしているつもりはなく、悩みごとが原因で笑顔が減っている可能性もあります。

 

そのため、笑顔が減ったから浮気をしていたり、妻に怒っていたりするとは限りません。

 

自分のために何かをしてくれなくなった

「家事や育児に協力的であったのに、急に何もしなくなった」、「誕生日やクリスマスにプレゼントをくれなくなった」など、結果的に妻の幸せにつながる行為がなくなった場合に、夫が冷たいと感じる方もいるでしょう。

 

家庭より仕事や趣味を優先するようになった

家庭よりも仕事や趣味を優先するようになると、自然に家事や育児への協力が減ったり、妻への返事がそっけなくなったりして、妻が夫の冷たさを感じる可能性があります。

 

夫が冷たいとき、原因が自分にあると思いがちですが、必ずしもそうとは限りません。

 

【関連リンク:自分で浮気調査する方法|そのリスクと探偵に依頼するかどうかの判断

夫が冷たくなった原因4つ

夫が冷たくなった場合に考えられる原因は次の4つです。

 

喧嘩が多くて気持ちが冷めた

日ごろから、価値観の違いや性格の不一致などで喧嘩が絶えないと、夫の気持ちが冷めてしまう可能性があります。

 

喧嘩の原因をはっきりさせなかったり、お互いが譲り合う気持ちを持たなかったりすると、喧嘩が絶えない日々を過ごすことになるでしょう。

 

また、夫が納得しない形で喧嘩を終えている場合にも、妻への不満が溜まっていきます。

 

言いたいことを我慢している

夫婦円満に暮らしていると感じていても、実際には夫が妻に言いたいことを我慢している場合があります。

 

夫が冷たくなった原因に思い当たるフシがない場合は、普段の行動や過去の喧嘩を思い返しましょう。

 

夫に我慢をさせるようなことがなかったか思い返すことで、冷たくなった原因がわかる可能性があります。

 

別の女性に気持ちが移っている

別の女性に気持ちが移ってしまい、妻に冷たくなる場合があります。すでに浮気をしているケースと、気になる女性ができただけのケースがあるため、慎重に行動することが大切です。

 

気になる女性ができただけであれば、浮気を阻止できる可能性があります。

 

子どもが生まれてから女性として見れなくなった

子どもが生まれてから少しずつ夫が冷たくなっていった場合は、1人の女性として見られなくなったのかもしれません。

 

夫は、妻が子供を育てる姿から「母親」を連想させる場合があります。その結果、女性としての魅力を感じなくなり、冷たくなってしまうのです。

 

夫が冷たいときのNG行動3つ

夫が冷たいときは、慎重に行動しなければなりません。次のような行動は、夫との関係悪化の原因となるため注意しましょう。

 

原因を問い詰める

夫が冷たい原因がわからないと、妻はモヤモヤしてしまうでしょう。だからといって、強い口調で問い詰めては、夫との関係が悪化するおそれがあります。

 

もし、夫が妻に対して何らかの不満を抱えていたり怒っていたりする場合は、原因を強く問い詰めると喧嘩になるかもしれません。

 

すぐに浮気を疑う

夫が冷たいからといって、必ずしも浮気をしているとは限りません。妻に不満を感じている夫に対して、浮気を疑うような発言をすると、本当に心が離れてしまう可能性があります。

 

事態を悪化させるリスクが高いため、最初から浮気を疑うことは避けましょう。

 

逆ギレする

夫に逆ギレすると、事態の悪化を招きます。言いたいことを言わない夫にいら立つのは仕方ありませんが、少なくとも逆ギレすることは避けた方がいいでしょう。

 

夫は、妻が自分の気持ちを理解する気がないと判断し、結婚生活を続けることは難しいと感じるようになる可能性があります。

 

【関連リンク:夫婦喧嘩から離婚に至る原因と離婚を回避する5つの心得

夫と元の仲に戻りたいときの対処法5つ

それでは、夫と元の仲に戻りたいときは、どのように対処すればいいのか詳しくみていきましょう。

 

冷静に話し合う

どれだけ夫に不快感を覚えていても、冷静に話し合いましょう。冷たくされていることに腹を立てていると、つい強い口調で追及しがちです。

 

「最近、あなたが冷たくなったように感じるんだけど、何が原因なの?」などと伝えましょう。

 

冷静に話すことで、夫としてもちゃんと話さなければならないと感じ、話し合いがスムーズに進む可能性があります。

 

自分に原因がある場合は改善する

夫が冷たくなった原因が自分にあることがわかったら、できるだけ改善するようにしてください。もちろん、妻にすべての原因があるとは限りません。

 

夫にも原因があるケースも少なくないので、お互いに悪いところを改善する姿勢を持つことが大切です。

 

夫婦関係をどう修正すればいいのか、改善すればいいのわからず、強いストレスを感じている人は、夫婦関係について相談できるカウンセリングを受けてみるのをおすすめします。

【関連記事】カウンセリングとは?受ける意味や効果・費用などを完全ガイド

 

感謝の気持ちを伝えることを忘れない

夫婦生活が当たり前になると、お互いに感謝の気持ちを伝えなくなる場合があります。

 

その結果、小さな不満が溜まりやすくなったり、言いたいことを言えなくなったりして、結果的に不仲になってしまうのです。

 

お互いに感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。夫が冷たくなった場合は、自分が率先して感謝の気持ちを述べるようにしてください。

 

そうすれば、夫との関係が改善する可能性があります。

 

夫をほめる

ほめられない夫は、自分が何のために仕事をして家族を養っているのかわからなくなり、不満を感じやすくなります。

 

ほめられると気分がよくなり、妻に不満を感じにくくなる男性は少なくありません。家事や育児に協力的な面があれば、しっかりほめましょう。

 

夫を頼りにする

妻から頼られない夫は、自分の居場所を見いだせなくなる可能性があります。その結果、家庭への興味が薄れて、妻に冷たくなる場合があるのです。

 

「あなたはセンスがいいから、一緒にインテリアを選んでほしい」など、ほめながら頼りにしましょう。

 

頼られることで家庭に居場所ができて、気持ちが離れにくくなります。

 

女性としても魅力を再確認してもらう

女性としての魅力が失われつつあるために夫が冷たくなっている場合は、自分磨きをするといいでしょう。

 

自分の魅力が失われているかどうかは客観的に見ることが難しいですが、まずは化粧や服、髪型、体系などを見直すことが大切です。

 

それだけで、夫の態度が変わる可能性があります。

 

浮気を疑うのはこんなとき!

夫が冷たいうえに、次のような行動がみられた場合は浮気を疑いましょう。

 

スマホをいじる頻度が増えた

スマホを触る頻度が増えた場合、浮気相手とメッセージのやり取りをしている可能性があります。

 

ただし、スマホゲームに熱中している場合もあるため、指の動きからメッセージのやり取りをしているかどうか推測しましょう。

 

メッセージのやり取りをしている可能性が高い場合は、誰と連絡をとっているのか尋ねることをおすすめします。

 

慌てた素振りを見せた場合は、浮気相手と連絡をとっているのかもしれません。

 

スマホをトイレや洗面所に持っていくようになった

スマホをトイレや洗面所に持っていくようになった場合、メッセージやLINEのトーク履歴を見られたくない心理によるものと考えられます。

 

特に、誰とメッセージしているのか尋ねた次の日からスマホを肌身離さず持つようになった場合は、浮気をしている可能性が高いでしょう。

 

同僚や上司との付き合いが増えた

同僚や上司と飲みに行く回数が増えた場合は、実際には浮気相手と会っている可能性があります。

 

本当に夫が同僚や上司と飲みに行っているのかどうか、妻が確認することは難しいでしょう。

 

同僚や上司との付き合いが急に増えることは考えにくいため、浮気を疑うことが大切です。

 

残業が増えた

昇進したわけでもないのに急に残業が増えた場合は、実際には仕事後に浮気している可能性があります。

 

ただし、季節によって残業時間が変動する会社もあるため、浮気だと断定はできません。

 

会社から渡される源泉徴収票を見れば、本当に残業しているかどうかがわかります。

 

モヤモヤがとれない場合は浮気調査を検討しよう

夫と話し合っても、浮気の疑念が晴れない場合もあるでしょう。モヤモヤがとれない場合は、浮気調査を依頼してはいかがでしょうか。浮気調査を依頼した方がいい理由は次のとおりです。

 

夫が冷たい状態が続くと離婚につながる可能性がある

夫が冷たい状態が長く続けば、妻としてもストレスが溜まります。次第に、夫のことで悩む状況に疲れ果てて、離婚を考えるようになるかもしれません。

 

夫としても、いつまでも状況が変わらないため、離婚する方がいいと考えるようになる可能性があります。

 

浮気をしているかどうかに関係なく、夫が冷たい原因を突き止めるべく一歩を踏み出すことが大切です。

 

夫が冷たいうえに浮気されるのは辛い

夫が冷たい理由が浮気の場合、妻は辛い思いをすることになるでしょう。しかし、浮気調査をして、現時点では浮気をしていないことがわかれば、関係修復に向けて動き出しやすくなります。

 

また、浮気が発覚しても、浮気をやめさせるように動いたり、離婚を検討したりと、次の一歩を踏み出すことが可能です。

 

浮気していないことがわかれば問題に向き合いやすくなる

浮気をしていないことがわかれば、夫が冷たい原因を探りやすくなります。浮気を疑うようなことを言って、夫との仲がさらに悪くなることも防げるでしょう。

 

スムーズに話し合いが進みやすくなり、早い段階で関係を修復できる可能性があります。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

まとめ

夫が冷たいのには、必ず理由があります。理由さえ突き止めることができれば、あとは適切に対処するだけで元の夫婦関係に戻れるでしょう。

 

ただし、浮気をしているかどうかは自分で判断することが困難です。ときには、探偵に浮気調査を依頼して、浮気しているかどうかはっきりさせる必要があります。

 

浮気していないことがわかったら、理由を突き止めるべく行動し、適切に対処しましょう。

 

【関連リンク:探偵への相談の秘訣|失敗しない探偵の選び方【無料相談窓口あり】

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の取材協力
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

浮気調査コラム一覧へ戻る