ホーム > 離婚コラム > 浮気調査 > 浮気調査はどこの探偵がおすすめ?各事務所の特徴と選び方のポイント
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2019.12.4

浮気調査はどこの探偵がおすすめ?各事務所の特徴と選び方のポイント

離婚弁護士ナビ編集部
執筆記事
Pixta_42049230_s

多くの探偵事務所が浮気調査を依頼メニューに掲載しているため、どこを選ぶべきか迷っている方は多いのではないでしょうか。

 

すべての探偵事務所が同じクオリティで浮気調査できるわけではありません。探偵事務所ごとに特徴があるため、自分に合っているかどうか確認が必要です。

 

ここでは、浮気調査におすすめの探偵事務所ごとの特徴と、選び方のポイントについて詳しく解説します。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

目次

おすすめの探偵事務所その①:あい探偵

浮気調査にできるだけ費用をかけたくない人におすすめしたいのがあい探偵です。あい探偵の特徴は、なんといっても1時間\2,500~の低料金であるところです。

 

対応範囲

全国(拠点数:11)(相談室数:34)

相談方法

メール・電話(どちらも24時間無料)

調査料金

1時間¥2500~

支払いのタイミング

完全成功報酬制(後払い)

クレジットカード支払い

VISA・JCB・MasterCard・AMEX

探偵業届出番号

東京都公安委員

第301300276号

 

完全成功報酬制で安心

前払い制度にありがちな「料金を支払ってから調査開始するまでが遅い」といったトラブルの心配がありません。また、しっかり見積もりをとるため、法外な料金を請求される心配もないのです。

 

24時間相談可能

24時間いつでもメールや電話で相談できるのは、浮気を疑い不安な日々を過ごす方にとって大きなメリットです。

 

相談室の数が多い

全国11社あり、相談室は34室と非常に多いため、自宅から遠くて相談しに行けないといった心配が少ないでしょう。

 

【関連リンク:あい探偵

おすすめの探偵事務所その②:原一探偵事務所

とにかく質の高い調査を依頼して法的に有効な証拠を入手したい人におすすめしたいのが原一探偵事務所です。原一探偵事務所の特徴は、なんといっても実績が豊富であるところです。

 

対応範囲

全国(拠点数:18)

相談方法

メール・電話(どちらも24時間無料)

調査料金

1稼働:調査費用\80,000~、基本料金\40,000

支払いのタイミング

追加料金の発生は一切なし(前払い)

クレジットカード支払い

VISA・JCB・MasterCard・AMEX・Diners Club

探偵業届出番号

埼玉県公安委員会

第43070145号

 

テレビ出演が豊富

原一探偵事務所は、テレビ出演や調査協力、監修などの経験が豊富です。大手メディアからも認められる調査力と信頼性により、高いレベルの浮気調査が期待できます。

 

実績豊富の老舗

調査実績44年で、これまでに11万件以上も解決してきました。圧倒的な実績があるため、信頼性が高い探偵事務所と言えます。

 

追加料金が一切かからない

事前の打ち合わせで調査費用を具体的に算出するため、追加料金が一切かかりません。後から高額請求される心配がないのは大きなメリットです。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

おすすめの探偵事務所その③:HAL探偵社

無駄な浮気調査に費用をかけたくない人におすすめしたいのがHAL探偵社です。HAL探偵社の特徴は、なんといっても不貞の証拠が撮れなければ料金がかからないところです。

 

対応範囲

全国(拠点数:11)(相談室数:34)

相談方法

メール(24時間無料)、電話(7時~23時無料)

調査料金

1時間¥6,000~

支払いのタイミング

時間制プラン(後払い)、完全成功報酬プラン(後払い)

クレジットカード支払い

可(ブランド不明)

探偵業届出番号

東京都公安委員会 第30150241号

 

浮気の証拠をつかめなければ無料

完全成功報酬プランでは、浮気の証拠をつかめない場合に料金が無料になります。そのため、浮気の可能性が低いが調査を依頼したいといった方におすすめです。

 

プランが豊富

時間制プランと完全成功報酬プランの他にも、さまざまなプランが用意されています。そのため、依頼内容に応じて自分に合ったプランを選ぶことが可能です。

 

費用の内訳をしっかり説明している

費用の内訳を明瞭にして、しっかり説明していることが特徴です。不明瞭な料金に対して不信感を募らせることもありません。

 

【関連リンク:HAL探偵社

おすすめの探偵事務所その④:ISM調査事務所

必要最低限の費用で依頼したい人におすすめなのがISM調査事務所です。ISM調査事務所の特徴は、なんといっても差額返金があるところです。

 

対応範囲

全国(1社のみ)

相談方法

メール・電話(どちらも24時間無料)

調査料金

1時間¥7,500~

支払いのタイミング

成果式後払制(後払い)

クレジットカード支払い

VISA・JCB・MasterCard・AMEX

探偵業届出番号

東京都公安委員 第30150241

 

差額返金がある

成果式後払制では、見積もりに対して実際にかかった費用が少なくなった場合に、差額を返金してもらえます。必要最低限の費用で浮気調査したい人におすすめです。

 

調査費用を削減している

調査費用を削減しているため、多くの人が差額返金を受けています。事前調査による費用削減のため、調査の質が低いわけではありません。

 

見積もりに必要経費が含まれている

見積もりに宿泊費や潜入費、交通費などが含まれているため、追加料金は一切かかりません。

 

【関連リンク:ISM調査事務所

おすすめの探偵事務所その⑤:響・Agent

確実に法的に有効な証拠を入手したい人におすすめなのが響・Agentです。響・Agentは、弁護士が運営していることが特徴です。

 

対応範囲

全国(拠点数:3)

相談方法

メール・電話(どちらも24時間無料)

調査料金

1時間¥6,000~

支払いのタイミング

後払い

クレジットカード支払い

不明

探偵業届出番号

東京都公安委員会

第30150203号

 

弁護士監修の調査報告書

調査報告書は弁護士が監修するため、法的に有効な証拠を受け取れます。「相手の顔」と「調査中の場所」の2つを明記すると裁判で有利な証拠となりますが、このような事情まで知り尽くしていることが特徴です。

 

書類とDVDを受け取れる

調査報告では、書類とDVDの両方を受け取れます。DVDには、証拠となる写真や動画が入っており、管理しやすくなっています。

 

アフターフォローが充実

弁護士が経営しているため、そのまま慰謝料請求や離婚などに向けて法的なアフターフォローを受けることが可能です。

 

【関連リンク:響・Agent

おすすめの探偵事務所その⑥:総合探偵社TS

カウンセラーに相談したい人におすすめなのが総合探偵社TSです。総合探偵社TSは、専門のカウンセラーが在籍していたり、弁護士を紹介してもらえたりできることが特徴です。

 

対応範囲

全国(1社のみ)

相談方法

メール・電話(どちらも24時間無料)

調査料金

1時間¥15,000~

支払いのタイミング

完全成功報酬制(後払い)

クレジットカード支払い

探偵業届出番号

神奈川県公安委員会 第45180067号

 

カウンセラーが在籍している

NPO法人家族問題相談連盟の認定カウンセラーが在籍しており、浮気調査前のカウンセリングを受けられます。

 

警察OBが在籍している

調査力が高い警察OBが在籍しているため、信頼性が高い調査を依頼できます。

 

弁護士の紹介も可能

浮気の証拠をつかみ、離婚や慰謝料請求に進む際には、法律の専門家である弁護士を紹介してもらえます。問題解決に向けて、速やかに次のステップへ進めるでしょう。

 

【関連リンク:総合探偵社TS

おすすめの探偵事務所その⑦:探偵社FUJIリサーチ

誠実な対応を強く望む人におすすめしたいのが探偵社FUJIリサーチです。探偵社FUJIリサーチの特徴は、なんといっても追加料金の請求がなく説明がしっかりしているところです。

 

対応範囲

全国(拠点数:5)

相談方法

メール・電話(どちらも24時間無料)

調査料金

1時間¥40,000~

支払いのタイミング

前払い

クレジットカード支払い

探偵業届出番号

東京都公安委員会 第30160194号

 

追加料金は一切なし

事前に綿密に打ち合わせをするため、法外な追加料金の請求を心配する必要がありません。

 

しっかり説明してくれる

費用の内訳や調査内容など、しっかり説明してくれます。不安や疑問が残ったまま調査を依頼すれば、調査結果に納得できない可能性があるでしょう。探偵社FUJIリサーチであれば安心して依頼できます。

 

お悩み相談ができる

浮気が気になっている場合に、お悩み相談できることが特徴です。依頼するかどうか迷っている方の助けになってくれます。

 

【関連リンク:探偵社FUJIリサーチ

おすすめの探偵事務所その⑧:東京探偵社ALG

女性に相談したい方におすすめなのが東京探偵社ALGです。東京探偵社ALGの特徴は、女性相談員に電話やメール、LINEで相談できるところです。

 

対応範囲

全国(拠点数:4)

相談方法

メール・電話・LINE(すべて24時間無料)

調査料金

1時間¥6,000~

支払いのタイミング

前払い(いつでも契約解除可能・即日返金)

クレジットカード支払い

VISA・JCB・MasterCard

探偵業届出番号

東京都公安委員会 第30130348号

 

女性相談員が在籍

女性相談員が在籍しているため、男性に相談しにくい方におすすめです。女性ならではの視点をもって、親身に相談にのってくれます。

 

弁護士法人のグループ企業

弁護士法人のグループ企業のため、調査報告書の内容や入手した証拠の質の信頼性が高いと言えます。

 

匿名でも相談できる

最初は匿名でも相談できるため、名前を明かすことに抵抗がある方におすすめです。依頼時には名前を明かす必要があります。

 

【関連リンク:ALG探偵社

探偵事務所選びで失敗しない方法

 

探偵事務所選びで失敗しないために、次のようなポイントを押さえておきましょう。

 

大手の探偵事務所に依頼する

大手の探偵事務所は、信頼性が高く実績が豊富なことが特徴です。小さい探偵事務所が必ずしも質が低いとは言えませんが、実績が少ない傾向が強いため、慎重に選びたいところでしょう。

 

完全成功報酬制の事務所に依頼する

浮気調査に無駄な費用をかけたくない方は、完全成功報酬の探偵事務所に依頼しましょう。

 

完全成功報酬制の事務所であれば、浮気調査に失敗した際に料金が発生しません。ただし、失敗の定義は探偵事務所によって異なるため、事前の確認が必要です。

 

追加料金について事前に確認する

浮気調査後に法外な追加料金を請求されないように注意が必要です。事前に追加料金の内容を確認しておきましょう。

 

また、追加料金が発生した際には、その内訳を確認することが大切です。

 

探偵業の届け出をしているか確認する

探偵業を営むには、探偵業届出証明書が必要です。このような届け出をしていない探偵事務所は実態がなく、悪質な対応をとる可能性があります。

 

営業所の見やすい位置に掲示することが義務づけられているため、相談時に確認しましょう。

 

安すぎる事務所は信用しない

料金が安すぎる探偵事務所は、調査の質が低い可能性があります。料金が安すぎると、機材や人材に経費をかけられないため、自ずと調査の質が低くなるでしょう。

 

また、後から高額な追加料金を請求される場合もあるため、信用しないことが大切です。

 

いくつかの事務所を確認してみること

浮気調査で失敗しないためのポイントは、複数の探偵事務所を比較することです。そうすれば、自分に合った探偵事務所が見つかりやすくなります。

 

また、複数の探偵事務所から見積もりをとることで、スムーズに料金交渉できるでしょう。

離婚弁護士ナビがおすすめする探偵事務所【無料相談可能】

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能!カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですのでご安心ください。

浮気調査の無料相談はこちら

まとめ

浮気調査におすすめの探偵事務所は複数あります。まずは、自分に合っている複数の探偵事務所をピックアップして相談しましょう。

 

相談員の対応や依頼の説明など、実際に相談しなければわからないこともあります。後悔しないためにも複数の探偵事務所を比較し、浮気調査を依頼しましょう。

 

【関連リンク】

探偵の口コミ一覧!浮気・不倫の調査で評判がいいのはどこ?

夫を浮気調査する方法は?浮気のサインと具体的な調査方法5つ

探偵の選び方まとめ|状況に応じて最適な探偵を見極めるポイント

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

浮気調査に関する新着コラム

浮気調査に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

浮気調査コラム一覧へ戻る