> 
 > 
 > 
【24時間無料相談アリ】浮気・不倫相談可能な窓口まとめ|専門家の回答
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2019.10.31

【24時間無料相談アリ】浮気・不倫相談可能な窓口まとめ|専門家の回答

銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士
監修記事
%e6%b5%ae%e6%b0%97%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
ナビ子

最近パートナーの行動があやしい…もしかして浮気をしているかもしれない

パートナーの浮気が発覚したけど、やり直したい

パートナーの浮気を知ったけど、離婚するしかないのだろうか…

など、浮気に関する相談はさまざまです。相談をしたいと思っても、思い悩んでいる人は、あまりに重すぎる悩みに、人に相談するのも難しいですよね。

 

ほしい答えが違えば、相談する相手も異なるでしょう。そこで、この記事では、お悩み別の相談相手や相談窓口と、浮気相談でよくあるQ&Aと専門家の回答をご紹介します。

 

まずは落ち着いて、誰に相談すべきなのか考えてみましょう。悲観的になると悪い情報しか目に入らなくなります

 

相談することで、自分がどうしたいのかもまとまってきますし、きっと大丈夫です。ぜひ参考にしてみてください。

パートナーの浮気なら探偵に今すぐ無料相談!

「浮気をしてるか確かめたい。証拠が欲しい。」

「浮気をやめさせたい。」「浮気相手に慰謝料を請求したい。」

 

上記のような悩みをある場合は、探偵事務所に相談することをおすすめします。探偵に依頼することで、短期間で浮気問題を解決できます。

創業44年の原一探偵事務所では24時間相談無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

浮気調査の無料相談はこちら

浮気の相談相手・浮気の相談窓口一覧

ここでは、ほしい回答別に浮気相談ができる相手や浮気の相談窓口をご紹介します。

 

【関連記事】

【浮気・不倫されたら…】おすすめのカウンセラーとよく寄せられる相談

 

1:浮気について共感・冷静になりたいなら友人・親

浮気について、友人や親に相談することで、共感してもらえたり、冷静になれたりします。冷静になれれば、今後どう対応すべきか判断できるようにもなるでしょう。

 

あなたのことをよく知っている友人や親であれば、おそらくあなたの味方になってくれます。

 

ただし、身近な人への相談は周囲に広まる可能性がある、あなたの立場に偏った意見しか聞けないデメリットがあります。

 

特に親へ相談すると、親によっては心配のあまり、勝手に行動してしまい、夫婦関係が悪くなることも考えられるので、慎重に対応すべきです。

 

2:手軽に客観的な意見が欲しいなら掲示板

無料掲示板などを利用しての相談は、費用もかかりませんし、匿名で気軽に相談できるメリットがありますよね。

 

回答してくれる相手はあなたのことを知らないため、客観的なアドバイスが期待できます。

 

一方で、あなたのことを知らないからこそ辛辣な意見や、無責任な回答をもらうこともあり、参考になるかは回答によるでしょう。

 

ネットの掲示板は無料で利用できるので、相談するだけしてみても損はないかもしれません。自分に役立ちそうな意見だけ採用してみてもよいでしょう。

 

3:浮気についてどうしたのか知りたいのなら経験者

もし周囲に浮気をされた・した人がいるのであれば、相談してみるとよいかもしれません。体験談は、対処法を知ることができたり、勇気をもらったりすることができます。

 

もちろんその相手の方法があなたのケースに当てはまるとは限りませんが、参考になる意見が聞けるかもしれません。

 

また、もらったアドバイスを鵜呑みにすることなく、「自分のケースなら?」と冷静に考えるようにして、自分の問題に合った対策を講じましょう

 

4:夫婦関係を改善したいのならカウンセラー|1時間1万円

夫婦関係の改善には、心理学的なアプローチが必要かもしれません。そこで相談したいのが心の専門家とも言えるカウンセラーです。

 

カウンセラーに相談することで、まずあなたの課題を明確にして、客観的な視点から心理学的なアプローチや、感情のコントロールなどのアドバイスを受けることができます。

 

ひとえにカウンセラーと言っても、臨床心理士などの国家資格を有したカウンセラーから、民間資格までさまざまです。

 

夫婦関係の改善を相談したいのであれば、しっかりとした資格などを持った夫婦カウンセラーや離婚カウンセラーに相談するとよいでしょう。

 

費用はおおよそ1時間1万円、夫婦一緒のカウンセリングですと3~5万円程度です。

 

今の気持ちのもやもやをなくして、根本的な問題への対応を変えれば、再発防止にも繋がります。

 

費用がかかる点はデメリットと言えるかもしれませんが、必要な投資と考えることもできるでしょう。

 

夫婦カウンセラー・離婚カウンセラー一覧

 

 

【関連記事】

離婚相談カウンセリングって?おすすめ相談先・よくある相談・注意点

 

NPO法人よつばなら電話で無料相談可能

NPO法人よつば』は、無料相談・電話で無料相談可能です。相談内容は、浮気・不倫から夫婦関係の修復などさまざまです。

 

気軽に相談してみたい人は、よつばを利用してみてもよいでしょう。

 

5:浮気をやめさせたいのなら探偵|無料相談可能

パートナーの浮気をやめさせたいのであれば、探偵に相談してみる方法があります。

 

「探偵?」と感じるかもしれませんが、探偵は、各都道府県の公安委員会に認められた存在で、浮気調査を生業にしている探偵も多いです。

 

つまり、誰よりも浮気のパターンや現場、夫婦を熟知した浮気の専門家でもあります。探偵に相談することで、

 

  • 浮気かどうかの判断がつく
  • どんな選択肢があるのか
  • どのように対応すべきか
  • 今ある証拠で慰謝料の請求ができるかどうか
  • 浮気調査を依頼すべきかどうか

 

もわかるでしょう。

 

原一探偵事務所のように、カウンセラーが在籍しており、依頼後必要に応じて相談、再発防止策の提案、弁護士の紹介などを行ってくれる所もあります。

 

ナビ子

もしパートナーの行動が限りなくクロに近い気がする…、あるいは、こういった行動パターンは浮気なのだろうか?と思ったら相談してみてはいかがでしょうか?

探偵に相談するデメリットは、電話をして直接相談する手間がかかる点かもしれません。

 

正規の業者であれば、無理に契約を迫られることはありません。相談自体は無料ですので、気軽に活用してみてはいかがでしょうか?

パートナーの浮気・離婚回避なら探偵に無料相談

もしパートナーの浮気に心当たりがあるのであれば、しっかりとした証拠を突きつけて、目を覚まさせなければなりません。

 

証拠があれば、浮気をした側からの離婚請求も認められません。

 

悩み続けるくらいなら、浮気調査のプロに一度相談してみましょう。

 

「原一探偵事務所」では専門のスタッフに24時間無料相談可能。必要に応じてカウンセリングを受けられます。きっとあなたの力になってくれるでしょう。

【24時間受付】浮気調査の無料相談窓口はこちら

6:慰謝料請求・有利に離婚したいのなら弁護士|30分0~5,000円

 

ナビ子

パートナーの浮気に対して、慰謝料の請求や離婚を検討している

でもどう対応すべきかわからない

離婚について金銭的な不安や離婚条件が不安

とお考えなら、法律に精通している弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に相談をすることで、

 

  • 慰謝料を請求するためにどんな証拠を集めればいいのか・今ある証拠で請求は可能か
  • 離婚でよくある法的・金銭的なトラブルと回避する方法
  • 財産分与・親権・養育費に関する解決策
  • 離婚協議書・離婚調停についての疑問
  • 自分が有利な立場になるための慰謝料・離婚についてのアドバイス
  • 浮気以外のDVやモラハラで離婚する方法
  • 弁護士に依頼する必要があるかどうか

 

などがわかります。

 

法的な措置を検討している方は、具体的な話が見えてきますし、弁護士に相談する、しないでは、その後の対応も変わるでしょう。

 

弁護士への相談はおおよそ30分5,000円ほどかかりますが、無料相談を受け付けている弁護士もいます。

 

また離婚経験がある弁護士や同性の弁護士に相談してみると、より一層親身に聞いてもらえるかもしれません。

 

ただ、ご注意いただきたいのは、弁護士はカウンセラーではないので

 

  • 夫婦関係をどう修復したらいいのか
  • 今の苦しみを知ってほしい

 

といった内容に回答してもらうことはできません。あくまでも法的なことに関する相談だけです。

 

ナビ子

弁護士に相談する際は、

 

・自分がどう行動したいのか・何を知りたいのかを明確にする

・質問したい内容をピックアップしておく

 

どんな状況なのか以上に、どうしたいのか?にフォーカスして相談した方が限られた時間の中で有益なアドバイスがもらえるでしょう。

 

浮気相談でよくあるQ&Aと専門家の回答

ここでは、浮気相談でよくあるQ&Aと専門家の回答をご紹介します。

 

1:これって浮気?Q&Aと探偵の回答

 

証拠はないけど、浮気している気がする|40代女性

夫が浮気している気がします。

具体的な確証がなくても調べて頂く事は可能なのでしょうか?

引用元:原一探偵事務所|Q&A

回答

可能です。調べた結果、白だった(女性の影なし)方もおられます。

だからと言って何らかのペナルティーがある訳ではありません。

 

調査には、黒なのが前提で証拠を収集する場合と、ハッキリしないので見極めたい!

と言う見極め調査の2つの側面があります。

ですから、疑いがある段階での調査は可能ですし、むしろお勧めしています。

 

お客様の中には、浮気相手との携帯やメールでのやり取りがあって、黒だとハッキリしてからでなければ調査が出来ないとお考えの方もいらっしゃいますが、決してそのような事はございません。

 

疑わしい状況から調査は可能です。

おかしいな?不安だな?と思ったらご連絡下さい。

引用元:原一探偵事務所|Q&A

 

盗聴器で浮気確認・慰謝料請求できる?|20代女性

旦那が浮気をしているようなのでインターネットで盗聴器を買って仕掛けたらやはり浮気をしていました。

でも録音の仕方はわからないですし、盗聴してたとも言えないので困っています。

この状態で慰謝料をもらって離婚できますか?

引用元:原一探偵事務所|Q&A

回答

音の録音だけでは相手がどこの誰だか特定が出来ません。

相談者様側が音だけで間違えなく夫である事を証明する必要が出てきます。

「さすがに知らないとは言わないと思います」と答えられる方もいますが、その様な相手の信用に立脚した証拠は土壇場で覆される恐れがあります。

「私の声に似てますねー」で振り出しに戻る事になります。

相手を驚かすだけならまだしも、慰謝料請求→離婚の流れであればもっとしっかりとした証拠が必要です。

 

しかし、浮気している事実はハッキリした訳ですから、得られた情報を基に調査をして本人にも第三者にも提出できる証拠を取って慰謝料→離婚の流れを作りましょう。

引用元:原一探偵事務所|Q&A

 

浮気が不安、調査できる?|40代女性

最近、旦那の急な出張が多くて、浮気をしているのではないかと不安に思っています。

普段は帰りが早いのですが、ここ半年ほど、夕方に突然電話で「仕事でトラブルがあったから、今から大阪に行かなきゃならなくなった」などと言って、1、2日家を空けることがあります。先月は2回もありました。

いつも急なので、もし、原一さんでお願いするにしても、事前に「この日に尾行してください」と指定することができません。

先にお話だけして、例えば「今日、今から夫を尾行してください。」などと、急にお願いすることはできるのでしょうか?

引用元:原一探偵事務所|Q&A

回答

先に枠取りだけして頂いて、連絡をお待ちする形はとれますが、今すぐうんぬんは難しいと思って下さい。手配・準備・現着にかかる時間だけでも短くても2~3時間かかります。探偵は警察や警備会社とは違います。似ている様に思われていますが、やっている事はまったく違います。

 

日程が絞れない方は、逆に相手を泳がせて誘導する方法もございます。「私の場合はダメだわ」と諦めずに一度ご相談下さい。

引用元:原一探偵事務所|Q&A

 

開き直って浮気を自分のせいにしてくる夫|30代女性

夫に浮気を追及しました、夫は開き直って浮気を認めましたが浮気した理由を私のせいにしてきました。私が悪いので、自分が浮気した事はし方がない事だと言ってはばかりません。確かに夫側の言い分もわからなくはありません。この様な場合でも浮気の証拠を取った方が良いのでしょうか?

引用元:原一探偵事務所|Q&A

回答

証拠は無いより有った方が良いに決まっています。しかし、どの程度の証拠が必要になるかは個々の状況にもよりますので一概には言えません(個別にご相談下さい)。証拠を取ることを優先するのであれば、一切議論してはいけません。言い争えば、御主人側に無用な警戒を与えてしまいます。

 

前回の続きみたいになりますが、そもそも話しの論点がずれています。御主人は自分の浮気を棚に上げて「卵が先か鶏が先か」の様な循環小数的な議論に持ち込んでいます。こんな話をいくらしていても答えは出ません。周りで聞いている人も御主人の話につり込まれて御主人を弁護する人が現れます。

 

そうではありません、御主人はハッキリと「消防車があるから火事が起きるんだ!」と言っているんです。この話は明らかに矛盾しています。火事を消す為に消防車が有るわけであって、消防車がなくても火事はおこるのです。犬がしっぽを振るのであって、しっぽが犬を振るわけではありません。誰が聞いても矛盾しています。

 

この様な論点で話しをしなければなりません。その為には、まず証拠です。証拠を得る事によって被害者と加害者に関係を明確することが可能です。証拠がないから被害者と加害者の関係がハッキリしなくなるのです。よって証拠は必要です。

引用元:原一探偵事務所|Q&A

 

2:夫婦関係の修復よくあるQ&Aとカウンセラーの回答

 

夫婦でケンカばかり。カウンセリングで改善できる?

回答

たとえば、まずは奥様だけでカウンセリングを行い、

奥様の言いたいこと、伝えたいことをお伺いいたします。

次に、御主人だけでカウンセリングを行い、同様にお伺いします。

その後、おふたり一緒にカウンセリングを行うことで、

カウンセラーが、それぞれの考え方や言葉の、行き違いを補正し、

客観的な立場からおふたりの意見をまとめていきます。

こういったカウンセリングを行うルームはあまりございませんので、

当センターの特長であり、ご希望される御夫婦は、大変多くいらっしゃいます。

引用元:Life Design Labo|Q&A

 

夫がカウンセリングを受けたがらない

回答

夫婦の問題なのですが、夫はカウンセリングを受けたくないと言います。

私だけカウンセリングを受けることで、改善できますか?

 

たとえば、奥様だけがカウンセリングを受けて、

御主人への接し方や言葉の伝え方などを変えていくことによって、

御夫婦の関係が改善されていくケースは多くございます。

まずは、奥様だけでも構いませんので、ご相談ください。

引用元:Life Design Labo|Q&A

 

離婚するべきか悩んでいる

離婚をするべきか悩んでいます。

日々、考えが変わってしまうので、カウンセリングで

自分の気持ちを整理したいと考えています。

引用元:Life Design Labo|Q&A

回答

カウンセリングを受けることで、離婚という大きな問題を、

不安を減らし、納得して決断でき、

その後も、良かったと思えている人は、数多くいらっしゃいます。

引用元:Life Design Labo|Q&A

 

慰謝料請求・有利に離婚したい!弁護士の対応

1:夫の不貞で粘り強く交渉して示談のみで離婚

◆ご相談内容◆

二男の出産後から夫婦関係が悪化、さらにご依頼者の夫が不貞行為に及んでいることが発覚し、離婚交渉のご依頼をいただきました。

 

過去に、ご依頼者様は夫から暴力を振るわれたことがあり、怒ると機嫌が悪くなり話し合いがまとまらないため、当事務所にお任せいただいたようです。

引用元:https://ricon-pro.com/offices/27/

 

解決結果

当弁護士はご依頼者様の代わりに示談交渉を行い、夫の不貞行為を認めさせ、離婚の同意を得ることができました。

 

ところが、慰謝料の支払いや財産分与については納得してもらえなかったため、粘り強く交渉を繰り返したのです。

 

結果、離婚成立に加えて夫名義のマンションを取得・慰謝料や財産分与を訴訟で判決を得た場合よりも良い条件で獲得することに成功しました。

引用元:https://ricon-pro.com/offices/27/

 

2:不貞の証拠なしの状態からスタートして不倫相手から慰謝料を獲得

30代 男性

 

◆相談内容

 

妻の携帯電話で、不倫と思われるメールを発見したが、妻は不倫を否定している。しかし最近不自然に帰りが遅いことがあり、明らかに不倫をしている。別れさせた上で相手に慰謝料請求をしたい。

 

引用元:https://ricon-pro.com/offices/436/

 

●解決まで

 

事情を聞いたところ、メールも保存等はしていないとのことで、不貞の確実な証拠が存在しませんでした。そのため、まずは探偵を依頼し、不貞の確実な証拠をつかみました。その上で相談者の妻に来てもらってじっくり話しをし、改めて事実関係を確認したところ、不貞の事実を認めました。その後、相手方と接触を図り、妻本人も認めていること、探偵による調査結果があること、裁判にしても双方にメリットがないことを説明し、早期に慰謝料の支払いを認めさせるとともに、今後妻と接触をしないとの誓約書にサインをもらうことに成功しました。

引用元:https://ricon-pro.com/offices/436/

 

3:不倫が原因で離婚・慰謝料400万円・財産分与200万円獲得

ご相談内容

専業主婦のご相談者さまは、ある時,夫のメールを見て、夫が同じ職場の女性と不倫をしていることが発覚しました。

 

夫が不倫をしたのは今回が2回目であることに加え、不倫相手はご相談者さまと面識のある人でした。

 

夫と不倫相手のことを許せないと怒りを感じたご相談者様は,離婚と慰謝料の支払を求めたいと考え、当事務所にご相談に来られました。

引用元:https://ricon-pro.com/offices/510/

依頼後の対応

弁護士はさっそく夫に連絡を取り、

・不倫の証拠があること

・奥様は不倫を繰り返す夫に強く憤っていること

これらが離婚原因となることを伝え、離婚と慰謝料の支払を求めました。

弁護士は慎重に交渉を進めたところ、夫がAさんに慰謝料200万円と財産分与200万円を支払うことを約束し、協議離婚が成立しました。

 

また、不倫相手にも慰謝料を請求したところ、不倫相手は慰謝料の支払を了承しました。

 

その後、金額について交渉した結果、慰謝料200万円をAさんに支払うことを不倫相手に約束させる合意書を取り交わすことができました。

引用元:https://ricon-pro.com/offices/510/

 

浮気をされた場合にまずすべきこと

この記事では、浮気の相談先やよくある質問をご紹介しました。

 

「パートナーの行動があやしい」あるいは「浮気している」と感じたら、まずは相手にわからぬように、浮気の証拠を押さえることをおすすめします。

 

浮気の証拠があれば、証拠を突きつけて

 

  • 浮気をしないように約束してもらう
  • 浮気相手に慰謝料を請求する
  • パートナーからの離婚を阻止する(有責配偶者からの離婚は認められないため)

 

など、その後の選択肢が広がるからです。まずは証拠を押さえてからどうしたいのか考えてもみてもよいでしょう。

 

いずれにしても、浮気に関するお悩みは、一人で考えても悲観的な選択肢しか出てこない場合があります

 

ナビ子

身近な人、気軽に相談できる掲示板でもいいですし、無料相談を受け付けている探偵、カウンセラーなど、相談しやすい人に相談をして、冷静になりましょう

 

涙でぬれた瞳では正面を見ることはできません。涙を拭いて、冷静になり、どうしたいのかじっくり考えてみてください。

 

浮気に関する問題は探偵に相談!?

「浮気をしてるか確かめたい。証拠が欲しい。」

「浮気をやめさせたい。」「浮気相手に慰謝料を請求したい。」

 

上記のような悩みをある場合は、探偵事務所に相談することをおすすめします。探偵に依頼することで、短期間で浮気問題を解決できます。

創業44年の原一探偵事務所では24時間相談無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

浮気調査の無料相談はこちら

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤健博 弁護士 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る