> 
 > 
 > 
不倫裁判で慰謝料請求する3つのメリット|有利な手順とは
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.8.7

不倫裁判で慰謝料請求する3つのメリット|有利な手順とは

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
%e9%9b%a2%e5%a9%9a
離婚時の慰謝料は弁護士が介入することで相場以上の増額が可能になります
慰謝料の増額に成功した事例

事例:500万円の慰謝料請求に成功した事例

【相談内容】
夫は不倫をしていたにも関わらず、不倫前から夫婦関係が破綻していたことを理由に、慰謝料の支払いを拒否。そのまま離婚調停を申し立てられた。

【解決後】
不倫の証拠を提示した上で、慰謝料の支払いがない限り離婚を拒否。夫は、支払いに応じたが、200万円以上は払わないと主張した

弁護士との打合せにより、夫が支払える限度額を正確に把握。裁判を行わないことなどを条件に、最終的に500万円慰謝料の獲得に成功

 

このように弁護士に依頼することで、大幅に慰謝料を増額できるかもしれません。また、裁判になる前に話がまとまる可能性が高まります。

あなたも弁護士に依頼して、慰謝料を請求してみませんか?

夫や妻の不倫が原因で離婚問題や慰謝料請求に発展した場合、協議離婚でも離婚調停でも決着がつかず、最終的に行きつくのが裁判です。

 

しかし、実際に裁判を経験したことがある人は少なく、裁判の流れやほんとうに慰謝料が受け取れるのかと不安になることが多いでしょう。
 
裁判で不倫慰謝料の請求がされた場合、離婚に至った状況などによって相場が変動してきます。裁判で慰謝料について争われた場合、傾向として高額になるようです。


そこで今回の記事では、裁判で慰謝料請求に争う際に知っておくべきすべての情報をご紹介します。

 

 

【注目】不倫慰謝料が相場以上になる方法って?

「裁判をするべき?」「どのくらい費用がかかる?」「いくらもらえる?」

このような悩みは、弁護士への相談で解決! まずは無料相談してみませんか?

 

不倫裁判で請求できる慰謝料の相場

不倫による慰謝料の相場は一般的に、50〜300万円です。慰謝料の請求金額は、いくらにでも設定できますが、相場と違いすぎる高額な金額を請求しても相手は応じてくれないでしょう。

 

また、状況や被害の程度などによって金額が算定されます。ここでは、慰謝料決定に考慮される要因をご紹介します。
 

慰謝料の金額に影響を与えるもの

慰謝料は、精神的苦痛の度合いによって支払われる金額が変動します。そのため、どの程度つらい気持ちを味わったかによって金額が変わるのです。

 

慰謝料金額に影響を与える代表的な要素は以下のとおりです。
 

①夫婦の要素

  • 不倫行為の程度(頻度・期間・不倫相手の人数など)
  • 婚姻期間(長期間になるほど金額が高くなる)
  • 結婚生活中の協力度合い(家庭に協力的でないと金額が高くなる)
  • 子供の人数(子供が多い分、金額が高くなる)
  • 財産分与の金額(財産分与の金額が高いと、慰謝料は低くなる)
     

②請求される側の要素

  • 年齢(高ければ金額も高くなる)
  • 職業(社会的地位や収入が高いと金額も高くなる)
  • 収入や資産(手持ちの資産や収入額が高いと金額も高くなる)
  • 生活費の支払い(生活費を払ってなければ金額は高くなる)
  • 関係修復努力の度合い(不倫を反省し仲直りしようとしていれば金額は低くなる)
     

③請求する側の要因

  • 年齢(高ければ金額も高くなる)
  • 業(社会的地位や収入が高いと金額は低くなる)
  • 収入や資産(手持ちの資産や収入額が高いと金額は低くなる)
  • 再婚(再婚の可能性が低いと金額は高くなる)
  • 精神的苦痛の症状(自殺未遂やうつなど精神的苦痛の症状があれば金額は高くなる)

 

【関連記事】
離婚裁判の期間を短くして有利に離婚する為の10の手順
離婚裁判に弁護士は必須?依頼すべき4つの理由と費用相場
離婚慰謝料を徹底解説|相場・請求可能な理由・増額できる証拠まで
不貞行為による慰謝料相場と高額請求するコツとは?
浮気の慰謝料請求でいくらもらえる?状況別相場と増額方法

 

不倫裁判で慰謝料請求について争うメリットとデメリット


裁判で慰謝料を請求するメリットとデメリットをご紹介します。
 

裁判を起こすメリット

裁判を起こすメリットは法的に正しい結果を得られることです。
 

慰謝料の請求を拒まれている場合も有効

有責配偶者の過失から適性な範囲内の慰謝料を請求しても、有責配偶者がかたくなに支払いに応じず調停でも決着がつかなければ、裁判を行うメリットがあります。

 

支払いを認める判決が出れば、相手が支払いを拒否していても支払わせることができます。そのため、お金と時間をかけてでも裁判で争って正当な判決を受けるといいでしょう。

 

裁判終了後に支払いがない場合強制執行ができる

判決で決まった慰謝料野受け取りは、法的な責任で守られた権利です。そのため、慰謝料の支払いが滞った場合、強制執行の差し押さえなどにより、強制的に回収することもできます

 

【関連記事】▶弁護士直伝!離婚慰謝料の分割払いを避ける方法と対処法

 

裁判を起こすデメリット

裁判を起こすデメリットは、裁判を行う負担がかかってしまう点です。

 

不倫されたことが公開されてしまう

このような家庭内の問題であっても、裁判は公開されます。そのため、不倫をされたことが周知の事実になってしまうのです。たとえ知り合いがいなくても、恥ずかしい思いをするかもしれません。

 

また、証拠の多くは確認のため、裁判官や弁護士が読み上げます。もう配偶者への愛情がないとしても、配偶者が不倫相手にどのように接していたのかを再度知らされるのは、精神的なストレスになってしまうのではないでしょうか。

 

裁判を行う負担が大きい

裁判は、数日で終わるようなものではありません。裁判所の混雑状況によって、次回の裁判が何ヶ月も後になってしまうこともあります。

 

裁判が長いと、緊張状態が続きますので精神的に大きな負担になるでしょう。

 

また、裁判所までの費用や、弁護士費用など裁判に必要な費用は少なくありません。長期の裁判は金銭的にも負担になってしまいます。

 

慰謝料請求で損をしないためには?

 

裁判になってしまった場合、有責配偶者やその不倫相手も慰謝料をできるだけ減額するため、弁護士へ依頼するでしょう。

 

弁護士相手にご自身のみで慰謝料を請求しても、大幅に減額されてしまったり、最悪敗訴になってしまうかもしれません。

 

弁護士に依頼することで、損をしない慰謝料請求が期待できます。

 

【離婚弁護士ナビ】では、慰謝料問題や離婚問題の解決が得意な弁護士を掲載しております

 

無料相談を行っている事務所もありますので、まずはいくら請求できそうかご相談ください

 

不倫裁判の手順と流れ

裁判をおこす前には、裁判の流れを知っておくことをおすすめします。

 

そうすれば、どのようなことがおこなわれるのか事前に想定できるからです。不倫裁判は一般的に1~2年程度の時間がかかるとされています。
 

【関連記事】
実際に支払われた不倫慰謝料の判例まとめ
離婚裁判の流れ|離婚裁判を進める際の流れと進め方の全手順
離婚裁判に相手が出廷しない場合|原告側が有利に進む?
離婚裁判の訴訟から最速決着までのマニュアル

 

訴訟提出

まずは、訴える相手の住所地を管轄している裁判所へ行き、裁判所に訴訟を起こします。これは、弁護士に依頼することも可能です。
 

訴状の送達

裁判を起こす人が訴訟を提出すると、裁判所は裁判を超された人(被告)に訴状を送付します。訴状が送られてくることを知っているケースは少ないので、相手は突然裁判所から届いた訴状に驚くことがほとんどです。

訴状には裁判の期日や出廷義務などが書かれています。被告が受け取った訴状の対応を弁護士に依頼すると、弁護士は委任状を裁判所に提出します

 

そうすることで、それ以降、裁判所から送付される訴状は被告ではなく代理人の弁護士のもとへ届きます。
 

裁判所への出廷

裁判所への出廷では、弁護士に一任することも可能です。どうしても有責配偶者や不倫相手に会いたくない人は、弁護士にその旨を相談してみることをおすすめします。
 

和解か尋問

裁判が長引くのを望まなければ、裁判中に和解を選択することができます。裁判官が提示する和解案に当事者(原告と被告)が同意すれば、その時点で裁判が終了します。

和解の心得は後述しますが、裁判の決着がなかなかつかなければ、時間もお金もかかってしまうので、判決よりも柔軟に対応しやすい和解を選択するケースも少なくありません。

和解は判決と同じ効力があるので、相手が和解内容を無視して慰謝料を支払わなければ、財産の差し押さえなどが可能です。ちなみに裁判期日に和解した場合は、裁判上の和解とみなされます。

裁判がつづくなかで和解ができず、はっきりと決着をつけたい場合は、尋問手続きがはじまります。尋問には、原告(請求者)・被告・証人が裁判所に出廷します。

そのため、裁判では当事者たちが裁判所で顔を合わせることになるのです。法廷では、弁護士と裁判官から三者へいくつか質問があり、それぞれの応答をもとに話の食い違いやはっきりしない部分を整理していきます。
 

判決

判決がその裁判での最終的な結果となります。裁判の判決は、尋問をしても和解に至らなければ裁判官から下されます。

和解は柔軟な結果が出ますが判決では、原告の訴えが認められれば慰謝料の請求金額が決定し、原告の訴えがしりぞけられれば慰謝料の請求は却下されてしまいます。
 

弁護士への依頼で慰謝料が増額できるかもしれません!!

慰謝料・離婚問題の解決が得意な弁護士はこちら

 

不倫裁判で慰謝料を請求する際に知っておくべきこと

不倫に対する慰謝料を請求する前には、そもそも慰謝料が請求できるのかどうかについて必ず確認しましょう。

 

また、慰謝料の相場と慰謝料金額を引き上げるコツがわかっていれば、有利に慰謝料の交渉を進めることができます。
 

慰謝料が請求できるケース

離婚する際には必ず慰謝料が請求できるということはなく、配偶者の行為によって精神的苦痛を受けていなければなりません。そのため、配偶者がその行為を行った証拠が必要です。

そのため、不倫やDVが離婚原因となる場合は慰謝料請求が可能ですが、夫婦の価値観のズレなど相手が必ずしも悪くない場合は慰謝料請求が難しいということを知っておきましょう。
 

不倫慰謝料を獲得する際に重要となる証拠

不倫が原因の慰謝料を確実に獲得するには、必ず証拠が必要です。その証拠は具体的に言うと、『肉体関係があったこと』と『不倫相手が既婚者とわかった上で配偶者と不倫した』ことを示す証拠です。

 

肉体関係があったことを示す証拠

肉体関係つまり性行為を行っている証拠をつかむといっても、基本的には密室で行われるはずの性行為の現場に立ち会うことは困難です。

 

普通に考えればこの証拠をつかむには不倫現場にばったり遭遇するか、不倫中の2人が入ったラブホテルなどに乗り込むしかありません。

しかし、このような証拠の集め方は現実的でないため、ある程度肉体関係があると予想できるような状況を示すのであれば、証拠として有効になります。具体的には以下のような証拠が効果的です。
 

  • ラブホテルに入った配偶者と不倫相手が長時間出てこない

  • 配偶者が一人暮らしの不倫相手の家に入り浸っている

  • 配偶者と不倫相手のメールやLINEのやり取りから肉体関係が想像できる文章がある

  • 配偶者と不倫相手が旅行に行って同じ部屋に泊まっていた

  • 配偶者か不倫相手が不倫関係を認めて書面にしたもの

 

不倫相手が既婚者と知っていて不倫していた証拠

不倫相手があなたの夫(妻)を既婚者と知ったうえで、確信犯的に不倫をしていれば、慰謝料請求の証拠として有効になります。

 

以下のような証拠があれば、その事実を示すことができる可能性が高いので、集めるようにしましょう。
 
・配偶者と不倫相手が職場内で上司と部下の関係である
・配偶者の結婚式に不倫相手が出席していた
・「妻(旦那)にバレたらやばい」などのやり取りが、当事者間にあった
 

【関連記事】
不貞行為とは結局どこから?不貞となる行為と離婚時に立証する証拠
調停や裁判などでも使える浮気の証拠とその集め方

 

不倫裁判を有利に進める5つの心得

離婚後のことや、有責配偶者への怒りの感情などを考えれば、なるべく高額な慰謝料を獲得したいと考えるのは普通のことです。

 

ここでは、不倫裁判を有利に進めてなるべく慰謝料の金額を引き上げてかつ確実に獲得する5つの心得をご紹介します。
 

慰謝料は配偶者と不倫相手の両方に請求しよう

不倫が原因で慰謝料を請求する場合、有責配偶者と不倫相手の両者によって慰謝料請求者に精神的苦痛を与えているため、それぞれに対して慰謝料の請求が可能です

この場合、有責配偶者と不倫相手の関係が本気であろうが遊びであろうが、両者の間に肉体関係があったことを証明できるのであれば慰謝料の請求することができます。

そして、慰謝料の金額は有責配偶者と不倫相手の両者に同額を請求することができます。例えば、有責配偶者に対して300万円の慰謝料を請求できるのであれば、不倫相手にも300万円の慰謝料を請求できることになります。

しかし、有責配偶者からすでに慰謝料として300万円を受け取っていれば、不倫相手に対して請求することは原則的に不可能です。
 

裁判で有効な証拠を集めておく

裁判において慰謝料の金額を高めるためには、『どのくらいひどい精神的苦痛を受けたのか』を証明して裏付ける証拠を用意しておきましょう。

例えば、不倫による精神的苦痛によってうつ病を発症したのであればうつ病を示す診断書が、精神的苦痛の重大さを示す有力な証拠となります。

 

不倫された場合の慰謝料請求を確実にするには、明確な不倫の証拠が必要です!
 
不倫の証拠は、当事者間に不貞行為(肉体関係)があることを証明できなくてはいけません
 
そのため、内容によっては証拠として認めてもらえないものもあります
 
探偵に依頼することで、ご自身で集めるより確実な証拠を獲得しやすくなります!まずは、ベテランの探偵に無料相談してみませんか?

【浮気調査ナビ 無料相談窓口】

陳述書を有効活用しよう

陳述書とは、裁判を通して最終的に自分がどうしたいのかという希望や意志を、裁判官に理解してもらうことを目的として書く書類です。

 

そのため、陳述書は裁判が行われる前に提出され、裁判官が内容をよく読んだ上で裁判当日を迎えられます。

裁判で提出する陳述書には、一般的に以下のような内容を記載します。
 

  • 結婚に至るまでの経緯

  • 子供の人数・年齢、父と母どちらと同居しているのか

  • 夫婦両者の職業と収入状況

  • 不倫についての詳細

  • 不倫が発覚した際の有責配偶者の反応と対応

  • 夫婦で離婚について話し合った結果

  • 裁判の結果、自分がどうしたいのか

 

記載内容は明確に書くことで有利な状態で裁判を進めることができます。反対に、内容がまとまっていなかったり、誤字が多かったりするとこちらの主張が正確に伝わらず、不利な状況になってしまうでしょう。

 

弁護士に依頼する

裁判は、膨大で法律の知識がない素人にはわかりにくい書類の作成や、裁判の賢い進め方や交渉術などの労力がかかります。

 

仕事をしながら有利な和解や判決を実現するには、非常に大変な手間になるでしょう。

そこで、弁護士に依頼して裁判を有利に進めてもらうことをおすすめします。弁護士に依頼すると、安くはない費用がかかってしまいます。

 

ですが、弁護士のサポートによって心理的にも物理的にも負担が減り、希望する金額の慰謝料が獲得できるのであれば、必要な出費と考えてもいいのではないでしょうか。
 

和解解決も時には有効な手段となる

多くの不倫慰謝料請求に関わる裁判において、尋問や判決までもつれるケースは少なく、たいていは和解によって裁判が終了することが多いです。

 

和解は、申立人が被告に有利となってしまうと思いがちですが、必ずしもそうではありません。

なぜなら裁判官から提示される和解案は、裁判で出された主張や証拠をもとに出されるため、ある程度は判決内容に似ていると考えられます。

 

また判決では、基本的に一括払いを命じられる慰謝料の支払いも、和解の場合には柔軟に分割払いなどで調整することが可能です。

和解で解決させるかどうかは、裁判所の和解案をもとに弁護士としっかり内容を検討したうえで決めることをおすすめします。
 

まとめ

今回紹介した内容が、不倫の慰謝料請求を裁判で争う際に知っておくべき全情報です。

 

不倫がもとで裁判に発展した場合は、法律の知識が必要な複雑な手続きややりとりも多いため、不倫や離婚問題の解決が得意な弁護士に相談することをおすすめします。
 

【関連記事】
離婚弁護士の選び方マニュアル|優秀な弁護士を選ぶ8つのポイント
保存版|弁護士への無料相談を賢く行うためのガイド
離婚について弁護士に相談する際に知っておいてほしい3つのこと

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚調停に関する新着コラム

離婚調停に関する人気のコラム


離婚調停コラム一覧へ戻る