ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > 離婚の相談先 > 京都でDV相談が無料でできる相談窓口8選|電話・メール・24時間相談対応あり
キーワードからコラムを探す
更新日:

京都でDV相談が無料でできる相談窓口8選|電話・メール・24時間相談対応あり

京都では、DV相談ができる相談窓口が多数設けられています。

DVについて悩んでいる場合は、今の環境から抜け出すためにも一刻も早く相談することが望ましいですが、どこに相談したらいいかわからなかったり、相談自体を迷ってしまったりする方もいるでしょう。

本記事では、京都でDV相談ができる窓口を8つ紹介するとともに、DVについて相談する前に知っておくべきことや相談事例も紹介します。

DVから解放されたい、今の状況を何とかしたい…という方はぜひ本記事を相談するきっかけにしてみてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
DV問題に強い弁護士を探す

京都でDV相談ができる無料相談窓口8選

京都でDV相談ができる無料相談窓口は以下の8つです。

  • DV相談+(プラス)
  • DV相談ナビ
  • 配偶者暴力相談支援センター
  • 性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター
  • 警察相談専用電話
  • 女性センター(男女共同参画センター)
  • 女性の人権ホットライン
  • DV問題に強い弁護士

それぞれに利用条件や相談できる内容が異なるので、自身が置かれている状況にあわせて適切に使い分けましょう。

DV相談+(プラス)|電話・メール・チャット相談を24時間受付

配偶者やパートナーからのDVに悩んでいる場合は、DV相談+(プラス)で無料相談ができます

DV相談+(プラス)は、24時間体制で相談に応じている公的な相談窓口で、京都はもちろん、全国どこからでも相談が可能です。

電話だけでなく、メールやチャットでの相談にも対応しているので、言葉では伝えにくいようなことでも気軽に相談することができます。

なお、専門の相談員が状況を把握したうえで必要だと判断した場合には、面接や同行支援、居場所の確保などがおこなわれることも覚えておくとよいでしょう。

対応時間 電話・メール:24時間受付
チャット相談:12時00分~22時00分
電話番号(フリーダイヤル) 0120-279-889
メール相談 メール相談フォームはこちら
チャット相談 チャット相談フォームはこちら
公式サイト DV相談+(プラス)

DV相談ナビ|全国共通の電話番号でDV相談が可能

DV相談ナビでは京都を含む全国どこからでもDVに関する無料相談ができます

DV相談ナビは、相談者と最寄りの相談機関をつなぐための公的サービスです。

全国共通の番号に電話すれば適切な相談機関につないでもらえるので、DV被害をどこに相談すればよいのかわからない場合に利用してみてください。

電話番号 #8008
公式サイト DV相談ナビ

京都の配偶者暴力相談支援センター

DV被害に悩んでいる場合は、京都にある配偶者暴力相談支援センターに連絡してみるのもよいでしょう

配偶者暴力相談支援センターに相談すれば、以下のような支援を受けられます。

  • カウンセリング
  • 適切な相談機関の紹介
  • 緊急時の安全確保・一時保護
  • 自立支援
  • 居住施設に関する情報提供や援助

京都には、5ヵ所の配偶者暴力相談支援センターが設置されています。

さまざまな施設が配偶者暴力相談支援センターの役割を担っているので、受付時間やアクセスなどを確認し、できるだけ利用しやすい相談先を選ぶようにしましょう。

配偶者暴力相談支援センター名 相談用電話番号
京都府家庭支援総合センター 075-531-9910
京都府宇治児童相談所(京都府南部家庭支援センター) 0773-22-9911
京都府福知山児童相談所(京都府北部家庭支援センター) 0773-22-9911
京都市ドメスティック・バイオレンス(DV)相談支援センター 075-874-4971
舞鶴市配偶者暴力相談支援センター 0773-65-0056

京都の性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

性犯罪や性暴力の被害に遭った場合は、京都にある「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」に相談してみてください。

ワンストップ支援センターは、性犯罪・性暴力被害に対する総合的な支援を1ヵ所で受けられる相談窓口です。

産婦人科医療・カウンセリング・法的対応などに関する専門機関と連携しており、以下のようなサポートを受けられます。

  • カウンセリングなどの心理的支援
  • 医師による治療
  • 犯罪・暴力事件の捜査
  • 法的な支援

ワンストップ支援センターは匿名での相談が可能で、秘密はもちろん厳守されます。

性犯罪や性暴力の悩みは決してひとりで抱え込まず、勇気を出して相談してみることが大切です。

支援センター名称 京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター 
京都SARA(サラ)
全国共通電話番号(スマホ・NTTアナログの固定電話) #8891
全国共通電話番号(NTTひかり電話) 0120-8891-77
直通の相談用電話番号 075-222-7711
相談受付日時 年中無休 10:00~22:00
夜間対応時間(コールセンター) 月~日・祝日 22:00~10:00
メール相談 kateishien@pref.kyoto.lg.jp

警察相談専用電話|電話をかけると京都の相談窓口につながる

DV被害に遭っている場合は、警察相談専用電話を利用することも検討してみましょう。

相談ダイヤル「#9110」に電話すれば、京都の相談窓口につながり、助言・加害者への警告・検挙などの必要な措置を講じてもらうことができます

電話で相談できるので、警察署へ出向くことに抵抗がある方でも利用しやすいはずです。

なお、今まさに加害者から逃げている場合など緊急を要するときは、110番に電話するようにしてください

対応時間

月~金の8時30分~17時15分

*各都道府県警察本部で異なります。

相談ダイヤル #9110
相談ダイヤルが使えないときの電話番号 075-414-0110
公式サイト 警察相談専用電話

京都の女性センター(男女共同参画センター)

京都の女性センター(男女共同参画センター)でも、無料でDV相談ができます。

女性センター(男女共同参画センター)では、男女トラブルに関する悩みに幅広く対応しているので、「DVかも?」と迷うようなことでもまずは相談を持ち掛けてみてください。

経験豊富な相談員が、解決方法を一緒に模索してくれます。

センター名 電話番号 所在地
京都府男女共同参画センター「らら京都」 075-692-3433 京都府京都市南区新町通九条下ル 京都テルサ東館2階
京都市男女共同参画センター「ウィングス京都」 075-212-7490 京都府京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町 262
福知山市男女共同参画センター 0773-24-7022 京都府福知山市字内記 100番地ハピネスふくちやま 3階
舞鶴市男女共同参画センター「フレアス舞鶴」 0773-65-0055 京都府舞鶴市字余部下 1167番地 舞鶴市中総合会館 5階
綾部市男女共同参画センター「あいセンター」 0773-42-2030 京都府綾部市西町 1-49-1I・Tビル 5階
宇治市男女共同参画支援センター 0774-39-9377 京都府宇治市宇治里尻 5-9JR宇治駅前市民交流プラザゆめりあうじ内
城陽市男女共同参画支援センター 「ぱれっとJOYO」 0774-54-7545 京都府城陽市寺田林ノ口11番地の114
向日市女性活躍センター 075-963-6532 京都府向日市寺戸町中ノ段16番地の7
長岡京市男女共同参画センター「“いこ~る”プラス」 075-963-5501 京都府長岡京市神足 2-3-1長岡京市立総合交流センター(バンビオ1番館) 6階
八幡市女性ルーム 075-981-3127 京都府八幡市八幡軸 63
京田辺市女性交流支援ルーム「ポケット」 0774-65-3709 京都府京田辺市田辺中央 5-2-1アル・プラザ京田辺 2階
京丹後市女性センター 0772-69-0210 京都府京丹後市峰山町杉谷 868番地
木津川市女性センター 0774-72-7719 京都府木津川市相楽台 4-3

女性の人権ホットライン|法務局職員・人権擁護委員に相談できる

DVに関する悩みは、女性の人権ホットラインでも無料相談に応じてもらえます

電話をかけると最寄りの法務局につながり、女性の人権問題に詳しい法務局職員または人権擁護員が適切な助言をおこなってくれます。

インターネットの専用フォームでも相談を受け付けてもらえるので、気軽に利用してみてください。

対応時間

月~金の8時30分~17時15分

*各都道府県警察本部で異なります。

電話番号 0570-070-810
ネット相談窓口 インターネット人権相談受付窓口
公式サイト 女性の人権ホットライン

京都のDV問題に強い弁護士|法的対応を検討している方

DV被害に関して法的対応を検討している場合は、京都のDV問題に強い弁護士に相談してみるのがよいでしょう。

DV問題に強い弁護士に相談すれば、まず加害者に接近禁止を命じるための手続きを迅速に進めてもらえます

また、被害者の代理人として、離婚や慰謝料などに関する交渉を進めてくれるため、加害者と一切かかわらずに済む点も大きなメリットといえるでしょう。

弁護士に相談する際には30分5,000円程度の相談料を支払うケースが一般的ですが、初回相談は無料としている法律事務所も少なくありません。

なお、京都でDV問題に強い弁護士を探す際は、「ベンナビ離婚」の利用をおすすめします。

ベンナビ離婚は、離婚問題の解決が得意な全国の弁護士を検索できるポータルサイトです。

地域や相談内容を細かく絞り込めるので、自身の悩みに合った身近な弁護士を効率よく見つけられます。

無料相談の有無も検索条件に含められるので、弁護士費用が気になる方は有効に活用してください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
DV問題に強い弁護士を探す

京都でDV相談をする際に知っておくべきこと

次に、京都でDV相談をする際に知っておくべき5つのポイントを解説します。

DVは対応を誤ると取り返しのつかない事態に陥る可能性もあるので、一つひとつのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

殴る蹴るだけがDVではない|DVには4つの種類がある

まずは、殴る・蹴るといった行為だけがDVではないことを理解しておきましょう。 DVには、身体的暴力・精神的暴力・性的暴力・経済的暴力の4種類があります

  • 身体的暴力:殴る・蹴る・叩く・突き飛ばす・髪を引っ張る など
  • 精神的暴力:侮辱する・無視する・相手に発言させない・大切にしているものを壊す など
  • 性的暴力:性行為を強いる・避妊を拒否する・性的な映像の閲覧を強要する など
  • 経済的暴力:生活費を渡さない・無理やり仕事を辞めさせる・労働を強制させる など

そのほかにも、子どもに悪口を言わせたり子どもに危害を加えたりといった「子どもを利用した暴力」、外出を禁止したり交友関係を制限したりといった「社会的暴力」なども存在します。

目に見えないDVがあることを理解したうえで、少しでも思い当たる節がある場合は、できるだけ早く専門機関に相談してください。

DVを理由に離婚することはおかしいことではない

前提として、DVを理由に離婚することはおかしいことではありません。

DVは相手の人格を否定する不法行為であり、婚姻関係を破綻させる理由になり得ます

実際に性格の不一致や男女トラブルなどと並んで、多くの夫婦がDVを理由に離婚しています。

そのため、DVを我慢しながら婚姻生活を無理に続ける必要はありません

DVの程度がひどい場合には、裁判を起こしてでも離婚することを検討すべきでしょう。

DVが原因の離婚は慰謝料を請求できる

DVが原因で離婚する場合は、慰謝料を請求できることがあります。

DVは不法行為であり、相手に精神的苦痛を与えるものなので、慰謝料請求の条件を満たす可能性は高いといえるでしょう。

暴力の内容や被害者が受けた精神的苦痛の程度によっても異なりますが、慰謝料の金額は50万円~300万円が相場です

DVの期間が長い場合や後遺症が残っている場合などは、さらに高額な慰謝料が認められることもあります。

DVの内容によっては相手を刑事告訴できる

DVの内容によっては、相手を刑事告訴できるケースもあります。 たとえ夫婦間の問題であっても、DVはれっきとした犯罪です。

刑事告訴をおこない、刑事事件として扱えば、暴行罪・傷害罪・強姦罪などの罪に問うことができます

有罪となれば懲役や罰金などに処される可能性もあるので、相手に対する処罰感情が強い場合などは刑事告訴を選択肢のひとつに入れておくとよいでしょう。

刑事告訴をおこなう際は警察に告訴状を提出することになりますが、受理してもらうには緊急性や悪質性を適切に主張しなければなりません。

そのため、告訴状の作成や提出は弁護士に依頼することをおすすめします。

DV相談をすることで保護してもらえる可能性がある

DV相談をする際には、保護してもらえる可能性があることも知っておくべきでしょう。 相談窓口で自身が置かれている状況を伝えた結果、身を守る必要性が高いと判断されると、シェルターなどへの入所を案内されることがあります

日常的に暴力を受けていたり、脅されていたりする場合は、保護施設への入所も含めて相談してみるとよいでしょう。

なお、一時保護施設には子どもと同伴して入所できるケースが一般的です。

【相談するか迷っている方へ】DV相談の事例3つ

ここでは、DV相談の事例を3つ紹介するので、相談を躊躇している方はぜひ参考にしてみてください。

自身が置かれている状況と類似した事例がある場合には、すぐにでも相談してみることをおすすめします。

父から家族に対するDV

 

私は4人家族の長男です。

2024年1月22日ごろの出来事で、叔父から電話が入っておりました。

その内容は「両親が離婚するから離婚届を取ってきてほしい。」との事でした。

母に代わって貰い、話を詳しく聞くと父が急に妹に激怒し包丁を振り回して食器やまな板、机を滅多刺しにして母と妹に対し「お前ら殺してやる」と脅迫行為を行いました。

母が間に入ってその場は治ってもらい叔父の仲裁で離婚の話が始まりました。

現在とても危ない状況ですので、私が独断で警察に通報して父をどこかに離してもらっております。

このような事が今まで頻繁にあり、私はストレスで胃を痛めて食事も喉を通らない状態です。

妹は父のDVの影響で4年前からうつ病と双極性障害の自覚症状があり、昨年度から病院に通っておりました。

母は直接的な暴行を受けた事が何度もあります。

警察を呼ぶのも二度目です。

母が何があっても離婚したいとの事なのですが、これだけのDVを行っても父は何も悪いと思って居ないし、妹の養育費や慰謝料などは一切支払わないと宣言しています。

どう対策を取って良いのか分からず、弁護士さんに相談したいです

 

引用元:ベンナビ

配偶者から婚姻費用を請求されている

 

・相手から口頭で婚姻費用を請求されている ・相手は無職 ・離婚には同意している ・相手の請求は3ヶ月ほどの生活の請求4.50万 ・毎月子供に会わせることが条件 ・私はDVされていたのでDV、モラハラの慰謝料請求 ・子供については子供への暴言、私を包丁で脅す(2日前)などの理由から悪影響と考え会わせたくない ・結婚してからはほとんど別居状態 ・こちらが帰ってきてほしいと言っても帰ってきてくれなかった ・私は別居中に子供を一人で育て自分で成功したため、お金だけを請求して来ている

 

引用元:ベンナビ

旦那の借金の肩代わりから逃れたい

 

3歳の息子と旦那と私の3人家族です。

旦那が一年前くらいから少額ずつ(1.2万程)借金を重ね 半年前にアコムのレシートを私が見つけ発覚しました。

当時の総額30万ほど。

使用用途は日々、コンビニでお菓子やジュースを買ったり、パチンコで使っていたようです。

『買いたい時に買いたい物を我慢したくない』と言っていました。

旦那の両親が立ち会いのもと話し合い、もう借金をしない、次に借金をしたら離婚と言う口約束をしました。

しかし、最近また妙にお金の羽振りが良く、再びお金を借りている様子があります。

離婚の進め方などネットで検索し、調べていく中で 本当に自分が離婚したいのかどうか悩む所があります。

自分が1番嫌なのは、旦那が勝手にした借金のせいで、自分や息子へ金銭的負担がかかる事です。

逆に、それが無ければ息子の父親としてそばにいて欲しいと思っています。

旦那の借金を肩代わりをしなくて良いのであれば、一緒に暮らしたいと思っています。

結婚生活を続けて良いのか、離婚が必須条件なのか知りたいです。

 

引用元:ベンナビ

京都のDV相談件数は少なくない。一人で悩まずまずは相談を

DVの被害者のなかには、「自分が我慢すればいい」「相談するほどのことではない」などと考え、相談窓口の利用をためらってしまう人もいます。

しかし、DVの問題は簡単に解決できるものではなく、専門機関のサポートを得ることが必要不可欠です。

実際に京都では、以下のとおり数多くのDV相談がおこなわれています。

京都のDV相談件数
相談施設数 5
相談件数総数 5,404
来所相談数 1,122
電話相談数 3,837
その他の相談数 4455
性別ごとの相談数 男:87
女:5,295
京都の1相談センターあたりの相談件数 1,080.8

DVの被害者になった場合、周囲に助けを求めるのは当たり前のことです。

ためらう必要はないので、事態が悪化する前にできるだけ早く相談することを心がけましょう

京都でDVを相談する際によくある質問

最後に、京都でDVを相談する際によくある質問を紹介します。

少しでも不安を解消するためにも、同様の疑問を抱えている方は参考にしてみてください。

経済的なDVはどこからが含まれますか?

経済的DVに含まれるのは、金銭の自由を奪い、経済的に相手を追い詰める行為です。

たとえば、以下のような行為は経済的DVに該当する可能性があります。

  • 生活費を渡さない
  • 浪費を繰り返す
  • 勝手に借金をする
  • 働かない
  • 仕事を辞めさせる
  • お金の使い方を制限する

ただし、上記の例に該当していても、生活自体が苦しくないのであれば、経済的DVにあたらないと判断されるかもしれません。

また、単に収入が少なく、生活費が足りない場合なども経済的DVとはいえないでしょう。

DVを警察に相談するとどうなりますか?

まず、警察に相談すれば、身の安全を確保してもらえます

そのため、身の危険を感じる場合には、110番や交番に駆け込むことも検討してください

状況によっては、シェルターなどの保護施設も紹介してもらえるかもしれません。

また、警察に相談すると、加害者を逮捕してもらえる可能性があります

必ずしも現行犯である必要はなく、被害届の提出後、捜査を経たうえで加害者が逮捕されるケースも少なくありません。

警察に相談しておけば、裁判所に対して保護命令の申し立てができることも覚えておきましょう。

裁判所から保護命令が発せられると、加害者は被害者やその家族に近づけなくなります。

もし加害者が保護命令に違反した場合には、警察が注意・指導をおこなってくれるはずです。

京都でDVを相談するメリットは?

京都でDVを相談する最大のメリットは、被害の拡大を抑えられることでしょう。

専門機関に相談すれば、今後の対応方針について具体的なアドバイスをもらえます。

場合によっては、安全な場所で保護してもらったり、裁判所・法律事務所・役所などへの同行支援を受けたりすることも可能です。

DVを放置してしまうとどんどんエスカレートして、被害が大きくなるケースも多く見られます。

DVの被害者になった場合には、決して一人で抱え込まず、専門機関を頼るようにしてください。

大声で怒鳴られるのはDVに当たりますか?

大声で怒鳴る行為は、DVに当たる可能性が高いといえるでしょう。

DVは身体的な暴力だけでなく、精神的な暴力も含まれます。 そのため、日常的に大声で怒鳴られ、精神的なダメージを負っている場合などは専門機関に相談してください。

なお、2024年4月1日にDV防止法が改正され、これまで身体的な暴力に限定されていた保護命令が、言葉や態度による精神的な暴力にも適用されるようになりました

DV相談+(プラス)は男性でも利用できますか?

DV相談+(プラス)は、男性でも利用可能です。 DVの被害者は、必ずしも女性に限定されません。

実際に、配偶者やパートナーからDVを受けたことのある男性は数多くいます。

交友関係を制限されたり、大切な物を壊されたりといったDVは男性も受けやすいので、少しでも思い当たる節がある場合は遠慮なく相談してみるようにしましょう。

DV相談でDVの証明書はもらえますか?

DVの証明書は一般的に「配偶者からの暴力の被害者に係る証明書」のことを指し、婦人相談所や配偶者暴力相談支援センターなどに相談すれば発行してもらえます

証明書を入手できれば、住民票の閲覧制限や新たな健康保険への加入など、さまざまな支援を受けることが可能です。

なお、ほかの公的機関から、暴力を受けている旨を証明する書類をもらっている場合も、同様の取り扱いができるとされています。

さいごに|DVは一人で悩まず相談を

DVの被害に遭っている場合は、一人で悩まず、専門機関に相談することが何よりも大切です。

DVの問題は簡単に解決できるものではなく、自力で立ち向かおうとすると、被害をさらに大きくしてしまう可能性があります。

少しでも早く今の状況を打開したいのであれば、専門家のアドバイスを受けながら、適切に対応していかなければなりません。

DVに関する悩みを相談することを、恥ずかしく思ったり、後ろめたく感じたりする必要はありません。

同じ悩みを抱えている人も多くいるので、勇気を出して、解決に向けた一歩を踏み出してみましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
DV問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須

離婚の相談先に関する新着コラム

離婚の相談先に関する人気コラム

離婚の相談先の関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚の相談先コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら