ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > DV > DVは傷の程度によって慰謝料が異なる|慰謝料の請求方法
キーワードからコラムを探す
更新日:
DV

DVは傷の程度によって慰謝料が異なる|慰謝料の請求方法

シティクロス総合法律事務所
竹中 朗
監修記事
DVは傷の程度によって慰謝料が異なる|慰謝料の請求方法
「DV」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「DV」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn

DV被害者は、加害者に対して慰謝料を請求する権利があります。身体的な傷の慰謝料はもちろん、心の傷も慰謝料請求の範囲内です。

なかには「この程度の傷で慰謝料請求できるのか?」と不安になる方もいるかもしれませんが、基本的にはDVの事実が認められれば慰謝料請求はできます。

本記事では、DVの傷の程度による慰謝料の違いについて解説しますので、ぜひDVで悩まれている方、DVが原因で離婚を検討されている方は参考にしてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
DV問題に強い弁護士を探す

DV被害は6種類

DV被害にはさまざまな形態があり、一般的に次の6種類に分類されます。

  • 殴る・蹴るなどの身体的暴力
  • 脅す・無視などの精神的暴力
  • 性行為の強要などの性的暴力
  • 借金を背負わせるなどの経済的暴力
  • 付き合いを制限する社会的暴力
  • 子どもを利用した暴力

DVは身体的な暴力だけを指すものと誤解されがちですが、実際には傷を負わない暴力もDV行為に該当します。

具体的にどのような行為がDVとみなされるのか、以下で事例を見ながら確認していきましょう。

殴る・蹴るなどの身体的暴力

身体的暴力は、DVの中でも目に見える形で被害があらわれやすい暴力です。

以下のような、直接被害者の身体に危害を加える行為が身体的暴力に該当します。

  • 殴る・蹴る
  • 物を投げつける
  • 首を絞める
  • やけどをさせる

悪質な事例だと、傷跡や後遺症が残ってしまったり、生命に危険がおよんだりするケースも考えられます。

脅す・無視などの精神的暴力

精神的暴力は、暴言や脅迫など、被害者の心に深刻なダメージを生じさせる暴力です。

具体的な行為としては、以下のような内容が挙げられます。

  • 大声で怒鳴りつける
  • 無視して口をきかない
  • 価値観や考えを強く否定する
  • 人前で馬鹿にする

侮辱的な言葉を用いて相手を落ち込ませたり、相手の価値観や意見を常に否定し自尊心を傷つけたりする行為は、精神的暴力に該当します。

性行為の強要などの性的暴力

性的暴力は、相手が嫌がっているにもかかわらず性的な行為を強要する暴力です。

たとえば以下のような行為は、すべて性的暴力に該当します。

  • 相手が抵抗できない状態で性行為におよぶ
  • 避妊に協力しない
  • 中絶させないまたは中絶を強要する
  • 無理矢理アダルトビデオを見せる

性的暴力は被害者の精神的な健康を害する可能性が高く、後遺症として精神疾患が発生してしまうケースも考えられます。

借金を背負わせるなどの経済的暴力

経済的暴力は、被害者の経済的な自由や安定を脅かす暴力です。

経済的暴力の例として、以下のような行動が挙げられます。

  • 家計の管理を独占し生活費を渡さない
  • 仕事を辞めさせて収入を削減させる
  • 借金を背負わせる
  • 相手のお金を取り上げる・勝手に使う

このほかにも、共有の資産や財産を隠したり、お金の使い方を細かくチェックして監視したりする行為も経済的暴力に該当する可能性があります。

付き合いを制限する社会的暴力

社会的暴力とは、被害者の社会的な関わりや人間関係を制限する行為です。

具体的には、以下のような行為がDVの社会的暴力と判断されます。

  • 友達や家族との交流を禁止する
  • 外出や職場への通勤を制限する
  • SNSや連絡手段を使用させない
  • 電話の履歴やメールをチェックする

社会的暴力は、被害者を孤立させて加害者への依存度を高め、支配する目的からおこなわれるケースが多いです。

子どもを利用した暴力

子どもを利用した暴力とは、子どもを盾や道具として利用して被害者の精神を圧迫する行為を指します。

例として挙げられるのは、以下のような行為です。

  • 子どもの前で暴力をふるう
  • 子どもの前で侮辱・罵倒する
  • 相手をコントロールするために子どもを利用する
  • 子どもに危害を加えると脅迫する

これらの行為は、家庭内の安全を奪うだけでなく、子どもの将来的な健康や人間関係に影響を与える可能性があります。

DVによる慰謝料請求は傷の程度により異なる

DVによる慰謝料請求の際、行為の悪質性、傷や精神的なダメージの程度に応じて、慰謝料の金額が異なります。

ここでは次の項目別で、請求できる慰謝料の目安について解説します。

  • DVの程度や期間
  • 後遺症が残る場合は多額の慰謝料が見込める
  • DVが原因で離婚した場合も慰謝料請求可能

どのような事情が慰謝料に影響するのか、以下で詳しく見ていきましょう。

DVの程度や期間

DVによる慰謝料請求が認容される場合、慰謝料額の相場は一般的に50万円~300万円程度とされており、被害の程度や期間によって金額が左右されます。

長期間にわたって繰り返される暴力や、重大な身体的・精神的ダメージをもたらす暴力は、高額な慰謝料の認定につながりやすいです。

たとえば、数年間暴力を受け続けていた場合や、傷が残るほどの身体的暴力を受けた場合などは、DVによる影響が大きいと判断され、相応の慰謝料が認められるでしょう。

後遺症が残る場合は多額の慰謝料が見込める

DVによるダメージが後遺症として残る場合、慰謝料が増額される傾向にあります。

具体的には、以下のような回復の見込めない身体的・精神的症状が後遺症と判断されやすいです。

  • 顔や首元に消えない傷跡が残った
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した
  • 骨折し、治療後も関節の可動域に制限がある
  • やけどをしてひきつれが残った

後遺症に伴う損害や苦痛が大きいと判断されれば、一般的なDVの相場を超える慰謝料額となるケースも考えられるでしょう。

DVが原因で離婚した場合も慰謝料請求可能

DVが原因で離婚した場合、暴行や後遺症の慰謝料に追加して、離婚慰謝料を請求できる可能性があります。

離婚慰謝料は、婚姻期間の長さや養育が必要な子どもの年齢・人数などを考慮して算出されるのが一般的です。

たとえば婚姻期間が20年~30年と長く、暴行や侮辱などのDV行為が長期間繰り返されていた事例では、相場を上回る400万円の慰謝料が認められたケースもあります。

DVによる慰謝料を請求するための証拠として用意するもの

慰謝料を請求する際は、DVの事実を証明するために以下のような証拠を用意しましょう。

  • 医療機関の診断書・領収書
  • DVを記録したメモ
  • DVによって受けた傷やけがの写真
  • DVを記録した音声・動画
  • 暴言などのメッセージのやりとり
  • 暴力によって荒れた部屋の写真
  • 第三者の証言
  • 保護命令事件の記録

DVによる慰謝料請求をおこなう際、加害者側は、DVの全部・一部を否定することが多いです。そうなった場合、「やったやってない」「言った言ってない」の争いとなり、裁判所は基本的にはDVの事実を認定しません。

そのため、自らが受けた被害を客観的に証明できる材料・証拠は非常に重要です。

証拠がしっかりとそろっていれば、加害者や裁判所にDVの事実を認めさせられる可能性が高まります。

どのようなものが証拠として認められるのか、次で一つひとつ確認していきましょう。

医療機関の診断書・領収書

DVの被害によって傷を負った場合、重要な証拠となるのが医療機関の診断書です。

診断書には、症状の程度や原因・治療方法・治療に要した期間などが詳細に記載されます。

また、治療にかかった費用を示す領収書も、医療機関を受診したと示すための証拠として有効です。

暴行を受けた場合には、可能な限り被害直後に医療機関を受診し、診断書と領収書を取得しておくようにしましょう。

DVを記録したメモ

暴力や脅迫がおこなわれた際の日時・場所・具体的な内容は、メモで残しておくと証拠となる可能性があります。

個人的なメモは写真や診断書に比べると証拠能力は低いですが、具体的な情報を継続して記録していれば、証拠として認められやすくなるでしょう。

とくにDV被害を受ける頻度が高い場合や、何度も繰り返される場合は、それぞれの事例を一つひとつ詳細に記録するようにしてください。

他に残っている写真等の客観的記録と、メモの内容の整合性が取れれば、メモの信用力もアップします。

DVによって受けた傷やけがの写真

暴行を受けた際の傷やけがの写真は、DVの事実を証明する証拠として有効です。

写真を撮影する際は、傷の位置や大きさがはっきりとわかるように、異なる角度や距離から複数枚撮影しておくといいでしょう。

また、誰のけがの写真なのか客観的に判断できるように、自分の顔や身体全体が写る写真も撮るようにしてください。

DVを記録した音声・動画

DV被害を受けている最中の音声や動画を記録できれば、加害者の態度や現場のリアルな状況を残せるため、重要な証拠となりえます。

記録する媒体には、スマートフォンや小型のICレコーダーなどが活用できます。

ただし、秘密裏に録音・録画をおこなうとプライバシー侵害にあたる可能性もあるため、適切な記録方法・活用方法については弁護士に相談するのがおすすめです。

暴言などのメッセージのやりとり

メールやメッセージアプリでのやりとりにおいて、暴言や脅迫・侮辱的な言葉を使ったメッセージが送られてきた場合、履歴が証拠となる可能性があります。

メッセージのやりとりを保存する際は、日付や送信者の情報も保持するよう心がけましょう。

また、LINEなどのメッセージは送信者側で削除されてしまうケースもあるため、スクリーンショットで残しておくのが有効です。

暴力によって荒れた部屋の写真

暴力の影響で荒れた部屋や家の写真は、DVの状況を示す証拠の一つとして考えられます。

たとえば物が散乱している・家具や壁の一部が壊れているなど、通常の生活では起こりえない状態の部屋の写真が撮れれば、DVの激しさを示す証拠となるでしょう。

写真撮影の際は、荒れた部分の詳細がわかるように、異なる角度も含めて複数枚撮影しておくのが望ましいです。

第三者の証言

DV被害の証拠として、直接的な物証だけでなく、第三者の証言も重要な役割を果たします。

メールなど記録できる方法で相談していた場合には、証拠として残しておくようにしましょう。

ただし、家族や友人は第三者であっても被害者側の立場であるため、証拠としての信用性を高めるには相談している回数や頻度・人数などもポイントとなります。

保護命令事件の記録

DV被害によって、加害者が警察や裁判所から保護命令を受けている場合、その記録や文書は強力な証拠となります。

保護命令によって、裁判所がDVを受けている被害者の保護が必要であると判断した事実の証明になるためです。

保護命令の申し立てをする際は、提出する申立書や証拠のコピーをとって保管しておくようにしましょう。

DVによる離婚と慰謝料請求の流れ

DVによる一般的な離婚と慰謝料請求の流れは、以下のとおりです。

  • 保護命令の申し立て(必須ではありません)
  • DV加害者との交渉
  • 離婚調停の申し立て
  • 離婚裁判を提起

DVが原因となる離婚・慰謝料請求は非常にデリケートな問題であるため、証拠を集めたうえで手順に沿って手続きを進めましょう。

実際に慰謝料請求を進める際の主要なステップについて、次で具体的に解説していきます。

保護命令の申し立て

被害者が身の安全を守るための最初のステップとして、保護命令の申し立てをおこなっておきましょう。

保護命令とは、DV加害者に対して一時的に接近禁止などの制限をする命令で、以下のような種類があります。

  • 被害者や子ども・親族などへの接近禁止命令
  • 電話等禁止命令
  • 同居している住居からの退去命令

保護命令の申し立てには、警察や配偶者暴力相談支援センターへの相談のほか、地方裁判所への申立書提出・裁判官による面接などが必要です。

DV加害者との交渉

別居や保護命令によって加害者と距離を置いたら、離婚と慰謝料請求を進めるための交渉をはじめます。

被害者自身で慰謝料請求や離婚請求の書面を作成して送付することも可能ですが、話し合いをスムーズに進めるのは難しいケースが多いでしょう。

そのため、DV加害者との交渉を進める際は、弁護士に相談しサポートを受けるのが望ましいです。

離婚や慰謝料の条件に双方が合意できれば、離婚協議書を作成したうえで、離婚届を提出して離婚成立となります。

離婚調停の申し立て

加害者側が提案を受け入れずに交渉が中断してしまった場合に、まず検討されるのが離婚調停の申し立てです。

離婚調停とは、家庭裁判所で離婚に関する問題について話し合い、合意による解決を図る手続きです。

調停では裁判官や調停委員が間に入って話し合うため、個人間での交渉よりもスムーズに進む可能性があります。

調停が成立すれば、裁判所によって調停調書が作成され、離婚成立となります。

離婚裁判を提起

離婚調停で合意できずに不成立となった場合は、離婚裁判の提起を検討する必要があります。

判の際には、DVの事実を証明するための証拠の提出が不可欠です。

被害者にとって不利な状況となるのを防ぐためにも、専門知識をもつ弁護士への依頼が推奨されます。

裁判では、裁判官が双方の主張と提出された証拠をもとに判断を下し、離婚の成立や慰謝料の支払い命令などの判決を出します。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
DV問題に強い弁護士を探す

傷を負うほどのDVを受けた場合の相談先

傷を負ってしまうほど重度のDVを受けた場合、一刻も早く適切な施設や専門家の支援を受ける必要があります。

DV被害者の主な相談先として挙げられるのは、以下4つの機関です。

  • 配偶者暴力相談支援センター
  • 家庭支援総合センター
  • 警察
  • 弁護士

それぞれどのような相談窓口なのか、次で詳しく紹介していきます。

配偶者暴力相談支援センター

配偶者暴力相談支援センターは、配偶者からの暴力の防止およびDV被害者の保護の役割をもつ機関です。

都道府県が設置する婦人相談所や、市町村が設置する施設において、以下のような業務をおこなっています。

  • カウンセリング
  • 相談機関の紹介
  • 緊急時における被害者の安全確保および一時保護
  • 自立した生活を促進するための情報提供や援助
  • 被害者を保護する施設の利用にかかわる情報提供
  • 保護命令制度の利用についての情報提供

保護施設の紹介や情報提供もおこなっているため、DV被害による避難の必要性を感じたら早めに相談しましょう。

家庭支援総合センター

家庭支援総合センターは、家庭の問題に関する総合的な相談機関です。

DVや児童虐待など、家庭内の複雑かつ多様化した問題について、専門のスタッフが相談にのってくれます。

配偶者のDV行為によって子どもに影響が生じている場合や、ほかの家庭問題も含めて相談したい場合には、総合的に対応してくれる窓口が適しているといえるでしょう。

地域によって名称や相談内容が異なる可能性があるため、居住地域を管轄している機関を確認してみてください。

警察

警察は、DV被害者の安全を守るための第一線に立つ機関です。

身の危険を感じる場面や、暴力がエスカレートしている状況であれば、迷わず最寄りの警察署や交番に駆け込んでください。

警察では、加害者に対する検挙や暴力の制止、被害者の保護などの緊急措置が可能です。

自分や子どもの安全を確保するために、いざというときには即座に行動できるようにしておきましょう。

弁護士

DV行為による離婚や慰謝料請求を検討しているなら、弁護士に相談するのが適切です。

弁護士は、被害者の権利を守るための具体的な手続きや慰謝料請求、離婚調停・裁判などの法的プロセスに関するアドバイスに対応しています。

加えて、弁護士を通じた加害者との交渉や、必要な書類の作成なども総括してサポートしてくれます。

自身の権利を守り、次のステップに進むためには、信頼のおける弁護士への相談から検討してみてください。

傷の有無に関係なくDV被害はすぐに相談しましょう

DVには直接身体を傷つける暴力だけでなく、精神的暴力や経済的暴力・社会的暴力など、被害者の精神面を傷つける行為も含まれます。

自身がDVの被害を受けていると感じたら、傷の有無にかかわらず、すぐに専門機関や弁護士へ相談してください。

まずは加害者から距離をおき、さらなるDV被害を防いだうえで、加害者から受けた精神的苦痛に応じた慰謝料の請求を検討しましょう。

DV問題に注力した弁護士へ相談すると、一人ひとりの被害状況や目的に合った適切なサポートやアドバイスを受けられます

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
DV問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202312141337 92311 w180 弁護士 加藤 惇(CSP法律会計事務所)

初回相談無料】【婚姻費用/財産分与/親権・養育費など女性の離婚を応援◆不動産を含む財産分与もお任せください◆完全個室で親身にお話を伺います。お子様連れのご相談も歓迎【オンライン面談可

事務所詳細を見る
Office info 201904081830 461 w180 なごみ法律事務所

女性の離婚問題に注力】相手との離婚交渉に不安を感じていませんか?そんな時は、じっくりお話をうかがい適切なアドバイスをいたしますので、無料相談をご予約ください!夜8時まで相談可能】

事務所詳細を見る
Office info 201912270953 26671 w180 清水法律事務所

●夜間・休日対応●夫婦カウンセラー資格有●キッズルーム有●【30代・40代の離婚案件の実績豊富】離婚する決意をした方、財産分与で揉めている方、不倫の慰謝料請求を検討している方などぜひご相談ください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
シティクロス総合法律事務所
竹中 朗 (東京弁護士会)
離婚・男女トラブルについて最善の解決を目指します。経験豊富な弁護士が小まめな連絡で安心対応いたします。

DVに関する新着コラム

DVに関する人気コラム

DVの関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

DVコラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら