> 
 > 
 > 
マリッジブルーの原因と症状|婚約破棄で後悔しない為の解消法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.1.10

マリッジブルーの原因と症状|婚約破棄で後悔しない為の解消法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Marriage-blue
「離婚調停」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「離婚調停」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free_consult_btn

マリッジブルーとは、結婚が決まり幸せを感じているはずのどんな男女にも訪れる可能性のある精神的な症状のことを言います。突然結婚後の生活に不安を覚えたり、憂鬱になったり、時には結婚破棄に至る可能性もあります。

 

 一体なぜこのような精神状態に陥ってしまうのか、その原因やマリッジブルーになる人の特徴を見ながら、有効な対策をご紹介していこうと思いますので、参考にして頂ければと思います。

 

【注目】離婚を後悔したくない方へ

後悔のない離婚は、入念な『離婚準備』によって成り立ちます。弁護士は、法律の観点からあなたの離婚をサポートします

 

 【目次】
マリッジブルーを経験した人数と期間
マリッジブルーの経験者は?
284人が回答|マリッジブルーになった時期
マリッジブルーの症状
精神面  
身体面
マリッジブルーになる5つの原因
実家から離れて暮らすこと
理想への執着が強くなる
義実家や親戚との付き合い方の不安
結婚式の準備でのすれ違い
自分が「損」するように感じてしまう
婚約破棄も仕方ない!?もう一度結婚を考えなおした方がよいケース
マリッジブルーの最中に浮気をする
暴力的な一面ができてきた
マリッジブルーを乗り越える7つの考え方
1:婚約を解消しても良いという意識を持つ
2:パートナーとちゃんと話し合う
3:既婚者にアドバイスを求める
4:あまり深く考えないようにする
5:2人の思い出を振り返る
6:結婚のメリットについて考えてみる
7:やり残したことを全てやる
マリッジブルーの原因と対策まとめ

 
 
 

マリッジブルーを経験した人数と期間

結婚という、人生の中ではなかなか大きな決断を前に、不安や迷い、時にはどうしようもない焦りで気持ちがいっぱいになってしまうのがマリッジブルーです。

 

マリッジブルーの経験者は?

ゼクシィが実施したアンケートによると、結婚を控えた花嫁の79%がマリッジブルーを経験しているという回答でした。

 

引用元:カップルのホンネ通信|ゼクシィ 

 

男性も57.3%がマリッジブルーを経験

引用元:【婚活者意識調査】男性が結婚式に意欲的な傾向あり。男性の59.2%が「結婚式にこだわりたい」と回答。|PRTIMES

 

上記のデータによると、女性だけではなく、男性も入籍直前や健婚式の準備期間中にマリッジブルーに陥ることも多いようです。

 

<調査概要>

・調査主体:株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ、 株式会社IBJ

・調査期間:6月12日(金)~18日(木)

・調査対象:IBJの婚活サービスを利用の20代~40代の未婚男女を対象にアンケートを実施。

・N値:男性218名、 女性222名、 合計440名

 

284人が回答|マリッジブルーになった時期

マリッジブルーになる時期の多くは、結婚式の準備中になることが多いようです。結婚式の準備は経験した人ならお分かりかと思いますが、とにかく「やることが多くて忙しい」という実感が強いものです。
 
また、「プロポーズから結婚式の日取りが決まるまで」や「結婚式の日取りが決まった後」など、結婚が決まった直後にマリッジブルーになることが多く、結婚式が近づくにつれて、不安も小さくなっていく傾向があります。

 

引用元:カップルのホンネ通信|ゼクシィ

 

マリッジブルーとなった期間

引用元:カップルのホンネ通信|ゼクシィ 

 

・1カ月ほど:25%
・1週間ほど:23%

上記のようにマリッジブルーの期間は人それぞれですが、なかには3カ月以上におよぶ花嫁もおり、多くの花嫁が「常にイライラ」「とにかく不安」「式が近づくとプレッシャーを感じる」など、心が落ち着かないばかりか、「結婚を辞めたいと思った」というような声も上がっています。

 

マリッジブルーの症状

マリッジブルーの症状はうつ病とよく似ています。結婚や結婚相手、相手の家族のことなど、今後のことで様々な不安や不満を感じるようになれば、マリッジブルーの可能性が高いです。

 

精神面
 

・もっと良い相手が他にいるのではないか

・早まったのではないかと延々と考えてしまった

・彼のことが本当に好きなのかわからなくなった

・結婚がしたいだけなのかわからなくなった

・このまま本当に結婚して良いのかと悩んだ

・突然ひとりぼっちの気分になった

・独身の友達からも一線引かれているような気になった

・一生パートナーと苦楽を共にできるか不安になった

・他人と生活していくことに急に不安が出た

・彼を頼りに知らない土地で生活をすることがとても不安で怖い

・仕事を辞めたことで後悔があった

・彼が仕事に追われていて、将来も家庭に戻らないのではないかと心配になった

・両親と違う苗字になってしまうことがとても悲しかった

・入籍後に母から届いた荷物の伝票が新姓になっていて悲しくて号泣した

・子どもは無事に産めるか。逆に授からなかったらなど不安の嵐に襲われました

・手続きなどの準備を彼が何も手伝ってくれないのでこの人と結婚して良いのか悩んだ

・結婚式の費用を検討するだけでグッタリ。常にイライラしている状態が続いた

・すべてをひとりで進めている感覚になり、心細く投げ出したい気分になった
引用元:カップルのホンネ通信|ゼクシィ


彼の浮気が心配でマリッジブルーになってしまった方は結婚前調査がお勧めです。浮気調査、結婚前調査が得意な探偵をお探しの場合はこちらからどうぞ。

 

身体面

・寝ても覚めても言いいようのない不安で食欲が低下した

・逆に不安すぎて食欲が止まらず、常に食べていないと落ち着かない

・激しい頭痛におそわれて突然起きることが結婚式直前まで続いた

・今後の不安や式の準備で疲労感が抜けず、常にだるさが抜けなかった

・このまま結婚していいのかと毎晩悩み、睡眠障害と診断されたことがある
引用元:カップルのホンネ通信|ゼクシィ


 
重度な人は、うつ病を発症したり、円形脱毛症になったり、身体に異変が出てしまう人もいるほどです。

 

 

 

マリッジブルーになる5つの原因

マリッジブルーの原因 

実家から離れて暮らすこと

結婚して二人で暮らしていくとなれば、新しいことを何か始めようとする度に考えなければいけないことが多く増えてきます。

 

一人で全てを解決できる生活を続けていれば、考えもしなかったことでも、リズムを変えれば環境の変化がストレスになるものです。

 

住み慣れた実家を離れ、友達もいない場所で自分ひとりという気持ち。家族とは違う苗字になり、違う家庭の人間になると考えるだけでも、とても悲しい気分になることはよくあります。
 

理想への執着が強くなる

「本当にこの人と結婚してもいいのか?」を考えるとキリがありません。「もっといい出会いがあるのではないか?」「もっと理想を超える人がいるんじゃないのか?」など。

 

女性の場合は特に、生物学的に「子どもを産み育てる」立場のため、なるべく優秀な遺伝子を選ぼうと慎重になり、結婚前に不安を抱える傾向が強いと考えられます。

 

また、男性にとっても結婚のプロポーズは悩んだ末、覚悟を決めた結論です。それが余計に女性の気持ちを揺らがせているでしょう。
 

義実家や親戚との付き合い方の不安

結婚式の内容を考えているときに、彼の実家の両親と意見が違うことが原因である場合もあります。また、結婚後の住まいは彼の親と同居する方向で話しが進みはじめたとき。

 

ただでさえ不安なのに、同居する人がさらに増えると思うと胸が苦しくなっていったというものがあります。義両親との距離の取り方はセンチメンタルな問題ですが、初めから頑張りすぎないことがコツです。婚約者に協力してもらいながら、うまく乗り切っていきましょう。
 

結婚式の準備でのすれ違い

通常、結婚式にかける思いは女性の方が大きいものになります。一度しか経験しないことを前提に動いているため、ここで男性との意識の差が生まれてしまいます。

 

女性側のこうしたいああしたいという希望に、そっけない返事で返されてしまうと、神経過敏になっている結婚直後ではキツイものがあるでしょう。男性も、そのあたりの気持ちをうまく汲んであげる必要があるかもしれませんね。
 

自分が「損」するように感じてしまう

これは特にキャリアウーマンだった方に多い傾向ですが、結婚を理由に仕事を辞めなければならなくなった場合など、好きで就いた仕事であった場合は苦痛に感じる場合もあります。

 

また男性側だけでなく、結婚すると自由が奪われると思うのは女性も一緒です。ただ、そこはあまり後ろ向きなことを考えるのではなく、楽しい生活を想像して一緒にマリッジブルーを乗り越えて頂ければと思います。
 
 

婚約破棄も仕方ない!?もう一度結婚を考えなおした方がよいケース

一方で、結婚を考え直した方が良いというようなケースが2つあります。それが浮気と暴力(DV)の問題です。
 

マリッジブルーの最中に浮気をする

結婚が近づくと、急に他の女性(男性)に興味がでてくる場合があります。女性の場合は「本当にこの人で良いのか」男性の場合は「独身でなくなる悲しみ」から、別の異性に心が動く場合があります。

 

ここで飲みに行くだけであればまだ考える余地はありますが、不貞な行為までしてくるようなら、結婚後も何かの言い訳を見つけて浮気や不倫を繰り返す可能性が大いにあります。

 

もし浮気している可能性が高いなら早急に浮気の証拠をつかんで慰謝料請求を考えた方がいいですし、もし少し不安、くらいなら完全に「シロ」であることを証明して信頼関係を取り戻すという意味でもプロの探偵による結婚前調査は大いに意義があると思います。

 

完璧な証拠を手に入れるためには?

完璧な証拠を手に入れるためには、専門家の力を借りた方がいいでしょう。浮気調査の専門家である、探偵に相談してみませんか?

無料相談はこちら

 

 

暴力的な一面ができてきた

不安やストレスが溜まってくると、それを暴力や暴言で発散しようとする方もいます。

 

過度なストレス感じた結果、それが殴るや蹴るなどの暴力行為として現れる方な場合には、結婚は控えた方が良いかもしれません。間違いなくそれば本心ですし、今後同じ事は必ず起こります。今の段階でわかった事を、逆に良かったと思いましょう。
 

【関連記事】婚約破棄の慰謝料|相場と慰謝料を増額させる方法まとめ

 

 

マリッジブルーを乗り越える7つの考え方

マリッジブルーは一過性のものであることが大半です。放置しておいても問題ないような、いわゆる「気の迷い」と呼べる類のものであることが多いでしょう。

 

しかし、一過性とは言っても今まさに直面している人には大きな問題ですので、マリッジブルーを乗り越えるための参考になれば幸いです。
 

1:婚約を解消しても良いという意識を持つ

結婚は義務ではありませんし、今しなくてはいけないものでもありません。もし思いが揺らぎ、今は結婚を考えられないという気持ちになってしまった場合は、無理に進めなくても良いでしょう。

 

「嫌いになったら別れればいいじゃないか」「結婚するところまで来れたんだから別の相手だって本気を出したら見つけられる」と考えただけで、気持ちがずっと楽になるはずです。
 

2:パートナーとちゃんと話し合う

様々な不安をかけているのはお互いさまです。これは一つのチャンスであり、同じような境遇であれば一緒に乗り越えられるはずです。余裕がないときほど、相手をいたわり気遣いましょう。

 

難しいことは何もありません。「私はこんな不安を抱えている」と、パートナーに話すだけで、だいぶ精神的にも楽になります。
 

3:既婚者にアドバイスを求める

先人の言葉ほど参考になるものはありません。二人で考えてわからないことであれば、既婚者や結婚を控えた友人などにも話を聞いてみましょう。花嫁の8割が経験するマジッジブルーです。きっとどんな風に乗り越えたのか、親切に教えてくれるはずです。
 

4:あまり深く考えないようにする

これは一時的なものだと割り切って考えましょう。調査結果にもあったように、平均で1週間、長くても1ヶ月です。それを過ぎれば何もなかったかのようになることも多くあります。もしパートナーとの喧嘩が頻繁にあるようなら、一旦実家に帰ってしまっても一向に構わないと思います。
 
頭を冷やす時間というものは誰にでも必要なことですので、あまり深刻に考えずに楽観的に構えておいた方が身も心も楽になると思いますよ。
 

5:2人の思い出を振り返る

パートナーとの思い出の写真などを見ながら、これまでの楽しかった思い出を振り返ってみましょう。
 
・付き合いはじめの頃
・ケンカした時の思い出
・旅行に行った時のくだらない話し など

 
これまでいろいろな場面があったと思います。そのどんな時も笑って乗り越えてきたはずです。その結果、結婚という一つのゴールを迎えられることになったのですから、この先も何があっても心配することはないと思いませんか?
 

6:結婚のメリットについて考えてみる

結婚する以上、あなたはパートナーと一緒にいたいと願ったはずです。

 

ここで別れることの選択肢がどんな愚かなことかというより、結婚することで「良いことがこんなにあるんだ」という前向きなことを考えてみましょう。メリットというとなんだか契約じみていますが、これから2人でやりたいことを紙に書き出していくのも良いと思います。
 

7:やり残したことを全てやる

結婚式まではまだ時間がありますか?もし猶予があれば思いっきり遊んでおくのも重要なことです。「旅行」「飲み会」「趣味」「家で何もしない」など、なんでも良いです。

 

これだけでマリッジブルーは大幅に改善します。好きな人でも煮詰まると関係は悪化してしまいますので、今後のためにもぱーと派手にやりましょう。旦那になる方も、マリッジブルーを解消するためだと友人から言ってもらえれば多めにみてくれるはずです。

 

 

マリッジブルーの原因と対策まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

結婚とは「相手を受け入れる行為」です。ダメなところもいいところも全て含めた、幸せな結婚生活を送って頂ければと思います。

 

 

 

出典元一覧

マリッジブルーになるのは約3割!? 気になる症状と原因、対策【プロが解説!】 - マイナビウーマン

マリッジブルーになった原因や症状(気分)などをお聞かせください。│みんなの結婚塾【みんなのウェディング】

すばり、マリッジブルーになった? 花嫁のホンネ【13】 - OZmall

【婚活者意識調査】男性が結婚式に意欲的な傾向あり。男性の59.2%が「結婚式にこだわりたい」と回答。 - PRTIMES

幸せなはずなのに突如ナイーブに!花嫁が”マリッジブルー”になる4つの理由とは - womanexcite

ブライダル総研 – リクルート

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚調停に関する新着コラム

離婚調停に関する人気のコラム


離婚調停コラム一覧へ戻る